短歌のタグまとめ

短歌」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには短歌に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「短歌」タグの記事(241)

  1. 雨の五月の日 - Scene

    雨の五月の日

    切々と汝が歌う声に誘われて拙い一葉揚げんと欲す五月雨を街路の緑吸い込みてポリ袋手に足取りゆるむ*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  2. 花冷え - Scene

    花冷え

    花冷えの巷を行けばしだれ咲く桜うすべに煙るがごとく花冷えに芯冷える午後薄紅のさくらは揺れて花嵐吹く2019/04/11 投稿のものに一首足しました。*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  3. ふたりの女王 - Blue Flowers

    ふたりの女王

    清らかな瞳がたたえる海の底開くグラジオラスのゆらめき映画「ふたりの女王メアリーとエリザベス」を見てきました。従姉妹同士のスコットランド女王のメアリーとイングランド女王エリザベス。権力を利用する輩に翻弄されつつ失わない誇り。歴史の荒波の中で、毅然と気高く生きるメアリー・スチュアート。複雑なヨーロッパの歴史をもう一度学び直したくなる映画でした。

  4. なんて「絵」になる、桜と愛車♪ - CUBPEES

    なんて「絵」になる、桜と愛車♪

    サクラニモ・・・マケヌオトラヌ・・・ソンザイカンゲニウツクシキ・・・アイシャノスガタ♪桜にも負けぬ劣らぬ存在感げに美しき愛車の姿♪

  5. 夏の栞 - Blue Flowers

    夏の栞

    歳月がひとつの夏に立ち止まるくぐり抜けた日々暑き陽の中講談社文芸文庫の佐多稲子さんの「夏の栞」を読みました。以前新病文庫でも出ていました。盟友中野重治を送った暑い夏の回想。長き歳月の中で自分が男だったら中野重治との仲もどう違っていたか、という記述が刻印のように心に残ります。次代を担う方々により良き未来を残すことが、私たちの責務と思っていますが、今多くの人に読まれてほしいのが佐多稲子さんであり...

  6. 壁の花 - Scene

    壁の花

    ベランダの三色スミレ五輪挿す玻璃の花入も壁の花となり*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  7. 樹影 - Blue Flowers

    樹影

    色彩を失くした絵画の前に立ち行き場を失くした思いを思う講談社文芸文庫から出ている佐多稲子「樹影」を読む。長崎の原爆ののちの強い放射線の焼け野原を歩き回ったモデルとなった画家が描いた絵が実際にあると知ったのは、長崎の地を訪れてからだった。文学館を訪ねた時、主人公のモデルとなった女性の営んでいた喫茶店も今でも残っていると聴いた。それから長い年月が経ってしまった。次代を担う方々に残せるのは核のない...

  8. 家族のレシピ - Blue Flowers

    家族のレシピ

    やわらかいスープの中にしみわたる懐かしさから繋ぐやさしさ先月、斎藤工さんご主演、松田聖子さんご出演「家族のレシピ」を見てきました。シンガポールのおふくろの味バクテーと日本のラーメンの融合。原題は「ラーメンテー」。シンガポール人の夭折した母とラーメン店を営み多くを語らなかった日本人の父。子供の頃のソウルフードって、何歳になっても忘れることができない。それと同じように、人と人とを家庭の味が繋いで...

  9. 称名寺の桜3 - Scene

    称名寺の桜3

    (2011年春横浜市称名寺)ゆく花に心重ねて称名寺別れもいづれまた出会いなり散る花の花筏あみゆく川の流れはゆるし称名寺の春やがてくる別れもしらでこの春に心浮きしはいづれの春か朱色したお太鼓橋の遠方に霞むを眺るしづけき時よ*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  10. ともしび - Blue Flowers

    ともしび

    ふと灯る光のようにみつめおり誰かが罪を償うことに先月、シャーロット・ランプリング主演の映画「ともしび」を見ました。夫が犯したかもしれない罪を、真実を見極めようとするひたすらな瞳。過ぎていく日常。どんなに困難な状況にあろうとも淡々と行わなくてはならない飲食。砂浜に打ち上げられた鯨。ガラの悪い人に囲まれる地下鉄。身の回りに何が起きようとも、決して消してはいけないともしび。

  11. 称名寺の桜2 - Scene

    称名寺の桜2

    (ここまでの写真は2011年春称名寺にての写真です)母の好きな花の歌の中から2首願はくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの 望月の頃 西行散りぬべき時をしりてぞ世の中の 花も花なれ人も人なれ ...

  12. 称名寺(横浜市)のさくらと源平枝垂れ桃 - Scene

    称名寺(横浜市)のさくらと源平枝垂れ桃

    称名寺弥生卯月と咲く花も散りゆく花も美(よ)しとあゆみぬ称名寺(横浜市金沢区)は金沢文庫とお隣合わせにあります。山門を入ると桜並木の参道が続き、ちらほらとのんびり歩みゆく人たちの姿自転車に乗った男性は地元の方でしょうか。いとも軽やかに自転車を漕いで行きました。山門をくぐって左手に源平枝垂れ桃の大きな木があります。この木は、紅白の桃の花が同じ木に咲きます。ちょうど桃の花も満開に開いていた頃でし...

  13. すのうどろっぷ - Scene

    すのうどろっぷ

    境木地蔵尊の庭でスノードロップの花が咲いているのを見つけたのは3月のこと。少し遅くなりましたが、春の始めの頃に可憐に花を揺らすスノードロップです。東海道品濃のみ寺に揺れおりしスノードロップの白きともし火*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  14. ひめおどりこそう - Scene

    ひめおどりこそう

    姫踊子草(ヒメオドリコソウ)今日はまあまあ良い日。春の小さな花は喜びを運ぶように咲くよ小さな花びらが陽射しを受けて輝くよこの春もまた出会えたね小さな物語に*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございまます*

  15. べにいろ - Scene

    べにいろ

    境木地蔵尊のチューリップ紅色のチューリップの花園に何悲しくて雨の降るべき*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  16. 自転車の影 - Scene

    自転車の影

    午後4時の自転車の影なんとなし誰かを待つように街に落ちており*大切なお時間にご訪問いただいてありがとございます*

  17. Memo・非時香菓(ときじくのかくのこのみ) - 心紋様

    Memo・非時香菓(ときじくのかくのこのみ)

    今朝の歌壇より!早々と!(勉強させていただきました)はやぶさ2が小惑星リュウグウから持ち帰った物を詠まれていた。水以外にも食用柑橘類もあったようです。ときじくのかくのこのみと言う橘(たちばな)の事のようだ。〇非時香菓(ときじくのかくのこのみ)の欠片守りはやぶさ2よ幸く帰り来早晩地球から移住する惑星を見つけなくてはいけません?アメリカだったかな?研究は進んでいるとか?

  18. 白木蓮、他2首 - Scene

    白木蓮、他2首

    燃えるような白木蓮の花揺れて梢に遊ぶ風はさやかに静けさも寒さ暗さも切なさも永遠の中の束の間なれど一人の夜よだかのことなど思い出し虚空に青き光を求む*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  19. 絵の皿 - Scene

    絵の皿

    梅にうぐいすの絵柄の九谷焼のお皿がリビングのコーナーに飾られています。この辺りでは梅の季節にうぐいすが鳴き出すということはなく、うぐいすというと、もうそろそろ桜がほころんできた頃なのですが、春のリビングでこの絵皿は何か縁起が良いよな気がします。梅ヶ枝にうぐいすのいる皿の絵がリビングに春を運ぶ気のして*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  20. モザイク画 - Scene

    モザイク画

    イタリアの港の町のモザイク画白き壁にて安らぎており*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

総件数:241 件

似ているタグ