短歌のタグまとめ

短歌」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには短歌に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「短歌」タグの記事(28)

  1. 観音竹 - 近藤明子の道々日記

    観音竹

    てっぺんの葉の頭だけ背の伸びる 観音竹の陽のある方へ 

  2. 一瞬で消えてしまった物語夢の欠片に手掛りもなし - どんぐりしおり

    一瞬で消えてしまった物語夢の欠片に手掛りもなし

    胸からお腹あたりまでが苦しくて眠れなくて時間ばかりが過ぎる真夜中うとうととし始めたのは夜明け前だったようですぐっすり眠れ目が覚めたときは夢の途中でいつものバス停でポケットの中のバスカードをぎゅっと握っていてちょうど来たバスに乗り込もうとすると私を置いて走り去りその後ろに止まっていたらしいバスもびゅーんと行ってしまいましたけっきょくバスには乗れずじまいで目が覚めてしまったんです私はどこに行こう...

  3. 霧時雨 - The Tune of Light and Shadow

    霧時雨

    (写真:2012年晩秋)小階段登りゆく日の霧時雨(きりしぐれ)白くかすめるみ寺の小枝(さえだ)大切なお事案でのご訪問といいねをありがとうございます。

  4. 涙顔の途 - The Tune of Light and Shadow

    涙顔の途

    犬連れの知己に声をかけるとかかけぬか迷う泣き虫小道らーらに大切なお時間でのご訪問ありがとうございます。

  5. 夕景の空〜晩秋から冬へ - The Tune of Light and Shadow

    夕景の空〜晩秋から冬へ

    木の葉擦れ風の音連れ冬の色青くにじむは夕景の空写真:2012年晩秋に近隣にて

  6. 忘れ貝〜秋の歌三首 - The Tune of Light and Shadow

    忘れ貝〜秋の歌三首

    いつぞ見し戸棚の貝のささやきの末に広がる波間の青を貝暦み夏は遠くに目を閉じて胸の中にて木霊する秋ハイウェイの防塵碧の透明な光の中に秋は澄みゆく(2007年望星投稿歌、写真は2007年横浜市海の公園にて)大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます。

  7. 秋薔薇 - The Tune of Light and Shadow

    秋薔薇

    朝の陽をスポットに咲く秋薔薇(あきばら)は黄色いチュチュのダンサーかしら

  8. 朝の歌 二首 - The Tune of Light and Shadow

    朝の歌 二首

    東雲に明けくる空に呼気ひとつ今一日の始まる時間に秋の朝小指の爪に似た月は中空にいて町を見降ろす

  9. 吉野ケ里 - 近藤明子の道々日記

    吉野ケ里

    吉野ケ里 茅葺屋根の上に立ち 始まり終わり また始まりの雲

  10. 最後の初恋 - あおいくまの子守歌

    最後の初恋

    お互いの心を放し飼いにして暮らせばたまに寂しい自由・・・俵 万智・・・なんでもない影も何でも無い落ち葉も綺麗に見えてくるから不思議です。秋の魔法かしら?

  11. 秋色を探しに・・・ - あおいくまの子守歌

    秋色を探しに・・・

    秋色の光と風をサヨナラの形に変えて手を振るススキ・・・俵 万智・・・秋が深まって写真が撮りたくなるのは、決まってこの夕暮れ時。儚く消えてしまうトワイライトの美しさは誰かを想う恋心にも似ている・・・かな?。秋は人恋しい季節です。

  12. 最後の初恋 - あおいくまの子守歌

    最後の初恋

    二週間先の約束嬉しくてそれまで会えないことを忘れる・・・俵 万智・・・1957年に公開された「めぐり逢い」という映画は大好きな映画です。リメイクもされていますが、・・・・素敵です。「約束」の重み・・・あなたはどう思いますか?

  13. カレーライス - 近藤明子の道々日記

    カレーライス

       牛すじのカレーライスを思い出し なくした心の拠りどころ探し

  14. 最後の初恋・・・ - あおいくまの子守歌

    最後の初恋・・・

    数時間のちに別れを告げられる君の笑顔がひかる改札・・・俵  万智・・・逢えない日が続いても電話で声が聞けなくてもどこか見えない所で繋がっているよねそう思って今日も頑張れます・・・。

  15. もともとは短歌ブログでした - こけっぽっぽのブログ

    もともとは短歌ブログでした

    もともとは、短歌ブログを他でやっていました。それをこちらに移動させてます。写真は最近始めました。まだ練習中です。短歌と写真は似ています。そのときの一瞬を切り取るという意味では一緒かな。って思ってます。こちらのブログは、写真が大きく載せられるのでいいです。短歌はお休み中です。というか、特に決めてるわけでもないのですが。放置?ブログ村も放置。もし、誰かが読んでくれていたら失礼ですよね。前のシーサ...

  16. 最後の初恋・・・あなたの後ろ姿 - あおいくまの子守歌

    最後の初恋・・・あなたの後ろ姿

    名もなくて形もなくて温かいたとえばカフェに流れる時間・・・俵 万智・・・雑踏の中にいてもすぐわかります見覚えのあるあなたの・・・後ろ姿。

  17. 最後の初恋・・・・秋 - あおいくまの子守歌

    最後の初恋・・・・秋

    秋の陽に淡く満たされ野菊らは自分探しの旅を思わず・・・俵 万智・・・秋は好きな季節です。夕暮れいいですね。辺りの空気がひんやりしてきて風が吹いてくると誰かに逢いたくなったりして・・・。

  18. 【告知】『北大短歌第五号』通販 受付開始のおしらせ - 北海道大学短歌会

    【告知】『北大短歌第五号』通販 受付開始のおしらせ

    機関誌『北大短歌第五号』の通信販売を開始いたします。受付期間は本日より2017年10/31(火)までとなっております。今号の掲載内容は以下の通りです。A5版、全128ページです。★ゲスト作品第63回角川短歌賞受賞者の睦月都さんによる『北大短歌』第四号特集「穂村弘に寄せて」評京大短歌の濱田友郎さんによる『北大短歌』第四号の作品評★会員15名による12首、30首連作★会員特集「短歌とSF」&lt...

  19. その429 「美し言の葉」3周年 - 猫又小判日記

    その429 「美し言の葉」3周年

    10月9日は、文学さろん「美し言の葉」が生まれた日だ。2014年のことだから、今年で3周年を迎える。そして、これから4年目の歩みを刻んでいくのだ。 沢山の方が「芽吹く言の葉」(添削コーナー)を利用して下さっている。実際に添削例をホームページに掲載してもよい、と仰る方は2,3名様に留まる。だが、否掲載の方も含め、多い時には10数名様の歌稿をお預かりしており、お名前と締切日を書いた付箋が、パソコ...

  20. 初めの一歩 - やんまる写真館

    初めの一歩

    外に出て歩きはじめた君に言う大事なものは手から放すな俵 万智(プーさんの鼻より)かわいい小さな足で二足歩行ができるようになると今度は転ばないかとヒヤヒヤ。親の心配はよそに、自由に歩ける事の楽しさは・・・こたえられないですよね。そして、始まったばかりのあなたの人生バランスを取ることの難しさを覚える・・・初めの一歩なのです。

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ