癌のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには癌に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「癌」タグの記事(10)

  1. 癌と共に生きる - hibariの巣

    癌と共に生きる

    いつになったら太陽に会えるのでしょうか?長い梅雨の季節です。友人からプレゼントが届きました。石垣島から届いたというパイナップルと友人が焼いたパン。彼女は癌と共生中。あちらこちらに転移していて、完治は厳しい状況ですがそれでも自宅で生活しています。昔からほっそりしていて、発症したと聞いた時は治療に耐えられるだろうかと心配したものです。今日あったときもショートヘアにバンダナまいて白いTシャツに少し...

  2. ケアを語り合う第77回“ふらっとカフェ”へのお誘い - 緩和ケアサポートグループ

    ケアを語り合う第77回“ふらっとカフェ”へのお誘い

    NPO法人緩和ケアサポートグループ東久留米白十字訪問看護ステーション協働開催ケアを語り合う “ふらっとカフェ” 第77回開催のお知らせ第77回 ふらっとカフェ@東久留米 日時:2019年5月18日(土) 午後1時~3時場所:東久留米白十字訪問看護ステーション東京都東久留米市本町 2-2-5 本町ビル1階最寄駅:西武池袋線「東久留米」駅 (西口徒歩5分)--------------------...

  3. 昨夜の満月 7/18 - つくしんぼ日記 ~徒然編~

    昨夜の満月 7/18

    昨夜、空を見上げたらそこに満月ぐづつくお天気に、空を見ることを忘れてましたが、煌々と輝いていました!月に雲がかかっては流れ、現れては流れと、なかなか良い雰囲気。「ここで一句」と行きたい所だけど、素養が無いさて、このぐづつくお天気&台風発生という事で、この先どうなるのかなぁ。お体ご自愛ください担当:n*こちらは、”夜景ポートレート”で撮影。”明るすぎ!”ですが、雲の様子がわかっていいかなぁ。ま...

  4. 若い人は知らない「昔はあたり前にタバコが吸えた場所」9連発! - 日本を愛する防人のつぶやき

    若い人は知らない「昔はあたり前にタバコが吸えた場所」9連発!

    若い人は知らない「昔はあたり前にタバコが吸えた場所」9連発! ・昔はタバコが吸えた場所:飛行機の中 飛行機の中はあたり前にタバコが吸えた。もちろん喫煙所などなく座席でプカプカ吸えた。喫煙席と禁煙席の区分けはあったが、今思うとあり得ない。シートに設置されている灰皿はその名残りである。 ・昔はタバコが吸えた場所:電車の中 今でも新幹線には喫煙車両が用意されているが、昔は普通電車の中でも余...

  5. 甘さ控えめ - yowske's modeling works

    甘さ控えめ

    お袋がいよいよ抗がん剤投与になりました。あまりの苦しさで「電話しないでくれ」とのことでしたので、連絡も病院に行くことも控えております。いつも作ってた煮しめを自分の味で煮込んでみました。いつもは甘味で好きではなかったのですが、調理酒とお出汁を多めに入れたらキリッとなって、自分好みになってくれました。具材はオヤジのリクエストそのままで。かなり多めに作ったので、3日は持つかなという感じです。

  6. CEAT療法3回目 ~段々慣れてきたかも~ - 病院嫌いの私が実行していること

    CEAT療法3回目 ~段々慣れてきたかも~

    前回のCEAT療法の後、生理による体調不良で暫く治療をお休みしてましたが、今日やっと3回目を受けることが出来ました。さすがに3回目になると、段々身体も慣れてきて今日はそんなに熱くもなく、いや熱いけど耐えられる熱さで、終わってからもすぐ元に戻りました。むしろ、頭に熱加えてると、悪い細胞がじわじわと消えているような気がしてちょっと楽しいような。(笑)とはいえ、今日は外が蒸し暑くて帰りのタクシーの...

  7. なかにし礼さんの話をテレビで聞いて、非常に感銘を受けた。 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    なかにし礼さんの話をテレビで聞いて、非常に感銘を受けた。

    作詞家のなかにし礼さんは、2度の癌を患ったらしい。一度目は、食道癌で、陽子線療法を受けて、良くなった。二度目は、どこだったか、はっきりとは覚えていないが、手術がどうしても必要ということで、4時間の手術を受けたらしい。でも、全部取り切れなかった。何か出血関係を起こすと、その後の余命は4、5日だと言われる。そして、出血をして、それがやってきたのだと観念し、主治医に電話をすると、それは、鼻血であっ...

  8. 米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法で命を - 日々物語エキサイト

    米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴...

    米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹などで癌対策記事あり! 復活マッジクアワー@sohnandae: 「RT @junko_in_sappro: 『ワクチンもブド...

  9. 叔父が・・。逝く・・・。 - 自由空間の間取り

    叔父が・・。逝く・・・。

    叔父が天命を全うし、一昨日亡くなりました・・・。死んだ親父の弟。親父が長男。次男の叔父は10年以上前に肺がんからの転移で死去。長男の親父は、膠原病からくる合併症で死去・・・。一昨日亡くなった叔父は、親父の弟で3男でした。それこそ10年以上前に肺癌を患い長期入院。勤務先を勤め上げ、退職して数か月後に癌が見つかり直ぐに切除手術を行いました。自分は当時乗っていた、エクリプススパイダーの助手席に親父...

  10. 原発事故から見る癌治療 - せんな整体院の仙術健康ぶろぐ

    原発事故から見る癌治療

    福島の甲状腺検査は即刻中止すべきだ無症状の甲状腺がんを掘り起こす「検査の害」https://webronza.asahi.com/national/articles/2019062000003.html  ようは、一生悪さしないレベルの甲状腺がんを発見して手術して逆に悪影響を与えている! みたいな記事なんですがそれって、甲状腺がん以外はどうなんでしょうかね?がんの早期発見早期治療!が一般的に...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ