百名山のタグまとめ

百名山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには百名山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「百名山」タグの記事(138)

  1. 大峰山・大台ケ原 - 追分日乗

    大峰山・大台ケ原

    奈良県の百名山二つを一日で踏破です。まずは大峰山。正確には最高峰の八経ヶ岳1915m。一番楽なコースとして、行者還トンネル西側の登山口から入ります。問題はここにいたる道路で「国道」ですが「酷道」とも呼ばれるほどの309号。道幅が狭く運転が難しいとありました。軽のレンタカーで向かうのは無謀かとも思われましたが、幸い東側からのアプローチが比較的マシとの情報で、川上村の国道169号側からアプローチ...

  2. 百名山登山 蓼科山 - 【ワタシ流 暮らし方 】アトリエきらら一級建築士事務所

    百名山登山 蓼科山

    もう、7月。毎朝、楽しみにしているTV番組があります。私はテレビはあまり観ないほうですが、これだけは別。「NHK グレートトラバース日本百名山一筆書き踏破」冒険家の田中陽希さんの笑顔と綺麗な山の景色を朝から見ると元気になります。今朝は、津軽に入りましたので、そろそろ最終章。終わっても、次に期待。先月初旬に蓼科山へ行ったのが最期で7月に入りました。7月は、百名山は仕事のスケジュールがタイトなの...

  3. 利尻岳 - Art de Vivre

    利尻岳

    利尻岳へ残念ながら、登山日の6月18日は雨、強風…山頂からの景色を楽しみに来ましたが、避難小屋を少し行った所で敗退…昼過ぎから晴れ間が見えたけれど、仕方ないね夕方は晴れてペシ岬から綺麗な利尻山が見えました

  4. 十勝岳2077m~本編2019.04.28 - ひだかの山に癒やされて

    十勝岳2077m~本編2019.04.28

    続き:既に日の高い6時21分、絶好の登山日和だ。標高938m、車で600m登り既に森林限界を越えている。十勝岳の山頂部は見えない。左の美瑛岳が呼んでいるが今日は時間が無い。富良野岳は花の季節に訪れよう。折角スノーシューハイクなので、トレースは辿らない。避難小屋へ向かわず左の尾根へ。自分のトレースを振り返る。快適なスノーシューハイク。地図も見ない、GPSは記録していない自由散策。日焼け止めクリ...

  5. 十勝岳2077m~GW山行序章2019.04.28 - ひだかの山に癒やされて

    十勝岳2077m~GW山行序章2019.04.28

    今年のGWは天皇の代替わりがあり、10連休となった。好運な事に、代診医が断続的に埋めてくれている。28日は14時までに下山できれば、特養入所者の看取りに対応できる。27日は日高門別は雨だった。防草エリアに除草剤を散布するだけで、のんびり過ごした。28日はこのGW最高の山日和となる。GWに登った事の無い山で、14時以降の待機に対応できる山へ向かった。澄み渡る青空、硫化イオウで黄ばんだ十勝岳2時...

  6. 登った百名山 - デジの目

    登った百名山

    百名山がらみの番組をつれあいは録画し、再生するときには私を呼びます。今日は甲斐駒ヶ岳でした。二人とも物忘れレースの熾烈な争い^^;をしていますが、数字は私はまだ記憶があり、つれあいは、山関係は強いです。ビデオを見ながら山小屋とか山頂の様子を言いますが私の頭はメモリクリア。「山頂の祠に草鞋があって富士山も見えた」というので、当時の画像を探すとありました。▼退職間近から登りだした山のリストも出さ...

  7. 烏帽子岳〜小河内岳・塩見岳〜蝙蝠岳(鳥倉インの三伏峠起点) day2 - 鷹の日記

    烏帽子岳〜小河内岳・塩見岳〜蝙蝠岳(鳥倉インの三伏峠起...

    2018年9月23日2日目はナイトハイクスタート。写真は朝陽を浴びる蝙蝠岳と荒川岳を蝙蝠尾根より望む。

  8. 空から百名山 - 無線日和

    空から百名山

    今回の東京出張は、山口宇部空港からJAL便です。離陸後すぐに見えたのは、手前に九州の海岸線、向うは九重連山でしょうか~。四国上空、向うは石鎚山系でしょうか~。富士山が近づいた頃、CAさんに許可をもらって左側の席へ移動~、南アルプスかな。そして、お待ちかねのMt.Fuji~。運よく、見事に見えてラッキーです。まさに、頭を雲の上に出し~♪ています。空から百名山を堪能していると、あっという間に羽田...

  9. 蓮華岳・針ノ木岳〜爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳〜五竜岳 - day3 - 鷹の日記

    蓮華岳・針ノ木岳〜爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳〜五竜岳 - day3

    2018年8月20日3日目は百名山2座。写真は五竜岳と真ん中にキレット小屋。

  10. 那須岳1915m~出張山行栃木編2018.10.20 - ひだかの山に癒やされて

    那須岳1915m~出張山行栃木編2018.10.20

    右上にロープウエーと霞んだ茶臼岳。車の中で地元ラジオ福島放送を聞いて、交通情報をゲット。噴火で吾妻スカイラインは通行止めという。紅葉狩り山行は、関東に越境して那須岳へ。中学1年の夏は自転車で中腹のキャンプ場まででキャンプ。1999年は西吾妻山、東吾妻山、安達太良山と登り、ここは風雨でパスして、檜枝岐村へ。翌日、会津駒ヶ岳を登った。実は那須岳という山は無く、主峰茶臼岳のほか朝日岳、最高峰の三本...

  11. 磐梯山1816m~出張山行福島編 - ひだかの山に癒やされて

    磐梯山1816m~出張山行福島編

    初日に訪れた猪苗代湖と磐梯山。1888年に噴火して山体が吹き飛び、650m位低くなったという。130年前は日光男体山や焼岳と並ぶ標高だった。このブログで「低山」という表現を羊蹄山にも使うが、私の「高山」の定義は植生ではない。ハイマツ帯を植物学的に「高山帯」と言うが、それではアポイ岳は「高山」なのか?医師としては、「高山病」が発症し得る標高2500m以上を「高山」と定義している。南アルプス南部...

  12. 羊蹄山1898m(喜茂別)2018.10.14 - ひだかの山に癒やされて

    羊蹄山1898m(喜茂別)2018.10.14

    同じ山に何度も登る。以前は、ガイドブックやヤマレコなどを参考に登る山を選んでいた。仕事と趣味の悩ましい関係、天候や地理的条件、体調を含めると、○○山に行きたい!というモチベーションは保ちにくい。単独行で、いつ、どこへ行こうが自由。天候・植生を含めれば、同じ山の同じコースでも違いがある。登頂にはこだわり、登頂出来なかった日は「山行記録」に記録しない。山頂からの展望は良いに越した事は無いが、登山...

  13. 羊蹄山26登目~喜茂別登山口⑤2018.10.14 - ひだかの山に癒やされて

    羊蹄山26登目~喜茂別登山口⑤2018.10.14

    父釜に降り積もったみぞれ。紅葉前線は平地へ(標高700m以下)。いよいよ「冬山」到来の期待に心が躍る。8月18日に季節外れの新雪を十勝岳で踏んできた。「初冠雪」には定義があり、利尻岳でも平年より14日遅れで初冠雪が観測された。軽アイゼンをリュックに入れて、4時に自宅を出発した。午後は雨の予報。苫小牧のセブンで買い出しして、大滝の道の駅で朝食。気温2℃と秋らしい気温。麓の紅葉は見頃を迎えていた...

  14. 赤城山(黒檜山1828m) - ちょんまげブログ

    赤城山(黒檜山1828m)

    群馬赤城山の最高峰、黒檜山(くろびやま)を登った初っ端から岩ゴロゴロで苦戦

総件数:138 件

似ているタグ