甲殻類のタグまとめ

甲殻類」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには甲殻類に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「甲殻類」タグの記事(12)

  1. 589 宍道湖西岸なぎさ公園 ~黒弁慶の立ち往生~ - 眼遊記

    589 宍道湖西岸なぎさ公園 ~黒弁慶の立ち往生~

    今日は宍道湖西岸なぎさ公園(Lake Shinji West Nagisa Park)に行ってきた。2歳児をゴビウスへ連れて行った帰りに立ち寄った公園。岸辺をのぞいてみると、たくさんのクロベンケイガニ (Chiromantes dehaani)の巣穴と思われる穴をみつけた。石と石の間が掘られて穴になっている。しかし水辺をみると水深が浅く、かろうじて残っている水も高温になっていそう。死んだ水・...

  2. カメノテ - Beachcomber's Logbook

    カメノテ

     このブログをご覧の方々なら、カメノテがエボシガイの仲間と言うのはもうご存知ですよね。そして食材として美味い出汁も出ることもね。 さてこのカメノテ、珍しいものではなく、渥美半島表浜でもチャートのある磯ではあちこちで見ることができます。カメノテはムラサキイガイ同様に付着生物の仲間ですが、そんなカメノテにもカサガイの仲間がくっついていました。カメノテにくっついていると、何か良いおこぼれでもあるの...

  3. 724 出雲市産 ~キンセンガニを撮影~ - 眼遊記

    724 出雲市産 ~キンセンガニを撮影~

    今日はキンセンガニの写真を撮った。仕事帰りに義母から電話があった。ナミノコガイを採りに行ったら、ワタリガニを小さくした様な変わったカニが採れたから孫にみせてやりたい。これは楽しみ~。早速ブツを受け取りに行くと、キンセンガニの姿が。このカニは歩脚がオール状になっているので、一瞬ワタリガニの仲間によく似ている。しかしよく見るとオール状になっている歩脚は4対全て。一方ワタリガニの仲間は最後の1対だ...

  4. ミクリガイは中身入り? - Beachcomber's Logbook

    ミクリガイは中身入り?

     渥美半島の表浜、砂浜が続くので出現する貝は限られてきます。そんな中でミクリガイやミオツクシは生貝の漂着も珍しくありません。 このミクリガイ、中身入りの生貝かと思いましたが、よく見れば中身が違う・・・(笑)ハサミが出ていましたので、ヤドカリでしたね。ちょっと海が荒れて、海中がでんぐり返ると、生貝も漂着します。そしてそれだけではなく死んで中身が無くなった貝殻を棲家にするヤドカリも打ちあがってき...

  5. 苦手な蟹 - Beachcomber's Logbook

    苦手な蟹

     蟹を食うのは大好き(特にズワイガニ)なのですが、蟹の分類や同定は苦手なオレです。まぁ、知ってる蟹だけアップしてるのですが、知らない蟹はスルー そんな普段ならスルーしちゃう蟹の甲羅を表浜で見つけました。でも、甲羅の真ん中に動物の顔が見えてきたのでインスタグラムで?をつけておいたら、教えてもらいました。これがショウジンガニとのこと。漂着物に乗って来るイボショウジンガニは見慣れているので分かりま...

  6. 673 宮島 ~20年ぶりに宮島水族館~ - 眼遊記

    673 宮島 ~20年ぶりに宮島水族館~

    今日は宮島に行ってきた。今、年末の休みで帰省している。久しぶりにふと宮島水族館へ行きたくなり、宮島へと向かうことにした。宮島は約3年前に友人と遊びに来たことがあるが、宮島水族館の方はもう20年くらい行っていないと思う。どうなっているか楽しみだ~廿日市からフェリーに乗り、宮島へと渡る。向かえてくれるのは有名な宮島の鹿たち。■ ニホンジカ (Sika Deer) Cervus nipponまるで...

  7. 蟹のフォルムだよ!ミナミスナガニ!! - Beachcomber's Logbook

    蟹のフォルムだよ!ミナミスナガニ!!

     みなさん、蟹の絵を描くとき、どんなのを描きますか?本などみないでイメージで描けば、長方形の甲羅をかき、4対のアシ、1対のハサミ、それに甲羅から上に飛び出した1対の目玉がキホンですよね。 それがコレ! 渥美半島の表浜で目立つミナミスナガニなんです。ハサミこそ上に持ち上げていませんが、イラストの蟹のイメージがコレですね。 ビーチコーミングしていると、漂流をするオキナガレガニ、イボショウジンガニ...

  8. 718 玉湯町 ~世界初!撮影に成功!シンジコフナムシの脱皮~ - 眼遊記

    718 玉湯町 ~世界初!撮影に成功!シンジコフナムシ...

    今日は玉湯町で写真を撮った。生物の写真を撮ったり、観察したりしている人は、珍しいものに出会えた時に強い喜びを感じる人が多いと思う。自分もそんな人間のひとり。こういう人たちは、その土地にしか生息していないEndemicな種、つまり固有種が大好きだ。旅行で遠方へ行き、そこでしか見られない生物に出会えると本当に幸せな気持ちになる。そして、我が生活圏内、宍道湖にはシンジコフナムシ (Ligia sh...

  9. 707 千葉県産 ~チョウセンハマグリが美味しすぎて・・・~ - 眼遊記

    707 千葉県産 ~チョウセンハマグリが美味しすぎて・・・~

    今日は家で写真を撮った。キーモンさんと鳥撮りの帰り、晩御飯の食材を調達するため玄人向けの魚屋さんへ。ここはいつ来てもいい魚がある。たくさんありすぎてどれにしようか困るのだが、今日選んだのは千葉県産のハマグリと島根県産の「どろえび」「もさえび」ことクロザコエビ。帰って写真と料理が楽しみだ!まずはハマグリから。実はこれ、ハマグリ (Common Orient Clam)ではなく、チョウセンハマグ...

  10. 709 玉湯町 ~昼間のシンジコフナムシ~ - 眼遊記

    709 玉湯町 ~昼間のシンジコフナムシ~

    今日は玉湯町で写真を撮った。以前、世界でも島根県の宍道湖と神西湖にしか生息していない、珍しいシンジコフナムシ (Ligia shinjiensis)を紹介したが、今回はその昼間の様子を撮影してみた。このフナムシは他のフナムシに比べ警戒心が強く、日中は影に隠れてじっとしている。ちょっとでも人の気配を察知すると隠れて出てこないので、人目につくことはなく、宍道湖にフナムシがいること自体を知らない人...

  11. 575 美保関 ~春の小鳥たち~ - 眼遊記

    575 美保関 ~春の小鳥たち~

    今日は美保関に行ってきた。今日は先輩フォトグラファーのキーモンさんと行く、月に1度の鳥撮り。先月はたくさんのウソ (Eurasian Bullfinch)がみられたが、今日はどんな鳥に出会えるかなぁ・・・最初は腕慣らしということでマクロ撮影。セイヨウタンポポ (Common Dandelion)の花。■ セイヨウタンポポ (Common Dandelion) Taraxacum offici...

  12. 573 呉市 ~久々の瀬戸内海~ - 眼遊記

    573 呉市 ~久々の瀬戸内海~

    今日は呉市に行ってきた。今日は久々に地元へ戻ってきた。日本海は綺麗な海だけれど、干満の差がほどんどないので干潟がない。一方瀬戸内海は随分数が少なくなったものの、まだまだ遊べる干潟が残っている。干潟は生物が多くて本当に面白い場所。という訳で地元の親友とぶらり干潟探索だ。アラフォーおじさん二人で干潟で生き物を探して遊んだ。見せてあげたかったのがハクセンシオマネキ (Milky Fiddler C...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ