発達障害のタグまとめ

発達障害」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには発達障害に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「発達障害」タグの記事(46)

  1. 親への甘えと反抗、周りの人の助け - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    親への甘えと反抗、周りの人の助け

    少し上がったな~という感触があったあとは、お決まりのどかんと落ちるパターンがやってきます。そういうものだ、と認識していないと、ほんとに感情を振り回されます。当然今回もその通りです。 日曜日の9時半から、所属しているプロテスタント教会で、月に一度の子供の礼拝があり、げんちゃんは、教会に私より先に出かけなければなりません。教会は自転車で5分くらいのところにあるので、9時15分くらいに出れば余...

  2. ピアノの部分練習 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    ピアノの部分練習

      げんちゃんのGW明けは、いい調子です。げんちゃんも、なんか、休んだ感がしっかりあったらしく、K先生のところでの勉強は、ちょっとした峰が出たようです。 がしかし、げんちゃんが、頼みの綱としていた英語は、中学の、出力を中心にした「書く」、「文法」、といった内容になると、ほんとに入っていかないことがわかり、ちょっとしたショックを覚えています。年長さんから、英語のキンダーガーデンのような英語教...

  3. 精神的パンクちょっと手前でやめましょ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    精神的パンクちょっと手前でやめましょ

    ゴールデンウィークも、今日までになりました。あー・・・明日から、げんちゃんも、本格的な中学校生活になるんだな~・・・と、少し憂鬱です。4月は、家庭訪問があったりして、まだまだお祭り気分のカリキュラムでした。先週は、家庭訪問のため昼までだったので、昼からは、K先生のところに勉強に行かせていました。が、げんちゃんは、そのすべてにおいて、”ひどい”状態だったようです。 中学生ショックがおこって...

  4. げんちゃんが逃げ込める場所 くもんの先生とのミーティング - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃんが逃げ込める場所 くもんの先生とのミーティング

    意識が出てきたげんちゃん。そのせいで、理解力も上がりました。意識さえ入れれば、考えようとするので、当然、いろんなことが理解できるようになるのです。 しかし、ずっとずっと、彼は、逃げていました。意識を入れずに、ただ作業みたいに学習に向かう方が、意識を入れてやるよりも、ずっと楽だからです。そのために、そんなことでは、君の未来は、低いところにしか行けないよ・・・と将来図を見せて、がんばるように...

  5. 中学1年生のお習い事 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    中学1年生のお習い事

      げんちゃんは、中学校に行き初めて、毎週毎週どんどん変化しています。どんどん良くなっている、というわけではありません。赤になったり、青になったり、緑になったりしていくような感じです。弱い角度でゆっくり上にいくらせん階段みたいに、やはり、ちょっとは上に上がってるんだね・・・・という感触はありますが、らせん階段のように、規則的に、上がるわけでもなく、ひたすら停滞しているように感じるときもありま...

  6. 中1の先生方の家庭訪問。げんママの望むところ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    中1の先生方の家庭訪問。げんママの望むところ

    げんちゃんの先生方が、家庭訪問に来てくださいました。普通クラスの先生も、紳士的でおだやかな、素敵な中年の男性教諭で、英語を教えています。支援の女性教諭は、1時間以上も滞在くださり、いろいろお話することができました。たくさんお話したあとで、私の今までの努力をとてもほめてくださり、「これから、一年間、げんちゃんを改善させることに全力を尽くします。」と言って下さったので、とてもうれしくなりまし...

  7. どもりが治る瞬間。どもりのからくり - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    どもりが治る瞬間。どもりのからくり

    げんちゃんの「はい、」「わかった」「うん」というのは、かすみのように実態がないことが多いです。意識が入らない聴覚処理は、吹き抜けるそよ風のように、何も残りません。たった今、「今日は、○○先生はかぜでお休み。かわりにT先生が朝,来ますよ。」と言った直後に「○○先生は来るの?」ときかれたのには、あきれます。「鍵は持って行きなさいね。」「はいわかった。」と言って、数秒後、ふと見ると、鍵がそのまま...

  8. 教師が悪かったのかなぁ>合った学校考えたら - 見たこと聞いたこと 予備3

    教師が悪かったのかなぁ>合った学校考えたら

    yahoo:「発達障害生徒に「合った学校考えたら」 発言教諭を告訴」長崎市の純心女子高校に3月まで通っていた発達障害のある女子生徒(16)に、当時の担任の女性教諭(56)が「あなたに合った学校を考えたらどうか」などと不適切な発言をしていたことがわかった。生徒は4月に転校し、保護者は26日、暴行や名誉毀損(きそん)、侮辱の容疑で教諭に対する告訴状を浦上署に提出した。 告訴状によると、生徒は教諭...

  9. げんちゃんの中学生ショック - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃんの中学生ショック

    つい先日のくもんのプリント、抜きまくってる様子が下と比べれば一目瞭然意識レベルが、よりクリアにならなければ、小さい字をしっかり書くことはできないという(S先生)中学の支援クラスは、のっけから、ばりばり意識レベルが高かったようです。 中学に入ってからのげんちゃんは、毎日変わっています。私は、少しくらいげんちゃんがかわってきても、あ、そうなの? 程度にしか思わず、はい、次に行きましょうか~、とな...

  10. 中学入学 その4 先生へお願いする指導のポイント - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    中学入学 その4 先生へお願いする指導のポイント

    まずは、前回の記事の続きで、先生にしたためてお願いした、具体的な指導のしかたについて、書いてみたいと思います。1,まずは、指示を出すとき 以前一度指示した内容であれば、すぐに、回答を与えずに、できるだけ思い出させる。先生「○○○は、どうだったっけ?」げん「・・・・・?」先生「×××の時間に言ったよね。」(その時に先生に時間の余裕があれば、いくつかのヒントを与えて、必死で思い出させる。)先生「...

  11. 中学の入学式その3 先生へのレポート (支援のいる子の希望調査) - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    中学の入学式その3 先生へのレポート (支援のいる子の...

     卒業式の翌日、クラス担任の先生と支援の先生と3人で面談がありました。事前に書込む、支援クラスの調査票を詳細に書き込み、それだけでは指導の仕方の、具体的なやりかたが、ちょっとわかりにくいな~、と思ったので、ポイントをさらに、レポート用紙に簡単に書き込んでいきました。は~、なんか、春は事務仕事にも追われますよね・・・ 私は、ざっと今までの経緯と、今の課題、当面の目標と、将来的な目標をお話しし...

  12. 中学の入学式 その2 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    中学の入学式 その2

    げんちゃんは、いつも、私に口答え・・・いえ、口答えできればいいですが、「はい」、「わかった」、「わかったわかった」、せいぜいこういう単純な言葉の抑揚を変えて、「うるさい」という感情を私にぶつけてきてましたが、私に言ってもらわなければ、何事もさっぱりまともにできないわけで・・・ でも、入学式の緊張した雰囲気は少しは、やばい! と彼に思わせたようです。 普通クラスのすべての日程が終わると...

  13. 中学の入学式 その1 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    中学の入学式 その1

     入学式のことを書こうと思いつつ、なかなか時間がなかったのですが、書いておかねば・・・と、眠い目をこすりつつPCに向かってます。ほんと、毎日更新したいくらい、日々いろいろなことがおこります。だいたいが、そういう気持ちの日々ですが、振り返れば、なんか、そう毎日書くことがない、というように感じた時期がありました。いつだったかな~・・・5年くらいの時だったような・・・がっつりの時代から、少し、まと...

  14. 講談社「大人のADHD」のための片付け力 - 制作業績

    講談社「大人のADHD」のための片付け力

    どうも!あさって4/12発売の本です!本文イラスト手がけました!講談社「大人のADHD」のための片づけ力 (健康ライブラリー) ...

  15. 自分勝手な基準を設ける。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    自分勝手な基準を設ける。

    げんちゃんの公文の先生と話をしました。私「もう一人で、くもんのやりかたをこなしてますか?」一人で、プリントを5枚やって、提出したあとは、間違いをすべて自分で訂正して先生に見てもらう。それを繰り返して完成すれば、宿題をもらって帰ってくる。先生「う~ん。自分で訂正する、というのはできません。何度言っても、一つやりなおせばすぐに持ってきて、最後は、とうとう、いやになって、だらだらとなり、私...

  16. 新しい出発。子離れしましょ。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    新しい出発。子離れしましょ。

      ご無沙汰です~・・・怒涛のような4月です。浪人していたお姉ちゃんが、無事志望校に受かり、一人暮らしの部屋に引っ越しました。県内なので、高速をとばしていけば、日帰りできます。初めての一人暮らし、何度か往復して、家財道具をそろえ、100円ショップに通い詰めて、収納用品や、優れモノグッズを集め、動線を配慮した、すっきり整理整頓された部屋を完成させました。 この娘ときたら、お片付けの習慣がなく、...

  17. 日曜講座に参加して - ウィメンズカウンセリング松山 スタッフブログ

    日曜講座に参加して

    先日、日曜講座「発達障害と家族のものがたり」に参加した。10名ほどの参加者で、ルームがいっぱいになり、関心度の高さが伺えた。家族や親せきなどに発達障害の方がおられ、ご自分が困っている方や夫の言動から夫が発達障害ではないかと言われる方が参加されて、体験を語られていた。「よくぞ、ここまで生きのびられて来られましたね。本当に大変でしたね。」という思いで聞かせていただいた。よくガンにかかって生きのび...

  18. 発達障害の可能性もある「空気が読めない」人 - インフォ宅急便

    発達障害の可能性もある「空気が読めない」人

    実は「空気が読めない」とか「変人」という類の人々は、発達障害の一つ、自閉症スペクトラム障害(ASD)の可能性がある人たちの可能性が高いそうです。自閉症スペクトラム障害(ASD)という言葉は割と新しく、2013年までは「アスペルガー症候群」という名称で呼ばれていました。あまりにも「空気が読めない」ような人は病院で検査すると、もしかすると自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断されるかも知れないで...

  19. 絶対的な立ち位置と、相対的な立ち位置を教えたい - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    絶対的な立ち位置と、相対的な立ち位置を教えたい

      発達障害が発覚してから、私のげんちゃんに対する一つの一貫した態度がありました。それは、げんちゃんに、自分の今の立ち位置を正確に伝える、ということです。自分は、世の中では発達障害と呼ばれ、あらゆる点で、お友達から成長ポイントが遅れているのだ、ということは、会話にどんどん出してました。上学年になって、彼がすねているときは、それは克服できて、素晴らしい未来につながるよ、と励ましもしました。最...

  20. 意識が芽生えると自我も芽生える・・・ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    意識が芽生えると自我も芽生える・・・

      今週になって、げんちゃんは少しかわりつつあるような気がするけれど、やはり、新しいステージでもがき苦しんでいるように見えます。 そして私は、今げんちゃんがどこのステージにいて、どこを目指すべきなのか、昔は、どういうところにいて、何が問題だったのか・・・そういうことが、だんだんクリアにわかってきたような気がします。敵が本当に理解できれば、まだ戦略がたってなくても、勝利が自分の手にある。そう...

1 - 20 / 総件数:46 件

似ているタグ