百名山のタグまとめ

百名山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには百名山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「百名山」タグの記事(143)

  1. 米子沢から巻機山へ - 山と元太

    米子沢から巻機山へ

    マウンテンレスポンダー(同行サービス)で米子沢から巻機山へ遡行7時間、巻機山避難小屋から山頂往復約40分、下山2時間30分夜行で桜坂駐車場へ朝4時起きで5時に行動開始の予定が、雨が降っていたため1時間スタートを遅らせる5時に起き、レーダーで雨雲を確認し、雨が止んでいるうちにスタート米子沢は、最初はゴーロだらけの水の無い沢車道からの入口に看板があり、真ん中の開いた堰堤が目印ここからしばらくゴー...

  2. 羊蹄山1898m(喜茂別)2018.09.02 - ひだかの山に癒やされて

    羊蹄山1898m(喜茂別)2018.09.02

    父釜から北西、積丹半島を望む。腰痛で前屈が堪える(情けない)。腰部脊柱管狭窄症と違って腰椎後屈で痛みや痺れは出ない。腰痛には歩行運動療法が良いはず。リュックを持ち上げるたびに、ウッと痛みが走ったが歩くのには問題なかった。喜茂別登山口は駐車スペースが最も少ない。6時30分出発。涼しい内に高い所へ・・・汗が噴き出し、帽子も脱いだ。右側が沢地形で、尾根線へ。コニーデ型成層火山だが、円錐形が削られて...

  3. 羊蹄山24登目~喜茂別登山口④2018.09.02 - ひだかの山に癒やされて

    羊蹄山24登目~喜茂別登山口④2018.09.02

    羊蹄山ビューポイントにて。尻別岳と羊蹄山が並んでほぼ同じ高さに見える。前日夕、腰痛に見舞われた。もともと胸椎側弯があり、重量物による変形性腰椎症で左足が痺れた。9月に入り、秋山シーズン開幕!だけど持病に不安があり、登れなくても後悔の無い山に向かった。一番近い喜茂別登山口へ。喜茂別コースは山頂直通の「筋トレ」コース。距離が短く勾配が強い。冬の下見も兼ねて。大滝の道の駅で朝食後、用を足した。8月...

  4. 蔵王山(出羽三山を巡る旅) - 鷹の日記

    蔵王山(出羽三山を巡る旅)

    2018年8月5日この機を逃さず蔵王山も制覇!

  5. 日本百名山原点の山富士写ヶ岳 - ちょんまげブログ

    日本百名山原点の山富士写ヶ岳

    日本百名山とゆう本を書いた人の人生初めての登山がこの山だとゆう事です。それゆえ原点の山といわれてる。それが石川県山中温泉の近くだとゆうので登ってきました

  6. 月山(出羽三山を巡る旅) - 鷹の日記

    月山(出羽三山を巡る旅)

    2018年8月4日東北の山デビューは月山!

  7. 最高の天気の鹿島槍ヶ岳の山頂から - タワゴトだいあり♪ 

    最高の天気の鹿島槍ヶ岳の山頂から

    さて鹿島槍ヶ岳の山頂の眺めです。天気はバッチリですので、山頂は大賑わいでみんな笑顔であります。鹿島槍ヶ岳北峰南峰よりは低いからか、その山頂に人影が見えない…。みんな南峰で済ます模様^^;山頂に登って初めて見える八峰キレットから白馬岳まで〜〜もしかして大キレットより長い?北峰からの下りがエグいですね。鞍部らへんに見えた人工物がキレット小屋かな?自分の体力だと2泊程度で行けるだろうか。3泊なら十...

  8. 鹿島槍ヶ岳、最高かよ!冷池山荘〜山頂まで編 - タワゴトだいあり♪ 

    鹿島槍ヶ岳、最高かよ!冷池山荘〜山頂まで編

    さて、2日目は鹿島槍ヶ岳登頂デーです。前日はずっとガスに巻かれてた鹿島槍ですが、2日目は天気予報通り絶好の登山日和となりました。しかし最低気温は5℃とても寒い。8月の山を登ってる感覚ではまったくなかったです。冷池山荘を4時頃に起きて(本当は3時半に起きる予定だったw)準備して、朝食用に持ってきたメンチカツパンを腹にぶちこむ。ヤマザキパンの「大きなメンチカツ」これ、何気に619kcalもあるの...

  9. 山で遊ぼう…修験場・両神山を歩きました - ヒデさんの山遊び

    山で遊ぼう…修験場・両神山を歩きました

    鋸のような鋭い岩峰が連なる山岳修験道の霊山・両神山を歩きました。 日向大谷からのアプローチは長く、あちこちに鳥居や石塔が見られる山道歩きが始まりました。道の3分の1は薄川の沢筋で、とても涼しく快適に歩けます。こちらは清滝小屋(営業休止中)です。ここから頂上まで一時間半くらいです。途中、鉄梯子や鎖場が数ヶ所あります。最後の鎖場をこえると頂上です。狭い山頂からは富士山をはじめ西上州や奥秩父の山々...

  10. 穂高岳 - THE NATURE THROUGH

    穂高岳

    2017年7月24日2人で穂高へ。会社の夏の連休、初めてのテント泊を経験する仲間。山の天気ははずれ、山頂付近は雨風の大荒れ。奥穂高へ辿り着くことはあきらめ、前穂付近に急きょビバーク。シングルウォールの仲間のテントは雨風に耐え切れなかった様子。はじめてのテント泊の山行は、苦行の一言。

  11. 至仏山 - THE NATURE THROUGH

    至仏山

    17年9月16日尾瀬の木道歩き~至仏山へ行ってきた。仲間4人、なんだかゆるい登山。頂上付近、ガスの切れ目に雲海が。

  12. 谷川岳 - THE NATURE THROUGH

    谷川岳

    谷川馬蹄に挑戦したがやはり最後はロープウェイに終わる。ガスが若干多かったが時折抜ける風景がいい。

  13. 十勝岳2077m~霧氷散歩2018.08.18 - ひだかの山に癒やされて

    十勝岳2077m~霧氷散歩2018.08.18

    霧氷が岩や人工物に。死の山に樹氷は無い。8月17日に黒岳、旭岳など大雪山系に初雪(初冠雪ではない)。18日と19日では18日が天気が良さそうだけど、車の修理もある。初め、3年振りにチロロ林道を爆走して、戸蔦別岳から七つ沼カールを見に行こう!よく考えたら、車が耐えられない。十勝連峰は近くて良いけど、道北は天気が良くない。羊蹄山も検討したけど、やはり天候が今一つで、毎週登るのは避けたい。一応、オ...

  14. 吾妻山   百名山37座目 - THE NATURE THROUGH

    吾妻山 百名山37座目

    月山に登った同じ日、90㎞を車で移動して吾妻山に登ってきました。ここはずるいですが天元台ロープウェイを使うことで簡単に登頂できます。リフトに乗っている間に、スキー場を徒歩で降りてくる登山者の痛い視線を感じました。計4機のリフトとロープウェイの所要時間40分はかかります。最終PM4:00の便に間に合わせるには、コースタイム3時間のところ2.5時間で戻る必要あり。念のため急ぎ、休憩なしで1.5時...

  15. 月山百名山36座目 - THE NATURE THROUGH

    月山百名山36座目

    信仰の山。月山に登ってきました。頂上付近は霧の中でした。平地部は木道が敷いてあって歩きやすかったです。さすが信仰の山。頂上は白装束に着替えて御払いで清めてからでないと登れません。

  16. 鳥海山 - THE NATURE THROUGH

    鳥海山

    8/13東北の山鳥海山に登ってきました。車で6~7時間程度夜10時に出発し、現地で2時間ほど寝てから出発。日本海側に立つ独立峰は、向かう道中、走行中からもしばらくの間、壮大に見え、ここに登るのかとわくわくしました。滝の小屋付近の最短と思われるルートからスタート。コースタイムで往復8時間程度だいたい5時間で登ってきましたが七高山から新山(頂上)へのアプローチは、ごつごつの岩場で少々危険度高い。...

  17. 羅臼岳 - Art de Vivre

    羅臼岳

    平成30年8月13日羅臼岳前日斜里岳下山して道の駅で温泉。その後食事を買い込んで17時半に登山口到着。ホテルの駐車場に停める事ができないため、6台ほどの駐車できる場所を狙って・・・ラッキーなことに1台分空いていました!無事車中泊。しかし、蚊との戦いでした。網戸がいる~!朝、4時に起床。前日左足のひざ裏が痛くてどうなるかと思ったけれど、痛みなし!歩き方を意識して歩くことに。5時出発。木下小屋に...

  18. 斜里岳 - Art de Vivre

    斜里岳

    平成30年8月12日斜里岳へ11日千歳から知床方面へ移動。北海道は大きすぎる・・長い移動、運転頑張った夫でした。斜里岳登山口で車中泊。朝、5時に起きて6時出発昨日まで雨が降っていたため、川の水も増水でも、こういう所大好きです!3度ほど右足が川に・・・(笑)冬用ですが、ゲイたーをしていたので助かりました^^山頂手前に斜里岳神社しかも鉄・・・これを運んだ方がすごいです山頂到着!一瞬、ガスが抜けて...

  19. 将棊頭山〜宝剣岳〜三ノ沢岳・木曽駒ヶ岳(桂小場ルート) day2 - 鷹の日記

    将棊頭山〜宝剣岳〜三ノ沢岳・木曽駒ヶ岳(桂小場ルート)...

    2018年7月15日2日目は超快晴!写真は濃ヶ池から逆さ宝剣岳!

  20. 羊蹄山1898m(真狩)2018.08.12 - ひだかの山に癒やされて

    羊蹄山1898m(真狩)2018.08.12

    雲海と中央に小さく避難小屋。全道的に晴の予報だから、低山とは言え1500mで雲の上に出るかも知れない。1日遅れの「山の日」と言うか、普通のハイキングに出かけた。オートキャンプ場を抜けて、登山口を6時1分出発した。まもなく霧雨が強くなり、風が無いため傘を差した。6時45分三合目。リュックカバーをかけた。湿度100%(のはず)もの凄く蒸し暑く、汗でびしょ濡れに。傘は、雨による低体温予防だが意味が...

総件数:143 件

似ているタグ