知床のタグまとめ

知床」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには知床に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「知床」タグの記事(21)

  1. 2017年 知床世界遺産での写真展が終了しました!! - 写真家 佐藤 圭 魂の叫び/北海道道北の自然と留萌の夕陽

    2017年 知床世界遺産での写真展が終了しました!!

    知床グランドホテル北こぶし様。ありがとうございました!!

  2. アウトドアー用品。 - ひびののひび

    アウトドアー用品。

    10月27日(金)来週は知床のホテルの商品開発の仕事で始めて現地を訪ねます。お天気が良ければ知床の自然を散策する予定なのでトレッキングシューズを探しにアウトドアーの店を物色。一昔前の山登りのイメージから今は軽く丈夫な素材が目につきます。旅や日常で使っても機能や素材に無駄な装飾が無く値段も手頃でデザインも良い。装飾的なデザインのものを日常生活であまり欲しいと思わなくなったのはいつからだろう。す...

  3. 登山 2017年9月26日 知床半島 羅臼岳 - フクちゃんのフライ日記

    登山 2017年9月26日 知床半島 羅臼岳

    もう紅葉の季節。9月下旬に連休を利用して、知床半島の羅臼岳に登ってきました。 海岸線の道路を走っていると、カメに似た岩が。羅臼岳の登山ルートは2本あり、今回は岩尾別ルートから。 登山口である木下小屋をスタート。 しばらくはこのような樹林帯を登り続けます。 途中、海が見える場所。 仙人坂水場「銀冷水」  大雪山系は紅葉のピークが過ぎましたが、ここ知床半島はまだまだ紅葉がキレイです!  羅臼平の...

  4. 17年北のMemory Album自然編(13)…生物相(6) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(13)…生物...

    水族館で、小型の歯クジラ(=イルカ)や大型の歯クジラ(=シャチ)を見ることがある。身体は、なめらかでツルツルのイメージだ。実は私もそうだった。しかし、この夏、マッコウクジラに出逢って、そのイメージが間違っていることに気づいた。実は、背中から尻尾にかけての体表がかなり凸凹なのだ。上画像のように背中のあたりに縦筋が入っている。潜水するとき、水の流れを整えるためだろうか?下画像のように尻尾のあたり...

  5. 17年北のMemory Album自然編(10)…生物相(3) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(10)…生物...

    知床の羅臼側で、車で行ける瀬石や相泊の少し手前にルサフィールドハウスというビジターセンターがある。2階には、自由に使えるスポッティングスコープが並んでいて、海鳥やクジラを観察できる。ゆっくり時間を使えるときにはすばらしい“基地”になることだろうが、旅行者にはそんな時間もなかなかとれないのが残念だ。この1階では、“自己責任”で行くしかない、相泊から先の知床の厳しい自然についての説明、警告がなさ...

  6. 17年北のMemory Album自然編(11)…地球の恵み(5) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(11)…地球...

    知床半島の羅臼側で、車で行けるのは相泊(あいどまり)という集落までだ。その相泊の海岸に温泉が湧いている。道路からすぐ下のゴロタ石の狭い海岸にコンクリートの湯船が設けられ、すぐ前は根室海峡で国後が見える野趣溢れる野湯だ。昨年6月29日、道路から撮影したのが上画像。地元の方が作業しておられたので、許可を得て、入らせてもらった(下画像)。この日は天気もよく、気持ちのいい入浴だった。今年は6月16日...

  7. 17年北のMemory Album自然編(8)…地球の恵み(3) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(8)…地球の...

    知床は千島火山帯に属する火山半島だ。羅臼岳や硫黄山など、背骨のように連なる山々の多くは火山。当然、多くのところで温泉が湧き、旅行者を楽しませてくれている。多くの宿舎で、その温泉を楽しめるのだが、今回は、無料温泉を紹介したい。羅臼の市街地から斜里町ウトロに向かって10分も車を走らせると、左側にもうもうと立ち上る湯煙が目に入る。そのすぐ向こうが「熊ノ湯」。上画像の案内板にあるように、地元有志の手...

  8. 北海道旅行 - 執着したくないの

    北海道旅行

    やっと人並みに夏の旅行。でもおじいちゃん(義父)主催の、ちょっとめんどくさいやつ。ハイシーズンの人込みも嫌だしテンション低め・・・どこ行くかもろくに知らなかった。昼前の飛行機で、ブルーインパルス弁当。無駄に高いし荷物になる今回は札幌じゃなくて女満別空港に着陸。飛行機を降りたら、レンタカーで延々走ります。(私は運転しないけど)THE北海道!的なまさに牧歌的風景。ちょっとテンション上がってくる。...

  9. 知床旅行回想記 vol.3 - ささやかな刺繍生活

    知床旅行回想記 vol.3

    3日最終日です。中標津町にある宿だったので、正確に言うと、もう知床半島にはいないのですが…。宿ですが、目の前に川が流れていて、そこで釣りをするのを楽しみにしていた息子でした。けれど、泊まる当日は午後から雨でできず、3日目は朝から雨でできないと言われました。釣り竿は持っていました。チャレンジの努力賞ポイントをためて交換してもらったもので、それを使ってみたいという一心だったのだと思います。(息子...

  10. ふくろうのお宿 だいいち - ささやかな刺繍生活

    ふくろうのお宿 だいいち

    2日目の宿は、シマフクロウが訪れる宿、養老牛温泉「だいいち」に泊まりました。野鳥ファンの憧れの宿でもあるそうです。何十年か前に、宿の前の川の魚を食べられてしまう事から、敢えていけすを作り鯉を放しておいたら、しょっちゅう食べに来るようになったそうです。現在は餌付けの台が置かれていて、宿泊客はいつもフクロウを心待ちにしています。以前に主人が出張で泊まった際には2回見れて、その大きさに驚いたらしい...

  11. 知床旅行回想記 vol.2 - ささやかな刺繍生活

    知床旅行回想記 vol.2

    2日目は、ウトロの民宿を出発し、ガイド付きの知床五湖ツアーに参加しました。許可証を購入しないと入れない地域です。 ヒグマに出会う可能性もあるという事で、少しでも気配を感じたら、引き返すというツアーでした。入り口で記念撮影を。どきどきです。このような、うっそうとした笹やぶみたいなところを進みます。散策に入る前に、ヒグマ対策のレクチャーを受けたのですが、ヒグマに会わないことを前提にした説明が念入...

  12. 知床の野生動物 - ささやかな刺繍生活

    知床の野生動物

    これは、知床に限ったことではなく、北海道ならどこででも遭遇する可能性がある野生動物たちです。エゾシカほんと、バンビちゃんみたいでかわいいのですが、農家の方からすると害獣になってしまうのですよね。5千頭位が適正な数らしいのですが、世界遺産登録の時に、外国に対する世間体を守るため、駆除を3年間控えたら、1万頭→2万頭に増えてしまったそうです。道路脇で、もしゃもしゃ草を食べていました。車内から撮影...

  13. 知床の滝 - ささやかな刺繍生活

    知床の滝

    知床には、滝の名所がたくさんあります。名前もアイヌ語からきているのかな、覚えにくいので写真を撮っておきました。マイナスイオンたっぷりです~。こちらは、知床自然センター内の遊歩道の先端にある、崖に流れる滝です。クマに遭遇する可能性もあるという、プレぺの滝遊歩道では、雄大な自然に包まれているような感覚を覚えました。

  14. 知床旅行回想記 vol.1 - ささやかな刺繍生活

    知床旅行回想記 vol.1

    知床と言えば、ネイチャー番組で「生態系が独特で、他とまったく違う場所」と紹介されていて、まさに手付かずの自然と言った印象がありました。あとは世界遺産という事と、ヒグマのイメージかな。旭川方面に北上し、北見を通って網走方面へでました。オホーツク海を初めて見る事ができました。網走と言えば、映画の影響か刑務所が思い浮かぶのですが、流氷が見れる街としても有名なのですよね。それと、いつも買うシジミは大...

  15. 今日も雨です…。 - ささやかな刺繍生活

    今日も雨です…。

    今回は、釣りがやりたいとずっと前から言っていた、息子の希望で、釣りができる宿を予約しました。前日は、素泊まりに近い民宿で節約までして…。(でも、剥製が飾られたロビー同様、オーナーさんがあたたかみがあって、これはこれで良かったです。)2日目のこちらの旅館は、釣竿も餌も無料で貸してくれ、釣れた魚は夕食で調理して出してくれるのです。けれど、昨日は午後から雨で危険もあるし出来ずに、今日も朝から雨です...

  16. お天気は、曇り時々雨でした。 - ささやかな刺繍生活

    お天気は、曇り時々雨でした。

    やはり、予報通りでした。でも午前中から雨だと思っていたので、知床五湖ツアーには雨が降らない内に参加出来たし、良かったです。手付かずの自然を満喫し、ガイドさんから色々なお話を聞く事が出来ました。この散策路では、今月に入ってほぼ毎日ヒグマの目撃者情報があり、ツアーでは見れる確率は3%だそうです。私達は見れませんでしたが。札幌などのヒグマと違い、知床のヒグマは人間を恐れ近づかないという、本来の姿の...

  17. 知床に来ています。 - ささやかな刺繍生活

    知床に来ています。

    この3日間は、お天気が悪いのは分かっていたのですが、夏休みは、他に何も予定がないので、とりあえず雨でも行こうという事になりました。網走を過ぎて、海沿いをドライブ。オホーツク海を初めて見ました。雨はパラパラ程度だったので良かったのですが、道北や道東は、天気が全てですので、明日は晴れてほしいなあ~。自宅に戻ったら、またゆっくりアップしたいと思います。

  18. 旦那の知床出張 - ささやかな刺繍生活

    旦那の知床出張

    今月から、知床も営業エリアに入った、主人。札幌から車で8時間はかかるので、泊まり掛けで行っています。金曜日に、主人から綺麗な写真が届きました。すっかり観光気分で、ちゃんと仕事はしているのかしら…。オンネトー?だそうです。グリーンとブルーのコントラストが、抜群ですね!ペンケトウ 北海道の形に見えるそうです。摩周湖です。普段は霧だらけで、晴れたこの日はラッキーだったみたい。勉強不足で地理が分から...

  19. 17年北のプー生活(94)…今年3度目の石北峠越え(3) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のプー生活(94)…今年3度目の石北峠越え(3)

    ちょうど一週間前の7月25~26日、知床羅臼へマッコウクジラを見に行ったことは、先日の記事で書いた。仮住まいから、片道300km。0泊2日の弾丸ツアーも考えたのだが、往復600kmは、さすがに辛い。お世話になっているクルーズ船の空き情報を見ながら、25日羅臼泊、26日8:30分のクルーズを予約した。波で船が出ないということがなさそうだが、この地域特有のガスが心配だった。そう考えると、25日早...

  20. 17年北のプー生活(91)…今年3度目の石北峠越え(2) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のプー生活(91)…今年3度目の石北峠越え(2)

    今年1回目の石北峠越えは、学生時代の悪友が来た6月。このときは、予定通りシャチに逢うことができた。2回目の石北峠越えは、7月19日。マッコウクジラが来ているという情報で出かけたのだが、高波で船が出ず。予定変更して羅臼で1泊して翌朝のホエールウォッチングクルーズも予約した。しかし、翌日も波が高く、運行中止。思う存分、ナキウサギをみて、仮住まいのマンスリーに帰った。天気予報、ガスの具合、波の高さ...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ