甲州市のタグまとめ

甲州市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには甲州市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「甲州市」タグの記事(23)

  1. まずは大弛峠へ 2018年8月19日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    まずは大弛峠へ 2018年8月19日

    途中コンビニがないコースなので素甘や月餅など携行。余計なものを持つ余裕なく電車に乗る。暑くなるのか、寒くなるのか。雨に降られると困りそうだが、防寒具なし。塩山を予定通り出発。牧丘の果樹園台地はぶどうもいよいよ大きくなって収穫間近。心配していた高温の果樹園台地の登高もさほどではなくクリスタルラインに入る。タイムは目安ギリギリで多少疲れが残っているのかも前の晩、アド街は相模湖特集。街の芸術作品で...

  2. 三国峠を日帰りで 2018年8月19日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    三国峠を日帰りで 2018年8月19日

    8月19日(日曜)は、いわゆるお盆休み最終日のようで。移動性高気圧が関東甲信越をおおっており、山の天気がよさそう。台風の季節となってから、あの時出かけておけば──なんて言いたくないので、出かけてきた。未踏の峠・三国峠(埼玉[秩父]・長野[川上]境界、標高1740m)へ、日帰りで。長いダートをこなさなければならない秩父側からは、技量も機材もなくとても行けず、だからと言って、舗装された信州側を小...

  3. 山梨紫陽花散歩釈迦堂パーキングエリアなめこ山菜そばととろろ飯18.06.24 08:55 - スナップ寅さんの「日々是口実」

    山梨紫陽花散歩釈迦堂パーキングエリアなめこ山菜そばとと...

    おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】田舎のパーキングエリアの魅力は特色ある食だと思います。

  4. 30年6月の富士(4)柳沢峠の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    30年6月の富士(4)柳沢峠の富士

    撮影地:山梨県甲州市柳沢峠撮影日:30年6月3日深夜に出発し山梨市の笛吹フルーツ公園で富士山は見えなかったが夜景を撮り北杜市の清里高原美し森で霞む富士山とレンゲツツジを撮り山梨市牧丘の乙女高原から新緑の彼方の富士山を撮り甲州市の塩山経由で大菩薩ラインで山並み越しの富士山を撮りその後帰路を東京都の奥多摩湖経由で帰ることにし国道411号の青梅街道の最高地点の柳沢峠で藤棚の富士山を撮り帰宅した今日...

  5. 30年6月の富士(3)甲州の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    30年6月の富士(3)甲州の富士

    撮影地:山梨県甲州市塩山大菩薩ライン撮影日:30年6月3日乙女高原から武田信玄の菩提寺恵林寺に出て国道411号線、通称大菩薩ラインの山間部から富士山を望む陽も高くなると夏のような雲が湧いてきた「山並み越えて」

  6. この時期、やはり大弛峠に行っておかないと-4 2018年6月2日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    この時期、やはり大弛峠に行っておかないと-4 2018...

    柳沢峠経由で帰宅──お日様が出ている時間が長い今の時期なら、仮に柳沢峠を午後3時ごろ通過でも、自宅までナイトランにずれこまず帰れるはず。このコースは昨年今頃に試みたが、尻痛と眠気で頓挫、奥多摩駅から輪行した。今回は尻痛もなく、眠気もない。痙攣も梅干しで沈黙。ポンコツエンジンもなんとか正常脈。また、明るさ十分の前照灯(モバイル電源内臓)も用意していて先々安心柳沢峠着。裂石まで30℃を越えていた...

  7. 春の奥多摩漕ぎ・眩しい新緑を里へ 2018年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    春の奥多摩漕ぎ・眩しい新緑を里へ 2018年4月21日

    この季節、紫外線が多いのか、夏とも違った漂白したような眩しさがあるような。そんな中、新緑の鮮やかさが際立って滲みてくる。思い出したように山桜などもあったりで、他の季節では味わえないような風情があるバイクの排気音が去っていくと、鳥の声のみ、うんと高いところから落ちてくる背景に溶け込みそうな藤尾橋おいらん渕のワッフルにもパヤパヤと新緑鴨沢集落も柔らかい雰囲気。県境の橋を工事中@二俣尾。いくつもの...

  8. 春の奥多摩漕ぎ・柳沢峠登り返し〜高原のダウンヒル 2018年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    春の奥多摩漕ぎ・柳沢峠登り返し〜高原のダウンヒル 20...

    柳沢峠までの登り返しは、距離8.5km、勾配6.5%、標高差560m。蛇行しながら沢奥に向かって挑んでいくようなラインかと。崩落した廃道がそこかしこ、自然と人工構築物のせめぎ合い。つねに工事をやっている。無我の境地で少しでも前へ。ここで出るのか、睡魔・・・。苦し紛れに立ち漕ぎを交えると眠気が紛れた。高芝ループ橋を登り返しているころ、正午を過ぎただろうか@高芝ループ橋最上部に新しいループ橋を作...

  9. 春の奥多摩漕ぎ・悲報「仲よし」閉店 2018年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    春の奥多摩漕ぎ・悲報「仲よし」閉店 2018年4月21日

    R411を、どこらあたりから「大菩薩ライン」と呼ぶのだろうか。県境を越えて丹波山村に入ってから、そういう表示が道脇に出てくるような。この表示を見ると山深さが倍加する印象がある。丹波山のはずれの怪しいきのこ売店を過ぎるといよいよ人家がなくなり、甲州市に入ってすぐおいらん淵、このあたりが山深さの絶頂かと。その後、さらに標高を上げ、不思議と明るく拓けた落合集落。そして柳沢峠へ悲報:丹波山のメーンス...

  10. 29年11月の富士(29)フルーツラインの富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    29年11月の富士(29)フルーツラインの富士

    撮影地:山梨県甲州市撮影日:29年11月25日この日最後の撮影は大平高原からの帰り道に甲州市塩山のフルーツライン沿いに見晴らしの良い高台がありました富士山が頭だけ見え甲府盆地の街は朝霧が明けようとしていました・・頭だけだす富士山に見守られている町のようです「頭出しの富士」

  11. 29年11月の富士(27)甲州市の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    29年11月の富士(27)甲州市の富士

    撮影地:山梨県甲州市塩山撮影日:29年11月25日東京都の奥多摩湖から山梨県甲府市を結ぶ国道411号線の塩山の山間からの明け方の遠望富士周囲は落葉が進みすっかり初冬の光景でした「山並み越えて」

  12. 29年11月の富士(26)柳沢峠の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    29年11月の富士(26)柳沢峠の富士

    撮影地:山梨県甲州市柳沢峠撮影日:29年11月25日日の出の時間帯の撮影は初めてのポイントなのでどのようなシチュエーションになるか期待をして訪れました山並みを超えて大きく撮るとシンメトリーな形の良い富士山に会えました「遥かな夜明け富士」

  13. 今日は常に富士あり・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今日は常に富士あり・奥多摩ガッツリコース 2017年1...

    もう少し居眠りしたいところだが、塩山駅で下車。寒すぎる。電車通学の中高生がどうりでしっかり冬着なわけだ。先週、寒いライドで懲りたはずだが、一枚余分に着ているくらい。あまり反省がない。風がないのが助かるが、やはり体は温まらず、大きく呼吸しながらいくが歯の根が合わない塩山駅北口・甘草屋敷。柿が美しく干されている序盤といっても休みどころない6%続き。気分の騙し方がポイント春は桃の花が美しいあたり。...

  14. 29年11月の富士(8)上日川峠の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    29年11月の富士(8)上日川峠の富士

    撮影地:山梨県甲州市上日川峠撮影日:29年11月5日11/5最後の富士撮影は日川渓谷を訪れた甲州街道から山へ入り山道をひたすら走り約30キロで峠へ着く大菩薩峠の登山口とあってハイカーで賑わっていました渓谷の紅葉は見頃だが富士山を背景には撮れるポイントが無く峠手前の開けた処からのダム湖越しの富士山を望む「晩秋の峠にて」

  15. 今年の紅葉は早いかも・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今年の紅葉は早いかも・奥多摩ガッツリコース 2017年...

    土曜には厳しかった冬型が少し緩んで(って、真冬みたい)、日曜は好天かも!──と、輪行支度して出かける。勝沼の車窓からのモルゲンロートは見事で、聖・赤石~農鳥・北岳~鳳凰・甲斐駒ヶ岳がズラリ。眼下に広がる甲府盆地、「われ出陣に憂いなし~♪」とばかり、気もはやる。塩山アクセスの低予算企画。大弛峠はすでに着雪アリとのことでボツ。柳沢峠からあちこち繋げながら東進します。この時期こんなに冷えるかなぁと...

  16. 柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    柳沢峠に溜飲を下げにいく-3 2017年8月6日

    2年前の秋にほとんど同じコースを漕いでいる。10月中旬のサイクリング適期。ちょうど心臓の手術から3ヶ月ほど経って、発作の心配がなかった頃。その時とタイムを比較してみると、今回の方がやや速い。暑さで調子が出ないとはいいながら、今回のほうがパフォーマンスがいいわけで、やはり体重が軽くなったことが大きいかと今回のシンメトリックなコースプロフィール。ときどきトゲみたいに出てるのがトンネル通過部分。ち...

  17. 柳沢峠に溜飲を下げにいく-2 2017年8月6日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    柳沢峠に溜飲を下げにいく-2 2017年8月6日

    クリックで拡大します。1:旧青梅街道から青梅街道に合流2:古里コンビニ前3:奥多摩湖・小河内ダム4:奥多摩湖・深山橋5:花魁淵6:柳沢峠帰路、多摩川南岸道路(愛宕トンネル〜城山トンネル)で古里へさて、往路をそのまま戻る。峠直下のループ橋からドンと見えるはずの笠取山方面は見えず。不穏な雲、雨がざっと降りそうな予感。あとは下るだけ、できれば雨に降られずに帰りたい。峠で大福をすべてたいらげて空にな...

  18. 柳沢峠に溜飲を下げにいく 2017年8月7日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    柳沢峠に溜飲を下げにいく 2017年8月7日

    先週末もぶすぶすとくすぶっていた。例の台風で何週か潰れている。面白くない。八ヶ岳あたりにでも漕ぎに行きたいのだが、好天を得ることができないようならせっかくの輪行もつまらない。柳沢峠自走でガッツリ漕いでおくか。お金もかからないし。遠望を楽しむコースでもないので雨にやられても腐らなくて済む。土曜日、仕事をあらかた固めておいて、日曜日夜明けから出かける。シンプルに往路復路同じにして、シンメトリック...

  19. 大弛峠~柳沢峠へ再トライ-4 2017年6月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    大弛峠~柳沢峠へ再トライ-4 2017年6月10日

    日射もそれほどでなく、路面もドライ、申し分ない。あとはひたすら下るだけなのだが・・・。坐骨が痛くなってきて、爽快であるはずのダウンヒルが楽しくなくなってきた。この日はまだ100km越えていないのに尻をかじられたみたいに痛む。問題はどうもサドル(いわゆる前開き、坐骨の接触面が少ない?)。今までもこういう傾向があったのだが、今回どういうわけか症状が出るのがいやに早い。半年ばかり我慢して使ってきた...

  20. 大弛峠~柳沢峠へ再トライ-3 2017年6月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    大弛峠~柳沢峠へ再トライ-3 2017年6月10日

    体重が減っているからもっと前に進んでいいと思うのだが、使っているギアは以前と同じ。予定ではもう少し早く柳沢峠の到着するはず。どうも期待したほどの調子でもなくなってきた。いったん降りて標高1000m以下の区間は蒸し暑く、少しバテてしまった。柳沢峠、遠い。ループ橋をいくつ越えたろう。カメラを出す気にもならない。奥にトンネルを掘っていた。どうせなら峠をパスして「はまやらわ」まで抜けるトンネルを作っ...

総件数:23 件

似ているタグ