町並み・建物のタグまとめ

町並み・建物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには町並み・建物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「町並み・建物」タグの記事(10)

  1. そこからの眺めは? - じょんのび

    そこからの眺めは?

    先日の晴天の日風もなく穏やかな天候地上から何メートルの位置なのでしょうか眺めは好いですか?気持ちの緩みは禁物の仕事ですね【キャンペーン】『小さい春、み~つけた』雪解けや開花…うれしい春の便りを募集中!

  2. 続けることの難しさ - Tomorrow is another day.

    続けることの難しさ

    人間は続けていくことの難しさを一番良く分かっていると思う111年という長い年月続く老舗の百貨店が本日を持って閉店します世代的には思い入れのある百貨店ではないですが私の親世代には特に思い入れがあるようですお歳暮といえばヤマトヤシキのバラ模様の包み紙これで贈ることに価値があったそうです(笑)姫路にいこうといえばヤマトヤシキに行くことだったそうデパートに屋上の遊園地にいき半ズボンにハイソックスとい...

  3. ひな祭り巨大タペストリー - じょんのび

    ひな祭り巨大タペストリー

    お内裏さまは高い・たかい上の段♫街の市役所・イベント広場(札の辻広場)にて7段飾りひな人形のタペストリーです3階吹き抜けのガラス面に展示されました常時LED証明でライトアップ外が暗くなる夕方頃はライトアップも際立ち今流行りのインスタ映えの狙い目でしょうか✿冬期オリンピックも閉幕テレビの方も急にさびしくなりました次はパラリンピックの開催です当地からも市職員の出来島桃子選手が2種目競技に出場します

  4. 風情感じる庭 - じょんのび

    風情感じる庭

    ある商家さんの所有する別邸を移築と共に庭師の技術が盛り込まれ美しく感じる庭を観賞しました特に気に入った箇所変人でしょうか玄関前~木の臼と火鉢✿天候悪く外出する気にも成れず暇に任せ、写真ファイル整理初秋の頃に訪れた時の写真です

  5. 高いなー!! - じょんのび

    高いなー!!

    迎賓館から近い都庁へやって来ましたオフィスビル群に囲まれていても近づくにつれ地上202mの高さは想像以上第一本庁舎正面入り口から堂々と とにかく入りました(笑)見学者も多く何人ものガードマンも都庁内の何処かの課に用事もありません見学者はみなさん展望室へそれに習って私達も・・・45階の展望室は運悪く曇り空のため視界は不良!晴れていたら方角毎に眺望を楽しめたでしょうエレベーターを32階で降りて職...

  6. 観戦記2017 浦和vs新潟J1第11節 - ネコとSUBARUとBIKEとREDS

    観戦記2017 浦和vs新潟J1第11節

    久しぶりにサッカー観戦してきましたので忘備録程度に。5月の連休はいつも青森の実家か埼玉or東京にてサッカー観戦だったのだが、今回の連休は交通事故の影響で長旅したくなくて家にいて養生。まあ、普段遠くに行っているから大丈夫なんだけど、どうせどこ行っても混むだろうしということで近所の公園で弁当食べたくらいで遠出なし。でも、どこにもいかずにいると、心がリフレッシュしないので、今季初のサッカー観戦に出...

  7. 海の色も変わって見える - じょんのび

    海の色も変わって見える

    公園を抜けるとその先は海岸砂浜に立って見ると海の色は冬の鉛色から穏やかな色に変わり春のおとずれを感じます水平線上に見えていた船しだいにその姿を大きくさせてコンテナ船でしょうか ?東港へ入港します東港工業地帯と火力発電所

  8. 変貌する都市2 - 浜千鳥写真館

    変貌する都市2

    昭和30年代の初期、大阪梅田で最初に建てられたビル。半世紀以上のビルも建て替え中だ。この景色はもう見れない。一期一会でもある思い出の建物だった。にほんブログ村

  9. 役目を終えた建物とは - じょんのび

    役目を終えた建物とは

    市の新庁舎完成に伴い、昨年末で役目を終えた市役所庁舎建物見て歩きのついでに立ち寄って見る・・・かなり歳月を経た建物ではあったけれど閉庁されてから僅か二ヶ月弱役目を果たした建物は急にその姿は寂しげに変貌!市庁舎と道路を隔てた建物は市図書館こちらも既に別の場所(駅前)へ新築移転しました新年から開庁された新庁舎シャツター街化された商店街の活性化を図るために街の中心地へ商店街に面してガラス張りの庁舎...

  10. 街の建物 - じょんのび

    街の建物

    行き交う人も見当たらず、雪に覆われた城址公園さすがに長居も出来ず歩いて数分の処にも自身が気に入っている建物~蕗谷虹児~記念館戦前の少女雑誌の挿絵画家・蕗谷虹児は新発田が生誕地です記念館から小路を隔てた場所には~カトリック新発田教会~教会内部へも一度は行って見たいのですが中々機会に恵まれません教会の数軒隣りには明るい色彩で目立つドイツ人カール・ベンクス建築家により古民家~古民家ギャラリー~

総件数:10 件

似ているタグ