男と女のタグまとめ

男と女」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには男と女に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「男と女」タグの記事(35)

  1. 熟年離婚でリコンファーム - 魔女の見習い よもやま歳時記

    熟年離婚でリコンファーム

    最近私の周りにも熟年離婚するカップルが増えている。なぜなのだろう?どうせ分かれるならもっと若いうちに別れておけば良いものを、「どうして?」「今更なぜ?」ってご夫婦ばかり。彼らの間に一体何があったんだろう?と、そう思わずにいられません。ここ40年間で結婚歴20年以上の熟年夫婦の離婚は10倍にも増えたそうです。以前は長年夫の態度に不満を抱いてた妻が、堪忍袋の尾を切らし三下り半を突きつけるパターン...

  2. お金の使い方男と女の関係 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    お金の使い方男と女の関係

    以下の情報をみつけた。出典:http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.320.928rep=rep1type=pdf■幸福度ランキング→素朴なごく少数の行動があれば十分に幸せ、つまりお金はあまり必要でない①セックス:★大問題②友人とのおしゃべり:OK③夕食:OK④リラックス:OK⑤昼食:OK■不幸度ランキング→幸せを阻害...

  3. 晩ご飯&ある短編の内容です - 67歳専業主婦の生活♪

    晩ご飯&ある短編の内容です

    おはようございます☆肌寒さを感じる朝です。昨日はゆっくり家事を済ませ、お化粧もしないで一日本を読んで過ごしました。外に出たのは、ellieと散歩に行ったときだけです。体重もほぼ元に戻りました。昨夜の晩ご飯です一人ご飯ですといってもUPするのもためらわれる内容ですが、記録ということで^^ココちゃんママのかぼちゃ煮メインです^^これが食べたかった、美味しいかぼちゃ(夢味)で作りましたもちろん美味...

  4. 妖怪猫又(ねこまた) - 鯵庵の京都事情

    妖怪猫又(ねこまた)

    妖怪というか?昔からの化け物に猫又(ねこまた)というのがある猫は昔から結構多くのものに化けるその中でも齢をとって尾が二つに分かれて妖怪となるものがいる人を食い殺して、なんと人間の女に化けているという作り話ではない作り話だゲゲゲにも出てくるが、猫又というのはあの「徒然草」にすら出てくる女の中には猫が齢とって女となったものもいるということだこれが猫又で、作り話だという根拠もないある文学者は「女性...

  5. 女は灰になっても女 - 魔女の見習い よもやま歳時記

    女は灰になっても女

    友人のひとり旅の話しで、個人的にとても気に入ってるものがあります。ローマのホテルで具合が悪くなった彼女。あれよあれよという間に心臓が苦しくなり、もうどうにも我慢出来ないレベルになってしまった。フロントに助けを求めたところ、救急車を呼ばれてしまい、期せずして異国で救急搬送されることとなってしまいました。ハンサムなイタリア人救命士数名が颯爽と登場し、彼女を担ぎ上げストレッチャーに乗せ、テキパキと...

  6. 男は不完全変態、女は完全変態 - 鯵庵の京都事情

    男は不完全変態、女は完全変態

    女は蝶、完全変態男はトンボ、不完全変態です、幼虫からそのまんま大人になったその所為かどうかは知らないが、男は思い切りが悪いいつまでたっても少年だ、大人にもなりきれない、変身も下手だそれに比べてサナギの時期を乗り越えた女性は思い切りがよいまた、思い切りの良い女性は美しい、だからこそ女性は美しいと言える例え話ですので許していただきたい蝶にもトンボにもオスもおればメスもいる、人間ほどあやふやではな...

  7. 幸せになりたい - 鯵庵の京都事情

    幸せになりたい

    "自分らしく生きようとしているのに幸せになれないのはどうしてでしょうか"こんな相談が載っていた"自分らしく生きていられたら幸せじゃないですか"こうやって、また嘘を教える人がいるその通りでもあるが、彼女に理解できる筈がない自分らしくと言ったって、ファッションのことを言ってるのかもしれないし・・ひょっとしたら、つけまつ毛のことかもしれないし・・自分らしさと...

  8. 初恋の相手に感じたのが性力(本当にもてたいなら②) - 鯵庵の京都事情

    初恋の相手に感じたのが性力(本当にもてたいなら②)

    「本当にもてたいなら」という話のついでにもう一つ男は自分が持っている身体的・生物学的優位をもっと理解するべきだというのがスーパー女史の話〝優位を理解したときにいたわりの気持ちが出る人とあるいはいじめる気持ちになる人に分れる″というその間はないという自然にいたわりの気持ちを持てる人は極めて少なく、たとえ優しそうに見える男でも精々1割だというのが女史の論であるまたそんな貴重な〝いたわりの気持ちを...

  9. 女紋が似合う女 - 鯵庵の京都事情

    女紋が似合う女

    その家で定められたもの、これを定紋という家によっては裏紋とか替紋といってもう一つ二つ持つ家もあるこの他にあるのが女紋、家の紋ではなくあくまでも女性が個人で持ち、個人で引き継いでいくもの女系の名残りかもしれないこのような風習は京都・大坂あるいは近畿地方だけともいう由緒のありそうな家系育ちの女性にはお持ちの方も多いかもしれない婚姻の時は実家の家紋であっても構わないむしろ案内状などではこちらを使う...

  10. 近づいてきてくれる都市(まち) - 鯵庵の京都事情

    近づいてきてくれる都市(まち)

    「京都で生きる」で書いたMさん、ブログを始めてからしばらくたつ小生も機会あるごとに目を通している仕事や暮らしの日常の中に、街や人を見る女性の目が光っていて、参考になる東京のサラリーマン男性と一緒になって子供と一緒に大阪転勤についてきて、おかげ(?)で大阪で離婚両親のいる東京に帰るかと思いきや大阪の社宅を出るついでに京都で仕事を見つけた今は、京都で大学生と高校生の子供二人を育てている小学校から...

  11. 性別が分かるごと、しちゃんない - 方言ブログ(博多弁ブログ)

    性別が分かるごと、しちゃんない

    今日は、天気も良かったし気温も高かったけん近くの、大きか公園に散歩に行った桜の莟も、どげな風やろうか?と思うたもんやけん......ま〜だあと1週間後くらいやねそれば、スマホで撮影しよう中学生と思える女の子がおったけん写真撮るなら、10日後くらいが良かばい言うたら、「そうですか?」って振り返ったその子......どげんひいき目に見たっちゃ30代後半のオバシャンやった(笑)ジャージの上下ば着て...

  12. 強くなければ女でない - 鯵庵の京都事情

    強くなければ女でない

    化粧せんでもええ人も化粧する化粧したらええ人も化粧する化粧しても仕方ない人も化粧するみんなが化粧したら化粧で順位は変わらない化粧せんでもええと思う人からやめてやらんとねでも化粧の下は仮面だって・・女性の敵は女性長い間男の敵は男だったのだから当たり前だ女性が男性を敵として戦うなら先ず女を倒してからでないと危ないよ女性は強くなければ生き残れないオリンピックのどこを見てるの写真はただのデコポン鯵庵...

  13. 花見小路に思う - 鯵庵の京都事情

    花見小路に思う

    京都の祇園花見小路、旅行者で一杯である小生も一度くらいは祇園で飲みたいと思うもちろんお茶屋へ上がって芸者を侍らすのでない限り金さえ払えばいくらでも飲めるこの頃の舞妓や若い芸者はお座敷でも上手く会話が出来ないで私語ばかりだとさる大物評論家の先生がおっしゃっていたそんな現場に小生が立ち入ることはないが、ある意味で貴重な証言である旅行者でも「夫婦子供連れで歩くのはやめときなはれ」と言うてやりたい花...

  14. 大丈夫ですよ - 鯵庵の京都事情

    大丈夫ですよ

    大丈夫ですよだから携帯とったんですそっちこそ大丈夫ですかいつもメールで言うてくるのに電話をくれるなんて♪お久しぶりねこんな真夜中に♪あなたから電話をくれるなんて♪おかしいくらい真面目な声で♪あたしに迫るから眠気も冷めた鯵庵(2.2)

  15. おっぱいを吸う - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    おっぱいを吸う

    ある出来事を覚えている。何かのニュースだったと思う。ぼくには感動的な出来事だった。男と女は違う生き物だ、というのがぼくの考えだ。その考えは古いかもしれない。現代的ではないのだ。だがぼくの考えを述べるとするなら、それはやはり違うべきだ、違って当然ではないかと思うのだ。もちろん同じ所は多い。でも決定的に違うものは現在でも存在する。それは変えようがない事実だ。母子像、それはぼくの好むある種のイメー...

総件数:35 件

似ているタグ