田辺聖子のタグまとめ

田辺聖子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには田辺聖子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「田辺聖子」タグの記事(28)

  1. 「城ヶ島の雨」といえば、川端偽作「秋の雨」 - 憂き世忘れ

    「城ヶ島の雨」といえば、川端偽作「秋の雨」

    思い出した!「掌の小説」に「秋の雨」がある。かなり未熟なときですから、テキトーに解釈してた。当時、といっても二年くらい前。北原白秋がインチキとは夢にも。な頃。だから、「秋の雨」=「白秋の城ヶ島の雨」の「白の城ヶ島」足らん。こんなにテキトー。でも、意味的には正解 😛「城ヶ島」を「生姜倒」と読んで「ジンジャー」をひっくり返している。結論は「寛賞ジャーニー」代作。「感傷旅行...

  2. アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」を観ました。 - 徒然なるもの

    アニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」を観ました。

    海の塩辛さを確かめるシーン、とても美しく、かわいらしいシーンでしたね。あのシーンがとても好きで、あそこだけ何回も観たいくらい好きですw原作は田辺聖子さんの小説で、池脇千鶴さんと妻夫木聡さんで実写化もされています(観たことはないです)それほど人気がある作品なんでしょうね。とてもいい作品で、絵もキレイで、主題歌も良くて、観て満足はしたのですが・・・もう一度、と思うと先に見たい作品がたくさんあるか...

  3. 読書と制作 - サンカクバシ 土と私の日記

    読書と制作

    今日は台風の影響で朝から雨で、私の体も少し楽になりました。制作も体の活力が湧かずにそのまま出来ずにおりましたが、今日は少し元気になったので轆轤引きしました。今作りたいアイテムは、水差し、ピッチャー、フラワーベースになるような作品です。フェルメールの「牛乳を注ぐ女」に描かれているような形のピッチャーが、その当時は一般的に作られていたのでしょうかね。西洋では曲線的で優美なフォルムが好まれていたよ...

  4. 暑いと声には出すけどまだ本気じゃない、、、 - hanasdiary.exblog.jp

    暑いと声には出すけどまだ本気じゃない、、、

    コスモスもあった、、、夏もまだ?なのにもう秋の気配?花火みたいに、、アガパンサスお花が開くともひとつ表情が変わりますワタシがアガパンサスを知ったのはずっと昔アメリカ映画で、、、その映画の俳優さんが大好きやったころ___お昼はご飯炊くとこから始めてお稲荷さんなんかすっかり定番になりよりますそれから生協の流水で解凍という超便利なザル蕎麦、、暑いしおまけに庭にも出られないので(庭木の消毒したので)...

  5. うれしいたのしい - hanasdiary.exblog.jp

    うれしいたのしい

    ワタシのクレマチス高い高いところで咲いてる夏椿(ヒメシャラ)つぼみ枇杷の葉、、いいらしい枇杷の木を敷地に植えるのは嫌ったという話も聞いたのだけどそれ以上に、、そうかと眺めるプチトマトかわゆし_____まったくそうだよねー、、、、とウキウキふむふむと、、

  6. モノクロこたろー - hanasdiary.exblog.jp

    モノクロこたろー

    不思議な写真が撮れたのでスマホが勝手に、、ねなんで白黒になっちゃったのかな、、、こちらは微かに色が、、出てる、、、押し入れで寝てるコタロー昨日の写真です___春告げ鳥の彼女はその後いろいろあったろうと思う厳しー現実もそんなことは書いてないのだけれど想像がつくでもでもやっぱりきっと元気に生きていくんだろうなんて思いめぐらしたり、、調べてみたらおせいさんの本すんごいたくさんある、、、そうか、そう...

  7. 530はごみゼロの日だとか - hanasdiary.exblog.jp

    530はごみゼロの日だとか

    今日のホヤってどっこも変わりないけど、、買ってきたときのままだったビニールポットから鉢に植え替えたそんなことでも嬉しい___今日読んだ本長いこと本も買ってないけど(俳句の本は買ったけど)自分の本棚に残してある(断捨離的片づけをした後で)おせいさんの本をふと手に取って、、、そうだったそうだったと読んでしまったこんなに幸せなことの後にはきっと何かあると思いつつ一気読みやっぱり、、、だったけど誰か...

  8. 2月開店スケジュールと一輪挿し(陶板続き) - サンカクバシ 土と私の日記

    2月開店スケジュールと一輪挿し(陶板続き)

    今日は午後から冷たい雨、気持ちも沈みがちになります。四季の中でどの季節の雨降りが嫌いかと言えば、冬の雨かもしれません。雨が好きと言う方もおられますが、私は敢えて言うなら春の雨が好きですね。さて遅くなりましたが、2月の開店スケジュールをアップしました。早いものでもう来週は2月(如月)です。と言うともう春も近づいてきましたね。庭の花々達も地下では地上に出てくる準備をしている頃でしょうか?「もうす...

  9. 田辺聖子著「花衣ぬぐやまつわる、、、わが愛の杉田久女」を読んだ - 山庭居 ~庭に居ます~

    田辺聖子著「花衣ぬぐやまつわる、、、わが愛の杉田久女」...

    田辺聖子著「花衣ぬぐやまつわる、、、わが愛の杉田久女」を読みました。杉田久女(1890M23~1946S21)は近代女性俳人の草分け的な存在として、力強く情感に溢れた作品で知られています。結社「ホトトギス」全盛の俳句界で、師高浜虚子を信奉し、全身全霊をかけて句作に励み、自他ともにその実力は認められるも、一方でその直情的な性格は、美術教師の夫との不和、師との齟齬を生みます。念願の初句集に虚子の...

  10. 一字違いで - 暮らしの処方箋

    一字違いで

    ご近所の畑にキレイなオレンジの花を発見近づくとおいしそうなお豆さんがいっぱいベニバナインゲンとありました◆今日の処方箋◆ただしいことを信条にしたらあかん。どうせ、でけへんそんな高尚なこと。たのしいことをしたらよろし。ただしい、と、たのしい一字ちがいで、えらいちがいや。女のおっさん箴言集(田辺聖子)◆◇◆◇◆◇お聖さん登場~♪欲張りかもしれませんが楽しいことの延長線上に正しいことがあったら一番...

  11. お乗換え - 暮らしの処方箋

    お乗換え

    アガパンサスがきれいですね沿道には紫も白も爆発寸前....思いっきりはじけちゃってくださ~い◆今日の処方箋◆☆恋を失ったときも人は何度も乗り換えしつつ立ち直るのではなかろうか。失恋したときまるで自分の全存在を否定されたように人はショックを受けそれまでの電車から乗り換える。それは怨念・自失・屈辱感自虐・傷心の電車であるがそのうち必らずまた乗り換え駅がくる。いつかふと(恋を失ったことは不幸であっ...

  12. ピカピカにする - 暮らしの処方箋

    ピカピカにする

    合歓木(ネムノキ)ネムノキの花クジャクが羽を広げたようです別名夜になると葉が閉じるのでねんねの木眠りの木雨の中、心がパッと華やぎました♡先月でお聖さん追悼をおしまいにするつもりでしたがTVを見てたらまだまだって気分になりまして...◆今日の処方箋◆☆ぴかぴかにする美しくするというのはたのしいことでこれも女の人生の楽しみの一つであるにちがいなく私は若い女の人にぜひこの楽しみを教えて差し上げたい...

  13. ひとりあそび - 暮らしの処方箋

    ひとりあそび

    ブティックのディスプレーもあじさい♡◆今日の処方箋◆「ひとりあそび」ができないほど若い日は多忙であってはならない。「ひとりあそび」という時女の子の好むなる手芸や習い事手作りの様々を入れるべきであろうが私は、まず、ひとまずそれを置いておいてくださいといいたい。外へ出ましょう。風に吹かれてください。陽光を浴びてください。人の視線を感じてください。見知らぬ横丁に心ときめかせてください。何の用も持た...

  14. 落とし物をするように - 暮らしの処方箋

    落とし物をするように

    ヤマボウシドクダミ大きさは違うけど似ていません?◆今日の処方箋◆私は決して無責任や駄ぼらをすすめるのではないけれど抜きさしならぬ運命の谷間に追いこまれ進退きわまってノイローゼ一歩手前になったとき落としものをするようにひょいと考えを変えることができたららくになるのではあるまいか。 「私は何をくよくよしていたのだろう」 と自分で自分の姿を横から眺める余裕が出てくるかも知れない。(老いてこそ上機嫌...

  15. この道抜けられます - 暮らしの処方箋

    この道抜けられます

    ベルガモットモルダナ(ハーブです)かつて住んでいた家に結構ハーブを植えていました(20年以上前)ベルガモットティーにして飲んだ記憶があります♡◆今日の処方箋◆☆ひとってねえ、いくつになっても、だれのタメでもなく自分のためにホントに好きなことしたいこと持ってるのがいいのとちがいますか☆<この道、ぬけられますの札は人生には、たくさんいろんな所に掛っていると思えてならない。☆「私は、人間の最上の徳...

  16. ピンクコーデ - 暮らしの処方箋

    ピンクコーデ

    おせいさんのピンクコーデ色とりどりの花に囲まれた田辺邸のパティオ少女のような微笑みで佇んでいらっしゃいますコーラルピンクのトップスコーラルオレンジのボトムス靴はレッドサーモンピンクのヨーロピアン調ブラウスがとてもお似合いですゆうゆう保存版2月号5月号から◆◇◆◇◆誠にセンエツながら💦ritsuのコーデもおせいさんのファッションを真似してボトムスをベージュにしてみました...

  17. まだまだ紫陽花 - 暮らしの処方箋

    まだまだ紫陽花

    源吉兆庵 冷菓「紫陽花」あじさいにまつわる言葉も...◆今日の処方箋◆☆「熟年は和して同ぜず、若輩は同じて和せず」である。老婦人は貴婦人でもあらねばならぬ。群れること無用一人を楽しみ、かつそれでいてみんなで仲よく....というのがよい。☆人生はトシ相応のタカラがゆく手ゆく手に埋められている。☆わたしは「あじさいホテル」だけでなく「レストランあじさい」というのも小説の中でふんだんに使った。あじ...

  18. 今を元気に楽しく - 暮らしの処方箋

    今を元気に楽しく

    ウズアジサイ別名おたふくあじさい(おかめあじさい)花びらがふっくら丸くてじっと見ているとなるほど~と思うネーミングですヤマアジサイ自然の配色にはかないません◆今日の処方箋◆人間、年をとると想像力がたくましくなる「人を傷つけること」の何たるかがわかってくる。人間に対する知識が深まってくる。これが老いの楽しみでなくてなんであろう。☆お心にまかせて先の取り越し苦労をせず昔のことは忘れて今を元気に楽...

  19. 何を魅力というか - 暮らしの処方箋

    何を魅力というか

    エンゼルトランペット下から失礼しました(;^_^A◆今日の処方箋◆魅力にもいろいろありどんなのを魅力と思うかは人それぞれであるが私の場合「落ち込んだ時気を取り直す才能」をあげたい。おちこむ、滅入るそういう時人にグチを言ってもヤケ酒を飲んでもしようがないのであって自分が落ち込んだ時は自分で這い上るべきである。(ようし、まあ、今夜は早く寝ちゃおう)と「気を取り直して」早寝するがよい。(上機嫌な言...

  20. 女はクサってはならぬ - 暮らしの処方箋

    女はクサってはならぬ

    ”アナベル”大輪ジャンボです咲き始めはライムグリーン満開の頃は真っ白その移り変わりが素敵♡◆今日の処方箋◆☆あンなあそないイライラしてたら化粧品の効き目ないデ☆誰や女はかよわいものなんていう奴。たくましいでェすばやいでェしかもたのもしいでェ☆女の子は気を利かせて!腰かるく!名前を呼ばれたら返事より先腰上げる!☆誰もほめてくれなくてもそして誰も無言の賛美の眼差しを送ってくれなくても女はクサって...

総件数:28 件

似ているタグ