スポーツ・アウトドアジャンル×登山のタグまとめ

登山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには登山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「登山」タグの記事(839)

  1. 磐梯山 東壁 - rokuyon blog  

    磐梯山 東壁

    数年前から登りたかった冬の磐梯山 東壁山頂につながる東壁はいつか登ってみたいと思っていました。偵察がてら過去に2回ほどとりつきまで行ったことはありますが、その時は、自分が登れるイメージ出来ずにまだ早いなとあっさり下山していました。福島の方々にお世話になり先日登ってきました。目指すは、中央のライン先行パーティーのおかげでばっちりトレースがありどんどん進んでいく斜度が増すと写真を撮るのも一苦労数...

  2. スキーガイディング研修 - blog版 がおろ亭

    スキーガイディング研修

    奥志賀高原で行われたガイド協会のスキーガイディング研修に行ってきました。わしはレベルⅠなのですが、上位資格のレベルⅡの方も半数ぐらい参加されていて、勉強になりました。岐阜からは一人だったので、往き帰りの高速道路の運転がきつかったです。以下、概要と感想です。1日目:積雪観察と評価日向のざらめ雪にこしまり雪が15cmほど載った比較的単純な構成の積雪であった。テストピットの手順を参加者同士で確認し...

  3. 鎌倉アルプスその2 - アサクフカク

    鎌倉アルプスその2

    鎌倉アルプスの登山道は砂を固めたような柔らかい岩盤が多いなので不思議な造形や、人工的に加工された階段、道祖神などが各所で見られるというわけで大平山山頂到着♪低山だけあってこの左側はゴルフ場(笑)山頂から稜線を南に進むと新たな看板発見横浜市最高地点とある???確か横浜市最高地点は大丸山では?そう思いネットを調べてみると、山頂としての最高所は大丸山なのだが、最高所となると大平山の尾根ずたいのこの...

  4. 鎌倉アルプス前編 - アサクフカク

    鎌倉アルプス前編

    鎌倉アルプス正確な定義はわからないが、鎌倉周辺の山々を指すんだと思う天園コースのことのみを指すのかな?2月上旬早朝、鎌倉駅前のマックで朝食前回と同じく公共交通機関でのアルプスと名のついた低山縦走ハイキング鎌倉駅からは江ノ電に乗り長谷駅で下車江ノ電乗ったのは何十年ぶりだろう久しぶりに大仏見ようとよってみるとまだオープン時間でなく顔のみの参拝おはようございます♪道路沿いの歩道を歩いていきトンネル...

  5. 白稜眺め、春風感じる - 人生山あり

    白稜眺め、春風感じる

    人間が載れるくらい大きなエビの尻尾の塊。向こうに谷川連峰。今シーズンの雪山。少し物足りないような気分、深雪ラッセル歩き少なかったせいだろうか。写真は2月末の時点。今年は残雪期も早く終わりそうだ。そうなれば、雪解け後の山野草に山菜摘みが楽しみになってきた。まずは長期休暇のGWをどうするか、そうなれば計画・準備をしておこう。・・・以下、越後の山々の写真を。登攀中のステップで振り返って撮影。左から...

  6. 登山冬山2019年3月13日大雪山系 旭岳 - フクちゃんのフライ日記

    登山冬山2019年3月13日大雪山系 旭岳

    休日の朝。起きると晴れていたので旭岳に行ってきました。いつも休日は悪天候なのに珍しい!ちょいと膝が痛いけど、登れる所まで行こう。スタートはスノーシューで。つぼ足でも埋まらなそうだけど、実際やったら埋まります・・・。姿見にある避難小屋はちょっと雪に埋もれていますが、例年より雪が少ないのでけっこう見えていますね。堅い雪の尾根歩き。斜度はさほど無いのでそのままスノーシューで高度を上げます。8合目を...

  7. 上越国境歩き - 人生山あり

    上越国境歩き

    2月末の上越国境雪稜歩き、白き峰々の展望を楽しんだ。やっぱりこの山に囲まれた展望地、他にはなかなか無い。この雪稜をいつか歩きづづけてみたいと思っている。雪山シーズンも残雪期にはいるので、すこし寂しくなりそう、、、今年は短かった。

  8. 白銀の車山へ~スノーシューで遊ぶ♪ - azumiの夢まど

    白銀の車山へ~スノーシューで遊ぶ♪

    *****3月9日(土)霧ヶ峰・車山*****願ってもない快晴に恵まれた一日となりました~♪私事ですがお正月が明けてからどんよりとした日々が続き(父の入院)今年は雪山は行けないと諦めていましたが1ヶ月前より相方さんの休みに合わせこの日のお天気をただ、ただ祈りそして『キター!(^^)!』車山ブルーの空と南北に連なる北アルプスの大展望が素晴らしい~実はこの絶景を見るのには予想外の事態が待っていま...

  9. 2019年剣山元旦登山その3 - 好事家な生活

    2019年剣山元旦登山その3

    2019年1月1日7:28頂上を目指すほとんどの人がテラスから退散していったので、この辺りでドローンを飛ばそうと考えたが、やはり時折かなりの強風が吹きつける風向きも定まっておらず、氷を吹き上げながら吹き付けてくる慎重にやれば飛ばせないほどの風ではなかったとは思う流されそうな風ではあったが、バッテリーフルから飛ばせば5分程度のフライトなら帰還できたと思う効率は悪いがバッテリー3本飛ばせば15分...

  10. 2019年剣山元旦登山その2 - 好事家な生活

    2019年剣山元旦登山その2

    2019年1月1日(火)剣山標高:1954.65m所在地:徳島県三好市、美馬市、那賀郡那賀町山系:四国山地日本百名山、四国百名山しばらくノイジーな画像が続きますやはり夜間の降雪はないようで満天の星空を見ることができた…が、カメラの設定が上手くいかず何度やっても上手く撮れない…カスタム設定か何かで残しておいた方がいいな…4:48見ノ越駐車場出発寒くない…わけはない…車内の水は凍り始めていた朝食...

  11. トレッキング用イス - だだぽんのブログ ~ 旅と山と音楽と

    トレッキング用イス

    登山でイスは贅沢品だ。私も山には持って行かないが、沖縄でのキャンプとか、まったりしたい時はイスがあると快適。もちろん軽量であることが最低条件。有名どころではCrazy Creekがあるが、Helinoxのチェアゼロはさらに軽い。Crazy Creek HEX 2.0 (621g)Helinox Chair Zero (490g)もっと軽いイスがあった。サーマレストのトレッカーチェアー。T...

  12. 神の鳥(後編) - 人生山あり

    神の鳥(後編)

    乗鞍岳の雷鳥さん。色々な登山情報などを見て、位ヶ原のこの辺りにひょっとしたら居るだろうと。今に想えば、本当ラッキーでした。歩く姿も可愛らしくて、首を伸ばして左右に振りながら小走り。思いのほか、走るのが速いので驚きました。そして、その姿が本当に可愛いのです。こちらの様子をそれとなく伺いながら、ダケカンバの新芽を啄みます。枝のどこも同じに見えますが、精一杯背伸びしてみたり、寝転ぶようにしてみたり...

  13. 神の鳥(前編) - 人生山あり

    神の鳥(前編)

    真っ白な雷鳥を探して、乗鞍岳位ヶ原へ。真っ白で丸まって雪の陰に隠れていると、どこにいるのか、ぱっと見、解らない。雪から飛び出して、シラビソの木陰に隠れて、こちらの様子をうかがっていた。じっと見つめられると、こちらのハートはキュンとしてしまうほど。あまり近づくと、驚かせてしまうから、こちらもシラビソの陰からそっと覗いて。それとなくこちらの様子を伺いながら雪の上でのんびり過ごしているようだ。時々...

  14. 2019年剣山元旦登山その1 - 好事家な生活

    2019年剣山元旦登山その1

    2018年12月31日(月)やっと今年の事を書くまでに追いついてきた…年末に出勤し、年始は出勤なし年末年始出勤組は今年のGWは当番免除という事もあり、去年のうちに徳を積んでおいたというわけで先日の伊予富士登山は、この元旦、初日の出を見に行くための練習でした埼玉にいた頃に何度か元旦に登りに行ってましたが、高知に帰ってきてからは初となる元旦登山高知県で初日の出となると、桂浜、室戸岬、足摺岬と基本...

  15. 2018年12月伊予富士登山 - 好事家な生活

    2018年12月伊予富士登山

    伊予富士標高:1756m所在地:高知県いの町、愛媛県西条市山系:四国山地日本三百名山、四国百名山2018年12月14日(金)代休ひとまず物は試しで雪山に登ってみる8:56道の駅木の香温泉家を出たのは7時くらいだろうか嫁さんは寒いところが基本的に大嫌いなので今回は単独行194号線はコンビニが皆無なの、いの町波川のローソン辺りが最後になるUFOラインの駐車場のトイレは冬季使用不可なので高知側なら...

  16. そうだ 雪山、行こう。 - 好事家な生活

    そうだ 雪山、行こう。

    ここ1年ほど、冬の登山に関して色々調べていた四国内の山でどれほどの積雪があって、どの程度の装備が必要なのか?去年、三嶺の林道を試して歩いてみたが大した参考にはならなかったそれから1年、ネットの力を駆使して調べてみた結果…行ってみないとワカンネ(ノ゚ο゚)ノと、まぁ、そんな結果に落ち着いたので軽めと思われる雪山に行ってみる事にした雪山装備の代表的な装備としてアイゼン:持ってませんピッケル:持っ...

  17. 浅間連峰を端から歩いてみるかな - 山谷彷徨

    浅間連峰を端から歩いてみるかな

    僕の住んでいる地域からだと大体どこからでも見える浅間山。活火山として有名であり日本百名山でもある。太古の昔からの度重なる噴火により独特な佇まいを見せてくれる浅間山。そしてその周りの外輪山や連なる山々を総称して「浅間連峰」と言う。実際、火山の影響で現時点でも浅間山のピークには登ることはできない。しかし去年の8月末に噴火警戒レベルが下がった事により3年ぶりに第2外輪山である前掛山までは登れる事に...

  18. 三浦アルプス - アサクフカク

    三浦アルプス

    三浦アルプス長野周辺以外で、低山だろうが縦走できる山塊をアルプスと呼ぶようになったのはいつ頃からなのだろうか?もちろん正式名称ではなく、本来ここは三浦丘陵と呼ぶんだと思う1月末、京急に乗り田浦で下車、住宅街を歩いて登山口へ公共交通機関を使っての登山は初東を見ると太陽が登ってきた左下に見えるのは東京湾、今回の山旅は東京湾から相模湾までの三浦半島横断の旅でもある住宅街そばから登山口ははじまる感覚...

  19. 越の春風か - 人生山あり

    越の春風か

    2/24日曜日は全国的な晴天、登山日和でした。山の上も風が穏やかで、もう春山でした。今季雪山も終盤と思い、雪が比較的豊富な上越国境の山に向かった。写真は私。登山者とスキーヤー数名の静かな山でした。右手からの急登攀を終えて、ホッと一息のところです。稜線はとんでもなく大きなエビの尻尾だらけ。雪の状態が非常に悪く、ガリガリの氷のよう。一度取り付いた尾根も一旦諦め、長い直登攀へ。眺望は最高でしたが、...

  20. 今月もあの山。 - sweat lodge @ blog

    今月もあの山。

    身体のなまりが気になって今月も地元の山をひと歩き。 天気予報は午後から雨につき 午前中に行って帰って来れるありがたい大小山アンテナコース。 気温も上がってきて若干汗ばむ感がまたありがたい。 大大先輩のおばちゃんのペースが速すぎて 後ろからのプレッシャーが赤い彗星のシャア並みで 焦って脚グネりかけてメンタルの弱さが露出した2月の一山。 「年に一度は自分の限界を超える」 っていうプレッシャーにも...

総件数:839 件

似ているタグ