白河市のタグまとめ

白河市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには白河市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「白河市」タグの記事(20)

  1. 鹿島神社@福島県白河市 - 963-7837

    鹿島神社@福島県白河市

    七箇所目の神の鑿は、鹿島神社です。白河市には、他にも同じ名前の鹿島神社が在るので、住所を明記しておきます。福島県白河市東下野出島坂口ここの狛犬は小松寅吉(小松布孝)で、先日ご紹介させて頂いた川田神社と同じ「飛翔獅子」でした。鹿島神社の狛犬明治36年 (1903) 小松寅吉布孝作小松寅吉(実名 布孝1844~1915)は石川町出身で、浅川町の石工小松家で修業し、腕を見込まれ養子に入った、地域を...

  2. 新地山羽黒神社/石柵@福島県白河市 - 963-7837

    新地山羽黒神社/石柵@福島県白河市

    新地山羽黒神社の最大の特徴は石柵でした。って言うか、石柵の最上級の作品ですね。看板を読むと松平定信の歌碑を囲ったものだそうですが、「歌碑なんてどうでもいいから俺を見ろ!」って主張が聞こえてきそうです。人忘れすの山新地山は、古くから「人忘れずの山」 と称される歌枕の地である。「人忘れずの山」が具体的にどの山を指すかについては諸説あるが、室町時代の紀行文「廻国雑記」では当山を指しているものとみら...

  3. 新地山羽黒神社@福島県白河市 - 963-7837

    新地山羽黒神社@福島県白河市

    六箇所目神の鑿は、新地山羽黒神社です。ここの狛犬、燈籠は小松寅吉(小松布孝)です。この神社の最大の特徴は、明日ご紹介するとして、今回は鳥居をくぐって本殿までをご紹介させて頂きます。と言ってもかなり急な階段を何段あるんだ!?って感じで登って、尾根の端の獣道的な場所を歩いて移動しました。って、今回の主役は狛犬と灯籠ですが、これまた見事な作品です。ちなみに、この神社、とても分かり難いです。もし、行...

  4. 戊辰150年会津の旅六日目白河南湖神社18.11.26 12:42 - スナップ寅さんの「日々是口実」

    戊辰150年会津の旅六日目白河南湖神社18.11.26...

    翠楽苑のお隣、南湖神社を参拝です。

  5. 戊辰150年会津の旅六日目白河南湖庭園翠楽園18.11.26 12:05 - スナップ寅さんの「日々是口実」

    戊辰150年会津の旅六日目白河南湖庭園翠楽園18.11...

    」日本最古の公園、南湖公園の 翠楽苑を散策しました。

  6. 戊辰150年会津の旅六日目戊辰戦争の激戦地白河小峰城18.11.26 10:39 - スナップ寅さんの「日々是口実」

    戊辰150年会津の旅六日目戊辰戦争の激戦地白河小峰城1...

    戊辰戦争の激戦地白河小峰城に登城です。

  7. 南湖公園@福島県白河市 - 963-7837

    南湖公園@福島県白河市

    南湖公園に在る翠楽苑の紅葉をライトアップしていると教えて頂いたので行ってみました。16:30頃に南湖公園に到着しました。太陽が顔を隠した後だったので、紅葉した葉の紅さはハッキリと確認することが出来ませんでしたが、17:00頃からライトアップされた翠楽苑の中は確かに綺麗でした。ちなみに、ライトアップされた翠楽苑は無料で入ることができました。第三回プラチナブロガーコンテストを開催!

  8. 白河をぶらりおまけ@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらりおまけ@福島県白河市

    このシリーズのラストです。今回のぶらりで昼食とおやつを楽しみましたが、昼食を食べた場所はちょっと嫌なことがあったので店名は伏せさせて頂きます。そして、おやつは「コミュニティ・カフェ EMANON」さんで食べました。脇本陣柳屋の目の前に在るので、合わせ技で利用することをお勧めします。

  9. 白河をぶらり小峰城外堀跡@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり小峰城外堀跡@福島県白河市

    白河駅から白河市立図書館へ向かう途中に小峰城外堀跡が在ります。こんな感じの痕跡がどこかに在るんじゃないかな?って思ったのが今回の白河をぶらりだったのですが、最後の最後に見つけたって感じです。きっと他にも在ったのかもしれませんが、オイラの目では見つけることが出来ませんでした。白河市立図書館です。図書館に見えない程、立派な建物です。

  10. 白河をぶらり脇本陣柳屋@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり脇本陣柳屋@福島県白河市

    場所を大きく移動して白河駅の南側のエリアに在る脇本陣柳屋へ行きました。オイラが訪れた時はボランティアの方がいらして建物の内部を丁寧にご説明して頂きました。脇本陣柳屋柳屋旅館には、慶応4年(1868)の戊辰戦争白河口の戦いに参戦した新選組斉藤一隊長率いる隊士が宿泊し、最大の激戦となる5月1日、ここから出陣した。また、蔵座敷は明治14年(1881)の明治天皇東北巡幸の際に天皇の宿泊所とされ、玉座...

  11. 白河をぶらり城山公園3@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり城山公園3@福島県白河市

    本丸のあった場所から三重櫓を見ると見事な造形美で、実際に中に入ると質実剛健を絵に描いたような室内です。実際の絵図を元に建築されたそうですが、梁と柱をどんな組み合わせで組み立てたのか不思議な箇所があります・・・?どんな頭だとこんな複雑な組み合わせを創造できるんだろう!?そして、三重櫓の直ぐ隣にはおとめ桜と呼ばれる悲しい言い伝えられた桜の木があります。石垣を造成するに当たって人柱になったおとめを...

  12. 白河をぶらり城山公園2@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり城山公園2@福島県白河市

    石垣を見ながら三重櫓跡まで歩きました。胃パン公開されている場所であっても、まだ見える範囲でも石垣の修復工事をやってますので、東日本大震災の影響の大きさをまだまだ痛感します。

  13. 白河をぶらり城山公園1@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり城山公園1@福島県白河市

    小峰城跡である城山公園には白河集古苑と言う博物館が在ります。実はこの中に入るのは初めてです。様々なものが展示されていますが、草間彌生さんの原点(?)の様な陣羽織が展示されていて驚きました。時代は繰り返されるのですかね?そして、松尾芭蕉の句碑が在って、達成感がMAXになりました。樺色羅紗地水玉文様陣羽織(阿部忠秋所用陣羽織)江戸時代初期大きな水玉文様が地色によく映え、ひときわ目を引く大胆な意匠...

  14. 白河をぶらり小峰城周辺3@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり小峰城周辺3@福島県白河市

    ここからは石垣を修繕している北側のお堀を歩くルートになります。どうやって石垣を修繕するのかな?って思える場所も在りますが大丈夫なのだろうか!?

  15. 白河をぶらり小峰城周辺2@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり小峰城周辺2@福島県白河市

    少し歩くと「戊辰戦役薩摩藩戦死者の墓」の手書き看板があり、気になり階段を登って行くと木々に囲まれた平らな場所があり、静寂な空間に墓石が凛として建っていました。どんな背景があってここに在るの?って思いましたが、白河観光物産協会さんが設置した看板には以下のことが書かれていました。戊辰薩藩戦死者墓この地は、小峰城本丸の東にあたり鎮護神山と称する場所である。戊辰戦争において各地で戦死し、白河の松並や...

  16. 白河をぶらり小峰城周辺1@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり小峰城周辺1@福島県白河市

    正に本丸へは直ぐには行きません。何度もここ小峰城に来ていますが、小峰城の周辺を散策するのは初めてです。と言うことで、小峰城を左回りに歩いてみました。すると早速見つけたのが民家の裏山のような場所に残る石垣です。でも、よーっく見るといつ崩れても不思議じゃない感じです。って大丈夫なんでしょうか?かなり疑問です。

  17. 白河をぶらり白河駅@福島県白河市 - 963-7837

    白河をぶらり白河駅@福島県白河市

    特に大きな理由はないのですが、白河市をぶらぶらしてみました。まずは、行程と起点になる白河駅をご紹介します。白河駅のホームからは目的地の一つ小峰城が見えます。◆行程・野木沢↓ 08:09~08:48↓ JR水郡線 郡山行・郡山(福島県)↓ 10:45~11:20↓ JR東北本線 新白河行・白河・白河↓ 16:59~17:35↓ JR東北本線 郡山行・郡山(福島県)↓ 18:19~18:5...

  18. 桜巡り6鹿嶋神社@福島県白河市 - 963-7837

    桜巡り6鹿嶋神社@福島県白河市

    白河市の鹿嶋神社の桜です。そして、弥勒堂の石仏の目線で境内を撮影してみました。

  19. 鹿嶋神社神橋まで@福島県白河市 - 963-7837

    鹿嶋神社神橋まで@福島県白河市

    白河市には何度も行っているのに、鹿嶋神社に行くのは初めてです。と言うことで、入口の鳥居から神橋までをご紹介します。ここで、気になったのが、狛犬が何対も在ることと、鎌倉の鶴岡八幡宮の神橋とイメージが重なる程に丸く急な橋です。

  20. 福島県文化財センター白河館・まほろん@福島県白河市 - 963-7837

    福島県文化財センター白河館・まほろん@福島県白河市

    このシリーズのラストです。成田不動尊の次にいったのが「福島県文化財センター 白河館・まほろん」です。そこで「はにわ行進曲」ってイベントを行っていると知ったので行ってみました。いくつもの埴輪が展示されていたのですが、その中で琴を弾く埴輪や鈴のついた鏡を腰に付けた埴輪が展示されていて、古代の人々の音の文化を一瞬だけ垣間見ることができました。

総件数:20 件

似ているタグ