着物と帯のタグまとめ

着物と帯」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには着物と帯に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「着物と帯」タグの記事(6)

  1. 着物の音 - 終の棲家のひとりごと♪

    着物の音

    真冬は4枚の結城で凌ぐ。真綿を指で撚り糸にするので、ふっくらと柔らかく軽い結城紬。広げる時、パリパリと微かに音がする。手紡ぎの特徴で、互いに絡まった糸が離れる音。パジャマから着物に着替える時もシュッシュッと伊達締めを締める音。1日のスタートを切る音。廊下を足早に歩くと衣擦れの音。着物には音がある。

  2. 稽古始め - 終の棲家のひとりごと♪

    稽古始め

    今年初めての和裁のお稽古日でした。桜色の長襦袢に若草色の帯締めで春を先取り。結城紬に更紗の染帯を鏡を見ずに結びましたよ。まずまずの出来。インフルエンザの流行で若い生徒さんはお休み、年寄り3人が元気ってwお土産もいただきました。先生からはタケノコ芋、お仲間の生徒さんからは無農薬の聖護院大根や虫食いほうれん草、九条ネギ。鮮度のいい野菜は大地からの贈り物に思える。ビルの屋上産にしても昨日とは打って...

  3. 迎春準備・衣 - 終の棲家のひとりごと♪

    迎春準備・衣

    お正月限定・紅白の帯締めー道明見るもの、聞くもの、何でも欲しかった時代の名残りです。今年最後の燃えるゴミの日。茶箱や押入れ、タンスの中身を全て出し・・・好きなお着物だけ残して処分。娘が日本で着てた紬、祖母の大島、仕付け糸がついた母の訪問着など。。。幾度となく行った仕分けの網で残った着物を、明日逝っても遺族が困らないように、くるくる丸めてゴミ袋へポイ!!捨てるのはエネルギーが要るね。使い果たし...

  4. 柿 - 終の棲家のひとりごと♪

    摘み残しの木守り柿庭に柿の木が1本あり、手入れもしないのに毎年たわわに実をつける。夫が一人でせっせと食べていたが・・・TVで日本の柿が世界中で評判だと知り、柿を見る目がワンランクアップw着物ー男物の無地結城水屋着ー黄八丈

  5. 身支度 - 終の棲家のひとりごと♪

    身支度

    雨のお稽古日帯結びを鏡を見ずにちゃっちゃっとできるよう、タイムを測って身支度をする。今ほど飛行機が移動手段として普及していなかった時代、 JALのCAはお正月には振袖で機内サービスをしていた。狭い機内で着付けるため、5分内で終わるよう訓練を受けている、と何かで読んだっけ。鏡を見ながら20分。せめて15分内にしたいもんだ。着物ー結城紬帯ー木綿の藍染帯

  6. 温泉足袋とウレタン草履 - 終の棲家のひとりごと♪

    温泉足袋とウレタン草履

    私の冬支度、足袋ソックスとビニール畳表草履晩秋から春にかけて冬はお着物、も10年になりました。朝から晩まで着物で通す。運転に欠かせないビニール草履、半襟と足袋、割烹前掛けは白と決めている。どちらも一冬で履きつぶし、季節の初めに新しくする。神戸との二重生活がなければ衣装は整理ダンス一棹に収め切るのだけど・・根来塗りのアンティーク箪笥1段目ー和洋兼用の巻き物2段目ー和小物、割烹前掛け(白)3段目...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ