発達障害のタグまとめ

発達障害」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには発達障害に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「発達障害」タグの記事(454)

  1. IQは心次第の発達育児 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    IQは心次第の発達育児

    見るのもちょっとつらい国語のテスト げんちゃんのテストは、あれからひどいのも帰ってきてます。家庭科18点、国語17点。これはほんとにひどい。でも、げんちゃんは、国語のドリルをさせた時は、そんなにわかっていないとは思えませんでした。げんちゃんの学校の国語のテストは、私が見ても、解きたくないな~と思わせるようなレイアウトです。1年生の時から同じレイアウトが続いて、いつも、さんざんな点数です。どう...

  2. 障害年金の手続・仕組みなど第153回(障害年金の対象となる病気等) - 松浦貴広のねんきんブログ

    障害年金の手続・仕組みなど第153回(障害年金の対象と...

    ◆障害年金の対象となる病気等病気やケガの主なもの・外部障害眼、聴覚、肢体の障害など・精神障害統合失調症、うつ病、認知障害、てんかん、知的障害、発達障害など・内部障害呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、肝疾患、血液・造血器疾患、糖尿病、がんなど

  3. 中2、1学期の期末試験 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    中2、1学期の期末試験

    テスト帰ってきています。考えてみれば、1年生の最初は、解答用紙が別の紙で、解答欄を探すだけで右往左往して、半分も書き込めなかったり、解答欄が全部間違って、0点のテストがあったりしました。親切丁寧な小学校から、ものすごいギャップの中学の試験です。それに、初日の1時目のテストで、すべて終わり、あとは、幽体離脱、というのもありましたね~。でも、2年生になってみると、テスト自体受けることへのハー...

  4. 天才とバカは紙一重ということは、こういうこと? - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    天才とバカは紙一重ということは、こういうこと?

    S先生は、いつもすごいことを言います。私はげんちゃんのこと以外にもよくいろんなことを質問します。「脳は、仮置きの本箱みたいなものだよ。意識を働かせたときだけ、どこの本箱からどの本を取り出す、ということができるんだよ。げんちゃんは、意識を入れないから、取り出せないんだよね。本がないわけじゃない。」こんな話をしているときに、天才の話になりました。私が中学のとき、学年に天才と思いたくなるよう...

  5. 草原のグループホーム - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    草原のグループホーム

    期末テストが終わって、私もすっかり疲れました。まだまだ頑張ろう、というのが、表面的な部分だけで、意識の深いところから腑に落ちていないげんちゃんは、表は、すごくがんばってやっているように見えても、結局いつものマイルールの中だけにとどまろうとしてます。それでも、小さな部分では成長は見られます。たとえば、テストの二日目、私は、表面だけつくろってやってるふりをするげんちゃんに嫌気がさして、ほったら...

  6. 発達障害とは障害ではない - 人生は長い詩のようなもの × facebook

    発達障害とは障害ではない

    5年ほど前からでしょうか発達障害という差別するための名詞が生まれました。結論から言いますとこれは医師が悪人、そして社会風潮特に教育機関が差別をしやすくするために作ったと言っても過言ではありません。特別支援学級にいる子は障害児なので教師にそのつもりはなくても不要な気遣いを生みます。それは善意でも差別だという事に気づかない恐ろしい事です。最近、よく交流学級(地域で呼び名が違うでしょうが普通学級)...

  7. 今日もクズっぷり連発ママたち線引きしっかりしないと自分が危ないよ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    今日もクズっぷり連発ママたち線引きしっかりしないと自分...

    げんちゃんのクズっぷりは、例えていうなら、自分でうんこして、私を呼んで、お尻をふかせるみたいなもんです。理科の問題をやっていて、図のaの、とあれば、aくらい見ればいいのに、ただぼ~っと読んで、時間が経って、私がちょっと圧をかけると、「え~?教えてください。」と独特のふてぶてしい感じで言い出します。または、ただ、ぼ~っと考えているふりをします。しかたないので、私が細かく教え始めると、自分はぼ...

  8. げんちゃんの枕草子 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃんの枕草子

    げんちゃんは、ダイヤモンド・・・・削りだすのに、どの子よりもエネルギーがいる。研磨工具も、何個も何個もすり減らして磨いているのに、まだまだまわりのごみさえ取れない。新しいステージにいったものの、先が見えない混とんぶりに、Sさんがこうはげましてくれました。は~・・・・ダイヤモンドね~。でも、このぱっとしなさすぎる息子を前に、私はどこかダイヤモンドと思っている節がある・・確かに、考えてみ...

  9. 自己中ではなく、謙虚さを。2年1学期の期末試験 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    自己中ではなく、謙虚さを。2年1学期の期末試験

    げんちゃんは、また1学期の期末週刊に入りました。(1学期中間はなし)1年の3学期は、メンタルが動き出していて、勉強どころではなかったので、捨ててましたが、あの時に比べれば、ずいぶん学習も取り組めるようになっています。プラスマイナスの計算さえおぼつかなくて、四苦八苦していたのが、横につけば、文字式もえっちらやっているげんちゃん。理解力がずいぶん上がっているな、と思います。しかし、げんちゃん...

  10. 発達障害の子どもたちの増加は何故? - 教育落書き帳

    発達障害の子どもたちの増加は何故?

    近年不登校の子どもたちに関する発達障害の話題が多い。確かに少子化の中でも発達障害の子どもたちのケアを趣旨とする特殊学級や特殊学校の類いが増えているようで、その必要性を感じてはいる。が、他方では「これは不登校の子どもたちの新たな囲い込みではないか」という疑念をぬぐえない。実態はどうなのか?何故、敢えてこんなことを話題にするかと言えば、かつて1990年代後半から不登校の専門誌『二コラ』を発行して...

  11. 『 ふつう 』……… 木村沙織 & …………発達障害 - SPORTS 憲法  政治

    『 ふつう 』……… 木村沙織 & …………発達障害

    普通の生活……… 木村沙織 https://www.asahi.com/and_w/20190412/443698/?ref=and_mail_w_190422spMailingID=2291724spUserID=MTAxNDQ4MTg2NTk5S0spJobID=980202861spReportId=OTgwMjAyODYxS0別記事ですよ↓ ↓発達障害?20歳女性の自死 届かぬ...

  12. 発達障害、むやみにほめるのは危険なことがある。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達障害、むやみにほめるのは危険なことがある。

    げんちゃんを例えるなら、車の運転を例に出すといいかもしれません。二人の人が、車を運転しています。一人は、行先もわかって、自分がそこへ移動している理由もつかんでいます。しかし、もう一人は、その人と同じ道を同じように走っていますが、行先もわからず、何のために移動しているのかもまったくつかんでいません。彼は道順と運転テクニックだけ、ものすごく訓練して、車を上手に走らせるようになりました。運転し...

  13. 冷静な自己意識ではなく、感情を動かす。違いは見えにくい・・ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    冷静な自己意識ではなく、感情を動かす。違いは見えにくい・・

    げんちゃんが、学習に対しても、少しずつ気持ちを入れようと頑張り始め、私にもあまり反抗的じゃなくなってきたのに、いきなり先週は、逃げと反抗の1週間でした。もうわけわからん!しかし、げんちゃんの心の状態をSさんがしっかり説明してくれたので、なるほどと思いました。げんちゃんは、がんばろう、という気持ちがしっかり出てきたにもかかわらず、高まったモチベーションで安定した自己意識を働かせるのではな...

  14. 表面をつくろうことと、真に努力することは違う - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    表面をつくろうことと、真に努力することは違う

    げんちゃんは、水面にやっと浮上してきたと書きましたが、ほ~んと、そこからぽ~んと行くことはなく、陸に上がった歩みも、まさに、一歩一歩補助がいりますよ~。やれやれ。げんちゃんは、運動会でスウェーデンリレーの選手に選ばれました。50メートルの記録上位者から、10人近く、二つのリレーにエントリーさせられたようです。げんちゃんは、10人目くらいに入ったのでしょうか??でも、毎年、徒競走はビリばか...

  15. げんちゃんの朝・・向上心 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃんの朝・・向上心

    連休明け、げんちゃんは、変わったな~と思いました。6年生のころから、突き抜けないげんちゃんに業を煮やしていた私は、あの手この手で頑張ってきました。結局、自己意識が出て、表面上何かをがんばってやっているように見えても、根底でげんちゃんの負のオーラは相当強く渦巻いていた。まあ、ステップアップしても、結局、マイナス10がマイナス9になり、まいなす8になる。そんな感じでしょうか。海の底でひとつづ...

  16. コミュニケーション力 - 発達障害 生きづらさ 改善

    コミュニケーション力

    発達障害者の頭の中について発達障害者の頭の中は常にいっぱいいっぱいな感じ周りの人のことを考えるまえから自分のことで精一杯な感じこれでどうしても自分勝手な風に思われてしまう!!解決法はまず、落ち着くこと!あとは動作のルーティーンをつくること!また発達障害の方用の会話の仕方のコツが詳しく載っている本を読むのもオススメ!中には例えば、挨拶の仕方表情の作り方、など定型発達者には基本的なことであるが発...

  17. 気持ちを入れた学習、絵画教室のペナルティー - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    気持ちを入れた学習、絵画教室のペナルティー

    GWもとうとう終盤です。K先生もお休みなので、私が必死で毎日げんちゃんの勉強を見ています。げんちゃんは、最近、意識を入れた勉強を少しはできるようになりました。でも、それをするとずいぶん疲れるようで、ちょっと前は、意識を入れたら、次の数日だめだめ、みたいな感じでした。でも、GWに私が学習をやらせてみたところ、彼は、意識を入れる持続時間も、忍耐力も、ずいぶん上がったな~と感じました。今日の英...

  18. 常識も人としてのところも、すべて1からのげんちゃん - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    常識も人としてのところも、すべて1からのげんちゃん

    げんちゃんは、長いトンネルの中で、一つ一つゆっくりステップを上がっています。あまりにも、鈍重に上がってくるものだから、周りは疲れ果てていますが。やろうと決めて、思いを入れることができると、これが、げんちゃんという人格なのかも、という彼がちらっと垣間見えます。でも、そんな瞬間はめったになく、普段ぼ~っとして、すべて他力本願、待ちのげんちゃんです。先日、実家に帰る車の中で、彼は、どういうき...

  19. 意識障害との闘い。思いが入らないと、IQも底なし沼 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    意識障害との闘い。思いが入らないと、IQも底なし沼

    げんちゃんの能力は上がっています。3月のSさんとの合宿の成果がじわじわと出てきている、とSさんは言います。先週は、気持ちを入れる瞬間が出てきました。ちゃんと考えるスタイルがとれた時は、今までできなかったことが、すっとできたりすることもあります。ここへきて、げんちゃんの時間の感覚が、こっちが考えている以上にないことがわかりました。いまだに、何時に学校についたのかもわからず、3時からK先生の...

  20. 療育手帳ショックはきいたぞ~・・・! - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    療育手帳ショックはきいたぞ~・・・!

    げんちゃんの新しいクラスは理科の女性教諭です。支援クラスは去年と同じ。ほんとに、これはありがたかったです。げんちゃんの様子は、とりあえず、目標は定められるようになってきました。「これは何のためにやるの?」ということさえ、あまりわからなかったのが、「○○するため。」とか、それなりの答えをしてきます。しかし、そこから先、じゃあそのために今何やるの?となると、とんちんかんも多く、行動が行きつ戻り...

総件数:454 件

似ているタグ