相国寺のタグまとめ

相国寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには相国寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「相国寺」タグの記事(29)

  1. 狩野光信の蟠龍図の龍が睨みをきかす。 「龍をたずねて―」シリーズⅢ―相国寺― - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    狩野光信の蟠龍図の龍が睨みをきかす。 「龍をたずねて―...

    京都御所の北の門、今出川御門の前の通りを北へ行くと相国寺がある。正式名称は萬年山相國承天禅寺(まんねんざんしょうこくじょうてんぜんじ)という。十四世紀末、室町幕府三代将軍の足利義満により創建された禅寺。境内には本山相国寺をはじめ、十三の塔頭寺院と、山外塔頭に鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、真如寺がある。さらに、全国に百カ寺の末寺を擁する巨大禅寺である。余談であるが、京都の禅宗系には五山之...

  2. 2020.01.16リハビリ京さんぽ~相国寺 - 京さんぽ

    2020.01.16リハビリ京さんぽ~相国寺

    本満寺から相国寺まで歩いてきました相国寺宗旦稲荷千宗旦に化けてしばしば茶席でお茶をたてたとされる狐を祀っている弁天社相国寺では梅はまだ咲いていたのはユキノシタ法堂の横の道を北へと抜けて鞍馬口通へと散歩を続けます。

  3. 京都の旅'19Ⅴ京都裏千家訪問他 - IL PARADISO VERDE DI NORINA ~美瑛印象派ガーデン便り~

    京都の旅'19Ⅴ京都裏千家訪問他

    う、、まもなく今年が終わりますね。超特急で今年の京都旅、、いまさらですが10月の旅つらつら書き続けます!10月は下旬に京都行きを決めていたのですがそれとは別に茶道関係の用事で京都へ行くことになりました。コンパクトにして3日間を綴ります。1日目はホテルへチェックインしたあとすぐに裏千家今日庵へ向かいます。ご挨拶をしたあとお昼をとりに今出川の同志社大学まで歩いていきました。素敵な校舎よね~遠い昔...

  4. 洛趣会 - カナディアンロッキーで暮らす

    洛趣会

    朝陽が差していたので法然院へお散歩に8時前までに出かけると観光客はほとんど見かけません午後から茶友たちと「洛趣会」に出かけました京都の老舗28軒が毎年開催する展示会会場は市内有名寺社仏閣で行われ老舗の顧客が無料で招待され販売は一切ありません今年の会場は相国寺茶友のお店「求仙亭大原」永樂の作品を専門に扱う茶道具の老舗裏千家御用達「辻留」四条河原町「えり善」友禅染振袖鯖寿司で有名な「いづう」薄茶...

  5. 9月の京都その8(相国寺、六角堂 他) - 風任せ自由人

    9月の京都その8(相国寺、六角堂 他)

    京都滞在5日目は、それまでのスケジュールの消化状況から適当に行動しようと考えていた、言わば調整日。既に掲載した「京都旅行中の撮り鉄」でも触れたように、昼食には以前からずっと気になっていたお蕎麦を食べに行くことにして、午前中はそこに行く途中にある相国寺に行ってみることにした。そして、昼食後は京都タワーからドクターイエローを撮影し、その後は烏丸御池駅周辺のお店でお土産を買ったのだが、その序でに六...

  6. 相国寺、文化活動を継承 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    相国寺、文化活動を継承

    牧谿に雪舟、大雅に若冲、蕪村に応挙等々の、金閣、銀閣、そして相国寺に所蔵される文化遺産の数々を一堂に鑑賞。「百花繚乱・相国寺文化圏『温故礼賛』」展が相国寺承天閣美術館で開催されいる。相国寺は、室町三代将軍 足利義満によって創建された古刹の禅寺。そこで育まれた文化は、将軍家の唐物趣味が深く関わり、京都五山禅林とは異なる独自の文化を形成。そのため相国寺では、画僧たちが将軍家の御用絵師になっていっ...

  7. 天井に龍が舞う - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    天井に龍が舞う

    禅寺を訪ねる楽しみは、襖絵や天井画をみるのが楽しみのひとつである。ここ相国寺法堂にも狩野光信が画いた龍がある。龍は仏教を守護する八部衆の一つで龍衆といわれ、禅寺の本山の多くでは、法堂(はっとう)の天井に龍が画かれている。京都では、妙心寺、大徳寺は狩野探幽、相国寺は狩野光信など名刹が画き、そして最近では、小泉淳作が画いた建仁寺の天井画は円相ではないが、天井全面に双龍が舞っている。相国寺の天井画...

  8. ほんのりと春の香 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    ほんのりと春の香

    小雪が舞う京の街。 川沿いに、山里に、そして境内にいち早く咲く梅の花。色を愛でるのもよかろうと近づけば、ほんのりと春の香りに包まれる。 相國寺 温もり香る 四方の梅

  9. 静寂の中に、息遣いが聞こえてくる - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    静寂の中に、息遣いが聞こえてくる

    大きい寺院を訪ねると、なぜか境内を歩き廻わる習慣がついている。 ここ相国寺も境内は広い。臨済宗相国寺派本山とあって塔頭が多く、修行場を含む専門道場のような建物も随所にある。 そんななかで、気になるものが目に入る。 法堂への渡廊下の反り上がる屋根、モノクロームの壁面、修行道場の門、手水、鐘楼、そして衰えた老木等々が静寂のなかに浮かび上がってくる。

  10. 相国寺 -塔頭・林光院(再訪)- - MEMORY OF KYOTOLIFE

    相国寺 -塔頭・林光院(再訪)-

    再び林光院へ。

  11. 京の特別公開へ - モルゲンロート

    京の特別公開へ

    京都へ行ってきました。1~3月の期間限定で通常非公開の文化財が特別公開されていて、それを観に。東福寺へ。東福寺は紅葉の名所ですが、いまはまだ枯れ木ばかり。梅だけは満開です。その東福寺の禅堂が特別公開されています。参禅の場としては現存最古最大の建物だそうです。(屋内は撮影禁止なので、写真はネットより。以下同じ。)同、経蔵。聖一国師が宋から持ち帰ったものを含め、1000余りの経典を納めた八角形の...

  12. 御所北面界隈散歩 - Turfに魅せられて・・・(写真紀行)

    御所北面界隈散歩

    京都二日目も、天神さんの近く御所北面を散策することに。この日もバスの1日乗車券(500円也)を購入しました。宿泊ホテルの裏手、京都神田明神(平将門晒首の地)脇の京都でも古い町屋。賀茂川と高野川の合流点近く、下賀茂神社の南に位置する旧三井家下鴨別邸(重要文化財)です。この時期だけ2,3階が公開されています。1925年、移築なども含め建築されたものです。3階の望楼からは東山の絶景を望むことができ...

  13. 相国寺 -山外塔頭鹿苑寺、慈照寺- - MEMORY OF KYOTOLIFE

    相国寺 -山外塔頭鹿苑寺、慈照寺-

    相国寺の山外塔頭・鹿苑寺と慈照寺。(2018年1月27日訪問)

  14. 相国寺 -山外塔頭・真如寺- - MEMORY OF KYOTOLIFE

    相国寺 -山外塔頭・真如寺-

    相国寺の山外塔頭・真如寺。(2016年2月27日訪問)

  15. 相国寺 -塔頭・豊光寺- - MEMORY OF KYOTOLIFE

    相国寺 -塔頭・豊光寺-

    明治期の傑僧ゆかりの寺、豊光寺。(2018年1月28日訪問)

  16. 相国寺 -塔頭・林光院- - MEMORY OF KYOTOLIFE

    相国寺 -塔頭・林光院-

    鶯宿梅の咲く 薩摩藩ゆかりの寺、林光院。(2018年1月27日訪問)

  17. 相国寺 -塔頭・養源院- - MEMORY OF KYOTOLIFE

    相国寺 -塔頭・養源院-

    近衛家 「桜御所」の遺構が残る養源院。(2016年2月27日訪問)

  18. 相国寺 -塔頭・長得院- - MEMORY OF KYOTOLIFE

    相国寺 -塔頭・長得院-

    足利5代将軍義量の菩提寺。(2016年2月27日訪問)

  19. 相国寺 -塔頭・慈照院(後編)- - MEMORY OF KYOTOLIFE

    相国寺 -塔頭・慈照院(後編)-

    慈照院庭園

  20. 猫じゃなかった、虎でした~ 相国寺 林光院 メガネのノハラ 京都ファミリー店 - メガネのノハラ 京都ファミリー店 staffblog@nohara

    猫じゃなかった、虎でした~ 相国寺 林光院 メガネのノ...

    いつもブログをご覧くださいましてありがとうございます。。。今年の京の冬の旅は、明治維新や、大河の主人公 西郷隆盛ゆかりの寺院が公開されています。その中でも推しの相国寺塔頭 林光院にいってきました~~。駅のポスターやパンフレットの表紙にもなっている、この襖絵↑↑↑一見猫のように見えますが、じつは虎なんです。※猫虎というそうです。書院には、竜虎や松などの伝統的な題材が現代風にアレンジした水墨画の...

総件数:29 件

似ているタグ