石川啄木のタグまとめ

石川啄木」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには石川啄木に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「石川啄木」タグの記事(9)

  1. 札幌「天神山緑地の桜」と石川啄木 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    札幌「天神山緑地の桜」と石川啄木

    札幌の桜の名所の一つ「天神山緑地」へ行きました。 天神山緑地豊平区平岸1条18丁目・2条16-17丁目 市営地下鉄南北線澄川駅で下車、15分ほど歩きます。ラーメンの名店「さっぽろ純連本店」と相馬神社を目印に左折。きつい坂を登り、神社に参拝。神社の後ろに天神山緑地が広がります。相馬神社は明治35年1月に福島県相馬郡太田村にある相馬太田神社の御分霊を奉還したのが始まりです。 天神山神社のある平岸...

  2. 冬の名残か大雪山連峰 - 北海道photo一撮り旅

    冬の名残か大雪山連峰

    所用がありまして旭川市に行っていました。気温が低く天候には恵まれませんでしたが、昨日午後になって春陽を浴びた大雪山連峰が、、、「ふるさとの山に向かひて言うことなしふるさとの山はありがたきかな」石川啄木にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお目に留まりましたらお好きなバナーのクリックをお願いいたします

  3. 丹頂の丹 - 北海道photo一撮り旅

    丹頂の丹

    丹頂鶴の頭頂部の赤い色は羽毛ではなく皮膚だそうです。繁殖期には赤色が濃くなるようですね~「丹頂」の「丹」は古色の赤、朱色系のことで、古より霊力のある色であり、仙丹、薬でもあったようです。十五歳の「石川啄木」が詠んだ歌を思い出しました(以下、以前のブログからです)漂泊の歌人「石川啄木」が盛岡中学の級友と連立って秋田県鹿角地方へと小旅行したのが明治三十四年七月のことで、啄木十五歳の時でした。岩手...

  4. 渋民公園(盛岡市玉山区渋民)にて - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    渋民公園(盛岡市玉山区渋民)にて

    石川啄木の故郷、盛岡市玉山区渋民の渋民公園。渋民公園。啄木の駅。晩秋の景色である。啄木歌碑。全国に100余ある、啄木歌碑の第1号だそうである。・・・・・・・・・・・・・・・やわからに柳青める北上の岸辺目に見ゆ泣けとごとくに・・・・・・・・・・・・・・・鶴飼橋。北上川に架かる橋。旧・鶴飼橋は洪水の度に流されたらしい。啄木も渡ったであろう。岩手山を背景にする、渋民公園。お天気が良ければ、最高のL...

  5. 《人》 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    《人》

    深々静寂。遠聞梟声。漂包冷気。炎炉赫燃。「世のはじめまず森ありて半神の人そが中に火や守りけむ」石川啄木

  6. 『秋日夕暮』 - 『ヤマセミの谿から・・・ある谷の記憶と追想』

    『秋日夕暮』

    (空) ・・・・遠い追想明日の記憶・・・・・・『父のごと秋はいかめし母のごと秋はなつかし家持たぬ児に』(明治41年9月14日石川啄木)

  7. 芥川「詩集」は石川啄木? - 憂き世忘れ

    芥川「詩集」は石川啄木?

    これも難解です。文庫でたった2ページ。「彼」が「夢みつつ」という処女詩集を出した。巻頭の詩が、夢みつつ、夢みつつ日もすがら、夢みつつ……この詩集がまったく売れない。三年経って、詩集は北海道へ。紙袋になり、それから林檎に掛ける袋になる。夢みつつ、夢みつつ日もすがら、夢みつつ……と、四回も出て来る。何なんだ!!よくよく考えると解る。これさあ「寝言」ってことだよね。さて、北海道ですか。題名を解読し...

  8. 啄木と薄暮の釧路川 - 北海道photo一撮り旅

    啄木と薄暮の釧路川

    久しぶりの釧路です。以前に来たのは「石川啄木」の歌碑を訪ね歩く旅でした。啄木は明治四十一年一月、厳寒の釧路駅に降りた印象を「さいはての駅に下り立ち雪あかりさびしき町にあゆみ入りにき」と詠みました。「さびしき町」にわずか二ヵ月半ほどの滞在でしたが、多くの歌を詠み残しました。釧路市内には二十五の歌碑があり関連の住居や寺などを訪ね歩くと二日では回り切れないほどでした。今日の画像は、啄木が勤めた釧路...

  9. 108枚目:石川啄木 - 明日への小ネタ

    108枚目:石川啄木

    108枚目です。この像は石川啄木さんです。大通公園になぜかポツンとあったので気になってパシャリ。いい写真だとかそういう類のものではなくて、ただの思い出です。大通公園に行く機会があったら話しかけてあげてください。

総件数:9 件

似ているタグ