眼のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには眼に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「眼」タグの記事(75)

  1. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    40歳過ぎたら緑内障検査を早期発見で失明防ぐ日本で中高年の失明原因として最も多い緑内障。早期に治療をすれば失明は避けられるため、日本眼科医会などの専門家らは「40歳を過ぎたら一度は眼科で検査を受けて、早めに気付いてほしい」と呼び掛けている。東京大学医学部(東京都文京区)眼科学教室の本庄恵准教授に話を聞いた。緑内障患者の物の見え方▽眼圧が正常でも緑内障に緑内障の原因の一つは、眼圧の上昇だ。眼球...

  2. 緑の眼 - ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2018)

    緑の眼

    ひじきの眼。緑できれい。しっかり写り込んでた。

  3. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    目の機能と「うつ」とは意外に関係が深いうつ病を扱う精神医学系の臨床雑誌から、「眼科とうつ」に関する原稿依頼が私にありました。 どういう内容にしようかと、ここ3、4か月、うつ病やうつ状態で私の外来に通院している症例をカルテでチェックしましたが、新型コロナ禍で外出するエネルギーがそがれているせいか、該当する患者の来院は減っていました。世の中が停滞して暗いと、人間はだれしも気分が落ち込み、意欲も行...

  4. 暑い日が続いています 2 - 徳島視整体研究所

    暑い日が続いています 2

    先日書いた眼鏡のプラスチックレンズが熱によってレンズ表面のコーティングをだめにすることを言いました。では、ガラスレンズなら大丈夫ではないかと思う人もいるでしょう。確かにガラスレンズは熱によるガラスの膨張率は少ないです。つまりレンズ表面のコーティングについての影響はすくないかもしれません。ただ熱による影響はガラスレンズにもあります。たとえば眼鏡を直射日光に直接当たって熱くなってしまい、たまたま...

  5. 暑い日が続いています - 徳島視整体研究所

    暑い日が続いています

    梅雨明けからほんと暑い日が続きますね。お客様が、3週間ちょっと前に眼鏡のレンズが汚れたのできれいにしてほしいと来店。見てみると汚れではなく熱などによるコーティングの皴、波うちになっていて、これはレンズの交換でないときれいにならないということを説明しました。納得して帰ったのですが、やっぱり見づらく感じるということでレンズ交換の注文いただきました。この暑い期間が続く中、プラスチックレンズは熱によ...

  6. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    子供の弱視とメガネについて知っておくべきこと他の病気に比べて見逃されやすい眼の病気が弱視です。小さなうちは子供自身が眼の異常に気付くことは難しいので、「目つきがおかしくないか」「視線が合っているか」「テレビに近づき過ぎてないか」など親御さんが気付いてあげることが大事です。弱視とは「通常の教育を受けるのが困難な程度の視力」という意味で一般的に使われておりますが、医学的には「視力の発達が障害され...

  7. 先日の通信講座の問題の答えが返ってきました - 徳島視整体研究所

    先日の通信講座の問題の答えが返ってきました

    先日の通信講座テキストの最後に試験問題があり解答して送っていました。その解答の正否が返送されてきました。○✖︎問題と選択問題があり基本、テキスト内容から出題されているので間違いは少ないと思いますが、、、今回、○✖︎問題の1問目の質問がイマイチ理解できていなくて気になっていたのですが、その解答だけ間違えてました、、、

  8. 2020年度は自宅で - 徳島視整体研究所

    2020年度は自宅で

    毎年、日本眼鏡技術者協会による生涯教育(講習)があるのですが、今年は、新型コロナウイルスの影響で講習が中止になり通信講座に変更になりました。今回初めて通信講座を受けます。テキストを見るのも良いけどDVDもついているので見てみましょう。

  9. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    加齢黄斑変性を治療する4番目のVEGF阻害薬 2020年3月25日、眼科用血管内皮増殖因子(VEGF)阻害薬ブロルシズマブ(商品名ベオビュ硝子体内注射用キット120mg/mL)の製造販売が承認された。適応は「中心窩下脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性」、用法用量は「4週ごとに1回6mg(0.05mL)を、連続3回(導入期)硝子体内投与する。その後の維持期では、12週ごとに1回、硝子体内投与する...

  10. 日本眼科医会から新型コロナウイルスに関する情報 - 徳島視整体研究所

    日本眼科医会から新型コロナウイルスに関する情報

    日本眼科医会から新型コロナウイルスに関する情報が出ていたので載せておきます。

  11. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    スマホの長時間使用と関連!? 小児の急性内斜視 物を見るときに、片方の目が内側に寄る内斜視。小児の急性内斜視の発症に、スマートフォンやタブレット端末など、デジタル機器の長時間使用が関わっている可能性があるとする研究結果が報告されている。報告をまとめた国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)眼科の吉田朋世医師に聞いた。▽1日3~4時間以上は危険急性内斜視は、片方の目の急な視力低下、精神的スト...

  12. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    緑内障が怖いという意識を植えつけた経緯は? 緑内障発作!? 緑内障を考察する! 「緑内障」と聞いて、「さあ大変だ、失明してしまう」と大慌てする人が少なくない理由を、今回は探ってみます。 昔は、緑内障といえば「急性緑内障発作」のことでした。これは急激に眼球の内圧(眼圧)が上がり、眼痛、頭痛、 嘔吐おうと 、充血、 霧視むし (視野全体に霧がかかる)といった症状が出現し、放置しておくと1~2日の...

  13. 講座をさせていただきました。 - 徳島視整体研究所

    講座をさせていただきました。

    この度、ご縁があって広島県の呉市で眼についてお話させていただくことになりました。今の私が考えている「見る」について自身の両目の使い方、見方を色々と体験をして頂きながら、お話をさせていただきました。普段、気にしていなかった「見るということ」が、自分は、こんな風に見ていたのか、と気づいて頂いたらよかったと思います。今回、このような機会を与えていただいた友人、参加者の方々ありがとうございました。

  14. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    「スマホが見づらい」が目安―老眼 放置で眼精疲労や頭痛も 若年者が遠くから近くまで、見ようとする物に焦点を合わせることができるのは、目の水晶体の厚みが自在に変化するからだ。しかし、加齢により水晶体が弾力を失って厚みが増さなくなると、近くが見えにくくなる。「40歳を過ぎてスマホが見づらくなれば、ほぼ老眼です。老眼鏡を掛けずに無理をしていると、眼精疲労や頭痛などの体調不良につながります」とふじも...

  15. 事例 - 徳島視整体研究所

    事例

    70代の男性なんと今まで眼鏡店などで眼の検査をして作ったことがなく、もらった眼鏡を掛けて近くを見ていたということでした。それも既成老眼鏡などではない眼鏡らしく使い始めも当初見づらかったのが、最近多少見えるようになったらしい・・・などなどとにかく眼を観させていただくと遠視と乱視の眼で片目での度数調整すると視力は出てくるのでよかったのですが、ダブって見えると。もう、遠くを見るのも眉間にしわを寄せ...

  16. 事例 - 徳島視整体研究所

    事例

    先日書いた80代男性が再度来られました。前に眼を観た時に視力低下していて肺の病気と腰痛の薬を飲んでいる方です。まぁ眼科には行ってないと・・・(^_^;)一応、眼を観てみると度数・視力の状態は先日に計測したのとほぼ変化はありません。また本日に関してはダブって見えている状態ではありませんでした。聞くと眼の運動は毎日していたようで眼球運動をするとダブっていたのが無くなるので続けていたみたいです。そ...

  17. 事例 - 徳島視整体研究所

    事例

    80歳男性。昨年の7月に眼鏡を作っていただいていました。見づらくなったのでということで来店。この方は、肺に病気があり、あまり体操や運動など動くことができなくなっていることです。日常生活は普通にできます。前回、目を見させていただいた時には、片目でもそれぞれ0.7の遠方視力が出ていました。お伺いすると今年の3月ぐらいから腰が痛くて痛みをとるために強い薬を飲みだしたということです。病院では、これ以...

  18. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    電気で潤うコンタクトレンズドライアイ防ぐ―東北大東北大の研究チームは、通電することで内部に微小な水の流れを生じさせ、乾燥を防ぐコンタクトレンズを試作した。論文は29日までに、独科学誌アドバンスト・マテリアルズ・テクノロジーズに掲載された。人間の涙にはわずかな脂質が含まれ、目の表面で膜を作って乾燥を防いでいるが、コンタクトレンズ装用時にはこの油膜が壊されるため、レンズを通じて涙が蒸発し、ドライ...

  19. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    小まめな休息で予防―VDT症候群デジタル機器の使用による心身の不調 パソコン(PC)の画面を同じ姿勢で長時間見続けることにより、心身にさまざまな不調が表れる「VDT(ビジュアル・ディスプレー・ターミナル=画像表示装置)症候群」。頭痛や腰痛、背中の痛みを生じるほか、イライラや不安感を招いたり、抑うつ状態になったりすることがある。国際医療福祉大学(栃木県大田原市)保健医療学部視機能療法学科の原直...

  20. ネット記事 - 徳島視整体研究所

    ネット記事

    レーシックに次ぐブームに?眼内コンタクトレンズ「ICL」の希望と限界過去に一大ブームとなった視力矯正手術「レーシック」も、最近はメディアで話題にのぼることはめっきり減った。そんななか、彗星のごとく現れたのが「ICL」。昨年3月にタレントの指原莉乃がSNSで発信したことで一気に注目を集めたが、ICLとはどういったものなのか。眼科専門医に聞いてみた。(清談社松嶋千春)玉石混交だったレーシックライ...

総件数:75 件

似ているタグ