男子シングルのタグまとめ

男子シングル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには男子シングルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「男子シングル」タグの記事(121)

  1. ロンバルディア杯2019友野一希フリー「ムーラン・ルージュ」も挑戦的、完成形はすごいことに… - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ロンバルディア杯2019友野一希フリー「ムーラン・ルー...

    友野一希はフリーもすごい。コーチには平池大人、杉田由香子、そしてミューシャ・ジーの名前も連ねられている。友野一希は昨シーズンも難しいプログラムを滑っていたが、今シーズンはさらに、ぐぐっと、高くハードルがあげられている。非常に苦労しているのだと思う。周りの人たちの期待はたいへん大きく、そして愛を持って、大事に、でも非常に厳しいプログラムを課することで、競技としても芸術的にも心を打つような高みを...

  2. ロンバルディア杯2019友野一希SP「ウェイン・マクレガーのクローマ」フィリップ・ミルズ振付け!そして町田樹リスペクトに胸が熱くなる - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ロンバルディア杯2019友野一希SP「ウェイン・マクレ...

    オータムクラシック、ロンバルディア杯、ジュニアグランプリ大会と、3つの大会が同時進行しているが、ロンバルディア杯の友野一希のプログラムが非常に斬新だった!斬新なだけでなく、そこには友野一希とリンクの先輩である町田樹と振付師フィリップ・ミルズをつなぐ暗号のような(というのはおおげさかもしれない、見たらすぐにわかる)振付けがあった。かなり、感動した。3つのジャンプのうち、4回転トーループが転倒、...

  3. ロシアテストスケート2019男子①ドミトリー・アリエフうっとりと見ていたのでジャンプがどんなだったか覚えていない - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ロシアテストスケート2019男子①ドミトリー・アリエフ...

    今週末はカナダでオータムクラシック、イタリアでロンバルディア杯、ロシアでジュニアグランプリ第4戦がある。なのに、まだ、ロシアテストスケートを見ている。女子はまだほかに、マリア・ソツコワや、すごいジュニア選手などがいるが、次は男子を。まずは、復活の兆しが見える、ドミトリー・アリエフ。ショートプログラムは、特に後半からの動きが激しくなるあたりから、アリエフのかっこよさが炸裂し、「きゃああああああ...

  4. 空①真夏日だが夕方の空は秋の気配&ロシアのテストスケート動画、今年こそミハエル・コリャダがんばれ!(SP動画) - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    空①真夏日だが夕方の空は秋の気配&ロシアのテストスケー...

    ロシアでは毎年恒例のテストスケートがあった。ジョーとプログラムを見た。エフゲニア・メドヴェジェワは「エクソジェネシス交響曲」で、髪を赤く染めて大人の体型になって、滑りはエレガントだった。観客の声援も大きく、花がたくさん投げ込まれていた。わたしもこのときだけでも、ロシア人になってテストスケートを見たい!!トゥクタミシェワは「オブリビオン」で、軽くトリプルアクセルを着氷した。ザギトワも大人の体型...

  5. 西山真瑚の2018年「エデンの東」町田樹トリビュートのステップ&町田樹2013年全日本選手権動画 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    西山真瑚の2018年「エデンの東」町田樹トリビュートの...

    吉田唄菜&西山真瑚は、もともとはどんな選手なのかなと、吉田唄菜や西山真瑚の動画を見ていて、びっくりした。すぐにでも、ブログ友達のMさんに「こんなのがありましたよ!」と伝えたくなった。最初は映画のほうの「エデンの東」だが、最後はテレビドラマの「エデンの東」になる。Mさんはもう知っているかもしれないが、特に後半、2:20あたりから、何度か同じ部分が、町田樹のあの音楽が繰り返される。特に、3:27...

  6. ジュニアグランプリ・アメリカ2019佐藤駿とステファン・ゴゴレフ技術と表現のバランスが課題か… - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ジュニアグランプリ・アメリカ2019佐藤駿とステファン...

    ジュニアグランプリ・アメリカ大会の男子シングルは、フランス大会に続いて、日本人が優勝した。佐藤駿だ。本当に良かった。4回転が3本、トリプルアクセルが2本という、シニアでも高難度の構成だ。4回転サルコウはステップアウト、4回転トーループ2回転トーループでは両手をつくが、続いての4回転トーループはきれいに着氷した。2回とんだトリプルアクセルのうち一本は成功するが、二本目の単独はステップアウト、さ...

  7. ジュニアグランプリ・アメリカ2019佐藤駿SPきれいなジャンプ!&ネクタイの具合を凝視 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ジュニアグランプリ・アメリカ2019佐藤駿SPきれいな...

    ジュニアグランプリシリーズは第二戦、アメリカ・レイクプラシッドで開催されている。ライストがとても見やすいので、さくさく見ることができて、うれしい。日本男子は、第二戦でも活躍を見せる。佐藤駿、15歳だ。本田武史、高橋大輔、そして羽生結弦、宇野昌磨と(その前にも同時代にも多数の優秀な男子選手が)世界で戦えてトップを争うまでになったその成果が、今のジュニア選手を育てたところがあるだろう。佐藤駿は2...

  8. 鍵山優真2019EX「Uptown Funk」本領発揮でばんばん踊る! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    鍵山優真2019EX「Uptown Funk」本領発揮...

    鍵山優真の本領発揮ともいえる、踊るプログラムをエキシビションで見ることができた。ばんばん動く。音楽にのっている。これだな…。演技後に司会進行表を板にのせた男性が、進行表をめくりながら、スケート靴をはいて、滑って出てくるところがおもしろい。最後に、4回転トーループをリクエストされてとんでみるが、転倒した。残念だった。下の動画は、全体が収録されていて、クリックすると、鍵山選手の部分から再生が開始...

  9. ジュニアグランプリ・フランス大会2019男子シングル優勝・鍵山優真FS「タッカー」&2012年宇野昌磨の「タッカー」も - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    ジュニアグランプリ・フランス大会2019男子シングル優...

    ジュニアグランプリ・フランス大会2019・男子シングルでは、日本の鍵山優真が2位に約34点の差をつけて優勝した。フリーは映画『タッカー』より(作曲:ジョー・ジャクソン)、振付けは佐藤操。オリンピック選手のようなジャンプ構成だ。4回転トーループが2本に、トリプルアクセルからの3連続ジャンプ。とりこぼしなく連続ジャンプを3回入れている。今回のフランス大会で4回転ジャンプをとんだ男子選手はおらず、...

  10. 氷艶の高橋大輔びっくりした! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    氷艶の高橋大輔びっくりした!

    高橋大輔が宝塚歌劇団男役のように、ミュージカル俳優のように、歌っているではないか!台詞もある。藤壺に対して、ふりしぼるような求愛の台詞が、真に迫っている。「貴様ー」と、怒りをこめた台詞と表情は、いままでの高橋大輔ではない。これまでの10年は、高橋大輔の無声映画を見ていたようなものだったのか。いやあ、すごいびっくりした。高橋大輔がまったく違う生き物に脱皮したような。今まででマックスな状態なのか...

  11. THE ICE2019大阪顔ぶれだけで圧巻、本物のミハエル・コリャダが大阪のリンクにいる! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    THE ICE2019大阪顔ぶれだけで圧巻、本物のミハ...

    THE ICE2019大阪にも行って来た。初日夜の部だ。珍しくアリーナ席が取れたので、前の方で見ることができた。アリーナ席は選手を間近に見ることができてインパクトが大きいショー観戦になった。うれしかった。ただ、全体を見ることが難しい。アリーナ席、スタンド席前方、スタンド席後方の3カ所から、ショーを3回見るというのが理想だとしみじみ思う…。近くで見たから、新しく感じたことも多い。それを先に、自...

  12. 笑顔のミハエル・コリャダが、笑顔のダリア・ベクレミシェワ(ペア・ハンガリー代表)と結婚! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    笑顔のミハエル・コリャダが、笑顔のダリア・ベクレミシェ...

    ミハエル・コリャダが結婚した!なんて、気持ちのいい笑顔のカップルなのだろう、幸せそうな二人の結婚式の写真を見て、気持ちが明るくなった!日本では胸がふさがるひどすぎる事件や、あきれた出来事や、絶望的に低すぎる選挙投票率などで、言葉も出ない暗いものが充満しているが、ロシアではコリャダが、こんな晴れ晴れしい笑顔で結婚式をしていたとは!ダリア・ベクレミシェワは、今はハンガリー代表のペアの選手なのだそ...

  13. デニス・テン追悼アイスショー「Friends of Denis」 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    デニス・テン追悼アイスショー「Friends of D...

    デニス・テンが急死してしまった夏から、一年がたった。2018年7月19日で、一年になる。デニス・テンを追悼するアイスショー「Friends of Denis」が、カザフスタン・アルマトイのアルマトイアリーナでひらかれるそうだ。ショーの出演者として最初に発表されたのが、浅田真央さんだった。その後、続報が続いた。コーチでは、タチアナ・タラソワ、エレーナ・ブイアノワ、フランク・キャロルが参加すると...

  14. 『エデンの東』4巻(ジョン・スタインベック著)「物語は一つしかない。人の内部で善と悪が戦いを繰り広げていることから生まれる」&町田樹EX「East of Eden Celebration」 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    『エデンの東』4巻(ジョン・スタインベック著)「物語は...

    (もしも、今『エデンの東』を読んでいるかたがいらっしゃったら、読み終わってから、ここを読んで下さい。ネタバレがありますので)『エデンの東』を読み終わってしまった。いい話だった。深い人間愛を感じたし、生きる力をもらった。旧約聖書創世記のカインとアベルの物語のように、キャルとアロンという兄弟の物語で、最後は、聖書と同じ流れで終わる。最後の言葉を読み終えたとき、普段感じることがないようなあたたかい...

  15. 『エデンの東』3巻(ジョン・スタインベック著・早川書房)「治めること能う」の壮大さ&2013年秋の町田樹「エデンの東」 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    『エデンの東』3巻(ジョン・スタインベック著・早川書房...

    「ティムシェル」の核心が見えてきた。町田樹がソチオリンピックに向けて挑んだ力のもととなった心の持ち方に深くうなずいた。自分にとっても、生きていく上での指針となる言葉「ティムシェル」に出会えた。とても、人としての誇り高い、壮大な話なのだと思う。旧約聖書の創世記第4章16節の言葉の解釈についてだ。これまでの解釈は2つ。「治めん」→この言葉から神の予定を感じるならば、人間が何をしようとそのために未...

  16. 宇野昌磨のロシアの名前が「セミョーン・アヂンツォフ」に…&エフゲニー・プルシェンコ「アダージョ」(2003年) - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    宇野昌磨のロシアの名前が「セミョーン・アヂンツォフ」に...

    宇野昌磨は〝セミョーン・アヂンツォフ〟というロシア名までついたらしい。サンボに所属するジョージアのモリス・クビテラシヴィリのインスタグラムではクヴィテラシヴィリとアリーナ・ザギトワと3人で映った写真が投稿された。夏だがロシアの毛の帽子をかぶり、少しやせたようだ…。宇野昌磨に対するザギトワのリラックスぶりはどうだ?!もともと〝ショーマ〟は〝セミョーン〟の愛称らしく、ウノはスペイン語の〝1〟で、...

  17. アレクサンドラ・トルソワ&宇野昌磨クリムキンイーグル! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    アレクサンドラ・トルソワ&宇野昌磨クリムキンイーグル!

    この動画を見たときは、不思議な興奮に包まれた。アレクサンドラ・トルソワと宇野昌磨が並んでクリムキンイーグルをしている。トルソワは両手を上に上げて、余裕がありすぎるほどのクリムキンイーグルだ。宇野昌磨は片手で、これもみごとな角度でのクリムキンイーグルだ。あらためて言うのもなんだが、なんというバランスだろう!クリムキンイーグルというのは、すごい形の滑り方だ。トルソワは14歳、明日、6月23日に1...

  18. 映画『氷上の王ジョン・カリー』(ジェイムズ・エルスキン監督)幻惑的「牧神の午後」&字幕監修・学術協力は町田樹! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    映画『氷上の王ジョン・カリー』(ジェイムズ・エルスキン...

    『氷上の王ジョン・カリー』を公開そうそうに見てきた。〝スケート界のヌレエフ〟と評された美しき金メダリストの栄光と孤独!ジョン・カリーは1949年9月9日にイギリス・バーミンガムで生まれた。バレエのメソッドを取り入れた演技で1976年インスブリック冬季五輪フィギュアスケートの男子五輪で金メダルを獲得。でも、マスコミが真っ先に伝えたのはカリーが同性愛者であるということだった。当時は同性愛が公的に...

  19. 宇野昌磨はマイペースを貫くコーチ不在で新シーズン突入の可能性も?! - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    宇野昌磨はマイペースを貫くコーチ不在で新シーズン突入の...

    もうほぼ決まっているのかと思ったが、違っていたようだ。「はげましの言葉」と書かれた珍しい表彰状を持った宇野昌磨の写真の記事によると、エテリコーチの率いるサンボ70(?)のチームの夏合宿はジャンプの強化が主な目的なのだそうだ。「自分よりも年下の女子が4回転を跳ぶのが驚きで、レベルの高いところで練習したかった」とのこと。確かに。キャンプが終わったら名古屋に帰って中京のリンクで練習をするのだという...

  20. 宇野昌磨エテリコーチ「ショーマ・ウノが私たちのサマーキャンプに参加する」 - ぺらぺらうかうか堂(本&フィギュアスケート&映画&雑記)

    宇野昌磨エテリコーチ「ショーマ・ウノが私たちのサマーキ...

    エテリ・トゥットベリーゼが、ソチ五輪フリー「トゥーランドット」の宇野昌磨の写真↑を、インスタグラムに投稿した。美しい写真だ。写真には「ショーマ・ウノがわたしたちのサマーキャンプに参加する」という文が添えられていた。エテリ・トゥットベリーゼが…。あの怖そうなエテリがショーマ・ウノを歓迎していることがわかる。喜んでいることがわかる。宇野昌磨に対して、エテリはどんな教育プランを思い描いているのだろ...

総件数:121 件

似ているタグ