百田尚樹のタグまとめ

百田尚樹」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには百田尚樹に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「百田尚樹」タグの記事(8)

  1. これは泣くやろ~ - ハーブガーデン便り

    これは泣くやろ~

    不覚にも5度ほど泣いてしまいました。一人で部屋に籠って読んでいたので、誰にも涙は見られていません。9年ほど前にベストセラーになった本ですが、初めて読みました。(遅っ!)5年前に映画にもなりましたが、これも観ていません。機会があれば観たいですね。それより、先ずは確定申告に行かないと。(汗)

  2. 目糞の百田尚樹が鼻糞の江川紹子を嗤う - 楽なログ

    目糞の百田尚樹が鼻糞の江川紹子を嗤う

     以下、文中敬称略 百田尚樹がTwitterで、オウム真理教事件の坂本弁護士殺害は江川紹子がきっかけを作ったのであり、その後、江川紹子はこの事件で有田芳生と同様にテレビに出演して稼いだ、という趣旨の発言をし、これに対して、坂本を殺害したのはオウム教の狂信的な信者であったのだから、江川のせいで殺されたのではないという批判が起きた。 これについての客観的事実は次のようになる。 まず、オウム教の問...

  3. 安倍シンパ・百田の朝日攻撃が止まらず。「売国新聞」「読者も日本の敵」と主張。森友問題にも影響 - 日本がアブナイ!

    安倍シンパ・百田の朝日攻撃が止まらず。「売国新聞」「読...

    頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も!           ・・・足場を固めて、着実に前進を!よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   【平昌五輪・・・フィギュア団体は残念だった。宮原が急に回転不足をとられて、ナーバスに...

  4. 百田さん的反語 - Cooper's Chronicle

    百田さん的反語

    『戦争と平和』(百田尚樹/新潮新書、2017)☆☆☆☆★日本は絶対に戦争をしてはいけない。日本人ほど、戦争に向かない民族はいないのだから―。「ゼロ戦」と「グラマン」の徹底比較から見えてきた、私たちの致命的な欠点とは何か。ベストセラー『永遠の0』に秘めた、本当の想いとは。作家が「何としても戦争を回避しなければならない」という強い想いから真摯に綴った、圧倒的説得力の反戦論。(以上、出版社の内容紹...

  5. 百田さん的切り返し - Cooper's Chronicle

    百田さん的切り返し

    『今こそ、韓国に謝ろう』(百田尚樹/飛鳥新社、2017)☆☆☆☆☆百田尚樹、涙ながらの大謝罪!「ついに転向したのか、百田さん!?」。日韓の間に横たわる、あらゆる問題を網羅した渾身の書き下ろし。あんなにややこしく見えた両国関係を、誰でもサクサク読めて納得できる筆致で料理した、爆笑必至のまったく新しい「韓国論」。この一冊で日韓問題は完全に解決する、驚きの画期的な一冊です。(以上、出版社の内容紹介...

  6. 安倍仲間の百田、沖縄を侮蔑する講演&ウヨ保守の主張+自民、議員100人以上で必死の選挙応援 - 日本がアブナイ!

    安倍仲間の百田、沖縄を侮蔑する講演&ウヨ保守の主張+自...

    頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も!           ・・・足場を固めて、着実に前進を!よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                    明日4日、いよいよ辺野古のある名護市の市長選の投開票日を迎える。 (・・) 辺野古...

  7. 政府が日当5万で地元民を雇い、反対派を警備。安倍のえげつない辺野古推進&反対派潰し - 日本がアブナイ!

    政府が日当5万で地元民を雇い、反対派を警備。安倍のえげ...

     これは30日、2本めの記事です。頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も!           ・・・足場を固めて、着実に前進を!よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                    これは、『松本発言に沖縄も安倍も激怒~名護市長選...

  8. 百田尚樹・・御用だ。名誉毀損で罰金。適当すぎるからだ -   時代に合った新規ビジネスを思案

    百田尚樹・・御用だ。名誉毀損で罰金。適当すぎるからだ

     2014年に亡くなったタレントやしきたかじんさんの闘病生活を記した書籍「殉愛」(百田尚樹氏著)で名誉を毀損(きそん)されたとして、たかじんさんの長女が損害賠償などを求めた訴訟で、出版元の幻冬舎(東京)に365万円の支払いを命じる判決が確定した。最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)が21日付で同社側の上告を受理しない決定をした。 一、二審判決によると、14年11月に出版された同書は、たかじんさん...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ