発達障害のタグまとめ

発達障害」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには発達障害に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「発達障害」タグの記事(114)

  1. 言葉が広がっていかない。発達障害とは、意識と脳の、乖離じゃなかろうか・・・ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    言葉が広がっていかない。発達障害とは、意識と脳の、乖離...

      意識について、セラピストの彼に、色々教えていただいて、色んな気づきをしているこの頃です。彼の言うことは、すごいな~と思うけど、なかなか消化しきれないで、言葉におこすにいたらないのですが、時間がたって、以前言われていたことが、そういうことなのか~、となんとなくつかめてきます。こういうたとえはどうでしょう。 職場で、新人スタッフが、先輩の業務を何十回も見てたとします。でも、ある日、先輩とか...

  2. 弟くんの成長に感動と感謝 - ◼︎ 一歩ずつの日々 ◼︎

    弟くんの成長に感動と感謝

    退院して、発達障害の弟くんの成長で驚いたことが2つありました。でも、これは私が入院している間、育ててくれたおばあちゃん、おじいちゃん(特におばあちゃん)が、頑張ってくれたおかげだと、本当に感謝の気持ちで、いっぱいです。まず、入院中から驚いていましたが、おばあちゃんの食事管理の元、1ヶ月で弟くんがやや太り気味体型から痩せていたこと。弟くんは咀嚼が少なく、早食いの大食いです。出されたものは全て食...

  3. Day 4  10月16日(月)  6196 - from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

    Day 4  10月16日(月) 6196

    人気ブログランキング今週の金曜20日は、写真誌CAPA前編集長石田立雄さんとのギャラリートークです。石田さんは、10年前に久しぶりに開催した、写真展「テストシューティングな時」で初めてお会いして、広告系写真以外の世界に引きずり込んでくれた(^○^)方です。CAPA編集長時代は中国版CAPA創刊にも関わり、現在は写真関係の編集プロダクション アイ・イメージング・フラッグの代表として活動していま...

  4. 水泳:母と息子の違い - ピカルカ+ロビン→アロンソ

    水泳:母と息子の違い

    このところ毎週土曜日は息子とスイミングに行っています。私はひたすらいつものメニュー、25メートルを45秒サイクルで12本、50メートルを1分20秒サイクルで6本…というように黙々と泳ぐんだけど、息子は「うまく息継ぎができない」とか言ってなかなか泳がない。私は小学校2年生まで水が怖くてプールが大嫌いだった。息を止めて顔を水につけるということがどうしてもできなかった。体育の授業の水泳が嫌で嫌で、...

  5. 合理的配慮のもとでの中間テスト - ロンちゃんが行く

    合理的配慮のもとでの中間テスト

    木曜、金曜と中間テストがありました。といっても、まだ受けてませんが。ロンちゃんは今回は受けます!ロンちゃんは他の生徒がいるところに行くのが最近特に嫌になっていて、制服を着ている集団が通りかかるだけでも嫌悪感をしめすので、できる限り接することのないように放課後全員下校の後に学校に行きます。今回は、ロンちゃんがNZにいる間に、担任の先生と校長と私で話し合いまして、至れり尽くせりの合理的配慮をお願...

  6. 時間の実体感と、時計の把握  - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    時間の実体感と、時計の把握 

    夏休みからこっち、考えてみれば、やっぱり、ぜんぜん違っているげんちゃんでした。じわ~っと変わってます。よくなった~。ハッピー!ハッピー! なんてことは、絶対ないのだけれど、ありゃ・・・よ~く考えてみれば違ってる。意識に焦点を当てて、引っ張って来ようとしてきたけど、イルカの直後は、今とは全然違っていたよね。今では、ランドセルの中をきちんと整理して入れる、とかは普通だし、学校の引き出しの中も、...

  7. 明和政子先生のご講演を聴いて - 大隅典子の仙台通信

    明和政子先生のご講演を聴いて

    過日の第47回日本神経精神薬理学会と第39回日本生物学的精神医学会の合同年会の折、教育講演として為された明和政子先生(京都大学大学院教育学研究科)のご講演「周産期からの身体感覚と社会的認知発達」を初めて拝聴することができました。明和先生は人間の発達心理学がご専門ですが、今回のご講演では早産の子どもの心理発達について、どのようなメカニズムで満期産児との違いが生じるのかについて縦断的なデータを元...

  8. 明日退院   子供達が遊びに来る - ◼︎ 一歩ずつの日々 ◼︎

    明日退院 子供達が遊びに来る

    入院中、なかなか子供達には会えませんでした。自分がステロイド治療のため抵抗力がなくなっていたので会えなかった時期や、子供達が順番に風邪を引いたりしていたため、なかなか会う機会がありませんでした。明日退院ですが、子供達が遊びにきてくれました。お兄ちゃんは抱っこさせてくれますが、弟くんは嫌だと言って近づくのも嫌がります。お兄ちゃんは抱っこしながら、小学校の出来事や、ゲームの話、習い事の話を恥ずか...

  9. 意識を入れれば、ずいぶんできはじめているのに・・・ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    意識を入れれば、ずいぶんできはじめているのに・・・

    げんちゃんの意識の発動は、夏休み前より静かにおこってきていますが、一気に、というわけにもいかないようで、日々、あいかわらず格闘の日々です。 昨日は、学校がお休みで、朝は先生のところに行って、夕方頃くもんに行く予定になっていました。げんちゃんは、おばあちゃんのところで過ごすというのが、こういう日の暗黙の了解でした。が、げんちゃんは、くもんから、家に帰って、レンジでチンした昼ご飯を適当に食べ...

  10. 6年前期終了 - ピカルカ+ロビン→アロンソ

    6年前期終了

    今日で6年生前期が終了。朝「今日は給食ないから」と言われ、「えええ!どうして?」とうろたえた。そう言えば終業式なのだった。今日で前期が終わって火曜日から後期。長期休みの前後じゃないから特別感がなくて忘れてしまう。成績表の学業面は相変わらず平凡なうちの双子。息子担任より、今期はテストの点や授業中の発言がすこぶるよかったけれど、何しろ授業中にノートをほとんど書いていないので、現在の評価基準に照ら...

  11. 弟くんのトイレトレーニング - ◼︎ 一歩ずつの日々 ◼︎

    弟くんのトイレトレーニング

    入院中子供たちをみてくれているおばあちゃんが、弟くんのトイレトレーニングが、大変だと見舞いの時に言っていました。確かにトイレトレーニングは大変です…。発達障害でなくても、トイレトレーニングは大変なのです。8月の3歳児健診で、保健師さんには、始めよう!と思って来年オムツが取れたらいい、小学校に行くまでにとれたらいい、焦らなくていいんだよ、と言われました。確かに焦っていました。早くオムツをやめさ...

  12. 合理的配慮 ~校長と話してきました~ - ロンちゃんが行く

    合理的配慮 ~校長と話してきました~

    普段のロンちゃんは週に2,3回程度放課後にグランドピアノを借りに学校へ行きます。ひとりで弾いたり、歌ったり、ほとんどいつも音楽の先生が来て、苦手なコールユーブンゲンを伴奏してくれたりします。NZに行くと決まってからは、たまたま担任の先生が英語の先生なもんで、ピアノの前後にホームステイあるある英語を教えてくれたり、その中にちょうど今学校で習っている受動態とか現在完了などを散りばめて教えてくれて...

  13. ロンちゃんの生い立ち ~幼稚園~ - ロンちゃんが行く

    ロンちゃんの生い立ち ~幼稚園~

    ロンちゃんは学習障害もちのおそらくギフテッドです。2eってのだと思います。ギフテッドと言っても、知的なギフテッドではなく、タレンティッドと呼ばれるほうなのでしょうが、日本にはギフテッドの診断基準がないので何とも言えません。それでは、どうしてギフテッド(タレンティッド)という名称にこだわるのか、親の見栄かスノッブなのか?と思われる方もおられるかもしれません。ロンちゃんは病院では自閉症スペクトラ...

  14. 今日の善と悪。 - 明日は青空。

    今日の善と悪。

    やっぱりネガティブワードをつい叫んでしまう。我が家には軽度の発達障害の男の子が一人。難しいです。他の二人に比べると。育てにくいとずっと認めたくない自分がいましたが、育てにくいんだと思ってもいいんじゃないかと思うと少しだけ気が楽になりました。今日当たり前のことを当たり前に出来たことを10個近くほめることができた。そのうち8割がたは彼の心に響いていた気がする。ただそばにいて、よしよしして。私の彼...

  15. 弟くんの運動会 - ◼︎ 一歩ずつの日々 ◼︎

    弟くんの運動会

    今日は保育園の運動会。いい天気でよかった🌞入院中のため見にいけなかったけど、頑張って走ってるよとパパからメールが来ました。弟くんは発達障害のため、運動も他の子より苦手です。早く走ったり、ジャンプしたりがなかなかできません。(若干愚痴になりますが)パパはどうしても他人と比べてしまいますが、人は人!去年の運動会よりできるようになったことはいっぱいあるはず!弟くんの頑張りをたくさん...

  16. 教室見学。言葉が理解できない。ついていけない。だけど、学校は好き。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    教室見学。言葉が理解できない。ついていけない。だけど、...

    かぎ編みに挑戦してます。初日、悲惨。二日目、なんとかできました。くさり編ができてきたら細編みでコースターを作らせてみたい。 女の子みたいなことやれるか~・・・とか言わない幼さがすくいかな・・・ 6年になって、初めて、げんちゃんの授業見学に行ってきました。そして、びっくりしました。ここまでひどいとは思っていなかったふしがあるげんママです。げんちゃんは、クラスの中で、静かにすごしていまし...

  17. ロンちゃんの生い立ち② ~幼児さん~ - ロンちゃんが行く

    ロンちゃんの生い立ち② ~幼児さん~

    幼児期のころ、特筆すべきことを考えてみると、言葉がたいそう早かった。ということです。ディスレクシアのチェックでも、言葉が遅いとか早いとかの、項目があるので、やっぱり、そういった特質はあったんでしょうね。でも、言葉が遅かったら、それなりに心配になって療育とか、言葉の学校みたいなのに連れて行くでしょうけど、早いからってねぇ。さすが、私に似て賢いわぁ…くらいには思ったけど、まさかの学習障害とは。二...

  18. ギフテッドのOE - ロンちゃんが行く

    ギフテッドのOE

    一度は触れておきたかった、ギフテッドのOEについてです。とりあえず、wikiからの引用で。ギフテッドの人間には異常なほどの熱情、並外れた集中力、一般人とは一風変わったふるまいが見られる。これは多動性障害、双極性障害、自閉症スペクトラムやその他の心理的障害の兆候によく似ていたり、場合によってはおなじである可能性も否定できない。一方で、ギフテッド教育の専門家のドンブロフスキは「積極的な分離」(w...

  19. またしても学校から電話 - ピカルカ+ロビン→アロンソ

    またしても学校から電話

    息子たち一行は日曜の帰り、大渋滞に巻き込まれたようで帰宅は夜10時過ぎだった。八ヶ岳ではかなりハードに歩いたり登ったりしたようで疲れてたはずだけど月曜の朝は元気に登校した。キャンプで焚火を囲みながら、仲間に悩みを打ち明け共感してもらい翌日の山歩きでは難所も励ましあいながら登りすごくいい時間を過ごしてきたからだと思う。よかった。と、喜んだのもつかの間。またしても学校でトラブル発生。ごく基本的な...

  20. 第六節「彼らも本当は、仲間だった」 - Eupsychia~心の理想郷~

    第六節「彼らも本当は、仲間だった」

    第六節「彼らも本当は、仲間だった」 日本の中学校での私はいつも一人ぼっちで、しかも同級生にからかわれ、嗤われ、怒られ、慣れない副委員長の仕事をしては失敗し、私にとって難しくてわからない授業には退屈を覚え、当時の私には中国にいた時のように安らぐ暇はまったくなかった。しかし中学二年生のクラス替えで、特別支援学級から通級していた二人の知的障害の同級生と一緒になった時、私の苦痛はさらに増すことになっ...

1 - 20 / 総件数:114 件

似ているタグ