町家改修のタグまとめ

町家改修」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには町家改修に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「町家改修」タグの記事(20)

  1. 江戸時代末期に造られた連棟長屋の切り離し改修 - 岡﨑建築設計室

    江戸時代末期に造られた連棟長屋の切り離し改修

    京都では毎年多くの町家が取り壊されているという大変残念な現実があります。残したくても残せないそんな事情があるのも現実です。大きな地震が来たらという安全への不安、傾く柱、波打つ床の不快感、暑さ寒さへの体感する住みにくさ、住宅設備機器のリニューアルのし難さ......への不満数えあげれば限りない不安、不快、不満が湧き出てきます。もし、こうすればこんなことが可能ですという提案があり、それなら今の町...

  2. 久しぶりに幾世屋さんへ - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    久しぶりに幾世屋さんへ

    久しぶりに幾世屋さんを訪ねました。改修をしてから9年が経ちましたが、いつも変わらず綺麗にされていて清潔感のあるお店です。改装時から大きく変わったのはお庭です。樹々が大きく成長し、自然の豊かさを感じるお庭に成長しました。この季節はお善哉をされております。甘過ぎずとても美味しいお善哉です。和菓子の要であるお砂糖や素材にも大変気を使っておられます。おたふくのお茶碗。入口の暖簾は3代目とのことです。...

  3. 京都・北大路の家 - 高橋良彰建築研究所のブログ

    京都・北大路の家

    ”京都・北大路の家”町家改修はⅠ期工事をほぼ終えました。現時点での写真をホームページにてアップしましたのでご興味ある方は下記からご覧ください

  4. 京都”北大路の家” - 高橋良彰建築研究所のブログ

    京都”北大路の家”

    京都の町家改修も仕上げの段階に進んできました△浴室の内観。壁は桧板を使用しています。窓回りが奥まっているのは、お風呂に入るときにちょこっと腰かけられる仕掛けに。座面も桧板を使います。右側の窓は、改修前にもともとあった木製窓を利用しています。改修する箇所も、ところどころで建物の歴史を感じられます。△便所の内観。床は建主さんがご自分で張られたチークヘリンボーンフローリング。深い味わいです。窓はア...

  5. 京都・北大路の家 - 高橋良彰建築研究所のブログ

    京都・北大路の家

    ”北大路の家”町家改修は仕上工事が進んでいます △2階子供室の床:チークヘリンボーン張り(施主工事)もあとひと息です!

  6. 京都・北大路の家 - 高橋良彰建築研究所のブログ

    京都・北大路の家

    ”北大路の家”町家改修工事既存塀に取り付けるメールボックスを検討中 こんなかな?あんなかな?と手描きで書いたり消したり。手間はかかるけど楽しい時間です一般には既製品を取り付けることが多いかと思いますが、当事務所ではなるべくオーダーメイドで制作するようにしています。△外観道路に面して塀があり、扉を開けると前庭につながっています。風情ある京都の町家です メールボックスのタイプとしては、外側はポス...

  7. ヨシ研ニュース - 高橋良彰建築研究所のブログ

    ヨシ研ニュース

    ヨシ研ニュース 最新号できました(もう少しでHPアップされます)今回は京都特集になっています。ご興味あれば是非ご覧ください

  8. 京都・北大路の家 - 高橋良彰建築研究所のブログ

    京都・北大路の家

    町家改修の現場が進んでいます。今回の京都訪問では、建主さんの”これを実現したい!”という思いの力に心打たれました京都の町家改修工事で、ダイニングスペース、便所、子供室の床にチークヘリンボーンフローリングを張ります。そして、床張はすべて施主工事!!僕ら設計士、現場大工さんの「果たしてできるのかな?」という心配をよそに、道具をそろえ、黙々と進めていきます。△建主さんが購入した”卓上マルノコ”スパ...

  9. 京都・町家改修 - 高橋良彰建築研究所のブログ

    京都・町家改修

    京都での町家改修現場がスタートしています 既存の建物の良さを生かしながら、現代の家族が気持ちよく暮らせるよう進めています。▽2階子供室の現在の様子。天井を外して母屋や梁等の構造材を現しにします。

  10. 奈良町町家改修工事    進捗状況 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町町家改修工事 進捗状況

    主屋の大屋根の瓦葺きが始まりました。表の通りは道幅が狭い為、中庭から瓦を上げられます。建物もお庭も奥から順番に工事を進めて順次完成していますが、瓦工事のスペースを確保する為にこの部分の庭工事は後施工になります。瓦は三河の三洲瓦。三洲は瓦の三大産地のひとつですが、近年、瓦を作っているところが激減しているそうです。今回は創喜瓦工業のいぶし瓦です。北面は下地の歪みが大きかったのですが、大工さんに適...

  11. 町家改修 - 高橋良彰建築研究所のブログ

    町家改修

    京都の町家改修の計画、少しずつカタチが見えてきました古民家の良さを生かしつつ、現代の家族の生活を温かく包み込む家になるよう、思考中。古民家に住まう上でポイントになるのが”収納”昔の家は土間、畳敷の部屋、縁側・廊下の板間で構成されていて、収納は畳敷の部屋に押入がついていたり、小屋裏、納戸があったりという感じ。現代は家に置くモノが多様化していて、それに合わせて新しい家では収納の形態も多様化してい...

  12. 奈良町西村邸 町家再生計画9 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町西村邸 町家再生計画9

    工事も大詰めです。照明器具や電気・給排水設備器具の設置工事が進んでいます。キッチン兼洗面の照明器具は、Φ100の球型の器具にしました。長押から下の壁はタイル張りで、長押から上はまわりと同じ土壁中塗り仕上げにしています。1階の部屋の床は畳敷きから杉の厚板張りにしましたが、床の間床脇の造作はそのままにしています。障子も元々使われていたものを修理して頂き、紙を張って再び元の場所に納めて頂きました。...

  13. 奈良町西村邸町家再生計画7土塗り壁 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町西村邸町家再生計画7土塗り壁

    離れの工事は、大工工事が終わり左官工事が始まりました。元の仕上げを剥がし、一旦土壁の下塗りをしてその上に中塗りで仕上げていただいています。1階2階とも、床の間・床脇付きの空間です。敷地内の離れ・主屋とも大正4年の同時期に建てられたものですが、床の間のつくりを見ると、離れは客間として建てられたように思います。2階の窓からは奈良町が一望でき、若草山も目の前に望むことができます。毎年山焼きの日には...

  14. 奈良町西村邸   町家再生計画6 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町西村邸 町家再生計画6

    工事は着々と進んでいます。離れ棟は大工工事がほぼ終わり、こらから家具工事、左官工事、タイル工事が始まります。元の形を出来るだけ残しながら、建物の傾きや沈みと痛んだ部分を直しました。歪みが直ると見た目もすっきりとしました。今後50年後100年後、次の改修の時期まで安全で健全に保てるよう、修理をして耐震性も高めました。屋根からの荷重の流れで、荷重の負荷が集中する部分に柱を追加しました。元の通りの...

  15. 第1回「リノベ・エキスポ in石川」へのご来場、ありがとうございました。 - 豆月のまめ日和

    第1回「リノベ・エキスポ in石川」へのご来場、ありが...

    いつも豆月をご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。この度は、二日間にわたる、第1回「リノベ・エキスポ in石川」にたくさんのご来場をいただき、誠にありがとうございました。おかげさまで、無事、会期を終えることができました。ほかのリノベーション建物の模型やパネルと一緒に『豆月』もご紹介していただきました。パネル展示では、ビフォー&アフターの懐かしい写真が…。豆月にいらしてくださったお客...

  16. 金沢にて「リノベ・エキスポ」が開催されます。 - 豆月のまめ日和

    金沢にて「リノベ・エキスポ」が開催されます。

    ドウダンツツジの葉が少しずつ彩りをみせる頃となりました。いつも豆月をご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。豆月の店舗改修を手がけた、ジェル・アーキテクツ北出氏も出展の「リノベ・エキスポ」が10月20日(土)・21日(日)、初めて石川県で開催されます。町家の改修や、住まい・店舗などのリノベーションをお考えの方、暮らしやすい家作りを思案中の方や新たにショップを作りたい方など、ぜひ、お運...

  17. 奈良町西村邸町家再生計画5 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町西村邸町家再生計画5

    工事は着々と進んでいます。一階の天井板が張り終わりました。竿縁の竿は既存の竿をそのまま使い、天井板を新調しました。総赤ではないですが、赤身の色が綺麗な吉野の杉板です。年月とともに白太も色が濃くなります。天井が出来ると嬉しくなります。今日は大工さんと打ち合わせをしました。補正しながらの納まりについて、意匠や構造、設備のルートも含めて検討。あちらもこちらも最終の納まりが決まりました。大工さん、有...

  18. 奈良町西村邸  町家再生計画  3 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町西村邸 町家再生計画 3

    離れの工事が進んでいます。大正四年に建てられた離れ棟。解体してみると柱の沈みや木部の痛みがあり、まずは躯体をしっかりさせることになりました。柱を上げ梁を補強して頂き、全体的に歪みが直ってきました。日に日にきちんとしてくる様子を見ていると、嬉しく思います。傷みのある柱は二本入れ替え、荷重の負担が大きいところには新たに二本の柱を入れます。補助的に制振金物の仕口ダンパーを部分的に入れることにしまし...

  19. 奈良町西村邸 町家再生計画2 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町西村邸 町家再生計画2

    離れ棟の工事が進んでいます。総二階建て建物の東側の通りが3センチほど下がっており、柱3本をジャッキアップして補正することになりました。既存の柱に内外両面からジャッキの支持部材を設置。建物の西側は隣の建物が隣接しているので、東側の柱を全体的に上げる時に、万が一、建物が西側に傾かないように引っ張りのロープを張られました。柱を上げるの最大3センチ程度ですが、建物にとっては負担も大きいので、足元と小...

  20. 奈良町西村邸   町家再生計画1 - 国産材・県産材でつくる木の住まいの設計 FRONTdesign

    奈良町西村邸 町家再生計画1

    いよいよ工事がスタートしました。敷地は奥行きが30mほどある細長い形状で、表の主屋と辰巳蔵の奥には、いくつかの庭と茶室棟、離れ棟、納屋の建物があります。まずは一番奥の離れ棟から工事を始めます。離れ棟は、一階二階とも床の間・床脇付きの和室がひと間ずつある小ぶりの建物です。大正四年に建てられた建物ですので、築百年以上になります。少し改装されていますが、ほぼ建築当時のまま使われていたようです。縁側...

総件数:20 件

似ているタグ