真鍋大覚のタグまとめ

真鍋大覚」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには真鍋大覚に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「真鍋大覚」タグの記事(4)

  1. 「三星堆のイ族」と「一目国のイ族」は同じか - ひもろぎ逍遥

    「三星堆のイ族」と「一目国のイ族」は同じか

    「三星堆のイ族」と「一目国のイ族」は同じか 賀茂氏は日本の開拓者で、刀剣より、百姓の鋤鍬の生産を主としていたという。蹈鞴の名人で北方系の胡人だった。火を見る時、目を守るために片目を閉じる事から、隻眼一目(せきがんひとつまなこ)の神として倭人の間で崇められた、と真鍋は言う。その目は緑色。その祖国である一目国が中国の北方にあったという。中国最古の地理書といわれる『山海経』(せんがいきょう)にその...

  2. 阿志岐山山名考 アテラ 宮地岳 アシキ 天山 - ひもろぎ逍遥

    阿志岐山山名考 アテラ 宮地岳 アシキ 天山

    阿志岐山 山名考 アテラ 宮地岳 アシキ 天山筑紫野市の阿志岐山(339m)の山名には複数の名称があります。アテラ山、宮地岳、阿志岐山、天山です。その由来について、過去記事をリンクしておきます。直接に由来を書いている訳ではありませんが、その説明を含んでいます。(1)アテラ(左手等)山朝倉の麻氐良山(右手等)に対応して「左手にある山」という意味。高良山から見れば左右が該当する。麻氐良と阿氐良(...

  3. 第17回 歴史カフェ 2月11日のご案内「 賀茂氏」 - ひもろぎ逍遥

    第17回 歴史カフェ 2月11日のご案内「 賀茂氏」

    第17回 歴史カフェ 2月11日 のご案内 「賀茂氏」2018年最初の歴史カフェのご案内です。第17回は、真鍋が「日本の開拓者」という「賀茂氏」について、北部九州の神社と寺の由緒から全体像を描いていきます。ネットで賀茂氏を検索すると京都以降の事は書かれていますが、その前の姿が見えてきません。賀茂氏は神武天皇以来八咫烏(ヤタガラス)として天皇家を支えた一族で、三女神の一人が大己貴との間に生んだ...

  4. 真鍋ノート 魏志倭人伝「生口」とは海士・海女のことなり - ひもろぎ逍遥

    真鍋ノート 魏志倭人伝「生口」とは海士・海女のことなり

    真鍋ノート 魏志倭人伝「生口」とは海士・海女のことなり魏志倭人伝に「男女生口三十人を献上す。」とあり、「生口」の意味は奴隷など、さまざまに訳されますが、真鍋は海士・海女のことであると伝えています。海産物を不老長寿の薬として珍重したので、それを採る熟練士を献上したという意味になります。中国大陸の都は海から離れた所にあるので、海藻やウニ、アワビなどは特に珍重されたのでしょうね。「生口」は「ま...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ