田舎のタグまとめ

田舎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには田舎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「田舎」タグの記事(32)

  1. タクシーの話。 - 視線の先には

    タクシーの話。

    今日、ラジオで聞いたんですけど、都会には「SP風タクシー」とか「忍者風タクシー」なるものが、あるんですってね。その名の通り、タクシードライバーが、SPとか忍者のコスプレして、小芝居もしてくれるという、素晴らしいサービス。いいなあ。羨ましいなあ。特別料金払ってでも、乗ってみたい。我が辺境の地は、公共交通機関というものが衰退の一途をたどっているので、マイカーを持たない人は、けっこうタクシーのお世...

  2. 秋雨にけむる - 今が一番

    秋雨にけむる

    母に会いに行ってきました。先生から 『峠を越えたみたいです』と言われました。食欲と同時に 言葉も出始めました。昨日の朝 ご飯を食べる前に『なっちゃんに会いたい。。』とハッキリ喋ったそうです。なっちゃんて、私のことです^^認知症なので 会話はとんちんかんなのですがもう母とはお喋りできないだろう、と思っていました。母が片言でも 喋り始めたなんて、 嬉しいことです。母に会いに行った帰りに 車をとめ...

  3. お彼岸 - 老いの小文

    お彼岸

     秋のお彼岸の中日。この日は年に一度の帰省でお墓参りするのが慣例となっている。田舎は片道3時間弱の道のりで、同郷の同居人の縁戚を含めて数軒のお墓や仏さん参りを済ませる結構ハードな行程です。 お彼岸にお供えのぼた餅とおはぎの違いは、季節に咲く牡丹と萩から区別される以外に、餡を外に包むか中に入れるか、或いは塗まぶすのがきな粉か餡で分ける説もあるとか。 今日は実家で餡のぼた餅、きな粉のおはぎ両方を...

  4. 2018年の中世祭 - ブルゴーニュ田舎便り

    2018年の中世祭

    9月8日9日二年毎に開催される中世祭りでした。一日中通りのあちこちで音楽や曲芸、いつものマルシェとは違うスタンドが街中に並びました。生首が印象的で、アクセサリー屋じゃなくってカツラ屋かと一瞬思いました。笑 私達は店を特別営業して、馬車馬のように働いたので(注・写真のような人力車仕事ではありません。孫にも衣装ですが、あまりに目が死んでいたのでマスクしましたよ。)、この週末の為に役員の人達がせっ...

  5. ヒマワリ、咲いた。 - 視線の先には

    ヒマワリ、咲いた。

    あまりの酷暑で畑作業が遅れていて、どうしても手伝ってほしいと母からお願いされたので、今日は早朝から、畑仕事。ダンナさんは、草刈りに、私は畑を耕運機で耕しに。早朝とはいえ、屋外で労働できる気温じゃないね(-"-)しかも、途中から雨降ってきて、ドロドロになりました。まあでも、母が1人でやって倒れられでもしたら、私の毎日は地獄絵図になってしまうので、ここで踏ん張らねばです。とはいえ、連日の猛暑で地...

  6. なぜそこに。 - 視線の先には

    なぜそこに。

    今日、駐車場のカーポートの補助柱に、カエルがいた。妙な安定感(笑)なんでまた、こんなところに?横から見ると、腰かけているように見える。今年は暑さが半端ないし、水も少ないし、虫も少なめだから、君たちもたいへんね。

  7. コミュニケーション能力のなさ。 - 視線の先には

    コミュニケーション能力のなさ。

    今日イオンに買い物に行って。夏休みの人の多さにぐったりして。で、車の中で飲もうと、自販機でコーヒーを買っていたら。大声で電話をしながら、かなり派手な外見の女性が、隣の自販機に来ました。言葉から察するに、中国からお越しの方でした。近年、多いんですよ、中国と韓国からの観光客。こんな辺境の地に。で、その女性、私の肩をトントン叩き、「あー?」と言いつつ、自販機を指さす。押したけど出てこないとかだった...

  8. 車を買おう。 - 視線の先には

    車を買おう。

    私の乗っている車、新車で買って6年ほど経ちますが、買い替えることにしました。まず、せまい。後部座席を倒し、犬ケージ3個置いているので、買い物した時とか、荷物が載らない。災害時、この辺境の地ではきっと、犬猫同伴では避難所に入れてくれないので、女帝+3パグの避難スペースとしても、全然足りない。というわけで、広い車を買うことにしました。どうせ来年は消費税も上がるし。車検もあるし、その前に。災害時の...

  9. ゲゲゲの鬼太郎(さざえおに)のゴム人形が友達だった - 月亭太遊「ネオラクゴ・クロニクル」

    ゲゲゲの鬼太郎(さざえおに)のゴム人形が友達だった

    みなさんこんばんわ。お仕事おつかれさまです。ところで皆さん、僕が超田舎者(小学校の同級生は7人)って知ってますよね?知らないですか、そうなんすよ。九州の大自然。阿蘇や祖母、久住などの山々に抱かれて自分の小さいころ何をしてたかといえばずっとゲゲゲの鬼太郎のゴム人形で遊んでました。しかも、鬼太郎ではなくさざえ鬼を中心としたストーリーを自分で考えながら即興で人形劇をしてたんですね。これがさざえ鬼(...

  10. 夏の風物詩。 - 視線の先には

    夏の風物詩。

    ダンナさんが職場でもらってきた、アサガオの種。まく時期が遅かったので心配しましたが、無事、開花しました。わっさわさ、茂ってます。花がある暮らしっていいなあ。ちなみに、世話は9割、ダンナさんがやってます。ヒマワリも咲けばいいなあ。

  11. 夏の終わり - きずなの家

    夏の終わり

    裏山の一部分です。かなり田舎なのに我が家からの視界は四方電線だらけ・・・

  12. 鳥取県 青谷 - 司法書士 行政書士の青空さんぽ

    鳥取県 青谷

    夏休み鳥取県の青谷に行って来ました。大阪駅から、「スーパーはくと」に乗って鳥取駅へ。そこからローカル線でのんびり青谷へ。青谷駅サンマート青谷店途中のスーパーで買いだし。こういう地元のスーパーをみてまわるのも楽しい。のどかな田園風景。深呼吸したくなります。青谷は、和紙の里。収穫の時にも行ってみたいな緑がいっぱい鳥取名物「とうふちくわ」鳥取の青谷、何度行っても素敵な場所です。カメラ:Canon ...

  13. 帰省 最終日は  (7月30日) - ち~まもライフ

    帰省 最終日は (7月30日)

    昨日、Mクンは指を岩で挟み今日は海にはつからず早めの解散になりました。帰路の東伊豆の海岸線は、穏やかにまた来年まで・・・帰京後、すぐに整形外科へとMクンの指には・・・やはりヒビが入っていました。予定よりかなり早めの帰宅を喜んでくれたのはお留守番組の次女達でした。

  14. 全員参加で磯遊び (7月29日) - ち~まもライフ

    全員参加で磯遊び (7月29日)

    朝ごはん後、ひじきやさんと干物やさんへ寄って戻ると県人会の皆様が、すでに到着!!波も良し、急いで田舎の海へ海の汚れもそれほどでなく台風の余波もなさそうで一安心。ほら、こんなに波も静かでした。ひと泳ぎ後、ランチOさんが畑で獲れた美味しい野菜を持って来てくださいました。そして2時過ぎ、長女一家は後ろ髪をひかれつつ帰路へと私達は、夕方まで男性陣の釣りにお付き合いでした。最後まで釣りにチャレンジの人...

  15. まさに台風一過 (7月29日) - ち~まもライフ

    まさに台風一過 (7月29日)

    まさに台風一過!おかげ様で、近かった南伊豆はあまり被害もなく良かったですが東側では波の被害がかなり出たようで波の力のすごさを改めて・・・宿の周りも、朝散歩すると、松の枝かあちこちらに折れて飛んでいました。海もだいぶ穏やかに・・・今日は田舎で遊べそうですね~~さて朝ごはんへ

  16. カボチャ - さかえのファミリー

    カボチャ

    夕食に、先日田舎から貰ってきたカボチャ煮ました。私は好きですが、主人はあまり食べませんでも少し食べてくれました。主人が言うには、子供のころカボチャ、芋などさんざん食べたから、今食べたくないそうです。歩数計2,398

  17. 梅干し - 老いの小文

    梅干し

     テレビやネットなどで熱中症や食中毒予防に、梅干しが有効との番組や記事を良く見掛ける。生まれ田舎は日本有数の梅干しの産地に属している。  つい先日中学校の同級生から、過日の 同窓会 の画像を送ったお礼とし梅干しが届いた。加えて、梅生産を生業とする同居人の高校の同級生(つまり私にとっても同級生でッス)からも梅干しが届いた。丁寧に、一日1~2個を食べる、魚や煮物に入れて炊く、ご飯に入れるなどレシ...

  18. 夏の田舎帰省 - pink pinko life

    夏の田舎帰省

    田舎の夏と大阪の夏はちょっと違う。それをよく知っている息子の起床時刻は、4時半。(大阪では無理矢理起こして9時)海まで(ばあばと)ウォーキングし、用水路でザリガニやメダカ獲りをして・・・家に帰ってくるのが7時。母と姉はまだ夢の中でございます(笑)。朝も昼も夜も・・・夏がもったいないと言わんばかりに。束の間を精一杯楽しむ息子です。今年の夏帰省は5日間。水泳教室、塾と公文が待ち受けているので、以...

  19. イリノイの田舎からアイオワの田舎へ - 眠れる島の小さな住人達

    イリノイの田舎からアイオワの田舎へ

    下の娘を夏のプログラムに送り届けるためだけにやって来ましたイリノイの田舎町。私立大学と州立大学がそれぞれ1校ずつある街は夏休みだからか、ひっそり・・・人間は歩いていませんでしたが芝の上を茶色い野うさぎが跳ねていました🐇上の娘曰く、アイオワにも同じ種のウサギが跳ねているとのこと。こんにちは、ウサギさん。汽車で到着した駅はアムトラックのステーションととグレイハウンドのターミナルを...

  20. 豪雨の最中の貴重な体験 - 緑と青と茶

    豪雨の最中の貴重な体験

    今まで経験したことのない豪雨に見舞われた週末とても貴重なイベントに参加してきましたいろんな角度でいろんな繋がりがあってでも確かにそこにはそのイベントを心待ちにしている人がいて日本人ではない人が日本の良さを日本人に伝えている姿とても素敵な空間を共有できた気がしました日本では有名なフランス人のフレンチのシェフがいて奥様がいて日本茶に情熱を注ぐフランス人がいて地元を愛する二人がいてお茶を愛する二人...

1 - 20 / 総件数:32 件

似ているタグ