相続のタグまとめ

相続」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには相続に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「相続」タグの記事(47)

  1. 相続登記はお早めに・・・ - 司法書士 行政書士 今野智喜

    相続登記はお早めに・・・

    土地の価格が高い土地は「さっさと相続登記しなきゃ!」とみなさん思うのですが、山林・原野・雑種地・農地といった土地ですと、土地の価格より司法書士に頼む手数料の方が高い!となってしまうこともあり、相続登記をしないことも多いようです。たしかに、相続(贈与も売買もそうですが)による所有権移転の登記(いわゆる名義変更)は、義務ではありません。売買はお金が動きますので、義務でないとはいえ、登記しないと心...

  2. 選択を誤ると?! - news

    選択を誤ると?!

    選択を誤ると逆効果!?「生命保険」を活用した相続対策の注意点

  3. 小説・人生 - 日本エレガンスクラブ

    小説・人生

    2020年の今頃どうしているんですか?2021年の今頃どうしているんですか?2022年の今頃どうしているんですか?

  4. 長男夫婦2 - ズボラなアラフィフ主婦のひとり事・・・

    長男夫婦2

    今日も、義理実家の件で夫と話し合ってしまいました^^;いつまで言ってるねん?っと突っ込まれそうですが。いや~、うちの実家が介護、財産でもめにもめたので・・・やっぱりこの事は、両親がまだ健康なうちに話しておくべきだよ。うちの実家を教訓にしないとね。となりました。やっと夫も「一度言っておくべだね。釘刺しておかないと」と言ったけど、怪しい親や兄弟が介護、財産の件では、面倒くさいけど話し合うこと、意...

  5. 八戸市 で 司法書士・行政書士をやっております。 - 司法書士 行政書士 今野智喜

    八戸市 で 司法書士・行政書士をやっております。

    表示されている広告は当事務所と一切関係がございません。運営会社が独自に載せている広告でございます。無料ブログを使っておりますので、広告が出ておりますが、ご了承ください。青森県八戸市にある「たいよう総合事務所」の中で認定司法書士・行政書士をしております。弁護士や税理士など他士業との共同事務所です。相続登記、裁判手続、債務整理などのこと、あるいは「どこに何を聞いて良いかわからない」という方もお気...

  6. 遺言 相続についてまとめてみました / 青森 八戸 - 行政書士 司法書士 今野智喜

    遺言 相続についてまとめてみました / 青森 八戸

    このブログは移転しました。青森県八戸市にある「たいよう総合事務所」の中で司法書士・行政書士をしております今野と申します。弁護士や税理士など他士業との共同事務所です。司法書士や行政書士の業務範囲でない場合は共同している他の士業者にバトンタッチできます。★お問い合わせ&ご相談予約方法★お電話の場合は、「こんの」あてに「相談希望」とおっしゃってください。たいよう総合事務所0178-45-3389メ...

  7. 葬式のレール⑼相続 - 鯵庵の京都事情

    葬式のレール⑼相続

    いつものことながら暇つぶしにテレビを見ていた相続に関する法律がちょっと変わって、引き続き「終活」という話題になった円満な相続のことを考えるならば人並みに・・就活をしておけというのだ一は預金のありかと額(遺産のこと)二は誰が介護をするかということ三は葬儀の仕方のこと、あえて追加すれば誰まで呼べばいいかということ自分の仕舞いを子供たちと決めておくことこそトラブルを防ぐ方法だとのたまう訳であるうっ...

  8. ルール - doppler

    ルール

    最後の入院時まで放さなかった親父の時計高価なモノではないが今となっては形見で日付が一週間も遅れていた時計通りであればあと一週間は会えたのに

  9. 墓じまい、お墓の引越し、永代供養なら - 麹町行政法務事務所

    墓じまい、お墓の引越し、永代供養なら

    約3か月ぶりの代表者です。相続関連の業務を行っていると約半数の方からお墓問題の相談を受けます。ここ最近は、墓じまいや、お墓の引越し(改葬)、お子様がいない為にお墓を守ってもらえないなど(永代供養)の相談が増えてきています。中でも特に多いのが先祖代々のお墓は地元(地方)にあって遠くて何年もお墓参りに行けていない、親族もいなくなって管理が難しくなったという相談です。あとは、お寺に管理してもらって...

  10. 家族が一番知らない/吾亦紅⒅ - 鯵庵の京都事情

    家族が一番知らない/吾亦紅⒅

    故人が生きていたということは理解できるでも、そもそも、家族こそが一番故人のことを知っていないそれを知っている人の話を聞くなら、それはそれで人を偲ぶことは出来るひょっといたらお通夜の意味はそんなところにあったのかもしれないそれでも人の一生は長すぎる10年も20年も病気してたら、おかしくなって家族に迷惑かけたことだけ人しか思い出せないとても皆が言うほど厳しかった人とはとても思えない・・なんてこと...

  11. 渡る世間に鬼もいる/吾亦紅⒄ - 鯵庵の京都事情

    渡る世間に鬼もいる/吾亦紅⒄

    昔テレビドラマで「渡る世間は鬼ばかり」というのがあった視聴率が高かったテレビドラマは「〇〇日曜劇場」や「男はつらいよ」のように人情の機微を優しく表現するものとばかり思っていたからびっくりした確かに出演者(役柄)が皆鬼だった全員が思ってることをストレートに遠慮なく語るのだ皆が心の底に何もためずに感情を出しまくるのだこのドラマが嫌いだった人の気持ちが分かるこれが自分の家族から出た言葉だったら・・...

  12. 相続税法が変わるらしいが - ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪

    相続税法が変わるらしいが

    旦那が死んだらどうなるのかなーといつも心配。できれば、相続税の大変さを味わいたくないから、旦那より先に死にたいといつも思っている。夫が死んだ後、相続で、住んでいる家を追い出される奥さんが多いので、相続税法を変えるらしいのだが、ここまで社会問題になってやっと変えようという動きが出るのですね。ほとんど封建時代の価値観そのまんまの相続税。子供たちが老後の親の面倒を見るのは、法律ではなくて、あくまで...

  13. 生命保険という手もある/吾亦紅⒃ - 鯵庵の京都事情

    生命保険という手もある/吾亦紅⒃

    保険と言えば生命保険がある保険金は相続の対象外である親の遺産を当てにするのなら、親に生命保険をかけておくのが一番確実だろう後ろめたい気がするならやめとけばいい親の了解でなおかつ多額の掛け金を自分で払うなら問題はない何も残してやれるものがないので、と言って自分の好きな者を受取人にするテレビコマーシャルが盛んにおこなわれている生命保険の効用が広がっていると認識すべきだ"幾つになっても入...

  14. 嫁が来ない?/吾亦紅⑿ - 鯵庵の京都事情

    嫁が来ない?/吾亦紅⑿

    家内の友人が来ていた話が佳境に入った頃に小生が帰ってきて一緒にビールを飲むことになった再婚したいという理由は・・嫁が来ないという嫁が来ない?男の話ではない相手はというと、これからだという何だ・・離婚してから独り暮らしが3年になると言う子供も孫もあっちへついてしまった、と言う「あっちへつくならもう来なくていい」と息子に言うたら嫁が来ないそして息子も孫も来なくなったと言う罪なく家を出たのに子供た...

  15. 家族は大きい方がいい(吾亦紅⑾) - 鯵庵の京都事情

    家族は大きい方がいい(吾亦紅⑾)

    新しい家族を作ろうとした我ら世代は結局は家族を壊してしまったのではないだろうか家族は本来の最小単位だが家族は最大の群れだった家族が皆一緒に暮らせることが一番の幸せである原始の時代からの本能の一つだろうだが実際はそうでなかったこともまた多い社会生活を行うにつれ家族の単位は小さくなっていく人間に仕事の歴史はもはや3千年になる家族を守っていくのは男の仕事だった守るために戦う為に仕方なく離れ離れにな...

  16. 息子の違算も遺産になる/吾亦紅⑽ - 鯵庵の京都事情

    息子の違算も遺産になる/吾亦紅⑽

    我らサラリーマン、何もないところからやっと家一軒持てるようになった家族はあったが、今は子供たちが同じように自分の家をこしらえている小生はツバメ派であるツバメはオスメス共同で巣作りすることで番になるどちらかに事故がない限り添い遂げる代々同じことをしていると思えばいい小生は今は年金もあるがアルバイトの仕事もある70歳を過ぎても働いてる人の方が多いし、尊敬できる今となってはである親の面倒を十分見る...

  17. 肉食動物の悲しさ・相続の味/吾亦紅⑼ - 鯵庵の京都事情

    肉食動物の悲しさ・相続の味/吾亦紅⑼

    人は腹を減らしているときはただの肉食動物だテレビの相続話に戻る死んだ妹の子には死んだ妹の亭主がいるその亭主の稼ぎを補うことでもあるし、も一度母親のなくなった時に同じことが起きる思えば、息子にも妻がおり、娘には夫もいる、それぞれに不都合な子がいたりするそんな中で、残された母親の面倒を見ることでまたもめるだろういい顔していたら間違いなくそれが負担になってくるいい顔しなくとも取り分が変わらないのな...

  18. 遺言か遺書か/吾亦紅⑻ - 鯵庵の京都事情

    遺言か遺書か/吾亦紅⑻

    遺言はあくまでも法律によって定められた方式に従っていなければならない普通は「普通遺言」である自筆で書く遺言と公正証書で書く遺言がある公正証書は公証人という厳格な人が証人になってくれる公証人役場というものを知っておく必要はある自筆の遺言状が出てきたからといって開封してはならないそのまま、家庭裁判所に持って行って預けて現認を受けなければ無効になるただ、公正証書なら現認は必要ない、開封しても有効で...

  19. 相続は相続者の権利と思うのは誤解である/吾亦紅⑺ - 鯵庵の京都事情

    相続は相続者の権利と思うのは誤解である/吾亦紅⑺

    相続は相続者(子供ら)の権利だと誤解している人が多い私有財産は財産所有者の意図があって初めて人に譲ることが出来るその第一が略取で、第二が詐欺で、第三が売買で、第四が贈与である第五があれば相続ということになるこれだけが血縁関係を要件として譲渡されることになるしかし、血縁関係?のないのが配偶者である配偶者に関して結えば財産は二人で作られたものであるからだ子に関していえば、子に残してやれるものにし...

  20. 相続は跡取りである/吾亦紅⑹ - 鯵庵の京都事情

    相続は跡取りである/吾亦紅⑹

    相続とは本来子供であるが、なおさらに不動産があると分割の方法でもめることが多くなる特に、都会ではローンの済んだ家が残ることになる親の代もしくは自分が、都市に出てきて一軒の家を確保することは並大抵でなかった退職金や年金の蓄えは老後期間が長くなると底をついている家が残っておれば人並み以上に暮らせたことになる住んでいる限り自分の家には財産価値がないのに等しいだが、都市では土地やマンションの評価は確...

総件数:47 件

似ているタグ