発達障害のタグまとめ

発達障害」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには発達障害に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「発達障害」タグの記事(453)

  1. モリモリ所用をこなす - 遊びをせんとや

    モリモリ所用をこなす

    今日は年金事務所の予約を入れてて夫と向かう疑問だった1点を主に他諸々お尋ねし約20分にて終了いつもながらこちらの疑問にカタカタカタと電卓を叩き数字から見えてくる結果を冷静&的確に知らしめてくださる係りの方に対してやっぱ...人種が違うワ自分みたいな本能で生きるタイプの真逆に位置してる色んなタイプの人間がいて社会がなりたってる自分が持ち得ないスキルをうらやましくもありありがたくも感じつつそれで...

  2. ゆうすけ君との別れ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    ゆうすけ君との別れ

    支援クラスは違うけれど、仲良くさせていただいていたゆうすけ君が、突然転勤することになりました。いっしょにT高校を見学したりして、支援クラスのお母さんでは、唯一仲良くしていたので、私もショックでした。卒業式までも、ともにできず、終業式と同時にお別れになりました。ほんとに寂しい。でも、もともとげんちゃんよりずっと繊細で、言葉もたくみ、知的クラスにいるのが不思議なゆうすけ君。突然の転勤は、二人...

  3. 卵から出ようとしないげんちゃん - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    卵から出ようとしないげんちゃん

    本文に関係ないですが、9月ごろに作りました。ベルトが切れていたり、靴が後ろ塗ってなかったり、へんてこな作品です。動物づくりから、やっと人を作りました。 ブログの横に、自分の昔のブログが出てきたので、クリックして読んでみて、思わず、見入ってしまいました。今、私が、ほんとに苦労している部分、2年前のブログでも同じでした。https://glowgen.exblog.jp/238625538/と...

  4. 発達教育。 - トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活

    発達教育。

    うわわ、今年も、あとひと月…ないんだなぁ〜〜!!で、クリスマスの準備もしないと🎶もう、3年くらい目次のイラストを描かせていただいている月刊「発達教育」(公益社団法人 発達協会)の今月号より。いつもありがとうございます。

  5. 発達育児の佳境に入ってきたのかもしれない。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達育児の佳境に入ってきたのかもしれない。

    げんちゃんを育ててきて、この子たちを真に導ける先生がほんとに少ないと感じます。療育という名のもとでお仕事をしている方たちにいたっては、普通の先生方より、もっとできていない、とさえ感じるくらい、正しく導ける先生は少ないです。もちろん、いないわけではないし、あら削りなだけで、よい先生に成長していく予備軍も、たくさんいるんだとは思います・・・。なかなかいない、そういう先生に、もしめぐり合うこ...

  6. 発達障害、逃げることを教えられていく過程甘えその2 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達障害、逃げることを教えられていく過程甘えその2

    前回のブログの続きで書いてみます。 ずるさという点においては、げんちゃんほどの子はいないとしても、普通の知的障害の子も、かなりずるいところを持っています。職場に時々治療に来る、40歳の真矢(仮名)ちゃん、(ちゃんという年齢ではないけれど、中身は、ちゃんという感じです。)。彼女は、20歳くらいからのご縁です。先日来たので、お話ししました。「真矢ちゃん。ご飯は作れるの?」「いや~・・作れない。...

  7. げんちゃん、人としての岐路に立っている。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃん、人としての岐路に立っている。

    げんちゃんは、日曜日、朝から晩まで、ず~っとテーブルに座って試験勉強していました。げんちゃんは、外側だけで、ほとんど内容のないことをするこの頃ですから、私は、時々、「ちゃんと、覚えようとしないとだめだよ。」などと、とりあえず声を時々かけます。最近私は、げんちゃんの日頃の態度だけを見ても、げんちゃんの内部がよくわかりません。この日のげんちゃんの気持ちの入れ方が深いのか浅いのか、あるいは、ま...

  8. 表面をたどるだけで、わかったと思い込む - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    表面をたどるだけで、わかったと思い込む

    とうとう来週が定期試験です。全教科・・・。何度となくやってきたこの状況、なんとなくいらいらします。とはいえ、私は、今ではノータッチですから、昔よりずいぶん楽です。K先生のところで、ウィークデーは勉強してますが、試験に特化してるわけではないので、結果は期待できません。上から引っ張り上げてあげる、というやり方をしても、今のげんちゃんには無意味ですし。なんとか30点あたりで下げ止まってくれたら御...

  9. 気持ちを入れても継続が難しい。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    気持ちを入れても継続が難しい。

    日曜はパパも私も、出かける用事があって、げんちゃんを一人家に置いておくことになりました。期末試験期間にも突入しています。私は、げんちゃんに、「今日は、あなたは自分で自覚をもって過ごさないと、知りませんからね。T高校の入試も、この試験が左右するからね。T高校に落ちたら、あなた行くとこないからね。1年間家で一人ぼっちで過ごしなさい。」これくらい言っておいてもやばいげんちゃんです。最近げんちゃん...

  10. 多くの先生方は、げんちゃんの扱いがわかっていないと思う。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    多くの先生方は、げんちゃんの扱いがわかっていないと思う。

    先日、げんちゃんは、K先生に指導されて、その日の一日日記を書きました。小学生レベルですが、昔より、ましになってます。その日は、学校で、友達に少しいじられて笑われたようです。めったにないことで、げんちゃんの心が動きました。最近、やや人間になってきたげんちゃんは、相手の笑いの中に、多少ばかにした気持ちを感じ取ったのでしょうか。「いやだった。」というのが感想だったようです。実際聞いてみれば、たい...

  11. 高校の体験入学に行ってきました。その2 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    高校の体験入学に行ってきました。その2

    T高校の体験は、紙飛行機を作って、飛行機が飛ぶ理由を学ぼう、というものでした。その体験学習に至る前に、校長先生のあいさつがあり、在校生の発言を聞く時間がありました。なんと、その学校の80パーセントは、不登校経験者だというのでびっくりしました。T高校を希望するお子さんは、みんなわけあり。不登校、発達障害、低成績・・・いろいろ。校長先生は、それを踏まえて、「今日、ここへ来たことは、大きな挑戦でし...

  12. 高校の体験入学に行ってきました。その1 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    高校の体験入学に行ってきました。その1

    T高校の体験入学に行きました。その前日げんちゃんは、ほんとに抜いていて、K先生はあきれ返って大変でした。最近では、勉強をしてみないと、彼が抜いているのは、すぐにはわからないことが多いです。その朝も、げんちゃんは、自分と私の朝ご飯を作ってくれました。さらに、急須で暖かい日本茶までいれてくれてました。まさかそれが抜いているなんて、私さえよくわかりません。(朝は少しは入っていたのかも・・・よく...

  13. 一条の光明 - 希望は最悪の災いか? - - まほろのうたかた日記

    一条の光明 - 希望は最悪の災いか? -

    一つ前の記事で↓こちらです。高3息子の不登校日記をつづっています。しかし、まだ、卒業は絶望的ではないと、担任の先生から。今年はコロナ・ウィルス流行の影響で、休校やオンライン授業があったため、出席日数的に、まだ望みがあるし、診断書も出しているので、11月に少しでも授業に出席し、期末テストを受けられれば、もしかしたら――――と。卒業に、首の皮一枚でつながっている状態。全力でサポートするのは、もち...

  14. げんちゃんの高校選び決定 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃんの高校選び決定

    げんちゃんの高校選びは決まりました。私立の某高校です。前に見学に行って、ほぼ気持ちは決まっていましたが、今回またその学校の進学相談に行って、ますますいいな~と思いました。全日制、単位制の高校で、偏差値は、相当低いようですが、自分の習熟度に合わせて、単位を取っていき、最低3年間で卒業すればいいという学校です。つまり、自分の習熟度に合わせて、3年以上学校に在籍することも可能で、その場合も、普通...

  15. 上がれば、ルーティンに落として、また意識を抜いてしまう。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    上がれば、ルーティンに落として、また意識を抜いてしまう。

    先々週あたり、げんちゃんは、ばっちりでした。彼は、気持ちを入れようとがんばっていました。その前の週、3歳児のような、いやいやメンタルで、できることも全くやる気なく、気持ちをしっかり入れてやることよりも、表面ルーティンをやってごまかす方に走っていました。しかし、げんちゃんは、とうとう起きだしたぞ~、という感触に包まれていて、、私はちょっとうれしくなりました。なにしろ、朝はしっかり7時前...

  16. Photo/619 - Faith of the Heart

    Photo/619

    NIKON D850AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED10月9日は、太陽の7歳の誕生日でした。1週間前に購入して車の中に隠しておいた「プレゼントのおもちゃ」と、仕事終わりに買った「クマの誕生日ケーキ」の2つを持って帰宅。サプライズ的なお祝いに、太陽大喜びでした。また一つ歳を重ねる事は嬉しくもありますが、自閉症・発達障害の事を考えると心配事も大きくなっていきます。来月は、20...

  17. ちょっと待てよ?と立ち止まって考える - 私の心の宇宙

    ちょっと待てよ?と立ち止まって考える

    この国の状況を考えると日本民族の堕落ではないか。戦後のアメリカの占領政策WGIP(War Guilt Information Program)による自虐史観からいまだに目覚めていない。これは意識下の問題、日本人の心の深層にある無意識からの支配が解けない。今、当たり前だと思っていることが当たり前ではないことに気づかない。根底から生き方(人生観)を変えなくては元の日本人には戻らない。全ての日本人...

  18. 死と再生のプログラム - まほろのうたかた日記

    死と再生のプログラム

    高3の1学期は、新型コロナウィルスの流行で休校期間があったこともあり、学校には2日間だけしか行けなかった息子。そのまま夏休みに突入。その間、Stay homeで外出をほとんどせず、家から出るのは、通院やたまの外食くらい。「2学期は頑張る……」と言っていたものの。2学期に入っても、今のところ、週一回学校に行き、先生と雑談したり、友達と話したりするくらいしかできていません。授業に参加なんて、とて...

  19. Photo/617 - Faith of the Heart

    Photo/617

    RICOH GR IIIタイ政府より、コロナで停滞した景気対策の一環として、「11月と12月に4連休を実施する」と発表がありました。実施されたとしても私の仕事が休めるか現時点では分かっていませんが、例え、私が休めなくても妻と太陽2人で帰省させたいと考えています。写真は、カエルの一種「ウンアーン(อึ่งอ่าง)」を、太陽が捕まえたところ。(市場では、食用として普通のカエルよりも高く売られて...

  20. 上がったステージで、少し下のことをすれば、楽! - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    上がったステージで、少し下のことをすれば、楽!

    げんちゃんの一日一日・・・・表だけは良い感じにしているけど、中身は、完全に抜いていて、私さえ騙されてしまう状態が続きました。たとえば、先々週は、あるプレミアム列車の一日旅行を計画しました。私は先に博多駅にいて、そこに、げんちゃんが家からたどり着く、その博多発列車で、私たちは合流。そういうミッションを展開しました。「げんちゃん、これは、息抜きじゃないよ。研修だからね。あなたは、最寄り駅の、...

総件数:453 件

似ているタグ