町のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには町に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「町」タグの記事(18)

  1. 日野さんとの撮影 - このブログ兼HP、いつまで続くか

    日野さんとの撮影

    日野加奈愛(Hino Kanae)さんを撮影した日野さんを撮影するときはいつも自分の中で何か変わる時に撮ることが多いまた今回も新しい発見をすることが出来たこれから彼女の写真を載せていこうかと思う日野加奈愛さんhttps://ameblo.jp/hinonm/

  2. 1808 人の声聞こえない町蝉時雨 - 紀本直美の俳句ブログ

    1808 人の声聞こえない町蝉時雨

    町の子どもがどんどん減っています。「人の声聞こえない町蝉時雨直美」(ひとのこえきこえないまちせみしぐれ)〔季語:蝉時雨(夏)〕

  3. 南大塚萬重宝アーカイブ・2004年9月号 - 歩くお正月

    南大塚萬重宝アーカイブ・2004年9月号

    *****ミナミオオツカヨロズチョウホウ************南大塚萬重宝***2004年9月1日号***ヘッドラインニュースガン研通りに、ファミレスのジョナサン経営の居酒屋『ちょいす』がある。この店の真ん前にある街路樹には、夕暮れ時になると大塚中のスズメが集まってくる。その騒がしさは尋常ではない。葉が茂っているので、一体何羽のスズメがいるのか分からないが、この木からあぶれたスズメが隣の木...

  4. 南大塚萬重宝アーカイブ・2004年8月号 - 歩くお正月

    南大塚萬重宝アーカイブ・2004年8月号

    *****ミナミオオツカヨロズチョウホウ************南大塚萬重宝***2004年8月1日号***ヘッドラインニュース大塚北口で、最近よくマギー司郎を見かける。普段着で「暑いなぁ」という顔をした時だったり、びしっと決めてタクシー待ち姿だったりするので、どうやらこの界隈に住んでいると思われる。普段着でもスーツ姿でも、彼の柔和な顔は変わらない。テレビから窺える「良い人」な感じは、どうや...

  5. 南大塚萬重宝アーカイブ・2004年7月号 - 歩くお正月

    南大塚萬重宝アーカイブ・2004年7月号

    *****ミナミオオツカヨロズチョウホウ************南大塚萬重宝***2004年7月1日号***ヘッドラインニュースプラタナス通りにある激安八百屋・丸喜屋の手前に、腰の曲がったお爺さんが営む豆腐屋があった。しかしいつの日か店仕舞いしてし、今は弁当も売る総菜屋になった。豆腐屋の家族がやっているのか、全く別人なのかは分からない。だがもっと謎なのは、店の名前が『旅』だということだ。まぁ...

  6. 南大塚萬重宝アーカイブ・2004年6月号 - 歩くお正月

    南大塚萬重宝アーカイブ・2004年6月号

    *****ミナミオオツカヨロズチョウホウ************南大塚萬重宝***2004年6月1日号***ヘッドラインニュース大塚駅前交番の真ん前のスペースに、いきなりプレハブの建物が出現した。ここを仮交番とし、山手線の高架に寄生している現交番が、建て直されるのであろう。潤沢な資金でさぞや立派な建物が出来ようが、願わくば大塚屈指の貴重な歴史的煉瓦を壊さずにしてもらいたいものだ。ついでに公衆...

  7. 南大塚萬重宝アーカイブ・2004年5月号 - 歩くお正月

    南大塚萬重宝アーカイブ・2004年5月号

    *****ミナミオオツカヨロズチョウホウ************南大塚萬重宝***2004年5月1日号***ヘッドラインニュース南口『吉野家』の隣、木造モルタルの小体ながら、飲み屋、不動産屋、コインロッカー、床屋と4分割されていた建物が取り壊される。特に『ミツワ不動産』と床屋『カイジマ』は、随分長い店子だったので、風景としては寂しい。それに呼応するが如く、北口の『あおい書店』の隣にあった不動...

  8. <日常への旅>1999年葛飾区 - 写真家藤居正明の東京漫歩景

    <日常への旅>1999年葛飾区

    若かった頃、長い旅によく出かけた。あんな遠い所までよく行ったものだと思う。歳と共に長旅はもういいやと思うようになったが、知らない町を歩きたいという気持ちだけは変わらない。我が家から30分も電車に乗れば、遠くに山影も見え幾つもの川を越え鉄橋を渡る。視点を変えて歩けば、いつもの町にも新鮮な発見がある。それだけで充分に旅した気分だ。

  9. 八幡浜 - G-SHOT photo by MR.G

    八幡浜

    かみさんがやってきて、まず案内したのが八幡浜市。何故ここか?深い意味はありませんが、少ない土地勘が頼りでした(笑)2018.5.25八幡浜港(クリックすると大きな写真が見られます)

  10. 南大塚萬重宝アーカイブ・2002年8月号 - 歩くお正月

    南大塚萬重宝アーカイブ・2002年8月号

    *****ミナミオオツカヨロズチョウホウ************南大塚萬重宝***2002年8月1日号***ヘッドラインニュース大塚最大のスーパー・よしやの3階には、ゴールドジムという大きなトレーニングジムがある。なんでも本店はアメリカにある、ワールドワイドなジムらしい。異様に胸囲と太股が発達したため、腕は開き気味&がに股で大塚を歩いている人は、皆ここに行く。「一本、いっとく?」のハニホ・ヘ...

  11. 長雨・・ - G-SHOT photo by MR.G

    長雨・・

    この時期にこれだけ雨が降るのも珍しいなと思うくらい、結構な雨が降りましたね・・奄美諸島や沖縄近くまで梅雨入りの様子ですね。また鬱陶しい季節がやってきます。2018.4.30美山(クリックすると大きな写真が見られます)

  12. 社会復帰 - G-SHOT photo by MR.G

    社会復帰

    なが~~いGWが終わって、昨日1日はとても大変でしたが、どうにか社会復帰できました苦笑あれこれやることがたくさんあるので、しっかりやらないと・・・2018.4.30美山(クリックすると大きな写真が見られます)

  13. リスタート! - G-SHOT photo by MR.G

    リスタート!

    新年度が始まって1ヶ月経ちましたが、大型連休でひと休み・・・さて、今日から改めて頑張りましょう!2018.4.30美山(クリックすると大きな写真が見られます)

  14. レオノーラの卵 - 山羊と紙の丘陵

    レオノーラの卵

    レオノーラの生んだ卵が男か女か賭けないか、と言い出したのは工場長の甥だった。僕はそんなのフキンシンだから止めたほうがよかないかとぼんやり咎め立てをしたが、特に誰も聞く気はないようだった。(本文より)レオノーラの卵 / 日高トモキチ挿絵 磯良一 小説宝石 2018 5月号 光文社********************************************************...

  15. テッカテカのツルンツルン    「町 - 筆文字・商業書道・今日の一文字・書画作品<札幌描き屋工山>

    テッカテカのツルンツルン 「町

    一昨日は雪積もって、昨日はグチャグチャに解けて…昨晩はグンと冷えて雪降って…さ、本日はスケートリンク完成!ではなく道テッカテカ…画像わかりますか?夕方の街灯に照らされる道…こりゃ人も車もおっかない。(^_^;転ばぬように気をつけましょう。(^O^)「飾りたる小町ひいなのうれい眉」雛飾り、小野小町をはじめ三賢女が飾られることもあるようです。が、まだ見たことがない。十二単綺麗でしょうね。(^O^...

  16. GRAPHICATION - 山羊と紙の丘陵

    GRAPHICATION

    祭りの新地平地域の文化を象徴する『祭り』は全国各地で開かれ、名の知れたものには観光客が大挙して押し寄せてきます。一方、過疎化や老齢化が問題となり、林業の衰退と再建の議論に「限界集落」の言葉が登場したのが90年代初頭、そして数年前の「地方消滅」というリポートには激震が走りました。著名な祭りは観光産業として巨大化するその裏で、地域の生活や風習に根差した祭りの担い手は細り、伝統行事が途絶えることも...

  17. 晴れの日散歩 - フォトな日々

    晴れの日散歩

    晴れなきゃぁお散歩もできないよねぇおばあちゃんっ!!・・・・・・・・・・■homepage・・・・・・・・・・

  18. いるような、いらないような - 山羊と紙の丘陵

    いるような、いらないような

    目の前を傘をさしたおばさんが歩いていた。私も傘をさそうかなと思ったが、霧のような細かい雨、まだいいかと傘を手に持ったまま歩いていると、一軒の家から出てきたその家の奧さん、傘を開きかけて空を見上げた。その人に目の前を歩いていたおばさんが笑顔で挨拶をした。こう言って .......。(本文より)『どっちつかずの天使』岩松了 文磯良一 絵 編集 川添史子 榊原律子デザイン 柳沼博雅 堀内理沙 埼玉...

総件数:18 件

似ているタグ