真空管のタグまとめ

真空管」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには真空管に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「真空管」タグの記事(435)

  1. 他流試合から学ぶこと - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    他流試合から学ぶこと

    今日はエレキットTU-8500を組み立てる機会を頂きました。多機能でコスト高いパフォーマンスが魅力の真空管プリアンプキットです。姉妹機TU-8200Rsvだけでなく汎用プリとして十分なパフォーマンスを秘めたTU-8500。この価格でMM/MC対応のフォノEQ内蔵というから驚きです。エレキットならではの一枚基板+高密度実装。私どものオール手配線のキットとはモノづくりの考え方そのものが異なります...

  2. 雄大な低域と爽やかな高域! Arizona Cap.が登場します - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    雄大な低域と爽やかな高域! Arizona Cap.が...

    JENSENコンデンサーの製造終了が明らかとなって最大の懸案事項は後継指定銘柄を何にするかでありました。カップリングコンデンサーは真空管アンプの音質の要の一つ。ベクトルを誤ると折角の真空管アンプの個性が活かされないばかりかマイナスに効いてしまうことすらあるキーパーツです。今年に入って20種類程度のサンプルを購入し、アンプに実装して音質の確認を繰り返してきました。一般にプリアンプはリニアリティ...

  3. 消えつつあるもう一つの灯 - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    消えつつあるもう一つの灯

    一昨日アップしたBrimar 12AU7ですが二日間で全在庫の1/3近い受注があり、測定(選別)が追い付いていない状況です。大変申し訳ありませんが、お待ちの皆さんにおかれましては今しばらくご猶予をお願いいたします。既に今日音を聴いて下さってレポートをお寄せ下さる方々も。一例ですがSさんから戴いたメール。Sさん仰る通りBrimarチューブの最大の特徴は透明感と聴感上のSN感の良さということにな...

  4. 雨の週末 - pottering

    雨の週末

    今日も明日も雨です。一日中部屋にいました。

  5. 比類なき透明感! Brimar 12AU7 - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    比類なき透明感! Brimar 12AU7

    先日第一報をお伝えしたBrimar 12AU7が入荷し電気的,音質的評価が終わりました。数ある12AU7系真空管のなかでもトップクラスの音質です。こうやって見ると何の変哲もない双三極管でMADE IN ENGLANDのプリント以外に目立つところはないように見えます。しかし…左からJJ ECC82(梅), Gold LionECC82(竹), Brimar 12AU7(松)注目頂きたいのは管内...

  6. youtube新規アップ!”使いこなしの第二ステップへ!真空管プリ比較試聴一本勝負” - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    youtube新規アップ!”使いこなしの第二ステップへ...

    久しぶりのブログアップはYouTubeの新規アップのお知らせです。タイトルは「使いこなしの第二ステップへ!真空管プリ比較試聴一本勝負」(2019/9/20オンエア)です。参考エントリーはこちら(後半部分)

  7. 違った景色 - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    違った景色

    私たち一人ひとりの生活や、経済におけるサプライチェーンのあり様などが劇的に変わってきたのは3月終わり頃から。あれからもう二ヶ月半と言うのか、まだ二ヶ月半と言うべきなのか…今まで当たり前だったことが当たり前でなくなり、人が出来るだけ動かなくなる時代になろうとしているのは間違いなさそうです。私どもの仕事は元々多くのトランザクションがネットワーク上で行われていたため外見上それほどの差異はありません...

  8. バーチャル試聴室体験第三弾はヴィンテージスピーカー体験 - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    バーチャル試聴室体験第三弾はヴィンテージスピーカー体験

    先日のエントリー第でご紹介した”バーチャル試聴室体験”ですが、今日は第一回シングルアンプ編(7/10オンエア), 第二回プッシュプルアンプ編(7/24オンエア)に続く第三弾(8/7オンエア)の自前収録をやっています。第三弾のアンプはSV-EQ1616D(松セット), SV-Pre1616D(松セット), SV-P1616D/KT150, SV-P1616D/300B。これで何をやろうかという...

  9. CV4003の終了、そして次のタマは? - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    CV4003の終了、そして次のタマは?

    SV-192PROが入荷して現在出荷の真っ最中。私は標準球からスペシャル球への差替えならびに調整,検査に勤しんでいるところです。通常はメーカーでやる工程を社内でやる理由が実はあるのです。ついにMullard CV4003が終わってしまい、ご希望のお客さんから手持ち球を支給頂いて私どもで入替,調整をやっているという訳です。元々はSV-192PRO最終ロットは標準バージョン(JJ ECC82)と...

  10. 別冊ステレオサウンド「300B book」 - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    別冊ステレオサウンド「300B book」

    300Bの全てがこの一冊に!というムックが刊行されました。掲載許可:管球王国編集部「Stereo Sound ONLINE」より転載数あるオーディオ用出力管のなかで音質的に優れていると言われる直熱三極管。とりわけ人気の高い300Bの存在を知らないオーディオファイルはいないと思いますが、その開発の経緯や1930年代以降どのようなアンプで使われて来たか迄を熟知している方は多くないでしょう。さらに...

  11. SV-192PRO最終ロット 現品枠の受付について - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    SV-192PRO最終ロット 現品枠の受付について

    3月に予約枠が即完売になったSV-192PRO(最終ロット)の入荷日が5/27(水)に決定しました。参考エントリー「或る極致」 すでに予約済の皆さんには担当から一斉メールが飛んでいる筈ですが、もし未着の方がいらっしゃいましたらご一報ください。今回全製造台数のうち半数強を予約枠とし、予約受付を事前にご存じなかったという方への現品枠を今回初めて確保しました。ただ予約受付完了後のお問い合わせの多さ...

  12. 黄金の獅子 KT66 - Kansafu on My Mind

    黄金の獅子 KT66

    整流管を交換したときより音の変化は少ないが、やや明るめの躍動感のある響き。耳が疲れるのは大嫌いだが、これはそのようなことはない。歌謡曲もジャズもクラシックもじっくり聞きこんでみよう。んだらば(@^^)/~~~

  13. バーチャル試聴室体験はいかが? - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    バーチャル試聴室体験はいかが?

    MUSIC BIRDの収録をリモートで行う旨プロデューサーから連絡が入ってもうじき一ヶ月。あれから他の番組のパーソナリティの皆さんの状況を伺ったところ、ZOOMで録るという人もいれば、ナレーションは宅録して音源は局でパンチインするという人もいれば、完パケを自分で作って局へデータで送る人もいて実に様々。皆さんそれぞれに工夫を凝らしてマイクは何が良さそうだとか、ゲストを入れて遠隔でトークする場合...

  14. YouTube再開第二弾はメガトン級 - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    YouTube再開第二弾はメガトン級

    先日のエントリーで休み中に3~4本動画アップしたいと書いたところ、”だったら是非これを!”とリクエスト頂いたのがこれ。お宝テストプレス盤 一本勝負(ロック編)MUSIC BIRDで足掛け5,6年パーソナリティをさせて頂いてきた中でも5本の指に入る神回の一つと言えるかもしれません。いつもと一緒で音源部分はほぼカット、コメントも間引きした結果元の尺の半分以下になっていますが、雰囲気は十分味わって...

  15. ヘルメースときこり(金の斧 銀の斧) - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    ヘルメースときこり(金の斧 銀の斧)

    皆さん、Stay Home週間をいかがお過ごしでしょうか?今年はこのタイミングでキット製作されている方が相当多くサポートも大変でしたが少しはお役に立てたのではないかと思っています。元々キット製作はリモートワークで製品の性格上、間違いや勘違いを100%無くすことは不可能です。気を付けていても一旦思い込んでしまうと自らの過ちになかなか気づけないのは私自身も同じです。この仕事を続けるためのたった一...

  16. 蘇る'50年代日電整流管 5R4GY - Kansafu on My Mind

    蘇る'50年代日電整流管 5R4GY

    約1年ほどで整流管の寿命が来るように思う。時間にして1000~1500時間くらいだろうか。特に問題になるのがエミッション低下で出力管等はなだらかに減衰していくのに対して、整流管は加速度的に収束に向かうことだ。整流管がダウンすると他の真空菅や部品を痛めてしまう非常に危険な状態になる。なので、代替え球を常備しておくのは必須の事であるし、真空菅ファンとしては良質な球を探すのは面白い所でもある。普通...

  17. YouTubeで会いましょう! - オーディオ万華鏡(SUNVALLEY audio公式ブログ)

    YouTubeで会いましょう!

    4/29~5/5まで業務がお休みになることもあり、今日は最後の追い込みで受注も発送も技術も大忙し。今年は家で過ごす方が例年の4~5倍に上るとも言われています。楽しみに待っておられる方も多い筈ですのでギリギリまで頑張りました。発送前点検中のSV-91B/PSVANE WE仕様(オールJENSEN)メインテナンス中のLM91A期間中は試聴室も時節柄「密」を避けてお休みですので、私はといえば皆さん...

  18. ST管な6SN7 - Kansafu on My Mind

    ST管な6SN7

    電圧増幅管でPSVANE 6SN7を購入した。尼存のNobsound(JP)という販売店からマッチドペアということで諭吉×1枚ほどでの購入。中国から二週間ほどで届いた。それにしても、箱がでかい。これ本当に6SN7の箱なのか?と思い、開封してビックリ。右側が、米国SYLVANIA社製のGT管6SN7。で、左が届いたPSVANE社製のST管6SN7。でかい。買った理由は電圧増幅管には珍しい「ST...

  19. 真空管プリアンプの効果 - Kansafu on My Mind

    真空管プリアンプの効果

    真空管プリメインアンプ直結でも十分に楽しめるのだが、真空管プリアンプを追加すると更に音の瑞々しさや音場が拡がり広いダイナミックレンジを感じる。ボリュームは音量を上げるための機構ではなく、アンプに入力される電圧を調節するためのアッテネータである。つまりボリュームを絞った状態で聞くという事は、入力信号に抵抗が直列的に存在する事になる。プリアンプを追加するという事は、アッテネータが2つになるので、...

  20. ELLA FITZGERALD At The Opera House ( mono ) - Kansafu on My Mind

    ELLA FITZGERALD At The Oper...

    どこにも出かけずに、レコード三昧。モノラル再生システムが欲しくなる。んだらば(@^^)/~~~

総件数:435 件

似ているタグ