石仏のタグまとめ

石仏」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには石仏に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「石仏」タグの記事(63)

  1. 大日堂境内の五百羅漢 - A DAY IN THE LIFE/猫屋敷の日常

    大日堂境内の五百羅漢

    菰野町にある竹成の五百羅漢を見に行ってきました。小高い丘に、頂上の大日如来を中心として、四方仏、阿弥陀如来、弥勒菩薩、七福神、猿田彦、羅漢に果ては閻魔大王と、さまざまな表情の石仏が取りまいて形成されています。一部、崩れる恐れがあるとかで、周囲に柵を設けてあり、ぐるりと一周して拝むのみですが、なかなかの迫力でした。この日は見事な晴天。青空も映えました。交差点の一角にあって、小さな敷地でしたが、...

  2. 花に囲まれて - Desire

    花に囲まれて

    X-T100、Micro-Nikkor-P Auto 55mm /f 3.5、XF18-55mmF3.5-5.6

  3. 雨ですなァ - 星の小父さまフォトつづり

    雨ですなァ

    昨日 ( 09/29 ) は朝から雨。ずっと雨。止み間も無い雨。恨めしい雨。その雨をもたらす一因・台風24号の予想進路がだんだん南にずれてきて、なんかヤバそうなコース取りをしているなぁ。ちょっと心配だけれど、どうせ出かけられないからと、このところ調子づいて数を撮り過ぎている写真データから、残したいものだけを選んで削除する作業をしてみる。一回の撮影で500、600、900コマ超えでバンバン撮る...

  4. 夏休み2日目蛙石の大黒天@三重県 - 963-7837

    夏休み2日目蛙石の大黒天@三重県

    下界に戻ってきました。まずは、ソフトクリームを食べて下界を実感してから、バス停に向かおうとしたら「蛙石の大黒天」の小さな看板を見つけたので行ってみました。勝手なイメージでは、もっと小さいと思っていましたが、これが意外に大きいです。となるとどうやって運んだのかな?って別なところに思考が飛んでしまいます。蛙石の大黒天この大黒天は、昭和28年の初春、当時この地に旅館の建設を進めていた小川角三に或る...

  5. 「昨日の祈り」一石六地蔵 - TOM'S Photo

    「昨日の祈り」一石六地蔵

    私の撮った石仏が「日本の石仏」8月号の表紙に採用されました。

  6. やっと庭が完成しまし... - 庭師ののんびり紀行

    やっと庭が完成しまし...

    やっと庭が完成しました🎵長かったf(^_^;ものが大きいため考えながらの作業、作り上げて満足です。版築の白い線を雲に見立てて石仏据えました。全体の眺め

  7. 後少しの所まで庭が出... - 庭師ののんびり紀行

    後少しの所まで庭が出...

    後少しの所まで庭が出来ました🎵京都から届いた石仏を納めて版築の意味が出てきました。版築の白線を雲に見立てました。なかなか雲を描くのは難しいねf(^_^;いい表情してます‼ハナイカダのオンメンを入れて夫婦仲良く‼

  8. 花に埋もれて。 - advance

    花に埋もれて。

    ほんとは段々に並べられている三十三体の石仏とサツキの花とのコラボを..と勤しんで向かったお寺さんでしたがそのサツキが咲く頃仏様は年々お隠れになってきてるそうで..やっぱりこれはサツキの成長を喜ぶべきなんでしょうね(笑)

  9. 秋篠寺、石仏 - とりさんの寡黙な日記帳

    秋篠寺、石仏

    秋篠寺の片隅にひっそりと佇む石仏地蔵菩薩さんのようですね

  10. 木漏れ日の中-MONOCHROME- - PHOTRESBIENNE

    木漏れ日の中-MONOCHROME-

  11. 洛中洛外点描日の名残30 - ギャラリー同仁斎

    洛中洛外点描日の名残30

    路傍の如来さん京都の街中には、至る所にお地蔵さんがある。人が住めそうな位、たいそう立派なお堂に祀られている重要文化財クラスがあれば、もう一方では野ざらし、雨ざらしのお地蔵さんもある。こんなに沢山の地蔵があるところは、私の知る限りでは、他に青森県津軽地方がある。この二つにはある典型的な、共通点があるように思えてならないのである。それは何かといえば・・・『方丈記』や『菅江真澄遊覧記』にヒントがあ...

  12. 春の陽射し - memory

    春の陽射し

    うらうらと春の陽射しの降り注ぐ野辺の仏や笑みのこぼるる/ 拙

  13. 須磨寺神戸 - 石のコトバ

    須磨寺神戸

    神戸の原田の森ギャラリー搬入の後に時間あったので折角神戸まで来たからと運転手さまもご推薦の須磨寺まで出かけました。こちらの16羅漢が有名らしい。確かに古くて趣ありました。この須磨寺は他にも本当にたくさんの石仏お地蔵様がありました。桜のとても良い時期にくることできてお花見と両方を楽しみました。石のものはお地蔵様だけでなくいたるところにありました。小豆島など豊かな石の産地も近くにあり職人さんもい...

  14. お寺、石仏 - とりさんの寡黙な日記帳

    お寺、石仏

    京都市山科区の観修寺もみじと石仏

  15. 桜 - とりさんの寡黙な日記帳

    京都市山科区の観修寺桜は散り染めです

  16. 石仏 - とりさんの寡黙な日記帳

    石仏

    京都国立博物館の中庭にある石仏群いずれも市内の遺跡から掘り出されたものらしい大日如来不動明王釈迦三尊像

  17. エレファンタ島石窟寺院の神像 - TOM'S Photo

    エレファンタ島石窟寺院の神像

    エレファンタ島石窟寺院の神像はアジャンタやエローラで見てきた像に比べると大きくドラマティックな構成になっています。この島を発見したポルトガルの軍隊が滞在中に射撃の的にしていた像には破損の嘆かわしい痕が痛々しいのですが、素晴らしいスケールの大きい像は心に伝わってきます。写真1枚目の右隅にガイドがライトを像に向けていますが、像の大きさが分かると思います。

  18. 石仏と石灯篭 - 冬青窯八ヶ岳便り

    石仏と石灯篭

    犬との散歩コースになっている三分一湧水手前の辻には石の構造物が固まって立っている。これは嘉永元年(1848年)の浮き彫りの石仏。何観音かわかりませんが、水路の上にたっています。嘉永で有名なのは、年号最後の7年に、今も話題の東南海地震が発生したことです。11月4日東海、5日南海、7日豊予海峡と大きな地震が続いて起こりました。(天災が起こって、その年のうちに安政と改められて、今では安政の大地震と...

  19. エローラ石窟の中心的存在「カイラーサナータ寺院」 - TOM'S Photo

    エローラ石窟の中心的存在「カイラーサナータ寺院」

    エローラ石窟の第16窟でテレビなどでも画像はよく放映されています。世界一巨大な彫刻建築の前にインドの国花?ともいえるマリーゴールドが美しく咲いていました。もう少し余裕のある旅だったら、カイラーサナータ寺院を岸壁の上からも覗き込んで見たかったです。出来れば朝は上から見て、夕方に順光で正面や窟内を見るのが良さそうです。このヒンドゥー寺院の着工が西暦757年、完成が975年ですから200年以上も掛...

  20. アジャンタ石窟寺院の脇役 - TOM'S Photo

    アジャンタ石窟寺院の脇役

    寺院の正面や堂内メインの仏様とは別に、柱や梁に飾られているレリーフが逸品ぞろいです。

総件数:63 件

似ているタグ