画像処理のタグまとめ

画像処理」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには画像処理に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「画像処理」タグの記事(46)

  1. ダーク減算処理についての『不快感』の正体 - あぷらなーと

    ダーク減算処理についての『不快感』の正体

    ★ずっと感じていた『不快感』冷却CMOSカメラはその温度を低下させることによってダークノイズ自体を低減させるとは言え、星雲などを炙り出そうというレベルの画像処理においては、まだまだ大量のダークノイズが邪魔になります。そこで、暗闇で撮影したダークファイルを減算することによりノイズを消すのが常套手段なのですが・・・・。ええと・・・画像処理の下ごしらえとしてステライメージのバッチ処理で「ダーク補正...

  2. ディザリングはなぜ「効く」のか? - あぷらなーと

    ディザリングはなぜ「効く」のか?

    ★結局、ディザリングに勝るもの無し?お恥ずかしながら、ディザリングはおろかオートガイドすらほとんど経験の無い「ひよっこ」あぷらなーとなのですが。ディザリングって不思議なんですよねぇ。ええ、固定位置に居座るホットピクセルやクールピクセルを『散らす』ことによって希釈するのがディザリングだというのは理解しているつもりですよー。でも考えてみると「ピリオディックモーションをあえて補正しないノータッチガ...

  3. デジタル一眼の画像処理復習 - あぷらなーと

    デジタル一眼の画像処理復習

    ★台風24号の接近で・・・本来、本日は「天体写真の物理実験的アプローチ勉強会」に参加予定にしてて、とても楽しみにしてたのだけど、台風24号の接近に伴い11月に順延とのこと。残念で仕方ありません。(11月だと参加できるかどうか微妙なライン・・・)・・・で、やることも無くなったし、台風で天候も大荒れなので外出もできないので、デジタル一眼の画像処理の復習でもしてみようかと。★デジタル一眼の弱み敬虔...

  4. CompletionEditing - Photo Art KOJIM@ OFFICIAL

    CompletionEditing

    かねてよりプロ・フォトグラファーより、ご要望のありました、コンペティション用プリント&レタッチのサービスを開始させて頂きました。詳しくは当社webサイトをご覧下さい。

  5. 三連装『にせBORG』出撃③ - あぷらなーと

    三連装『にせBORG』出撃③

    ★1600円対物レンズの性能とやらを先日来取り組んでいるクローズアップレンズを対物レンズに転用して自作した『三連装にせBORG』ですが、なかなか良い感じです。せっかくですから、ファーストライトついでに、色々とチェックをば・・・。★焦点内外像のチェックアクロマートレンズは、本来メインの波長を設定してその波長に関しては球面収差とコマ収差が出ないように設計されています。ええ、たいていは人間の目の感...

  6. 北アメリカ星雲さらに画像処理③ - あぷらなーと

    北アメリカ星雲さらに画像処理③

    ★3色ナローバンドの『全』パレット総当たりさて、先日の『三連装ガチBORG・グランデ』ファーストライトで、NGC7000北アメリカ星雲のHα・SⅡ・OⅢ各色について120コマの原画を確保することに成功しました。となれば・・・。『あれ』をやらねばなるまいっ!というわけで、久々にやってみましょう。3色ナローバンドの既存RGB合成6パターンに、あぷらなーとオリジナルの邪道『リバースパレット法』6パ...

  7. 北アメリカ星雲さらに画像処理② - あぷらなーと

    北アメリカ星雲さらに画像処理②

    ★素材さえ手に入れば長く楽しめるものナローバンド超初心者のあぷらなーととしては、冬場に撮影したバラ星雲に続き、今回ようやく2匹目の3色ナローバンド素材を釣り上げた訳でして、この機会に色々と試して遊んでいます。たぶん色々と『正解』はあるのでしょうが、せっかくですからあえて自力で模索を楽しむことに♪正直ググりたくなる気持ちを抑えるのは非常に辛い・・・のですが、所詮研究じゃなくて道楽ですからねぇ。...

  8. 北アメリカ星雲さらに画像処理 - あぷらなーと

    北アメリカ星雲さらに画像処理

    ★初陣に勝利した『三連装ガチBORG・グランデ』なんやかんやで苦労しましたが、ようやくファーストライトに成功した『グランデ』ですが・・・『お楽しみ』はこれから♪とりあえず、Hα・SⅡ・OⅢの各バンドで撮影した画像を下ごしらえしておけば、それらをどのように組み合わせてカラー化するかは表現者の自由ですものねぇ。★自然な風合いを求めてみるナローバンドで赤い星雲を撮影したとき、最も『自然』に見られる...

  9. 一瞬だけ、脱『変態』してみる - あぷらなーと

    一瞬だけ、脱『変態』してみる

    ★天邪鬼あぷらなーとは・・・他人と同じ事をするのがイヤなあぷらなーとは何か面白い事は無いかと(無理矢理)珍妙な装置や手法を編み出してきた訳ですが、怪我の退院を機に「過去に撮影したオーソドックスな写真」を「今の力量」で画像処理したらどうなるんだろう・・・??と思い立ちました。いや、決してネタ切れとかではなくて、今後の発展のために・・・です。★というわけで、今回の素材は・・・2015年に撮影した...

  10. 短焦点版『にせBORG50S』ファーストライトその② - あぷらなーと

    短焦点版『にせBORG50S』ファーストライトその②

    ★ついにファーストライトに成功♪ケンコーのACクローズアップレンズNo4を対物レンズにした『にせBORG50S』のファーストライトに成功しました。ついでに、本当に久々の「PCの力を全く借りない星雲撮影」にも成功したわけで、機材の軽量化とも相まって怪我をした右肩の手術前通院治療中の現在でも、6月に予定している手術から退院した後の数ヶ月におよぶリハビリ生活でも、ニワトリなら決行できる光が見えてき...

  11. 初心に返ってみる♪ - あぷらなーと

    初心に返ってみる♪

    ★『ど変態・魔道』から一瞬だけ脱却するどうも最近、『光害チョッパー』だの『メカニカルPEC』だの『にせBORG』だの『変態ネタ』が増えすぎました。このままでは、沼にハマるどころか完全に魔道に墜ちてしまうので、いったん冷却します。いや、カメラをじゃなくて、頭を(笑)。ところでコレどうやって撮ったか分かります?「ん?これだけ天の川のモクモクが写ってるから、赤道儀でガイド撮影だよなー。」「あれ?で...

  12. WinJUPOSを使ってみた - 亜熱帯天文台ブログ

    WinJUPOSを使ってみた

    昨日も晴れていたので、木星を撮影した。しかし望遠鏡を冷やしている間に雲が出てきて、雲の間からの撮影になってしまった。どうにもすっきりしない画像なので、いつかは使おうと考えていたWinJUPOSというソフトウェアを使ってみた。このソフトは簡単に言えば木星などの自転をキャンセルするというか、1分以上だと普通は自転でずれてしまう惑星の模様(特に自転の早い木星)を、補正して合わせるという画期的なもの...

  13. 写真は味付け具合でダイナミックに変わる - スポック艦長のPhoto Diary

    写真は味付け具合でダイナミックに変わる

    久しぶりに画像処理ネタです2月27日付でアップした「宝塚の山並みを散策しました」の画像3枚並べて比較してみましたもちろん右側が撮ったままの原画左が画像処理をしてアップした画像春先で遠景を写した画像は空気のチリなどではっきりしない眠たい画像が多いです画像処理は露出補正とコントラストプレビューで見ながら補正します2段目の林は彩度も落として冷たい感じに仕上げました3段目は近景だけに露出補正だけで済...

  14. 『リバースパレット』の早見図公開 - あぷらなーと

    『リバースパレット』の早見図公開

    ★念願のナローバンドによる「鮮やかなバラ」色々と試行錯誤しましたが、ようやく鮮やかな発色のバラ星雲を三波長ナローバンドで撮影することができました。そこで、今後のために「一目でやりたいことが分かる」ような早見図を作ってみました。S:SⅡA:HαO:OⅢの各波長による撮影データを☆通常のパレットではR/G/Bのいずれに割り振ったか☆新たに考案した『リバースパレット』ではC/M/Yのいずれに割り振...

  15. ナローバンド撮影の『裏パレット』 - あぷらなーと

    ナローバンド撮影の『裏パレット』

    ★お待たせしました♪先日より試しているナローバンド撮影における三波長合成カラー化の『見慣れないカラーバリエーション』ですが、一通り確認作業が済んだので、いよいよ種明かしです。はい。従来のHα・SⅡ・OⅢナローをカラー化するためのカラーバリエーションには、上記のような色具合のパレットは存在しません。★・・・と、その前におさらい♪ご承知のように光の三原色はRGB(赤緑青)の3色です。その3色を組...

  16. 比較明の「光跡途切れ」にお悩みの方に朗報 - あぷらなーと

    比較明の「光跡途切れ」にお悩みの方に朗報

    ★光跡途切れを軽減する『イーブンオッド法』あぷらなーとブログを始めたきっかけとも言える「比較明合成で生じる光跡途切れ」を軽減する妙案『イーブンオッド法』ですが、一つ弱点がありまして、それは『イーブン群』(偶数コマNoの画像ファイル群)と『オッド群』(奇数コマNoの画像ファイル群)に分ける作業なのですね。まあ、発案者自身は「アヤシげなワザ」を習得してまして、単純に言えばWindowsのアイコン...

  17. 撮影会コンテスト審査9月15日(木)6165 - from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

    撮影会コンテスト審査9月15日(木)6165

    人気ブログランキング今日は、ヨドバシカメラ撮影会の名古屋と東京分のコンテスト審査でした。コンテストに応募していただいた作品をゆっくり拝見しました。力作揃いで、各会場の上位4名の入賞者を決めるのには、結構悩みます。上位入賞作品の差は紙一重の時もあれば、誰が見ても、これしかないという時もあります。撮影会参加者が増えるとともに、レベルが上がって激戦になってきました。上位入賞作品は、講師として会場を...

  18. 『クールファイル』補正でM31を再処理してみる - あぷらなーと

    『クールファイル』補正でM31を再処理してみる

    ★クールピクセルの軽減のために「位置合わせ無しコンポジットした画像からクールピクセル情報を抽出して補正する」というアイディアがなかなか上手くいっています。そこで、ツインBORG60EDで撮影したM31のデータをLRGB合成して再処理するために、今度はカラー冷却CMOSカメラASI1600MC-COOLのクールピクセルについて処理してみました。★カラーカメラのクールピクセルはどんな様子?ASI...

  19. クールピクセルを軽減するアイディア - あぷらなーと

    クールピクセルを軽減するアイディア

    ★先日来のエントリーで・・・・ASI1600MM-COOL(他のモノクロカメラも?)で多発する『縮緬ノイズ』について①主要因はホットピクセルではなくクールピクセル②クールピクセルはダーク減算では消えない(当たり前)③クールピクセルはフラット除算でも消えない(ビックリ!)④短時間露光の場合、クール除去フィルタでも消えない『ようだ』ということが分かりました。また、クールピクセルとその周辺のピクセ...

  20. Windows10標準のフォトで天体写真を画像処理してみる(手順説明)(長文注意) - 亜熱帯天文台ブログ

    Windows10標準のフォトで天体写真を画像処理して...

    天体写真の画像処理ができるソフトで無料で簡単なものはないかという質問が時々ある。つい最近も天文雑誌ではPhotoshopLEなどが紹介されているが、初心者だと「1万円近く払っても使いこなせないのでは」という不安があるらしい。フォトを使って、とりあえず星がはっきり出るような処理ができる、ということについ最近気づいた私は、自分が忘れないよう記事にしてみた。想定しているのは以下のような初心者だ。ス...

総件数:46 件

似ているタグ