石ノ森章太郎のタグまとめ

石ノ森章太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには石ノ森章太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「石ノ森章太郎」タグの記事(16)

  1. 『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE/最後ノ審判』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE/最後ノ審...

    「仮面ライダーアマゾンズ」の完結編。ネット配信されたシーズン1、シーズン2を受けての物語だが、作品の冒頭には親切な「これまでのあらすじ」の類は一切ない。通常のTVシリーズベースの夏興業や、年末年始のMOVIE大戦と違い、初心者へのハードルは相当高い。というより「一見さんお断り」な作りと言ってもいい。「Season1 覚醒」、「Season2 輪廻」と2本の総集編映画を見ておいて良かった。お話...

  2. 『飛び出す 人造人間キカイダー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『飛び出す 人造人間キカイダー』

    <東映まんがまつり>で上映された実写ヒーロー物の劇場用新作としては、「仮面ライダー対ショッカー」、「仮面ライダー対じごく大使」に続く3作目。2本の「仮面ライダー」映画よりも長尺で、しかもパート3Dで製作されたあたりに当時の「キカイダー」人気の高さが窺える。東京、大阪、名古屋、横浜、札幌の五大都市を攻撃するのが今回のダークの作戦だが、四国と九州は除かれているので逃げるならそこがオススメ。但しキ...

  3. 『宇宙からのメッセージ/銀河大戦』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙からのメッセージ/銀河大戦』

    「宇宙からのメッセージ」を見直す度に、続編TVシリーズを見たいなあと思いつつ、今日に至る。レンタルDVDとかあると嬉しいんだけど、いきなりDVD買うのも、その為にわざわざネット配信などに課金するのもちょっと抵抗があるもんで…。というワケで、続編TVシリーズ「銀河大戦」、その<東映まんがまつり>用劇場版を再観賞。時代設定は「宇宙歴70年」となっているけど、これは最初の映画から何年ぐらい経ってい...

  4. 『秘密戦隊ゴレンジャー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『秘密戦隊ゴレンジャー』

    TVシリーズ第6話「赤い謎!スパイルートを海に追え」を短縮再編集した<東映まんがまつり>用の劇場公開版。<スーパー戦隊>シリーズの映画としてはこれが一本目となる。イーグルの機密を収めたマイクロフィルムが黒十字軍に盗まれ、それをゴレンジャーが何とか奪還しようとする、スパイアクション物を意識したようなお話になっている。最初から全員出動ではなく、先行してアカとミド、そして終盤になって勢揃いというの...

  5. 『ゴーゴー仮面ライダー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ゴーゴー仮面ライダー』

    最新の「仮面ライダー」映画に対して、これが最古の「仮面ライダー」映画。「仮面ライダー」第13話「トカゲロンと怪人大軍団」の改題再編集版で、新作映画以外では<東映まんがまつり>上映作品の中でちびっ子たちから異例の支持を集めたんだとか。スケールの大きなショッカーの作戦、一度はライダーを倒すほどの強力な新怪人、かつて敗れた怪人たちが大挙して復活、特訓によるライダーの新必殺技の登場、と確かに他の新作...

  6. 『仮面ライダーアマゾンズ/Season2 輪廻』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーアマゾンズ/Season2 輪廻』(2018)

    あれから5年、実験体の殆どは駆除されたが、今度は「溶原性細胞」が蔓延し、一般人がアマゾン化するという事態が発生していた――というところから始まるSeason2の総集編。Season1の登場人物たちは一旦は退場し新たな主人公で新しい物語が始まるが、実は彼らもSeason1の登場人物たちと密接な関わりがあり、中盤からはその因縁も含めてよりドラマティックというか、凄惨なドラマが繰り広げられる。前作...

  7. 『仮面ライダーアマゾンズ/Season1 覚醒』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーアマゾンズ/Season1 覚醒』(2018)

    予備知識なしで挑戦してみたものの、うーん、よくわからなかった…。元々は予備知識なしで「仮面ライダーアマゾンズ」の完結編となる劇場版を見にいくつもりだったんだけど(平成以降のライダー映画は制覇してるという義務感から)、流石にそれは無謀だなと思っていた矢先にシリーズ版の総集編が上映されるということで渡りに船、と乗り込んだのだったが…。製薬会社が秘密裏に人工生命体アマゾンの研究を行っていたが、不慮...

  8. 『宇宙からのメッセージ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙からのメッセージ』

    この映画の公開は1978年4月29日、ということで今年は公開から40周年。それもあって見直してみることにしました。映画館に行ったのは初日じゃなかったと思いますけど、公開前にはサントラ盤(交響組曲!)も聴きこみ、野田昌宏の手になるノベライズも読み込んで…いたかな?何度も繰り返して読んだのは間違いないですが、これ、公開前に出版されたんだったかな?まあとにかく期待して、楽しみにして見に行ったんです...

  9. 『五人ライダー対キングダーク』 - 【徒然なるままに・・・】

    『五人ライダー対キングダーク』

    5人ライダーが並走するオープニングは期待させるのだけど、本編が始まるとダメダメ…。その前に、なんで1号:藤岡弘、2号:佐々木剛、V3:宮内洋はオープニングタイトルにクレジットされないのだろう?確かに本人たちは出演はしていない。各人の変身シーンは過去作品からの流用だけだ。でも声は本人たちがアテている。前作「仮面ライダーV3対デストロン怪人」では、やはり声のみの出演だった藤岡弘と佐々木剛はしっか...

  10. 『仮面ライダーゲンムVS仮面ライダーレーザー』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーゲンムVS仮面ライダーレーザー』(2018)

    「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」の第三部にして完結編。遂に明らかになった檀黎斗の野望。それに立ち向かうのは九条貴利矢。前2作で実直に脇役に留まり、他のキャラクターに先駆けて何かを掴んでいたっぽい貴利矢が中心に座ることによって、物語は一気に加速する。改心した悪役・八乙女紗衣子の扱いはベタであっさりしすぎている気もするが、黎斗を止めようとする父・檀正宗に前2作の主役...

  11. 【石巻にて マンガ少年青春前史外科切開】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【石巻にて マンガ少年青春前史外科切開】

    なにを隠そう、わたしはマンガ少年でありました(笑)。小学校高学年から中学校時代にかけて、友人たちともそういう雰囲気を共有していて、当時一般商業マンガ雑誌とは別に、マニア向けに出されていた「ガロ」とか「COM」とかのマンガ雑誌を読み、そのムーブメントの中心的な作家として手塚治虫とかその弟子的な存在であった、石ノ森章太郎や藤子不二雄、赤塚不二夫など「トキワ荘」に連なるマンガ作家たちが醸す空気感の...

  12. 『仮面ライダーパラドクス with 仮面ライダーポッピー』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーパラドクス with 仮面ライダーポッピ...

    「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」の第二部。今度の主役はパラドとポッピーピポパポで、前作「仮面ライダーブレイブ&仮面ライダースナイプ」では暗躍していただけの檀黎斗がいよいよ物語の中心に躍り出る。併せて「謎の美女」八乙女紗衣子の企みとその正体も明らかに。ただ宝生永夢と九条貴利矢は引き続き出てくるが、前作で主役を張った鏡飛彩と花家大我は姿を見せない。作品の基本設定がよ...

  13. 『仮面ライダーBLACK』 - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーBLACK』

    宣材では触れられていないが、「鬼ヶ島へ急行せよ」というサブタイトルがつく。バトルホッパーとロードセクター、二台のマシンを使い分ける仮面ライダーブラック、ゴルゴム側には新幹部である剣聖ビルゲニアが登場、と放送開始から半年近く経った頃なので節目の展開。しかしブラックと互角というより優位に立っていたカメレオン怪人の戦いに割って入ったものの、ブラックの反撃に遭って逃げ帰り、創世王の不興を買って謹慎に...

  14. 『仮面ライダーブレイブ&仮面ライダースナイプ』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーブレイブ&仮面ライダースナイプ』(2018)

    「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」という<Vシネマ>ならぬ<Vシネクスト>の一篇を見てきました。<Vシネマ>でありながら期間限定で劇場公開もする作品を<Vシネクスト>という括りで製作するようです。そういえば「仮面ライダー電王」の時も三部作集中公開というのをやってましたっけ。それにしても「エグゼイド」、夏の劇場版がTVのその後を描く「トゥルー・エンディング」で、お正...

  15. 『仮面ライダー/仮面ライダー対ショッカー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダー/仮面ライダー対ショッカー』

    人気絶頂の「仮面ライダー」、待望の劇場版第1作。これに先立つ前回の<東映まんがまつり>で、TV版をブローアップしただけの「ゴーゴー仮面ライダー」に対する子供たちの支持が高かったことが、劇場版製作に拍車をかけたらしい。しかも一文字隼人=仮面ライダー2号の登場で<ライダー>人気が高まり、ゾル大佐から死神博士へとショッカーの陣容も変わり、藤岡弘の傷も回復に向かっていて本郷猛=仮面ライダー1号の復帰...

  16. 『大鉄人17』 - 【徒然なるままに・・・】

    『大鉄人17』

    これも石ノ森章太郎原作ですが、TV発ではなく銀幕デビューのヒーローと呼んで良いものやら…。以前にも書きましたけど劇場用新作映画とは言い切れない、TV版の1話と2話のダイジェストなワケですが、第2話放送に先駆けてのお披露目ということで微妙な立ち位置になっております。ただTV版2話分をまとめているのに、トータル上映時間が1話分より短いということで、登場人物たちが右往左往してるだけのよくわからない...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ