石原慎太郎のタグまとめ

石原慎太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには石原慎太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「石原慎太郎」タグの記事(5)

  1. 石原慎太郎「透きとおった時間」じつはロボットの話 - 憂き世忘れ

    石原慎太郎「透きとおった時間」じつはロボットの話

    これはビックリ!!石原慎太郎さんの「透きとおった時間」1956年「文学界」7月号に載った短編です。ラグビーの試合で首を骨折。身体がまったく動かなくなった「彼」が、死を前に回想やら何やら……。なのですが、どうも変。不自然というか違和感というか。よくよく読むとね、ロボットでしょ!!!題名を解読します。透きとおった=「すき」は和歌のお約束で「す棄」「とおった」だけ残ります。時間=じかん=ぢかむ=血...

  2. 「スプートニクの恋人」第7章は「完全な遊戯」か - 憂き世忘れ

    「スプートニクの恋人」第7章は「完全な遊戯」か

    「スプートニクの恋人」は石原慎太郎さんの小説について書いているという仮説のもとに読んでいます。第7章は「完全な遊戯」でしょう。前の記事でご確認ください。https://tamegoro.exblog.jp/27217261/エーゲ海=映画会または映画界。色は不自然で、細部はぎこちなかった。背景ははりぼてで、星は銀紙でてきていた。接着剤や釘の頭が目についた。古い時代の記録映画のように〜すみれの...

  3. 「スプートニクの恋人」第5章は「処刑の部屋」か - 憂き世忘れ

    「スプートニクの恋人」第5章は「処刑の部屋」か

    「スプートニクの恋人」は石原慎太郎さんの小説について書いているという仮説のもとに読んでいます。ところが、石原さんの小説は「太陽の季節」「完全な遊戯」の文庫本しか読んでいない。「スプートニク」は16章あります。これはキツい。1、2章は解りましたが、3、4章は不明。第5章でやっと、思い当たるものに遭遇。「処刑の部屋」です。じつは映画の撮影というオチ。前の記事でご確認を。https://tameg...

  4. 若者を殺す暴走老人は石原慎太郎の世代 - 楽なログ

    若者を殺す暴走老人は石原慎太郎の世代

     先ほど、都道で警察のパトカーが小型トラックに停止しろと呼び掛けて前に割り込むのを目撃した。トラックの速度は、かなりゆっくりだった。パトカーの警官は、トラックの運転手が運転中にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」でもやっていると思ったらしい。あれは事故がよく起きていて死亡者も出ている。 しかしトラックが停止して、その運転手(働き盛りのおじさんという印象)は、道がわからなくて地図を見ていた...

  5. 石原さん、本当に「太陽の季節」書いたの? - 憂き世忘れ

    石原さん、本当に「太陽の季節」書いたの?

     寝る前に、ユーツベで朝堂院大覚総裁の話を拝聴していたら、石原慎太郎さんのことを言っていました。「子供を産まない女に生きている価値は無い」みたいな発言ね。また、再燃しているらしいです。かなり昔に言ったような気が。 そんときは、まあ世間がわーわー言うのを楽しんでいる。ネット用語でいうと「釣り師」ですね。  総裁は「あの男は、女と金と酒にしか興味がない」とか、おっしゃっているわけでございます。 ...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ