真鍋大覚のタグまとめ

真鍋大覚」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには真鍋大覚に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「真鍋大覚」タグの記事(15)

  1. 「三星堆のイ族」と「一目国のイ族」は同じか - ひもろぎ逍遥

    「三星堆のイ族」と「一目国のイ族」は同じか

    「三星堆のイ族」と「一目国のイ族」は同じか 賀茂氏は日本の開拓者で、刀剣より、百姓の鋤鍬の生産を主としていたという。蹈鞴の名人で北方系の胡人だった。火を見る時、目を守るために片目を閉じる事から、隻眼一目(せきがんひとつまなこ)の神として倭人の間で崇められた、と真鍋は言う。その目は緑色。その祖国である一目国が中国の北方にあったという。中国最古の地理書といわれる『山海経』(せんがいきょう)にその...

  2. 阿志岐山山名考 アテラ 宮地岳 アシキ 天山 - ひもろぎ逍遥

    阿志岐山山名考 アテラ 宮地岳 アシキ 天山

    阿志岐山 山名考 アテラ 宮地岳 アシキ 天山筑紫野市の阿志岐山(339m)の山名には複数の名称があります。アテラ山、宮地岳、阿志岐山、天山です。その由来について、過去記事をリンクしておきます。直接に由来を書いている訳ではありませんが、その説明を含んでいます。(1)アテラ(左手等)山朝倉の麻氐良山(右手等)に対応して「左手にある山」という意味。高良山から見れば左右が該当する。麻氐良と阿氐良(...

  3. 第17回 歴史カフェ 2月11日のご案内「 賀茂氏」 - ひもろぎ逍遥

    第17回 歴史カフェ 2月11日のご案内「 賀茂氏」

    第17回 歴史カフェ 2月11日 のご案内 「賀茂氏」2018年最初の歴史カフェのご案内です。第17回は、真鍋が「日本の開拓者」という「賀茂氏」について、北部九州の神社と寺の由緒から全体像を描いていきます。ネットで賀茂氏を検索すると京都以降の事は書かれていますが、その前の姿が見えてきません。賀茂氏は神武天皇以来八咫烏(ヤタガラス)として天皇家を支えた一族で、三女神の一人が大己貴との間に生んだ...

  4. 真鍋ノート 魏志倭人伝「生口」とは海士・海女のことなり - ひもろぎ逍遥

    真鍋ノート 魏志倭人伝「生口」とは海士・海女のことなり

    真鍋ノート 魏志倭人伝「生口」とは海士・海女のことなり魏志倭人伝に「男女生口三十人を献上す。」とあり、「生口」の意味は奴隷など、さまざまに訳されますが、真鍋は海士・海女のことであると伝えています。海産物を不老長寿の薬として珍重したので、それを採る熟練士を献上したという意味になります。中国大陸の都は海から離れた所にあるので、海藻やウニ、アワビなどは特に珍重されたのでしょうね。「生口」は「ま...

  5. 朝倉の地名に星の名が - ひもろぎ逍遥

    朝倉の地名に星の名が

    朝倉の地名に星の名がいつもの真鍋ノート。戸次星へきのほし杷木星。アルデラミン三並みつなみオリオン。夜須郡夜須村三並。三笠星、三組星。三連(みづら)星。三諸星。三島星。三島。溝くい。朝倉の道の駅に「三並の里」(みなみのさと)があるのですが、「三並」って、オリオンの三ツ星なんですね。「杷木」はケフェウス座のアルデラミンですって。途中に「四三嶋」(しそしま)という信号があるけど、北斗七星だろうなと...

  6. エクセルは楽し - ひもろぎ逍遥

    エクセルは楽し

    真鍋大覚を時々読みますが、面白い話があちこち、バラバラに載っているので、記憶に残りません。そこで、最近は単語メモをエクセルにちょくちょく入力しています。これまでもいくつかノートを作ったのですが、役に立たなかったんです。追加、追加ですからね。で、今頃になって、エクセルの利点に気づいたのでした。今日のメモをランダムに記入して、チチンプイプイ。 並べ替えると、あら不思議。あれとこれとが繋がる、つな...

  7. 16回歴史カフェ「ありなれ川」の準備の仕上げ中 - ひもろぎ逍遥

    16回歴史カフェ「ありなれ川」の準備の仕上げ中

    16回歴史カフェ「ありなれ川」の準備の仕上げ中あと3日後、11月26日の歴史カフェの準備も仕上げの段階になり、今日は「ありなれ川」について、パワーポイントと資料の見直しを進めていました。真鍋は水城の成立に関しては通説の防衛説ではなく、雪解けの洪水を防ぐ堤から発展したものと伝えています。この話一つを検証するために、数年かけて水城に関する講演や現地説明会に出かけました。その数は10回近くになりま...

  8. 真鍋ノート魏志倭人伝2 躬巨国 投馬国 伊都国 耶馬国 好古都国 - ひもろぎ逍遥

    真鍋ノート魏志倭人伝2 躬巨国 投馬国 伊都国 耶馬国...

    真鍋ノート魏志倭人伝2躬巨国 投馬国 伊都国 耶馬国 好古都国さて、真鍋大覚による魏志倭人伝の国々の記事のつづき。躬巨国くしこく 古賀政男の出身地・筑後三潴大川。(宮崎康平説)投馬国とうまこく 天草島。天鳥船の故郷。早良さわら 魏志倭人伝にはない。伊都国いとこく 怡土郡。奴国との境は室見川(早良川)奴国ぬこく 那珂郡。伊都国との境は室見川(早良川)耶馬国やまこく 筑後八女郡。好古都国こことこ...

  9. 真鍋ノート 魏志倭人伝 奴国 不彌国 為吾国 伊邪国 姐奴国 巴里国 - ひもろぎ逍遥

    真鍋ノート 魏志倭人伝 奴国 不彌国 為吾国 伊邪国 ...

    真鍋ノート魏志倭人伝 奴国 不彌国 為吾国 伊邪国 姐奴国 巴里国邪馬台国論争に参加する気持ちはサラサラないが、真鍋大覚の本には各国の場所がちりばめられている。単語帳をエクセルでボチボチと作り始めたところ、真鍋による魏志倭人伝の各国も少しずつリストに挙がってきた。今回は、その国々の中、わずか六国ではあるが、その場所を確認しよう。奴国ぬこく二万戸余り。戸をもって数えた。ありなれ川を挟んで対岸に...

  10. 土蜘蛛 - ひもろぎ逍遥

    土蜘蛛

    真鍋ノート土蜘蛛土蜘蛛といえば田油津姫だ。兄の夏羽も、その祖の神夏磯姫も土蜘蛛ということになる。真鍋は、土蜘蛛は地中海のエトルリア人の子孫、トロヤ人、フェニキア人、更にはペルシャ人を含むという。金工の術に長じた西域出身の異邦人である。「つくみ」とは夜の間も眼光炯々(けいけい)として目を輝かすフクロウ(梟)ミミヅク(木菟)のことをさすが、一方で、鉄を溶かす炉の火口(ほぐち)の形容でもあったとい...

  11. 新月のいざないは - ひもろぎ逍遥

    新月のいざないは

    10月20日は新月でした。なんだか、大きな節目の「新月」だったようですね。今回の「新月」は「新しい体験が始まる」のと、「根気のいること」がセットらしい。わたしもまたまた新しいことを思いついたのですが、さすがに根気が要る(´・ω・`)そういう点では新月の占いは当たっているなあ(;^_^A何を思いついたかというと、「真鍋の本の単語帳を作る」というアイデアです。これまでも何度も単語帳を作りました。...

  12. 歴史とスピリチュアル - ひもろぎ逍遥

    歴史とスピリチュアル

    歴史とスピリチュアル昨夜は床につくなり、来年の講演の概要が浮かんできてびっくりしました。(まだお知らせしていない分です)スピリチュアルの極みである『ガイアの森』を出しながら、今の私は学問のような歴史を書いています。神社を参拝するうちに神話は歴史だったことに次第に気が付いてきました。その神々を祀った人々がいます。その歴史が日本の歴史でもあります。わたしにはこれを学ぶことがとても大切なことでした...

  13. 上大利小水城3 悠紀田・主基田の原型 - ひもろぎ逍遥

    上大利小水城3 悠紀田・主基田の原型

    【真鍋ノート】上大利小水城 3悠紀田・主基田の原型悠紀田・主基田(ゆきでん・すきでん)といえば、大嘗祭の時に卜占される二か所の水田のことだが、真鍋によると、原型は瀦水塘(ちょすいとう)を利用した耕作時代にあるという。すると、瀦水塘とは小水城や水城のことなので、川を堰き止める土塁や下流にあるプールの存在は寒冷な時代の倭人の知恵によるものだったということになる。『儺の国の星 拾遺』p40<天皇即...

  14. 地名の由来 宇陀野 有年野 有智野 内野 宇都野 宇佐野 加茂 - ひもろぎ逍遥

    地名の由来 宇陀野 有年野 有智野 内野 宇都野 宇佐...

    【真鍋ノート】 地名の由来 宇陀野 有年野 有智野 内野 宇都野 宇佐野 加茂今日は地名の由来について。「ウチ・ウヅ・ウダ」系の地名が山麓に展開する扇状地につけられ、そこには鉱物を求めて加茂氏が移り住んだようすを『儺の国の星 拾遺』からみていきたい。P10<山麓に展開する扇状地を、万葉の頃までは宇陀野(うだの) 有年野(うねの) 有智野(うちの)内野(うちの) 宇都野(うつの) などといった...

  15. 【真鍋ノート】南十字星と大宰府 - ひもろぎ逍遥

    【真鍋ノート】南十字星と大宰府

    【真鍋ノート】南十字星と大宰府真鍋大覚の星に関する史料は『石位資正』といい、漢名の星宿の項目に対し、日本の古い和名を列記したものだという。中国の星名と日本の星名の照合表のような感じなのだろう。この『石位資正』が書かれたきっかけは、刀伊の入寇という侵略事件だった。この時、異国の天文知識に接した藤原隆家が編纂したものという。隆家はこの時、大宰権帥だった。当時は太宰府から南十字星がまだ見えていたと...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ