病気のことのタグまとめ

病気のこと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには病気のことに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「病気のこと」タグの記事(31)

  1. 再発遠隔転移⑩セカンドオピニオン - ずっとそばに 

    再発遠隔転移⑩セカンドオピニオン

    乳癌の再発遠隔転移を告知されてから8ヶ月、現在の主治医は2008年の局所転移で乳房の全摘出手術をした医師。1997年独身時代原発乳癌発症乳房温存手術後放射線治療2008年局所再発発症乳房全摘出術後、抗がん剤6クールと放射線治療&ホルモン治療(10年服用)後2018年に全治療の卒業。無治療期間3年を経て2021年2月に遠隔転移発覚。今現在は、2種の薬物療法を継続中ホルモン療法=月1度の臀部(お...

  2. 再発遠隔転移⑨いつもありがとう - ずっとそばに 

    再発遠隔転移⑨いつもありがとう

    kazuさんと初めて出会ったあの夏の日からもうすぐ20年わたしの人生の中で一番幸せな20年間2月に乳癌の再発告知を受けてから半年副作用の辛さもあるけど、なによりも心の苦しみは、不意にわたしを襲ってきて夏の空が青々と広がっているのに目の前や頭の中は、真っ黒な雲で覆われる。ネガティブな心は、なかなか元には戻ってくれなくて何日も引きずることもある。だけど日中、わたしがゴロンと横になるリビングのソフ...

  3. 彼女の命日と血液検査その後 - ずっとそばに 

    彼女の命日と血液検査その後

    お彼岸と彼女の命日には、kazuさんとふたりで毎回訪れる場所。kazuさんのお休みの日に合わせて行くから命日に合わせてぴったり同じ日に・・ってことが数年無かった。今年は、月命日、同じ日に来ることが出来た。墓石に刻まれた年齢を改めて見る・・・行年三十九歳本当に、なんでそんなに急いで駆け足で逝っちゃったの。時が止まったまま、若い頃の彼女の写真しか知らないわたしと、数十年を一緒に過ごしてきたkaz...

  4. ユリイカのランチと、北海道成分 - ゆるゆると・・・

    ユリイカのランチと、北海道成分

    こんばんは昨日は、また九大病院の日でした。先月から何度行ったかな〜いくつも検査したあとの受診日、一昨年の入院が決まった時に似てる。嫌な予感…その前に、ユリイカランチ。先週お茶に行ったけど、ランチは久しぶり!相変わらず野菜たっぷりの前菜です。茄子とフムスの生姜コーディアル。お野菜の下には、焼き茄子とひよこ豆のペースト「フムス」まろやかでスパイシーで、お豆の旨みがぎゅっ!茄子と相性抜群でした。こ...

  5. 薬の減薬とリフォーム延期 - ずっとそばに 

    薬の減薬とリフォーム延期

    奥日光のお宿アップが滞っています。(イマイチやる気スイッチ発令せずで^^;)体力や気力がいっぱいある時に残します。一応自分達の記録でもあるのでね・・旅日記今現在、治療継続中の自分自身の身体の記録もやっぱり残しておかないと。同病の方々には、ほぼ大した参考にもならないと思うのですが、自分の経過をある程度明記しとかないと物忘れひどくなってきてるし(苦笑)乳がんの遠隔転移治療で追加された薬が通常の1...

  6. 口内炎 - ずっとそばに 

    口内炎

    薬の副作用で口内炎がヒドイ服用していた期間には出てこなかった症状だったけど休薬して3日目辺りから、口の中に数か所のぷつぷつ・・・痛い!痛い~~あんなに小さな出来物なのに、なんでこんなに痛いの??もう1週間こんな状態で、ご飯もまともに食べれない(涙)来週からは、また薬の服用が開始されるだろうし早く治って欲しい・・・口内炎お風呂も熱いのが好きなワタシは、食べ物も熱々が好き。それが今では、朝の珈琲...

  7. はじめまして - もちろんしあわせ

    はじめまして

    63歳の主婦です。いえ、主婦とは言えないかもしれません。パートナーとふたり暮らしですが、なんと食事はそのパートナーが全部担当。そしてパートナーは17歳も年上です。特発性拡張型心筋症と好酸球性多発血管炎性肉芽種症というふたつの難病も持っていますが、でも、今が人生で一番楽しいかもしれません。コロナもあって、今は読書や散歩やビデオ鑑賞やといった毎日です。本当は早く旅行に行きたいな。そんな私の毎日。...

  8. 再発遠隔転移⑧追加治療と副作用 - ずっとそばに 

    再発遠隔転移⑧追加治療と副作用

    乳がんからの再発遠隔転移の治療が始まって3ヶ月。最初に選択された注射の治療をしつつ2週おきに血液検査を受ける日常。注射単独の治療で、癌細胞の増殖数値を現わす「腫瘍マーカー」という数値が、上昇してしまい先月の終わり頃は、かなりひどく落ち込んだ。主治医からの、「薬を追加しましょう」の指示は当然受け入れるんだけど、気持ちが追い付かない。3週間服用し、1週間休薬するサイクルのこの薬は飲む抗がん剤?の...

  9. 再発遠隔転移⑦看護師さんもいろいろ - ずっとそばに 

    再発遠隔転移⑦看護師さんもいろいろ

    乳癌再発治療に使われる薬剤フェソロデックスという注射を打ち始めてから2ヶ月半が過ぎた。打ってくれる主治医は当然同じだけど処置室の看護師さんは、これまで毎回違った。やっぱり・・・人だよねぇ~(苦笑)って昨日の受診日に思った。すごく気遣ってくれるのです。「痛いね・・痛いね、少しの我慢頑張ろうね」と若い看護師さんがオバちゃんのワタシに一生懸命話しかけてくれて、気持ちを落ち着かせてくれる。もう、こっ...

  10. 現実と現実との乖離 - 私の人生、こんなもん 涙の後には虹も出る

    現実と現実との乖離

    たかしが、この春、大学を退学しました。1回生の頃には、既に「辞めたい」と言っていたのですが、なんとか2回生は「休学」ということで、1年間ゆっくりと考える時間を作りました。そして、たかしの出した結論は「退学」でした。もう20才、私もかなり悩みましたが、たかし自身で決めたことなんやから、親はそれを受け止めるしかないのだと思い、退学届を提出しました。そして、たかしには精神障害者手帳が交付されました...

  11. 再発遠隔転移⑥兆候 - ずっとそばに 

    再発遠隔転移⑥兆候

    無機質な病院の検査室受け付け2月中は、いっぱい検査しました。今後も血液検査を始め、薬の効果を確認する為に検査は不可欠。中でもMRIという検査は一番苦手です。閉所恐怖症なんです・・実は。MRI検査は、細長い筒状の中に身体ごとすっぽり入り30分前後の時間、身動きせず、ただじっとしているだけで痛みなどは全くないんだけど、狭い空間に閉じ込められてる感がハンパなく・・・本当に苦手。乳癌全摘出手術から1...

  12. 再発遠隔転移⑤告知から一か月 - ずっとそばに 

    再発遠隔転移⑤告知から一か月

    予期せぬ再発転移の告知から一か月が過ぎた。今日まで、病院何回行ってる?検査が多くて、病院行きのバスに乗るのも憂鬱になってきてる日々。2019年にkazuさんが入院治療したのと同じ病院。通い慣れた通勤経路みたいになっててなんかスゴク嫌だわ。おおよその治療方針も決まって、実際に先々週から注射なども始まった。全身の倦怠感はあるけど予想してたような酷い副作用も今のところ無く助かってる。痛みだったり気...

  13. 再発遠隔転移④注射地味に痛い - ずっとそばに 

    再発遠隔転移④注射地味に痛い

    先週から乳癌再発転移の治療開始選択肢?というか、主治医から説明を受けた2種類の治療から進めていくそう。継続的な治療をやっていくなかで血液検査等の検査結果を定期的にしつつ、効果が得られない場合はまた別の治療(薬剤投与)をすることに。薦められた最初の2種類2週間毎の筋肉注射と癌細胞の増殖を抑える薬の服用。まずはお尻への筋肉注射一回に2本これが地味に痛い。看護師さんは「力を抜いてゆったりした気持ち...

  14. 再発遠隔転移③今日のグダグダ治療開始日 - ずっとそばに 

    再発遠隔転移③今日のグダグダ治療開始日

    諸々の検査が終わり「乳癌の遠隔転移」という告知も早々に受けて、今日は最初の治療日。まずは第一歩を踏み出したわけだけど、主治医の診察日がほぼ水曜日限定という日程にも救われた。何故なら、水曜日はkazuさんの公休日で今日までの数週間で検査以外の日には、付き添って貰えてるから。いい歳して、付き添ってもらってること自体情けないなぁって感じながらも、やっぱり隣にいてくれるのは本当に有難い。主治医との会...

  15. 再発遠隔転移②パートと猫 - ずっとそばに 

    再発遠隔転移②パートと猫

    kazuさんが「治療のようすでどうなるか解らないけど、satomiさんの体調が良ければ猫でも飼う?」と、昨晩言ってきた。思わず「そうだねぇそれもいいね」と応えたワタシ。12年続けてきたパートの仕事も来週一日だけ出勤をして、その後は退職することを決めた。初めて体現する治療が始まるので、私の体調次第で「明日は、無理そうです、来週からは大丈夫です・・」云々を上司に伝え、穴の空いた私のシフトを誰かが...

  16. 再発遠隔転移①今日の気持ち - ずっとそばに 

    再発遠隔転移①今日の気持ち

    本当に考えてもいなかった現実が、前触れもなく突然やってきた。32歳の時に初めて私の身体に住み着いた癌細胞は43歳で再び姿を現しあれから13年・・身を潜めていたと思っていたら、みたび私の身体に戻ってきた。こなくていいのに。「杞憂」は「現実」になり、2008年に私の乳房を全摘出した主治医の発する声を、半ばボーっとしたような状態で聞いている私がいた。一緒に診察室に入ったkazuさんが、なんのひと言...

  17. なんか・・ついてない - ずっとそばに 

    なんか・・ついてない

    まだハッキリと確定したわけじゃないけど乳がんの再発転移みたいです。2月3日に、脳神経内科の先生に「疑いですけど・・脳転移の可能性かもしれません」って。なんという恐ろしい言葉をサラッと言ってくれちゃうじゃないの。あまりに突然の宣告?に、取り乱したのかどうだったのかつい最近のことなのに、その時の場面をあんまり覚えていないという。なんでだろう・・・なんで、なんで、なんで・・・ここ数日そればっか。k...

  18. ロービジョンと、梅山鉄平食堂 - ゆるゆると・・・

    ロービジョンと、梅山鉄平食堂

    こんにちは今週の月曜日は、九大のロービジョン外来でした。長いこと眼科と脳神経内科に通ってますが、ロービジョン外来は初めて。「ロービジョン」全盲じゃない、重めの視覚障害のことです。(障害者手帳を持つ、視覚障害の2級以上くらい)病気と共に、長いお付き合いの視覚障害。治療で病気が安定してもずっと一緒ですからね。ここでは、病気の話は一切なくて、快適に生活できるよう様々な提案をしてくれるんです。例えば...

  19. ロヂウラベーカリーのずんだジャム - ゆるゆると・・・

    ロヂウラベーカリーのずんだジャム

    おはようございます。ひんやり気持ちがいい朝です。少し前まで、起きた時からウツウツだったのに、こんな朝が迎えられるなんて。あの頃の私に教えてあげたいです(笑)ちゃんと、笑える時がくるからーって。睡眠導入剤なしで眠れるようになったのも、良いこと。薬の副作用に不眠もありました。去年12月の入院時から毎日飲んでたんですが、最初は点滴で大量に薬を入れてるので、覚醒作用で眠れず…元気が良すぎてテンション...

  20. 視神経脊髄炎と新薬の話 - ゆるゆると・・・

    視神経脊髄炎と新薬の話

    こんにちは今日の福岡は、朝から凄くいいお天気。もう、9月も終わりですね。2月の退院後から副作用で寝たり起きたり、それが和らいだ頃、ウツ症状が重くなり…いつのまにか9月になってた感じです。タイトルの「視神経脊髄炎」昨日、インスタにも投稿しましたが、これが私の病気の名前です。視神経脊髄炎スペクトラム障害。初めて聞く方も多いでしょう。私も「ししんけいせきずいえん⁈」と…去年12月の入院時についた病...

総件数:31 件

似ているタグ