白樺細工のタグまとめ

白樺細工」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには白樺細工に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「白樺細工」タグの記事(22)

  1. 2019年始まる - ロシアから白樺細工

    2019年始まる

    予約投稿です。あれ、ウリ坊って牙あるのかしら?と新年から突っ込まないでくださいね。新しい年、干支白樺細工猪共々よろしくお願いいたします。今年は昨年の反省を踏まえ穏やかで健やかな中に制作が組み込めるよう過ごしたいと思います。まずは6月、網走にある北海道立北方民族博物館での講習会が決まっていますが、それに向け着実に進めていかなければ。あ、その前に刺繍オーナメント仕上げないとね。東方正教会のクリス...

  2. 大晦日 - ロシアから白樺細工

    大晦日

    毎年恒例干支白樺細工も2019年に向け走ります。元々は間違えからできた形を「これは使えるかも」とそのまま籠にしてウサギやネズミ、猪やハリネズミと広がってきました。気に入っている白樺細工の一つです。2018年も今日で終わり、今年はいつも以上に1年が早く感じました。来年はもう少し地に足がついた生活ができるよう心がけようと思います。↓本当に早かったわよねーと思われましたら一押しポチリとお願いします...

  3. 出発です - ロシアから白樺細工

    出発です

    今回の機内持ち込み白樺細工はこちらの2種類と蓋も白樺細工のメガネ入れ、茶籠、目薬入れ。あとは道中食べるお昼用の果物などを切ったら準備完了。午後最寄りのバス停から出るリムジンバスへ乗って成田経由でロシアへと向かいます。作りためた白樺細工と刺繍の組み合わせが彼の地でどのように感じてもらえるかドキドキしてきましたが、次につなげるためにしっかり通訳してもらわなければ。なにやら到着地は日中20度を下回...

  4. ブローチ小刺繍モチーフ仕立て - ロシアから白樺細工

    ブローチ小刺繍モチーフ仕立て

    昨日に引き続きブローチ用刺繍モチーフの仕立て及び籠への金具取り付けを進めた1日。白樺細工もそうだけれど、小さいからスイスイ進むというわけではなくそれなりに手間がかかるから思ったより時間がかかったけれど、午前中には目処が立ちかなり気分が軽くなりました。明日は村へ持っていく道具など忘れずセットして荷造りしたいと思います。↓小さいブローチは色とりどりねと思われましたら一押しポチリとお願いします。に...

  5. 刺した菱刺しと使い込んでボロボロカメラケースを合わせてみる - ロシアから白樺細工

    刺した菱刺しと使い込んでボロボロカメラケースを合わせてみる

    2枚目の菱刺しも刺し終わりました。粗い麻布に刺したら進みが早い。刺し終わるまでの時間は早いですが、刺し終わった感じは細かい目の方が好みというジレンマも。ちょうどいい粗さの布ないかしら。ひとまず自宅使いのカメラケースに取り付けました。このケース自体かなりボロボロなので、いい加減新しいものを作らないといけないのだけれど、刺繍と組み合わせるならもっと細い帯状樹皮で編んだ籠の方が良さそうです。ひとま...

  6. 白樺細工と娘のインフルエンザの話 - BeadsJewelのカキトメルコト*

    白樺細工と娘のインフルエンザの話

    2017.12.18おはようございます!雪が降ってきましたー⛄️・・15時までopenします。時間過ぎる方、連絡下さい!・・ご心配をおかけしましたが娘は、昨日から熱が下がり食欲も戻りつつあります。・明日から、学校へ行く🏫と張り切っていましたが学校から連絡あり、水曜日まで学級閉鎖だそうです。・・あれま!・・娘は、えー❗️とイラついてますが、私は水曜日から行かせたい感じだ...

  7. 赤松の根かがりキャップ納品しました - ロシアから白樺細工

    赤松の根かがりキャップ納品しました

    (写真SLOW様よりお借りしております)現在旅行前ということもあり、白樺細工の製作は少しお休み中。年末年始はロシアで過ごすことになったので、次に白樺細工を始めるのは年明けとなる予定です。現在SLOW様にて写真の糸切り鋏用キャップ根かがりタイプ(赤松の根を使用しています)のお取り扱いが開始となりました。白樺樹皮で止めているものと同様にお手にとっていただけると嬉しいです。

  8. 赤松の根かがり糸切り鋏用キャップ乾燥中 - ロシアから白樺細工

    赤松の根かがり糸切り鋏用キャップ乾燥中

    ご依頼を受け製作した根かがりタイプの糸切り鋏用キャップ。試作した時点では鋏を入れた状態で乾かして納品させていただいていたのに、前回製作した時は何も入れずにしっかり根を締めながら作業して乾かしてしまったため失敗。根が乾燥すると余裕がなく鋏を入れると破損してしまいました。そんな反省を踏まえ、今回は糸切り鋏以外の鋏も動員して物が入った状態で乾燥させています。明日乾燥したら発送させていただきます。

  9. ポットマットは進みが早い - ロシアから白樺細工

    ポットマットは進みが早い

    裁縫箱に続いて久しぶりにポットマットを製作しています。この太さはやはり編み上がりが早い。明日もう1枚編みあげたらご依頼分完成。仕上げの油拭きを済ませたら納品したいと思います。

  10. 村へ向け移動に入ります - ロシアから白樺細工

    村へ向け移動に入ります

    出発前に作品展用であり自宅使い品でもある茶籠(野点用)がなんとか形になりました。日本茶を購入した時に一定金額以上で贈答用包み紙代わりとして販売されていた風呂敷に包んで。こちらを手荷物として持っていきます。途中で一服なんていう楽しみ方ができるように。心配した台風、家のあたりは強風は吹いているものの雨は今のところ降っていないので、リムジン始発のホテルまでもなんとかなりそうでホッとしています。今日...

  11. 白樺クラフト - miro's daily dining

    白樺クラフト

    お花教室にて、白樺クラフトレッスン♪初心者には難易度が少し高かった。

  12. 作品展用懐紙挟み小を編み始める - ロシアから白樺細工

    作品展用懐紙挟み小を編み始める

    懐紙挟み2個目は帯状樹皮の太さを太いものにして小さめのものを製作中。片面がほぼ仕上がり、埋め込み磁石を編み込んだら仕上げの編み込みへ。帯状樹皮が太いと進みが早い。ただ仕上がった雰囲気は細い方が繊細に見えてと小物の場合帯状樹皮の太さなかなか悩みどころです。今回は2、3番皮を使用して編んでいるので油鞣しをした時点でかなり色合い変わって白樺樹皮らしい面白さがあります。小物なのでこのしなやかさがとて...

  13. 作品展用新しい白樺細工とバックインバックの金具取り付け - ロシアから白樺細工

    作品展用新しい白樺細工とバックインバックの金具取り付け

    バックインバックに使う布を水通しして乾かしている間に次の白樺細工を作成開始。帯状樹皮の切り出しから始まり、いつもの手順を踏んで編み始めたけれど…樹皮たくさん必要そう。もう少し細い樹皮でも作りたいと思っているのだけれど、この太さの帯状樹皮で何本必要かによっては萎えそうです。苦笑バックインバックには取り付け金具を取り付けるまで進めておきました。これネジ式なので使っているうちに取れないかがやや不安...

  14. 籠編みまえの下準備開始 - ロシアから白樺細工

    籠編みまえの下準備開始

    昨日から切り出しに入っていた樹皮シート1枚をようやっと切り終わりました。切った帯状樹皮を厚み調整する前はこれぐらい。あ、奥に写っている倒れたジュースの瓶は重石に使っていたものなので脳内消去願います。苦笑厚み調整をすると…増えてしまうのです。明日はこれに油鞣をしていきますが、編み出しまで進めるかな?これだけでは足りないので追加で切り出しを先にするか思案中。8月のイベントに向け集中して仕事をしな...

  15. 自宅使い旅の友に新しい根かがり手帳を - ロシアから白樺細工

    自宅使い旅の友に新しい根かがり手帳を

    明日から2泊3日のたびに持っていく新しい白樺細工はこちら。手帳。今まで使っていたものは金具が一部無く紛失。戻ったら金具を付け替える予定にしています。今回は赤松の根で縁かがりをしています。繰り返し根を使った作品を作ることで少しずつ作業しやすくなってきています。私はやっぱり体で覚えないとダメだと実感中。背表紙は菱刺しの帯を簡単に縫い付け、上下はスナップで留められるようにしてあります。にほんブログ村

  16. 自宅使い用箋挟みに取り掛かる - ロシアから白樺細工

    自宅使い用箋挟みに取り掛かる

    厚み調整などを済ませ、重石をして伸ばしている最中の白樺樹皮に合わせる素材で買い忘れがあったので、運動がてら買い物へ。戻ってから買い忘れた木質ボードを必要寸法に切り、樹皮と貼り付けた後金具を取り付ける場所の目印をつけ念のため金具に組みネジが入るかを確認しつつ使用する大きさを決めたりしていました。この木質ボードを使って作る白樺細工は習い始めた初期によく作ったもの。その頃はまだまだ白樺樹皮に遊ばれ...

  17. 自宅使い皿付指貫を仕立て使ってみる - ロシアから白樺細工

    自宅使い皿付指貫を仕立て使ってみる

    かなり初期に作った皿付指貫が刺す距離が長くなると針の頭が刺繍面と樹皮を貫通し掌に刺さるようになってきていたので早速新作を試してみました。樹皮部分の形状も変更しスッキリさせているのでまず装着感が良くなったのが嬉しい。そして刺してみると…今は小さい面を刺しているので最初はよくわからないかなと思ったのですが違った。スウェードのクッションが効いていて指貫に針を当てていることを感じさせない柔らかな使い...

  18. 皿付指貫用部材を切り出す。 - ロシアから白樺細工

    皿付指貫用部材を切り出す。

    皿付指貫の刺繍以外の部材を切り出す。今回は白樺樹皮以外にスウェードも追加。カッターやいつも白樺細工に使用している鋏を使用して最初は切り出していたのだけれど、微妙に指が痛くなり、写真の鋏を使ってみました。今日ぐらいの厚みの樹皮の場合この鋏が一番力を必要とせずかつ切りやすくこれからは細かいものを切り出す時はこの鋏を使おうと思ったのでした。スウェードはカッターの方が切りやすいのでカッターで。こちら...

  19. 2017雛人形 - ロシアから白樺細工

    2017雛人形

    以前の雛人形よりもひと回り以上小さくした今年の雛人形。菱刺しも加えてみました。も少し体の部分を鋭角に作らないと頭の乗せ方が難しいと反省。久しぶりに小さい籠を編んだのだけれど3.5mmで最初に編んだらあまりにぴったりで入らず、4mmの帯状樹皮を使った籠が帽子となりました。こちらはもう少し小物も工夫したい。刺繍の組み合わせ方はこれぐらいが白樺邪魔しなくて気に入っています。紙で試作を繰り返しながら...

  20. ようやっと切り出しに入る - ロシアから白樺細工

    ようやっと切り出しに入る

    ぎっくり腰からようやく復帰し、ある程度前屈みの姿勢が続いても腰が痛むことがなくなったので様子を見ながら作業開始。まずは5シートの白い部分を剥ぐことが前半。後半はシート2枚を幅20mmの帯状樹皮に切り出しました。これは自宅使いの食器収納籠に。残った下処理済み樹皮はこの籠が形になったら次の籠を作るための帯状樹皮切り出しに使うのでそれまでは巻いた状態でまた保管。明日は厚み調整や油鞣しへと進んでいき...

総件数:22 件

似ているタグ