白樺細工のタグまとめ

白樺細工」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには白樺細工に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「白樺細工」タグの記事(23)

  1. 赤松の根を扱う楽しさが感じられるように - ロシアから白樺細工

    赤松の根を扱う楽しさが感じられるように

     奥のものは少し前に作ったもので、手前が昨日仕上げたもの。 赤松の根はまだ扱い始めて日の浅い素材です。 そんな扱い始めて日の浅い素材ですが、何度か試作品に使用したりしているうちに少しずつ資材として扱う楽しさを感じ始めています。 白樺樹皮にもその樹皮の持つ特性によって向いている白樺細工があるように、根もどれぐらいの太さにするかなどやはり作りながら慣れていく部分があるなと感じていました。 最初は...

  2. ご依頼品が仕上がる - ロシアから白樺細工

    ご依頼品が仕上がる

     このところ夜もこぎん刺しを刺したり方眼紙に模様を描き起こしたりしていたら、目の疲労が溜まっていたようで、昨日はひとまず針を置き、白樺細工も休んで目を休ませました。 そのおかげか今日は針の進みもいい感じに。 そして本番こぎん刺しが半分まで進んだので、止まっていたご依頼品も仕上げ納品まであと一息。 明日書類を製作し、納品したいと思います。 今回はポットマットと糸切り鋏用キャップをご依頼いただき...

  3. 自宅使い 名刺入れ1個目 - ロシアから白樺細工

    自宅使い 名刺入れ1個目

     カードケースを作った勢いで自分用の名刺入れも。 2種類作る予定のうち1個目が完成。 今回は樹皮幅が細いもので。 名刺入れって小さいのに樹皮幅が細いと使用本数も増え予想より時間がかかって2日かかりました。 使用樹皮は2、3番皮で長さを比較的長めに取ることができる樹皮シートから切り出したため、つなぎ目も少なくしなやかに仕上がりました。  今回はほとんどケース部分に蓋がかぶさるぐらいしっかり蓋を...

  4. 赤松の根かがり糸切鋏キャップ - ロシアから白樺細工

    赤松の根かがり糸切鋏キャップ

     今日は糸切鋏キャップ1枚皮赤松の根かがりタイプのを製作。 今までは白樺樹皮を細く切ったもので製作していましたが、それ以外に赤松の根でかがるものも作り始めました。 こちらは昨年実際に村で採取してきた赤松の根を使っているのですが、作業する前に水やぬるま湯につけて柔らかくしている時赤松のいい香りが漂います。 私は赤松の香りが好きなので根を使うと心癒されています。 白樺樹皮で止めるものとは違う風合...

  5. 新たなご依頼のポットマットが仕上がる - ロシアから白樺細工

    新たなご依頼のポットマットが仕上がる

     新たにポットマットのご依頼を頂き製作に入りました。 今回使用した樹皮はとても表情豊かな部分が入り仕上がりも個性が出ています。 明日は糸切鋏用キャップの製作を進めます。 昨日の夜選挙速報を見ながらこぎん刺しの図案を方眼紙へ書いていたらいきなり電気が消える…。 気づけば朝の4時になっていたので早く寝ろということねと寝て起きてみたら…まだ電気がつかない。 下にオーナーの事務所があるので聞きに行っ...

  6. 糸切鋏用籠編みキャップ - ロシアから白樺細工

    糸切鋏用籠編みキャップ

     今日は新しいご依頼品の糸切鋏用籠編みタイプのキャップを製作していました。 昨日切り出した帯状樹皮はか薄く何層も剥ぐことができる樹皮だったため、とてもしなやかで柔らかいキャップになっています。 いつになくしっとりと手になじむキャップとなっています。 小さいものではありますが、ご依頼頂けることがありがたいなと思いながら製作しています。

  7. ポットマット2 - ロシアから白樺細工

    ポットマット2

     昨日編んだポットマットよりも細い帯状樹皮を使ったポットマット編み上がり。 ほぼ同じ大きさに仕上がっていますが、使用する本数が違うと印象がまた変わります。 鉄瓶を載せてみました。 こちらは太い帯状樹皮を使用した方です。 細い帯状樹皮を使用した方。 裁縫箱と合わせて納品したいと思います。

  8. ポットマットは進みが早い - ロシアから白樺細工

    ポットマットは進みが早い

     裁縫箱に続いて久しぶりにポットマットを製作しています。 この太さはやはり編み上がりが早い。 明日もう1枚編みあげたらご依頼分完成。 仕上げの油拭きを済ませたら納品したいと思います。

  9. 久しぶりに裁縫箱を編む - ロシアから白樺細工

    久しぶりに裁縫箱を編む

     Ёлка(ヨールカ/樅の木)の作業と並行して帯状樹皮の切り出しをしていた蓋付き籠が完成しました。 この大きさは私にとって編みやすく、比較的短い長さの帯状樹皮でも編みあげることができるありがたい籠です。 裁縫箱として制作しているものですが、蓋は作業中の道具入れに使ったり、糸くずなどを入れておいても。 自分用も未完のまま使っているのでそろそろ仕上げなければ。苦笑

  10. 帯状樹皮の切り出しで日が暮れる - ロシアから白樺細工

    帯状樹皮の切り出しで日が暮れる

     Ёлка(ヨールカ/樅の木)小の最後の段に入りました。 この幅の帯状樹皮からはあまり在庫がないのでまずは帯状樹皮の切り出しから。 明日使う樹皮をより分けて積んでみたところ。 これでも3、4個分ほどでしょうか。 明日もさらに切り出してから籠を編む作業へ進みたいと思います。 今日切り出した樹皮はあまり薄く剥げる樹皮ではなかったので少し厚いかなと思うものでも1mm以下です。 薄い時はどれぐらいの...

  11. お茶の友を乗せた白樺籠 - ロシアから白樺細工

    お茶の友を乗せた白樺籠

     昨日の朝食時には鋳鉄を受け止めていた白樺の籠。 今日はおやつのお皿として活躍しています。 ちょうど欲しかった焼型が手に入り、ソ連時代のレシピで焼いた焼き菓子は日本人にも懐かしい味わいです。 Грибочки (グリボーチキ/キノコ)Орешки(アレーシキ/木の実、ナッツ:この場合胡桃)Шишки (シーシュキ/松かさ)Гребешки (グレビョーシキ/ホタテ貝、貝)アレーシキだけの型は...

  12. ヨールカ小3段目あと少し - ロシアから白樺細工

    ヨールカ小3段目あと少し

     昨日から今日の午前中にかけて右目が腫れてお岩さん状態の上に眼精疲労の頭痛がひどくなかなか進まなかったヨールカ3段目。 ようやっと進みました。 4段目に入り目前。 午前中まで腫れていた目ですが、午前中作業を諦めしっかり横になって休んだら腫れも引き、頭痛もなくなりました。 かなり目が疲れていたんですね。 眼鏡3個を駆使して作業に合わせて架け替えてはいるのだけれど、つい刺繍は集中しすぎていたのか...

  13. 糸切り鋏キャップ(1枚皮)タイプを作る - ロシアから白樺細工

    糸切り鋏キャップ(1枚皮)タイプを作る

     糸切り鋏キャップ1枚皮のタイプを製作している中で、今日は赤松の根を使用したものを試作。 今はまだ湿っている状態なので乾いてから使い勝手はどうか、太さはもう少し太い方が良いかな等明日乾いた時点で実際に鋏を入れてみようと思います。 こちらは定番の糸切り鋏キャップ。 細い帯状に切った白樺樹皮で止めています。 明日からはヨールカの製作へ。

  14. 糸切り鋏用キャップを作り始める - ロシアから白樺細工

    糸切り鋏用キャップを作り始める

     今日はヨールカと並行して糸切りハサミ用キャップを作りました。 使用した樹皮が中心が厚く、端が薄い樹皮だったためなかなか手ごわかった。 明日もヨールカと並行して進めていきます。

  15. 地道に増える小さな籠と刺激を受けた籠 - ロシアから白樺細工

    地道に増える小さな籠と刺激を受けた籠

     週末に古い差し歯が取れてしまったうえにロシアの芸術家さんから依頼がありその買い物へあっちにこっちに。 全て用事が済んだのが夕方になり、昨日は疲れ切って作業せずに寝堕ちてしまう。 今日は取り戻しました。 1段目が終わり、2段目に入りました。 やはりたった1mmの違いですが編む時は差をはっきりと感じます。 明日は午前中通院があるものの、午後は予定ないのでまた籠を編み進めていきます。 週末連れ合...

  16. ЁЛКА小の一番小さい籠が順調に増えています - ロシアから白樺細工

    ЁЛКА小の一番小さい籠が順調に増えています

     ヨールカ小1段目の籠が順調に進んでいます。 この段が終わると格段に目が楽になるのであと少し。 予定数量+αが編み上がると余裕ができるかも。 昼間は細かい籠を編むことに目を使い、模様を決めるために布目を数えで久しぶりに目薬を取り出しました。 最近疲れ目から痒みが出るということが収まっていたのですが、やはり急に目を酷使してしまったようです。  目と相談しながら来週も作業を進めていきます。

  17. 2017年分ЁЛКАの制作へ入る - ロシアから白樺細工

    2017年分ЁЛКАの制作へ入る

     連れ合いが昨日村へ向け移動に入り、なんとなく忙しかった休暇後の1週間ちょっとが終わり、今日からSLOW様にてご予約いただいたЁЛКА(ヨールカ/もみの木)の制作へ入りました。 今年も予想以上にご予約を頂きましてありがとうございます。 一つ一つ集中しながら制作していきます。 まずは一番細い帯状樹皮の切り出しから。 必要数量全てを切り出すと私の性格上途中で飽きてしまうので、ある程度の個数分きっ...

  18. 知人宅で日常使いの白樺細工を眺める - ロシアから白樺細工

    知人宅で日常使いの白樺細工を眺める

     村滞在最終日の今日、本当はイルクーツクのイベントで合流する予定だったけれど急遽欠席された方のお宅へ挨拶へ。 週末は先方が別の街へ行っていていないため、出発前日の今日バタバタと伺う羽目に。 お昼にお邪魔してしまうとお昼を食べていけ、一杯やっていけとなるのがわかっているのでずらして14時にお邪魔したのに、結局いろいろお茶の友といって出てくる。苦笑 結局私がいただいたのは塩気のあるものが主に。 ...

  19. 作品展用 野点のための茶籠完成 - ロシアから白樺細工

    作品展用 野点のための茶籠完成

     作品展用に製作している茶籠の野点用が完成しました。 日本出発前に帯状樹皮に切り出しを終えていたので、今日は厚み調整→油鞣し→籠を編むという手順のみですぐに形になり楽しい一日でした。 行きに手荷物として持って歩いた籠よりも少し小さくしています。 よりぴったりに仕上がり満足。 行きにこの道具を入れて持ってきた籠は微妙に大きく、もう一つの茶籠として使うことにしています。 奥が手荷物として持ち込ん...

  20. 村へ向け移動に入ります - ロシアから白樺細工

    村へ向け移動に入ります

     出発前に作品展用であり自宅使い品でもある茶籠(野点用)がなんとか形になりました。 日本茶を購入した時に一定金額以上で贈答用包み紙代わりとして販売されていた風呂敷に包んで。 こちらを手荷物として持っていきます。 途中で一服なんていう楽しみ方ができるように。  心配した台風、家のあたりは強風は吹いているものの雨は今のところ降っていないので、リムジン始発のホテルまでもなんとかなりそうでホッとして...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ