発達障がいのタグまとめ

発達障がい」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには発達障がいに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「発達障がい」タグの記事(154)

  1. こんにちは、トラ子(さなトラ娘)です。 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    こんにちは、トラ子(さなトラ娘)です。

    こんにちは、トラ子です(さなトラの娘で、寅年!)。今日は母さなトラに変わって、ブログを書かせて頂きます。よろしくお願いします。今日お話したいのは、発達性協調運動障害についてです。皆様は発達性協調運動障害(長い)を御存じでしょうか?以前何度か母が書いたかもしれませんが、私は自閉スペクトラム症、通称アスペルガー症候群です。発達性協調運動障害というのは、この自閉スペクトラム症とよく併発することがあ...

  2. 喜怒哀楽いらっしゃい - アガパンサス日記(ダイアリー)

    喜怒哀楽いらっしゃい

    わたしはたぶん他の人にはそうでもないことにいちいち衝撃を受けるテレビに出ている人が妙なことを言ってる腹がたつ新聞に書かれていることがひっかかるなんでこんな書き方するんだろう?おかしいよ…傷つく人がいるよ…悪者がどんどん倒されていくような映画はとても見られない全然スカッとなんてしないつらいだけだひとつひとつのことに反応していてはとても疲れるのでわたしはこころにちょっと蓋をしておこうとおもってい...

  3. 凸凹母まだまだ発達途上 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    凸凹母まだまだ発達途上

    「アイデンティティ(自己同一性)の確立」若かりし頃初めてこの言葉を聞いて、ああーわからんなあーと私は頭を抱えた。自己同一って自分は自分じゃん…と混乱した。思春期、そして青年期と言われる年齢で私の頭の中は、論理的には小学生レベルだった。年齢的に、自分は何者かと問うべき時期を、私はあまり考えずに通り過ぎてしまった。自分の思う自分、他者から見える自分が同じではないということに、なかなか気づけなかっ...

  4. 『風と共に去りぬ』上巻を読んで - アガパンサス日記(ダイアリー)

    『風と共に去りぬ』上巻を読んで

    一昨日、子どもの頃に「感想文」とは何かを知ったときの話を書きました。https://sacfafk.exblog.jp/27597854/今日はその後の私の感想文にまつわる話。中学3年の夏休み、読書感想文の宿題がありました。私は『風と共に去りぬ』を読んで書くことにしました。なぜこの本にしようと思ったのか…それは世界文学全集の背表紙を眺めて、単純にタイトルが気に入ったからでした。内容の前知識は...

  5. 昔々の凸凹記憶から - アガパンサス日記(ダイアリー)

    昔々の凸凹記憶から

    たぶん私が小学校1年生か2年生の時だったと思うのですが、お話を読んで思ったことを書きなさいという宿題が出ました。感想文ですね。私はそこで、「よしっ」とばかりに、疑問点を書き並べたのでした。「なぜここでこの子はこんなことをしたんですか?」「どうしてここでこの人がやってきたんですか?」などなど。何のお話だったか覚えていませんが、10個くらい書き並べたと思います。先生から「わからなかったことじゃな...

  6. 幸せのかたち - アガパンサス日記(ダイアリー)

    幸せのかたち

    「ゆっくりさんのヘアサロンサーチ』を書いていらっしゃる栗山美果さん。ゆっくりさんが通いやすい美容院や歯医者さんの情報を肌理こまやかにご紹介くださっています。軽いフットワークと確かな取材力、そして信頼できる上に面白い(!)お人柄で、ますます活動のフィールドを広げていらっしゃる模様。美果さん、応援してますよ〜。 その美果さんがFBでシェアしていらした記事。http://tetote-net.co...

  7. 学びの日〜情報フェスタ〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    学びの日〜情報フェスタ〜

    先週末、咲くふぁサントラそれぞれ学びの場に赴いておりました。くにトラはヒューマンライブラリー、さなトラはウィキペディア講座、そしてしょこトラは「障害者が働き続けるために、働く大人になるための情報フェスタ」へ。基調講演は「障がいのある子を持つ父親の使命と役割について」講師は一般社団法人「福岡おやじたい」の理事長吉田正弘氏。(「福岡おやじたい」は障がいのあるお子さんを持つ父親を中心とした、父親の...

  8. 「生きづらい」考、補足。 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    「生きづらい」考、補足。

    先週、「『生きづらい』撲滅宣言」というタイトルで書きました。https://sacfafk.exblog.jp/27413784/言葉足らずの感があったので、補足。なぜ私が違和感を持っているのか、「新明解国語辞典」をめくったら腑に落ちました。元になっている「つらい」は「抵抗が大きくて、できることなら自分としてはその状態から離れたい感じ」「耐えがたいほどに扱いがひどい」という意味です。「〜づら...

  9. 認めてもらうことのパワーを見ました! - アガパンサス日記(ダイアリー)

    認めてもらうことのパワーを見ました!

    「ウォーターアート」ご存知ですか?水を使って絵を描くんです。子どもの頃、水たまりに傘を突っ込んでそこから地面に絵を描いたこと、私もあったなあ。1月6日の「笑顔と絆のスクラムPART5」で、霧吹きや、刷毛、ホウキを使って、音楽に合わせて水で絵を描いていくウォーターアートの堀川玄太さんのパフォーマンスを見ました。お母さまの堀川貴美子さんのお話もありました。玄太さんは、24歳。1歳半くらいから重度...

  10. 似たもの同士【21】〜私は彼と同じ〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【21】〜私は彼と同じ〜

    私は、次男が中学で不登校になった時から、子ども専門の心療内科にかかっていました。初めは彼には黙っていましたが、高校に入ってからは一緒に行って、医師と話そう、カウンセラーに相談しようと提案していました。しかし彼は動きませんでした。大人を敵視していたのかもしれません。医師は初めから、私の話を聞いて、次男は発達障害だろうと思われていたようですが、本人が来ていないので断言はされませんでした。その代わ...

  11. 反面教師 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    反面教師

    わたしは、人がたいして気にならないらしい言葉に妙に引っかかるようだ。どうでもいいような言葉に打ちのめされたりするようだ。メンドクサイやつだ。わたしは時として言葉のナイフを投げるらしい。知らないうちに人を怒らせたり傷つけたりしているらしい。メーワクなやつだ。何も考えないとやり過ぎてオーバーヒートする。考えすぎると動けなくなる。どうやってバランスを取っているのか自分ではよくわからない。バランスが...

  12. 似たもの同士【18】〜アンパンマンじゃない!〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【18】〜アンパンマンじゃない!〜

    次男幼稚園年少組の時のこと。幼稚園の運動会というのは、たいてい年少さんは赤ちゃん扱いです。この時の年少組のお遊戯は、「みんなでアンパンマンになって遊ぼう」というものでした。お家から持ってきた風呂敷を首に巻いてマントにします。思った通り、彼はマントを頑として拒否しました。練習で他の子どもたちはみんな楽しそうにアンパンマンになりきってはしゃぐ中、風呂敷を持った先生から逃げ回っていたようです。運動...

  13. わたしと私 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    わたしと私

    あなたの強みはなんですか?得意なことはなんですか? ほかの人よりできること?得意なことはあるけれどどこでも役に立つものでもないしな…私はまともに答えられない。では好きなことはなんですか?ああこれなら答えられる。でも好きなことはたくさんあり過ぎて、パッと答えられない。どれを最初に言おうかと考えているうちに次の質問がくる。何をしている時が楽しいですか?楽しいとき、たくさんある。えーっとえーっと…...

  14. いつもどおりに - アガパンサス日記(ダイアリー)

    いつもどおりに

    毎年毎年、この時期になるといつのまにか咲いている彼岸花。猛暑だろうがなんだろうが、この花たちはカレンダー通り。ああ、秋だよな、と思わせてくれる不思議な花。時間に厳しい花なのか。こだわりの強い花たちなのか。赤か白か、はっきりしているのもまた潔い。しょこトラ 水元晶子咲くふぁ福岡 HPもご覧ください。http://sacfa.yubunsuzuki.com/

  15. 寡黙な子どもと野外ライブに行った話 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    寡黙な子どもと野外ライブに行った話

    先日妹から聞いた話。某野外ライブに、一緒に行く予定だった人が行けなくなった。それで急遽、息子(専門学校生)を誘った。ライブは開始早々総立ち、飛んだり跳ねたり、みんなで手を振ったり、とよくある光景だったのだけれど、息子は一度も肩から上に手をあげることはなかった、と。じーっと立っていて、小さな拍手は時々していたそうだ。身長180㎝なので、その姿は結構周りから浮いていたらしい。しかし、彼の感想は「...

  16. 〇〇=△△(ネガティヴ)は困る - アガパンサス日記(ダイアリー)

    〇〇=△△(ネガティヴ)は困る

    「不登校=ひきこもり」?「自閉症=ひきこもり」?「発達障害=ひきこもり」?「ひきこもり=人生の落伍者」?「子どもが学校に行っていない親=子育てし失敗」?全部間違いです。こういうことをいろいろ言われたり、聞いたりしてきました。そのたびに、残念な気持ちになってきました。「〇〇イコール△△(△はネガティヴなこと)」という決めつけはどこから生まれるのでしょうか。たとえ、「良かれと思って」であっても間...

  17. 過ごした時間 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    過ごした時間

    私は楽しいことが終わりに近づくと不機嫌になる子どもだった。我を忘れるほど楽しんでいたのに、「もうすぐこれは終わる」と気づいた瞬間からもう何も楽しくない。終わった後の寂しさ、つまらなさを前倒しして感じてしまうのだった。だから、楽しいことのラスト部分は、すでに楽しくない時間となってしまい、物悲しい気分に覆われてすっかり気落ちしてしまうという、側から見たら妙な子どもであった。それはけっこう大人にな...

  18. 揃って成長中… - アガパンサス日記(ダイアリー)

    揃って成長中…

    離れて暮らしている息子が、たまに「今きついんだよね」っぽいことを言ってくる。LINEの時もあれば、電話の時もある。その時私がすることは「そりゃきつそうやねえ」と相槌を打つくらい。以前は相槌を打つことができずに、つまらないアドバイスをしてしまい、衝突していた。よかれと思って、だったのだけれど。かなり、よけいなお世話だった。今は、いろいろ話しているうちに、自分でいつのまにか解決の方向に向かってい...

  19. 似たもの同士【14】〜診断〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【14】〜診断〜

    末っ子が休学し、次の年度を迎えることになりました。その頃は、完全に昼夜逆転。復学できる状態ではありませんでした。本人も、行くとは言いません。このままでは何も変わらない、と私は高校を訪れ担任の先生に退学を申し出ました。「次年度も私は1年の担任ですから、休学のまま私のクラスに籍を置きましょう」と先生は言われました。カウンセラーも、「今退学しなくていい、所属先があった方が彼のためにいい」という意見...

  20. 似たもの同士【9】〜納得がいかない〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【9】〜納得がいかない〜

    入学早々、宿題を出していないので、先生から呼び出されました。怒られる、ということはなかったようですが、「早く出すように」ということを言われます。しかし彼は、とにかくやればいい、という話がどうしても納得いかないので、出しません。9割がたやっているのに、最後までやっていないから、出しません。周りの生徒がどうやっているのかもよくわからないまま日々が過ぎて行きました。進学校で、どの生徒も、授業につい...

総件数:154 件

似ているタグ