相澤冬樹のタグまとめ

相澤冬樹」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには相澤冬樹に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「相澤冬樹」タグの記事(15)

  1. 狙いは真相解明 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    狙いは真相解明

    本日の朝日新聞1面トップ記事は、森友事件で自殺した近畿財務局の職員の妻が起こした裁判のニュースとその原告の思いをつづった記事である。見出しは「森友公文書改ざん国賠訴訟あすから「僕がやらされた」死の数日前に告白近畿財務局職員の妻明かす佐川氏どう関与」である。森友事件をいち早く記事にした朝日新聞らしい良い記事である。そして大阪日日新聞。相澤冬樹記者はこの妻に早くから寄り添って信頼を勝ち得るととも...

  2. 安倍首相の「森友事件潰し!」 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    安倍首相の「森友事件潰し!」

    14日午後6時より、安倍首相が新型コロナウィルス緊急事態宣言に関し記者会見を行った。左右を見渡し堂々たる話しぶりだが、実際はその左右にプロンプターが設置されていることを多くの人は知っている。それゆえ、質問者の回答には目線を手元に置いている。まあ、それは毎度のことであるが、驚いたのはこれだけツイッター上で反対の声が巻き起こっている「検察庁法案」についての質問が出たときである。安倍首相は「あのう...

  3. まだまだ続く森友追及! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    まだまだ続く森友追及!

    このところ毎週木曜日は、週刊文春と大阪日日新聞がタイアップして、相澤冬樹記者の森友追及記事が定番となっている。本日は、森友事件の公文書改ざんにより命を絶った財務省近畿財務局職員赤木俊夫氏のお連れ合いが初めて本名を名乗るとともに、真相解明を求めて安倍昭恵夫人に手紙を出し、安倍首相が再調査に応じるよう説得を求めている、という記事である。安倍首相夫妻は否定しているが、森友学園と安倍夫妻の「関係」は...

  4. 上司は全員、異例の出世! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    上司は全員、異例の出世!

    表題は週刊文春最新号「森友砲」のタイトルである。執筆者は相澤冬樹氏。5週連続の文春砲である。森友事件で、安倍首相夫妻を守ったものが異例の出世を遂げていることはよく知られている。佐川宣寿、迫田秀典、谷査恵子、中村稔、太田充、山本真千子などなど彼らは有名人物であり、余りに露骨な人事である。文春の相澤氏の記事は、そういう中央の人事だけではないということである。記事は、森友学園への国有地値引き売却を...

  5. 死を賭した訴えに再調査を! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    死を賭した訴えに再調査を!

    28日に放映されたMBS系テレビ「報道特集」がいい。番組冒頭にキャスター金平茂紀氏は次のように言う。「オリンピックはなぜ一年延期なんでしょうか。またオリンピック延期が決まると何故新型コロナ感染者の数が一気に日本では増えたのでしょうか? 森友事件で自殺者が新事実を残していたのに何故再調査しないのでしょうか?」この言葉が全ての核心だろう…。番組は提訴した赤木俊夫さんの妻の取材や赤木氏の部屋の様子...

  6. 立ち読みから「文春」を購入 - デジの目

    立ち読みから「文春」を購入

    3/18に引き続き文春4月2日号を購入しました。▼先週号に引き続き相澤冬樹氏の執筆に魅せられた事もあります。相澤冬樹の執筆記事と経歴 でも分かりますが氏自身も司法キャップとして森友問題の核心をつく報道をするもNHK上層部から下ろされ退職。その後、大阪日日新聞の記者になり、系列会社の日本海新聞の論説委員もしており、その主張には私の故郷でもファンは多いようです。文春の先週号では、赤木さんが当時勤...

  7. 文春砲!森友第二弾! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    文春砲!森友第二弾!

    木村真森友国有地情報開示訴訟に始まった森友報道において、当初から熱心に取材・報道して頂いたのが相澤冬樹氏(元NHK・現大阪日日新聞記者)であった。その彼が、先週に引き続き週刊文春最新号(2020・4・2号)に森友事件の8億円値引きの疑問についてスクープしている。26日の大阪日日新聞にも報じられているが、その内容は2019年3月9日のことである。近畿財務局の池田靖統括国有地財産管理官(当時)が...

  8. ジャーナリストのプライド - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    ジャーナリストのプライド

    本日(24日)宅配されてきた『サンデー毎日』最新号(4月5日号)の青木理氏連載エッセイ「抵抗の拠点から」は「執念のスクープ」として相澤冬樹氏の週刊文春記事を取り上げている。冒頭、メディアの悪習として、ライバルメディアのスクープ手柄にはどこか冷淡な態度をとりがちとした上で、しかしこの「森友自殺財務省職員記事」については、主要メディアも追随した「文句のつけようがないスクープ」としている。青木氏の...

  9. 安倍、麻生は再調査「される」立場。森友再調査「しない」のはダメ&手記と事実で悪事が浮かぶ - 日本がアブナイ!

    安倍、麻生は再調査「される」立場。森友再調査「しない」...

    頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)o新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談電話番号0120-565653(フリーダイヤル)受付時間9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m...

  10. 文春砲!森友爆弾! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    文春砲!森友爆弾!

    <もり・かけ・さくら・定年延長>と法律無視が続くがその初っ端が森友事件である。木村真森友国有地情報開示訴訟に始まった森友報道において当初から熱心に取材・報道した頂いたのが相澤冬樹氏(元NHK・現大阪日日新聞記者)であった。その彼が、週刊文春最新号(2020・3・26号)に森友事件の公文書改ざん事件の真実をスクープしている。相澤氏ならではの見事な記事である。2018年3月7日、近畿財務局職員A...

  11. 安倍マイレージシステム! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    安倍マイレージシステム!

    昨日、北区民センタ-で行われた、「社会を変える!を考える。〜政治から日本の歴史と未来を読む〜」と題して行われた東京新聞記者・望月衣塑子氏、思想家・内田樹氏、大阪日日新聞記者・相澤冬樹氏3氏のディスカッションに参加する。主催者は隆祥館書店(二村知子代表)とKKベストセラ-ズ。『「安倍晋三」大研究』(望月衣塑子&特別取材班/著)の出版記念でもある。望月氏のいつもながらにマシンガントークで、安倍氏...

  12. 望月衣塑子氏、来たる! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    望月衣塑子氏、来たる!

    「繰り返し」の質問だとして、さらなる質問を遮ようとした菅官房長官に対して「答えになっていないから繰り返し聞いているんです!」と反論した!その記者を覚えているだろう。安倍政権が今、もっとも嫌がるジャーナリスト。つまり真のジャーナリスト、望月衣塑子氏の登場である。その望月衣塑子氏がこの5月に、『「安倍晋三」大研究』を刊行した。それを記念して出版社KKベストセラーズと隆祥館書店(二村知子社長)の共...

  13. 今だから語りたい!森友問題の真実 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    今だから語りたい!森友問題の真実

    昨日(2月2日)表題のタイトルの集会が「アクア文化ホール」で開催された。会場は超満員の約550人参加。森友問題の幕引きを許さないという市民の思いが会場を溢れさせたのであろう。今だから話せる内容は何か。第一部山本いっとく氏との対談に登場した近畿財務局元職員(伊藤邦夫氏と喜多徹信氏)は①そもそも先例を大事にする財務局が(豊中市への売却値、音大に7億では安いとこととの整合性から)この値段での売却は...

  14. 相澤冬樹記者に応援を! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    相澤冬樹記者に応援を!

    相澤さんは、元NHK記者で、私が木村真豊中市議の代理人として提訴した森友事件を熱心に取材し、報道してくれた記者である。2017年2月8日の提訴後、マスコミ報道が過熱し、木村市議への問い合わせが殺到した。そのため週末木村市議への連絡が取れなくなったときも、相澤さんは、代理人たる私に電話してきて「当事者木村さんの声を聴きたい」と連絡を求めてきたのである。取材の原則を貫く人だといえる。その相澤さん...

  15. 2月、森友事件の追及へ - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    2月、森友事件の追及へ

    改めて言うまでもありませんが、森友事件は大変深刻な事件です。国民の財産たる国有地を、約8億円の激安値引きして、右翼の学校に売られました。値引きの理由はありませんし、値引き交渉を記録した文書は後に改ざんされました。そして悲しいことに、改ざんにあたった近畿財務局の職員は自殺し、さらに値引き交渉した職員はこの件で精神疾患を発症しました。考えれば、公務員が勝手に、激安値引きを行い、文書改ざんするとは...

総件数:15 件

似ているタグ