甲州市のタグまとめ

甲州市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには甲州市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「甲州市」タグの記事(58)

  1. 今年最後の種あり巨峰 2021年10月16日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今年最後の種あり巨峰 2021年10月16日

    山梨の輪行旅のお土産にぶどうを買ってきて以来、機会を見てぶどうをいろいろと食している。種ありぶどうをあれこれ食べたいのだが、いまや種なしばかりでなかなか近所には売っていない。最初はそんなに変わりがないと思っていたが、甲府駅でもとめた種あり巨峰が美味かった。巨峰ならやはり誉れ高い牧丘のものを食したいと考えているうちに、もうシーズンも終わりがけ。ネットをさまよううちに、牧丘の農家さんから今年最後...

  2. 御坂山地・ファーストテラスから 2021年9月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    御坂山地・ファーストテラスから 2021年9月12日

    新道峠入口のゲートから新道峠の展望台入口まではそれなりに長かった。家族連れの皆さんが三々五々、ゆったり楽しげに歩いている。林道終点から徒歩少しでセカンドテラス~ファーストテラスへ。整備されていて快適。素晴らしい眺望(のはず)。富士山は見えなかったが河口湖の眺望を楽しむ。食事を楽しむ人もいて煮炊きの匂いもたまらない。我に返って、PIT IN ジェルの残りを流し込む。雨が降ってくるかもしれない。...

  3. 丹波山でパンをいろいろ 2021年8月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    丹波山でパンをいろいろ 2021年8月22日

    犬切峠に行くなら、たいていの場合、落合橋から一之瀬高原を経て花魁淵に抜ける(あるいはその逆)のだが、通行止めをいいことに落合橋からピストンで犬切峠を済ませた。これで登ったことにしておく。大菩薩ラインに戻って丹波山まで飛ばしていく。日射はあるが標高があって涼しい。きのしたベーカリーに着いたのは11時過ぎ。おにぎりパンとメロンパンを狙っていたのだが、すでに売り切れ。あん塩バターロール(2個)、明...

  4. 犬切峠、寂しいみち 2021年8月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    犬切峠、寂しいみち 2021年8月22日

    犬切峠や一之瀬高原は、今まで行こうと思えば、大菩薩ラインからいつでも寄り道できたはず。林道竹森線や泉水横手山林道など興味津々でトレースしたわりに、犬切方面にはずっと食指が動かなかった。犬(猟犬?)が放し飼いになっているなどの情報が複数のブログで報告されており、なんとなく遠慮していた。一之瀬高原あたりで目撃されているようで、しつこく吠えかかってくるらしい。そのような事態には極力遭遇したくない。...

  5. 柳沢峠から犬切峠へ 2021年8月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    柳沢峠から犬切峠へ 2021年8月22日

    8月21〜22日の土日は、天気が今二つの予報だったが、22日(日)に涼しめのところを漕ぎたいと思いつつ初電に乗る。このところ膝の調子があまり良くないので、あれこれガツガツ登らずに、一旦登ったらあとは緩やかに下りてくるようなコース。柳沢峠から奥多摩に下りればそれなりに漕いだ気になるだろう。オプションに(なぜか)初見参の犬切(いぬぎり)峠に寄る。勝沼からの甲府盆地は曇天で何も見えず。塩山に降りる...

  6. 連休なので遠乗り・大蔵高丸登山 2021年7月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    連休なので遠乗り・大蔵高丸登山 2021年7月22日

    ライド&登山を久しぶりにやってみる。登山といってもごく軽い、負荷の小さいものでないとこなせない。大蔵高丸なら湯の沢峠から往復1時間というからうってつけ、なんとかいけそう。小金沢連嶺(大菩薩峠の南の山稜)の大蔵高丸は標高1781m。秀麗富嶽十二景(大月市が定めた富士山を望む優れた12の景観)の三番ということだそうで。もったいをつけるほどの展望があるらしいので期待。お花畑もあるらしい。登...

  7. 連休なので遠乗り・上日川峠あたり 2021年7月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    連休なので遠乗り・上日川峠あたり 2021年7月22日

    五輪カウントダウン(投稿時点で開会式終了ですが)、ぼやき続けていると、思いが交錯して気が滅入りがち。毒づき過ぎて自家中毒するみたいな。国民の休日、おうちですごすのももったいないし。ひたすら人のいないほうへ。5月末に行ったあたり。初電はガラガラで、立川を過ぎると最後尾の車両は貸切に。高尾、大月と乗り継いでいくうち登山客のかたが多くなる。冷房が少し効き過ぎだが95Nマスクをしているので顔だけは暖...

  8. 大弛峠からトチの巨樹、そして笹子隧道へ 2021年6月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    大弛峠からトチの巨樹、そして笹子隧道へ 2021年6月12日

    快適な林間の下降。ハルゼミは標高2000mよりも下でさかんに鳴いていて、他にカッコウやらカワラヒワも。お楽しみは意外と短くて、日向に出て柳平。自販機で懐かしメロンソーダを飲んで憩う。ここのロッジが気分よさそうでここで素泊まりして金峰山を狙うか──などと考えてみる。今回、ぜひ立ち寄ってみたかったのが、柳平のトチノキ。以前ご紹介したことのある姥の栃とは別に、その少し北(琴川ダム寄り)にあるという...

  9. お馴染み感に身を任せ、柳沢峠 2021年5月29日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    お馴染み感に身を任せ、柳沢峠 2021年5月29日

    裂石から柳沢峠への登り。休むと根が生えるので遅くとも前に進み続ける。とはいうものの眠気に襲われ、辛い。横隔膜を下げ、肺の容量を拡張させるような意識を持って呼吸を続け、調子を上げようとしたが、この日はすでに一仕事終え脚が残っていないのではかどらない。高芝トンネル手前、登坂車線が切れるあたりから飛ばしていきたいところだったが──裂石から1時間、柳沢第二トンネル手前。真珠泉マークから15分で峠。上...

  10. 林地だけど高原感ハンパない 2021年5月29日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    林地だけど高原感ハンパない 2021年5月29日

    1500mを越えると、視界が大きく広がってきた。山を渡ってくる高圧線だったり、虚空を突く鉄塔だったり、植林地だったり、伐採された山肌だったり、それらは人間の荒っぽい所業によって、もはや自然の景観でもなんでもない。それでも標高の高いところに大きなスケールで放り出されていると、ちっぽけな人間にとってはそれはそれで驚嘆すべき景観だったりで。カメラを構えることの浅ましさも多少覚えつつ、さらに上日川ダ...

  11. 今年初の輪行、甲斐大和から 2021年5月29日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今年初の輪行、甲斐大和から 2021年5月29日

    今年は長梅雨だそうで、すでに近畿、東海と梅雨入りしている。東京都がまだ梅雨に入らないのが不思議なくらい。5月最後の週末、梅雨前で好天であるなら、今のうちに稼いでおかなくては。少し遠くにも行きたくなってきたし。帰路の輪行は疲労して免疫力が下がっており、混んだ電車は感染リスクが高くNG。行きの輪行なら早朝の空いた電車で大丈夫かも。あとは自走で家まで帰ってくる。林道の規制解除情報をチェックしている...

  12. 気がついたら12月も6日、あたふたと過ごしている - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    気がついたら12月も6日、あたふたと過ごしている

    武田氏終焉の地の落ち穂拾い、2枚ほど・・・K218界隈には、釣り堀もあるのです。遠い昔のリゾート感に浸ってこちらこそ終焉の地にふさわしい。クリックで拡大します11月のジョグも低調だった。快心の走りには程遠い。このところ、頻脈が途中からでも改まらない。始終脈が多く、回復力が湧き上がってこない。気温が低い中、体も温まらず、モチベーションも上がらない。ランは16回で総距離114.63km。11月2...

  13. 林道日川(にっかわ)線を行って戻って 2020年11月29日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    林道日川(にっかわ)線を行って戻って 2020年11月29日

    ハイキングステージ終了。足を止めたのは写真を撮る時だけで降りてきてしまった。結局、補給食はリュックに入れたまま。福ちゃん荘前のベンチでやっと食事。補給食といっても前日に買った御座候の今川焼きとコモのクリームパン。御座候は冷たくても美味しかった。コモのパンはしっとりして食べやすく、ゆっくり噛んで咀嚼するうち空腹感が消えて無くなる。さて、自転車を解錠してK218へ。せっかくなので素直に帰るのはも...

  14. 唐松尾根から大菩薩峠 2020年11月29日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    唐松尾根から大菩薩峠 2020年11月29日

    今回のウエアは10℃仕様。汗ばんでしまわない程度の重ね着。上の下着はジオライン、下の下着はskins。その上に厚めのものを着込んでいる。しかし、上日川峠へ漕いでくると、ちょっとした下りで手指や足先が凍えたり、首筋が冷え込んだり。標高2000mだとチト厳しいか。不幸にして低体温症でにでもなれば、無謀登山の誹りは免れない。坂を登っているうちならなんとかしのげるか。ウインブレ、ウインドパンツをリュ...

  15. リベンジでもないのだが、大菩薩峠 2020年11月29日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    リベンジでもないのだが、大菩薩峠 2020年11月29日

    12月に入ると規制がかかっていない林道も冬季閉鎖になってしまうので今のうちに行っておこうかと。昨年11月に肉離れを起こした大菩薩峠、リベンジというほどのことでもないのだが、コロナ禍もぶりかえしてしばらくは遠くにも行けないだろうから、きれいな富士を拝みに行く。下の山小屋まで自転車で行って、ぐるっと大菩薩を周回して、ついでに景色が良いと言われている日川林道に寄ってみる初電乗り継ぎで甲斐大和、駅か...

  16. 奥多摩、今回は紅葉を愛でる-2 2020年11月8日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    奥多摩、今回は紅葉を愛でる-2 2020年11月8日

    毎年この時期、このエリアに通っており、ちょうど一年前は大菩薩峠で肉離れした苦い経験がある。この時期、クマが怖いので(今年は特に)あまり奥に行かないようにしている。猟犬も怖いので、細い小道ではわりとビクビクしながら漕いでいる。鹿や猿ならホッとしているくらいで。コロナ禍もあって、結局のところ、今年も勝手知ったる場所を飽きずに漕いでいる。大菩薩ライン、2年前から比べると、赤くなるさまは今ひとつかも...

  17. 奥多摩、今回は紅葉を愛でる 2020年11月8日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    奥多摩、今回は紅葉を愛でる 2020年11月8日

    先週に続いて飽きもせず奥多摩。塩山から都民の森まで通しで紅葉を楽しむ。例によって始発を乗り継いで輪行。今回は塩山まで。それにしても最近は電車は空いていることだなぁ。好天のはずだが勝沼あたり車窓からの甲府盆地はモヤに覆われていた。塩山はいまさっき陽が差してきたようでまだ路面は濡れていた塩山駅北口、やっと見つけた自販機で水を買うが¥110。10円玉が見つからず、お釣りをたくさんくらう。その自販機...

  18. 令和2年10月の富士(12) 柳沢峠の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    令和2年10月の富士(12) 柳沢峠の富士

    撮影地:甲州市塩山上萩原 柳沢峠 青梅街道(大菩薩ライン)撮影日:令和2年10月31日自宅のある地域に国道の青梅街道が通っている自宅から直ぐ青梅街道に入り西へ向かうと青梅市、さらに西へと東京の外れの奥多摩湖へさらに街道を西へ山梨県に入る自宅から一本道で約90キロで3時間夜明け前に青梅街道の最高地点柳沢峠へ着いた峠と大菩薩ラインと名付けられた街道から明けゆく山並み越しの富士山と秋色に染まる山並...

  19. 大弛峠ライド+金峰山、これいかに 2020年8月29日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    大弛峠ライド+金峰山、これいかに 2020年8月29日

    8月最後の土日も好天だが猛暑が続く予報。今月は近辺で行きやすい高いところ(柳沢峠、松姫峠、富士山五合目)を漕ぐことができている。仕上げに大弛峠に行ってみる。輪行も塩山くらいまでなら小旅行未満で気安い。大弛峠は確かに標高が高く涼やかなのだが、展望のあまりない駐車場峠なので、峠単体では物足らず、せっかく行くなら何かオプションを付けたい。昨年秋、国師岳に登るオプションをつけて大弛峠ライドをしたが、...

  20. 「わだつみ平和文庫」その後 - 風路のこぶちさわ日記

    「わだつみ平和文庫」その後

    きょうは8月6日。朝、広島からの中継を少し見ることができました。ちょっとだけ黙祷も・・・きのうの山梨版にうれしい記事が出ていました。大分前に、UTYで「わだつみの声よ永遠に」という番組を見ました。「きけ、わだつみの声」という本を編集して世に出した中村克郎さんの集めた蔵書を多くの人に読んでもらおうと、病に倒れた克郎さんに変わって娘さんたちが私設図書館作りを決意、その苦闘を描いた番組です。その番...

総件数:58 件

似ているタグ