甲州市のタグまとめ

甲州市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには甲州市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「甲州市」タグの記事(33)

  1. 月末はクリニックに 2018年11月30日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    月末はクリニックに 2018年11月30日

    16日に採血(血液凝固、肝機能、腎機能などの検査)した結果が気になっていた。ウルソデオキシコール酸錠服用によって、肝機能の改善が見られた。他の数値も問題なし。ホッとした。γ-GTPがやっとのことで人並みに。この際、もう少し減らしたいのでまだしばらく断酒しようかと。前回の断酒が62日(7月31日〜9月30日)。今回の断酒が今夜で40日(10月22日〜)、12月23日で62日を越えるので、さしあ...

  2. 鈴庫山線、しみじみと 2018年11月18日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    鈴庫山線、しみじみと 2018年11月18日

    鈴庫山(すずくらやま)線に入って、坂脇峠への登り返しはそれまでとは一転して穏やか。ゆるゆると着いた峠は目印があるでなし。別の林道=小屋敷林道の起点になっていることでやっとわかる程度の切り通し峠。しかし三富方面と竹森方面をつなぐ古道だったような印象を持った。さて、あとは降りるだけ。落ち葉だらけの林道を軽トラが上がってくる。狩のおじさんたちが無線で連絡を取り合って作戦行動中らしい。そのうち銃声が...

  3. 竹森線・いったいどこまで降りるんだ 2018年11月18日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    竹森線・いったいどこまで降りるんだ 2018年11月18日

    竹森線は、R411大菩薩ラインのいわば裏の道。柳沢峠から、表の道・R411が緩い勾配で長い距離を高速で降りるのに比べ、裏の道・竹森線は急勾配をうねうねと曲がりながら降りる。スピード出し過ぎはチト危険かと。舗装は真新しい部分もあるが、そうで無い部分もままあり、濡れ落ち葉や破損したグレーチングもあったり。伐採したての林地はけっこう落石が多いように見受けられるから要注意柳沢峠から竹森線〜鈴庫山線周...

  4. 柳沢峠から竹森線を下る 2018年11月18日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    柳沢峠から竹森線を下る 2018年11月18日

    最近、咳込むことが多く、もうかれこれ10日くらいゲホゲホとすごしている。常に咳き込むわけではないのだが、何かの拍子で咳き込むと止まらない。腹筋が痛くなってしまう。治りかけては、またうすら寒くなってぶり返し。平熱も少し高いことがある。肝機能障害の件もあって、総じて抵抗力、免疫力が減退しているのかも。季節的にもう早起きが辛くなってきたが、18日(日曜)は目覚ましのセット時刻より早く起きる。まだ暗...

  5. 奥多摩周遊はガスのなか 2018年11月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    奥多摩周遊はガスのなか 2018年11月4日

    少しずつ日照が弱くなっている気がして、先に進みます。空気もひんやりとしている。しかし、小河内ダム方面にすなおに下ってしまうのも、なんとなくもったいない。せっかくだから、奥多摩周遊に入ります一の瀬高原入口、ヘアピンの反対側は落ち葉の吹き溜まりおいらんワッフルと錦秋永遠に工事中のかたなばトンネルも紅葉の只中かたなばトンネル付近、名もない(私が知らないだけか)山@丹波バス停。「お食事処仲よし」さん...

  6. 丹波山へダウンヒル 2018年11月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    丹波山へダウンヒル 2018年11月4日

    柳沢峠にもどって、ウインブレ着込んでダウンヒル。なぜか知らねど、巨大な蛾が路側にいたりでびっくりする。曇天気味は相変わらずで、遠くの山は見えず。定点観測物をチェックして丹波山へ山繭蛾ですかね。どうしたいのか笠取山は雲の中いつもの廃車くんも紅葉の只中おいらん渕手前・黒川通り(廃道)の藤尾橋も定点チェック。見つけられず少し通り過ぎたが、もどって発見廃吊り橋、下からうすら寒い風が吹き抜けます細いが...

  7. 林道竹森線から俯瞰する 2018年11月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    林道竹森線から俯瞰する 2018年11月4日

    竹森線のゲートを越えて、峠のトイレの上に出て、さらに少し高度を稼ぐとほぼ水平道。で、いきなり大菩薩嶺。晴れていれば富士山はどのように見えるか気になるところ。ずんずん奥をたどってみる。野ケモノと遭わないように・・・チョロチョロと小滝から清水が流れていたりさしあたり、眺めが良さそうで、行けるところまで甲州市市街を望む。天香具、畝傍、耳成……ってな雰囲気かも。この写真はクリックで拡大します先へ行き...

  8. ちょっと気になる林道竹森線 2018年11月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    ちょっと気になる林道竹森線 2018年11月4日

    去年は11月12日に来ているのだが、もう葉はかなり落ちていた。今年はまさに今が盛りの紅葉。曇天だけど、こんなに美しいとは。晴れていて紫外線が多い状態より、曇天の方が赤から黄色の発色はいいかもしれない。峠まではループ橋や屈曲トンネルだらけのコース。沢の両岸を蛇行・へつりながら高度を稼ぐタイプの道。ドローンで撮ったらどんなにか面白いだろうなんて思いつつ漕いでいる。少し重めのギアで勾配をがっしり受...

  9. R411・大菩薩ラインで紅葉狩り 2018年11月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    R411・大菩薩ラインで紅葉狩り 2018年11月4日

    日の出は午前6時すぎくらいだから、笹子トンネルを抜けて勝沼に着く頃はまだ少し薄暗い。当初のプランを諦めたのは高尾の手前だったが、一応まだ望みは持っていて、最終的には甲府盆地の状況で決めようと思っていた。どんよりと曇った先に遠くのお山は見えない。代替え案で決定。やはり次の塩山で降りる。塩山で降りてR411で柳沢峠、その後どうするか。天気がよくないなら、そのまま青梅街道でウチまで下る。天気が回復...

  10. 気を取り直して紅葉狩り 2018年11月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    気を取り直して紅葉狩り 2018年11月4日

    11月も、はや5日。肝機能に支障ありとのことでウルソを服用して一週間。断酒も、はや15日目。1日、2日とランニングの調子が上向きで気分良く走れている。このところ停滞・疲労気味の自転車漕ぎも上手くいくかもしれないという予感があった。先週末、日曜日まで天気良さそうだということで、土曜日までにもろもろ片付け、日曜日に輪行支度で出かける。韮崎まで輪行、瑞牆、八ヶ岳を眺めておこうかと。調子良ければ木賊...

  11. まずは大弛峠へ 2018年8月19日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    まずは大弛峠へ 2018年8月19日

    途中コンビニがないコースなので素甘や月餅など携行。余計なものを持つ余裕なく電車に乗る。暑くなるのか、寒くなるのか。雨に降られると困りそうだが、防寒具なし。塩山を予定通り出発。牧丘の果樹園台地はぶどうもいよいよ大きくなって収穫間近。心配していた高温の果樹園台地の登高もさほどではなくクリスタルラインに入る。タイムは目安ギリギリで多少疲れが残っているのかも前の晩、アド街は相模湖特集。街の芸術作品で...

  12. 三国峠を日帰りで 2018年8月19日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    三国峠を日帰りで 2018年8月19日

    8月19日(日曜)は、いわゆるお盆休み最終日のようで。移動性高気圧が関東甲信越をおおっており、山の天気がよさそう。台風の季節となってから、あの時出かけておけば──なんて言いたくないので、出かけてきた。未踏の峠・三国峠(埼玉[秩父]・長野[川上]境界、標高1740m)へ、日帰りで。長いダートをこなさなければならない秩父側からは、技量も機材もなくとても行けず、だからと言って、舗装された信州側を小...

  13. 山梨紫陽花散歩釈迦堂パーキングエリアなめこ山菜そばととろろ飯18.06.24 08:55 - スナップ寅さんの「日々是口実」

    山梨紫陽花散歩釈迦堂パーキングエリアなめこ山菜そばとと...

    おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】田舎のパーキングエリアの魅力は特色ある食だと思います。

  14. 30年6月の富士(4)柳沢峠の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    30年6月の富士(4)柳沢峠の富士

    撮影地:山梨県甲州市柳沢峠撮影日:30年6月3日深夜に出発し山梨市の笛吹フルーツ公園で富士山は見えなかったが夜景を撮り北杜市の清里高原美し森で霞む富士山とレンゲツツジを撮り山梨市牧丘の乙女高原から新緑の彼方の富士山を撮り甲州市の塩山経由で大菩薩ラインで山並み越しの富士山を撮りその後帰路を東京都の奥多摩湖経由で帰ることにし国道411号の青梅街道の最高地点の柳沢峠で藤棚の富士山を撮り帰宅した今日...

  15. 30年6月の富士(3)甲州の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    30年6月の富士(3)甲州の富士

    撮影地:山梨県甲州市塩山大菩薩ライン撮影日:30年6月3日乙女高原から武田信玄の菩提寺恵林寺に出て国道411号線、通称大菩薩ラインの山間部から富士山を望む陽も高くなると夏のような雲が湧いてきた「山並み越えて」

  16. この時期、やはり大弛峠に行っておかないと-4 2018年6月2日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    この時期、やはり大弛峠に行っておかないと-4 2018...

    柳沢峠経由で帰宅──お日様が出ている時間が長い今の時期なら、仮に柳沢峠を午後3時ごろ通過でも、自宅までナイトランにずれこまず帰れるはず。このコースは昨年今頃に試みたが、尻痛と眠気で頓挫、奥多摩駅から輪行した。今回は尻痛もなく、眠気もない。痙攣も梅干しで沈黙。ポンコツエンジンもなんとか正常脈。また、明るさ十分の前照灯(モバイル電源内臓)も用意していて先々安心柳沢峠着。裂石まで30℃を越えていた...

  17. 春の奥多摩漕ぎ・眩しい新緑を里へ 2018年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    春の奥多摩漕ぎ・眩しい新緑を里へ 2018年4月21日

    この季節、紫外線が多いのか、夏とも違った漂白したような眩しさがあるような。そんな中、新緑の鮮やかさが際立って滲みてくる。思い出したように山桜などもあったりで、他の季節では味わえないような風情があるバイクの排気音が去っていくと、鳥の声のみ、うんと高いところから落ちてくる背景に溶け込みそうな藤尾橋おいらん渕のワッフルにもパヤパヤと新緑鴨沢集落も柔らかい雰囲気。県境の橋を工事中@二俣尾。いくつもの...

  18. 春の奥多摩漕ぎ・柳沢峠登り返し〜高原のダウンヒル 2018年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    春の奥多摩漕ぎ・柳沢峠登り返し〜高原のダウンヒル 20...

    柳沢峠までの登り返しは、距離8.5km、勾配6.5%、標高差560m。蛇行しながら沢奥に向かって挑んでいくようなラインかと。崩落した廃道がそこかしこ、自然と人工構築物のせめぎ合い。つねに工事をやっている。無我の境地で少しでも前へ。ここで出るのか、睡魔・・・。苦し紛れに立ち漕ぎを交えると眠気が紛れた。高芝ループ橋を登り返しているころ、正午を過ぎただろうか@高芝ループ橋最上部に新しいループ橋を作...

  19. 春の奥多摩漕ぎ・悲報「仲よし」閉店 2018年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    春の奥多摩漕ぎ・悲報「仲よし」閉店 2018年4月21日

    R411を、どこらあたりから「大菩薩ライン」と呼ぶのだろうか。県境を越えて丹波山村に入ってから、そういう表示が道脇に出てくるような。この表示を見ると山深さが倍加する印象がある。丹波山のはずれの怪しいきのこ売店を過ぎるといよいよ人家がなくなり、甲州市に入ってすぐおいらん淵、このあたりが山深さの絶頂かと。その後、さらに標高を上げ、不思議と明るく拓けた落合集落。そして柳沢峠へ悲報:丹波山のメーンス...

  20. 29年11月の富士(29)フルーツラインの富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    29年11月の富士(29)フルーツラインの富士

    撮影地:山梨県甲州市撮影日:29年11月25日この日最後の撮影は大平高原からの帰り道に甲州市塩山のフルーツライン沿いに見晴らしの良い高台がありました富士山が頭だけ見え甲府盆地の街は朝霧が明けようとしていました・・頭だけだす富士山に見守られている町のようです「頭出しの富士」

総件数:33 件

似ているタグ