発達障害のタグまとめ

発達障害」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには発達障害に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「発達障害」タグの記事(762)

  1. note記事より「加齢精子は次世代の多様性を増す」 - 大隅典子の仙台通信

    note記事より「加齢精子は次世代の多様性を増す」

    1月5日、2021年最初の論文がEMBO Reportsに出て、プレスリリース、メディア掲載やNewsPicks記事等に繋がりましたが、さらにその先のアイディアをnote記事にしました。(画像は公開されているCell Image GalleryのEgg and Sperm! Image of the Week - May 7, 2018より拝借。大きな卵子と小さな精子の画像。)note記事:...

  2. 蛹型 - まほろのうたかた日記

    蛹型

    葉っぱをバリバリと食べてすくすくと大きくなっていたイモムシくんが、ある日、糸を吐いて硬い殻の中に閉じこもって動かなくなります。私たちは、それが”サナギ”という状態で、幼体から成体への途中の形態であることを理解していますから、慌てたりせず、出て来るのを見守るはずです。外からは分からないけれど、サナギの中では、ものすごいエネルギーを使って変容が起こっています。しかし、成体になる過程という知識がな...

  3. 入試前日。サポートすることにしました。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    入試前日。サポートすることにしました。

    いよいよ、入試が明日に迫りました。最寄駅から20分ほど電車に乗って、降りて20分ほど歩けば、高校に着きます。一度見学会の時に、一人で行かせたことがあるので、試験は一人で行かせようと思っていましたが、S先生からの待ったがかかりました。”げんちゃんは、ルーティンだからできることも、入試の日、舞い上がっていたらできない可能性がある。そうなると、努力も水の泡だ。しかも、たとえ、学校に着くことができて...

  4. 試験前の最後の週末 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    試験前の最後の週末

    試験前の週末になりました。飛ぶように人生の時間は、過ぎて行っています。世間は緊急事態宣言。中3始まった時、こんな学年の終末をだれが想像し得たでしょうか。歴史を振り返れば、一人の人生くらいの時間でも、いくつもいくつも、大波が来る。なかった時代などまったくない。と考えれば、こんな出来事も、不思議ではいないのかもしれません。悠久の歴史の中で、私の発達育児など、ささやかな木の葉の揺れくらいのものかも...

  5. 初めてズームで勉強を教えた - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    初めてズームで勉強を教えた

    今日は、何日ぶりか、げんちゃんど~んより。やれやれ、気持ち入れたのがけっこう続いたと思ったけど、きつ~い!とうなっていた夕べ。やれやれ、また落ちてる。もう何日も前の宿題プリント、いまだ出してない。そのまま持って帰ってる!うんざり!さあ、どれほどの時間で復活できるか、見ものだね!落ちるとこうだけど、入ったときは、こんなこともあります。先日、げんちゃんから職場に電話がかかってきました。「お母さん...

  6. 心の使い方、思いの働かせ方、当たり前のことを、コツコツ教えていくきつさ。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    心の使い方、思いの働かせ方、当たり前のことを、コツコツ...

    福岡は、大雪で、久しぶりの雪景色です。げんちゃんの勉強を見てやると、暢気でいられないです。ただ空欄を埋めればいいやん!そんな感じの空っぽ勉強から多少は進化していますが、まだまだ普通のお子さんの意識状態とは程遠いです。今日は、英語の基本的な問題集をやらせて、あきれ果てました。anyとsomeの使い方の違い、というパートでした。最初に、簡単なまとめが書いてあって、それから問題が始まり...

  7. Photo/637 - Faith of the Heart

    Photo/637

    NIKON D8501-2: AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G3: AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。帰省中は、コロナの事を忘れたいと考えていましたが、タイの田舎でも話題はコロナの事ばかりでした。更に、年末年始にはタイの各地でコロナの感染拡大が見つかり、バンコクに戻ってきた頃には、各県でロックダウン、学校や娯...

  8. できる家事を少しずつ増やしていく - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    できる家事を少しずつ増やしていく

    今まで、げんちゃんは、おばあちゃんのところに、学校から帰宅していました。そこで、1時間近く、おやつを食べたり、テレビを見たり、ちょっと一息ついていました。でも、おばあちゃんは、そもそもげんちゃんに甘く、すぐに何でもしてくれるので、ありがたいのですが、今のステージはまずい。げんちゃんのモードが一気にシフトダウンしてしまうようです。それで、12月から、おばあちゃんのところに出入り禁止となりました...

  9. T高校には行きたいらしいけど・・・計算 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    T高校には行きたいらしいけど・・・計算

    げんちゃんは、休みになって、「お母さん、T高校に行くためには、何を勉強したらいいの?」と朝起きると聞いてきます。やはり、T高校に行きたいんでしょうね。見学に行ったとき、雰囲気、空気感がとてもよかったので、げんちゃんなりに、そこの生徒になりたいと思ったのでしょう。しかし、体験入学の簡単なペーパークラフトは完全に抜きまくっていたし、過去から、そういう気持ちが今に至っているわけではないと思...

  10. 意識を入れることを、少しつかんできたのかもしれない。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    意識を入れることを、少しつかんできたのかもしれない。

    げんちゃんは、この1週間で、少し良くなりました。何度か前のブログで、卵が割れるまで出てこない、と嘆いていましたが、とりあえず、割れたのでしょう。気持ちを入れ続けることが、前よりできるようになっています。T高校には、落ちるかもしれない、ということも、彼の心を動かしているのかもしれません。ちょっと前に、あまりに、表面だけ作って、なんとか、やりすごしていく、そういうステージに辟易して、このままだ...

  11. モリモリ所用をこなす - 遊びをせんとや

    モリモリ所用をこなす

    今日は年金事務所の予約を入れてて夫と向かう疑問だった1点を主に他諸々お尋ねし約20分にて終了いつもながらこちらの疑問にカタカタカタと電卓を叩き数字から見えてくる結果を冷静&的確に知らしめてくださる係りの方に対してやっぱ...人種が違うワ自分みたいな本能で生きるタイプの真逆に位置してる色んなタイプの人間がいて社会がなりたってる自分が持ち得ないスキルをうらやましくもありありがたくも感じつつそれで...

  12. ゆうすけ君との別れ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    ゆうすけ君との別れ

    支援クラスは違うけれど、仲良くさせていただいていたゆうすけ君が、突然転勤することになりました。いっしょにT高校を見学したりして、お母さんとも唯一仲良くしていたので、私もショックでした。卒業式までも、ともにできず、終業式とともにお別れになりました。ほんとに寂しい。でも、もともとげんちゃんよりずっと繊細で、言葉もたくみ、知的クラスにいるのが不思議なゆうすけ君。突然の転勤は、二人にとって、寂し...

  13. 卵から出ようとしないげんちゃん - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    卵から出ようとしないげんちゃん

    本文に関係ないですが、9月ごろに作りました。ベルトが切れていたり、靴が後ろ塗ってなかったり、不思議な作品です。動物づくりから、やっと人を作りました。 ブログの横に、自分の昔のブログが出てきたので、クリックして読んでみて、思わず、見入ってしまいました。今、私が、ほんとに苦労している部分、2年前のブログでも同じでした。https://glowgen.exblog.jp/238625538/とは...

  14. 発達教育。 - トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活

    発達教育。

    うわわ、今年も、あとひと月…ないんだなぁ〜〜!!で、クリスマスの準備もしないと🎶もう、3年くらい目次のイラストを描かせていただいている月刊「発達教育」(公益社団法人 発達協会)の今月号より。いつもありがとうございます。

  15. 発達育児の佳境に入ってきたのかもしれない。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達育児の佳境に入ってきたのかもしれない。

    げんちゃんを育ててきて、この子たちを真に導ける先生がほんとに少ないと感じます。療育という名のもとでお仕事をしている方たちにいたっては、普通の先生方より、もっとできていない、とさえ感じるくらい、正しく導ける先生は少ないです。もちろん、いないわけではないし、まだあら削りなだけで、よい先生に成長していく予備軍も、たくさんいるんだとは思いますが・・・。そして、正しく導ける先生たちに、わが子が出...

  16. 発達障害、逃げることを教えられていく過程甘えその2 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達障害、逃げることを教えられていく過程甘えその2

    前回のブログの続きで書いてみます。 ずるさという点においては、げんちゃんほどの子はいないとしても、普通の知的障害の子も、かなりずるいところを持っています。職場に時々治療に来る、40歳の真矢(仮名)ちゃん、(ちゃんという年齢ではないけれど、中身は、ちゃんという感じです。)。彼女は、20歳くらいからのご縁です。先日来たので、お話ししました。「真矢ちゃん。ご飯は作れるの?」「いや~・・作れない。...

  17. げんちゃん、人としての岐路に立っている。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃん、人としての岐路に立っている。

    げんちゃんは、日曜日、朝から晩まで、ず~っとテーブルに座って試験勉強していました。げんちゃんは、外側だけで、ほとんど内容のないことをするこの頃ですから、私は、時々、「ちゃんと、覚えようとしないとだめだよ。」などと、とりあえず声を時々かけます。最近私は、げんちゃんの日頃の態度だけを見ても、げんちゃんの内部がよくわかりません。この日のげんちゃんの気持ちの入れ方が深いのか浅いのか、あるいは、ま...

  18. 表面をたどるだけで、わかったと思い込む - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    表面をたどるだけで、わかったと思い込む

    とうとう来週が定期試験です。全教科・・・。何度となくやってきたこの状況、なんとなくいらいらします。とはいえ、私は、今ではノータッチですから、昔よりずいぶん楽です。K先生のところで、ウィークデーは勉強してますが、試験に特化してるわけではないので、結果は期待できません。上から引っ張り上げてあげる、というやり方をしても、今のげんちゃんには無意味ですし。なんとか30点あたりで下げ止まってくれたら御...

  19. 気持ちを入れても継続が難しい。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    気持ちを入れても継続が難しい。

    日曜はパパも私も、出かける用事があって、げんちゃんを一人家に置いておくことになりました。期末試験期間にも突入しています。私は、げんちゃんに、「今日は、あなたは自分で自覚をもって過ごさないと、知りませんからね。T高校の入試も、この試験が左右するからね。T高校に落ちたら、あなた行くとこないからね。1年間家で一人ぼっちで過ごしなさい。」これくらい言っておいてもやばいげんちゃんです。最近げんちゃん...

  20. 多くの先生方は、げんちゃんの扱いがわかっていないと思う。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    多くの先生方は、げんちゃんの扱いがわかっていないと思う。

    先日、げんちゃんは、K先生に指導されて、その日の一日日記を書きました。小学生レベルですが、昔より、ましになってます。その日は、学校で、友達に少しいじられて笑われたようです。めったにないことで、げんちゃんの心が動きました。最近、やや人間になってきたげんちゃんは、相手の笑いの中に、多少ばかにした気持ちを感じ取ったのでしょうか。「いやだった。」というのが感想だったようです。実際聞いてみれば、たい...

総件数:762 件

似ているタグ