短歌のタグまとめ

短歌」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには短歌に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「短歌」タグの記事(81)

  1. 反映 - Presence

    反映

    うす青き光の満ちる水面には冬木立その反映落とす*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  2. Vol de nuit〜夜間飛行〜サン・テグジュペリ - Presence

    Vol de nuit〜夜間飛行〜サン・テグジュペリ

    夜間飛行 星雲の銀の輝きの光芒のなかへ機首消えゆきぬ(*写真の手前の香水はGUERLAIN(ゲラン)のVol De Nuit(夜間飛行)で、母の誕生日に母に贈ったものです。この香水名はサン・テグジュペリの小説・Vol de nuit から命名されたものです。*)*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます****************************冨田勲さん作曲・共演初音ミク...

  3. み寺の庭に - Presence

    み寺の庭に

    立春に黄色に染まった菜の花の幾たりか生ふみ寺の庭に短歌のメモに2010年2月2日と書いてあります。写真も2010年にとった写真ですが、この歌に合わせて撮ったものとは違うようです。み寺というのは家の近くにある境木地蔵尊という小さいけれど歴史のあるお寺です。旧東海道のすぐ道の脇にあるお寺です。ここは、箱根大学駅伝の花の二区の難所権太坂のすぐそばです。ですから、箱根駅伝のある時には往路の時に、弟た...

  4. 蜘蛛の糸 - Presence

    蜘蛛の糸

    蜘蛛さんがお空にかけたレエス編みいったいどんな魔法をかけて? 「午睡の夢」青い空地のカンバスに光るすじひく くもの糸をぶるんと震わせ午睡の夢が網にかかったゆらゆらと立つ 夏の陽炎になって夢は ゆらゆらと ゆれている少女は 陽射しの中で何かを 待ち伏せるものいつの日も……いつの日も……それは 誰かがいつかの日に 失くした午睡の夢で あるかもしれずそれは わたしが いつかの日に失くしたラブ・スト...

  5. ひとひら - Presence

    ひとひら

    鈴なりの蝋梅は物語して淡雪とける掌の上に蝋梅の淡き黄色に雪のつゆ零れるひとひらこころの雫*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  6. 砂時計 - Presence

    砂時計

    時の砂降り積む砂時計に似てこころに積もる日々の種々(くさぐさ)*大切なお時間にご訪問ありがとうございます*

  7. 初雪 - Presence

    初雪

    初雪の家々の屋根に舞い積みて心はそこを滑りゆくなり今朝の雪時のまにまにつもりゆくぼたん雪にも似たる日々あり*写真は2014年の雪の時の写真です。横浜では雪が多くは降らないのでこれぐらいの雪でも大雪の方でした。今回の雪はもっと大雪で、関東では48年振りに氷点下4℃を記録したそうです**大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  8. 寒かったろう - 近藤明子の道々日記

    寒かったろう

    雪の中 水に入りし 男あり 寒かったろう とけゆくことなく

  9. 冬の夕べ - Presence

    冬の夕べ

    宵闇の濃さや夕べの灯りなど冬のひと日のの閉じてゆく時*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  10. 蝋梅 - Presence

    蝋梅

    蝋梅のいろもかおりもほのぼのと初春の野に嬉しそうに咲く*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  11. 神獣 - Presence

    神獣

    *神獣をふちどる光り 金の色 一月の朝 窓辺のすがしさ*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  12. 2018年1月18日 - 短歌のなぎさ

    2018年1月18日

    遠くだね 僕らが植えた記念樹に他人のような風ふきつける

  13. ハーブティー - Presence

    ハーブティー

    透明で金色をしたハーブティー喉落ちるとき胸が安堵するカモミールのティーバッグをさやさやと耳元で振る香りが広がる*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  14. 最後の初恋 - あおいくまの子守歌

    最後の初恋

    冬の銀座大きければいよいよ豊かなる気分東急ハンズの買物袋 ・・・俵 万智・・・小さい頃「GINZA」は特別な場所だと思っていた。写真を撮りに行くようになるとそうでもないかな・・・。気軽に行けるようになった。相変わらずブランドショップは入れませんが・・・。

  15. 木枯らし - Presence

    木枯らし

    木枯らしの吹く散歩道一人たどるあの時君と歩いた道だね寂しさの中心というものはこの胸の底にて息衝くものらし*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  16. 梢 - Presence

    落葉のか細き梢見上げれば虚空を埋める朝空の冴え*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  17. 砂色の花 - Presence

    砂色の花

    冬枯れの駐車場には砂色の花ありここに根付きし命*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  18. 睦月 - Presence

    睦月

    篠懸の衣をかけたる祖を偲び迎えし睦月に吾も励まむ*大切なお時間にご訪問頂いてありがとうございます*

  19. 最後の初恋 - あおいくまの子守歌

    最後の初恋

    咲くように顔をあげれば初春の風に型抜きされてゆく我・・・俵 万智・・・ある日の荒川河川敷都心もいいけど、・・・ほっとするね

  20. バルトリン腺摘出手術その2 - さかなのしっぽ、そしてはらわた

    バルトリン腺摘出手術その2

    病室は二人部屋で、隣のベッドの女性も同じくバルトリン腺膿瘍で一日前に入院し、私の直前に手術だった。綺麗なミラノアクセントのイタリア語を話し、携帯で恋人とフランス語で会話していた。(どうして携帯の相手が恋人であることが分かったかというと、愛の言葉はイタリア語だったからだ。)彼女はミラノ出身、パリ在住のファッション雑誌編集者で、クリスマスを母親の実家であるヴェネツィアで過ごしていたところ、不幸に...

1 - 20 / 総件数:81 件

似ているタグ