硫黄岳のタグまとめ

硫黄岳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには硫黄岳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「硫黄岳」タグの記事(10)

  1. 凍傷1 - 山登り系 KADHAL

    凍傷1

    朝ごはんの全粒粉パンケーキ。薄く薄く焼いて、バターをつけて。1月13日(水曜日)。朝から晴れの予感。風もなく、凪いだ海面はガラスのよう。今日はいきなり12度まで気温があがる。朝の光は、すこしだけ春の匂いがした。硫黄岳。さすがのマイナス20度は厳しかった。これは、エベレスト山頂と同じ気温(涙)。うそですよね。ネックゲーターとゴーグルの間の顔の皮膚がやられ、赤黒くなっている。皮膚科に行くと、「軽...

  2. 【硫黄岳】 - 山登り系 KADHAL

    【硫黄岳】

    1月9日~10日で、硫黄岳に登りました。【ルート】美濃戸口→夏沢→行者小屋→赤岳鉱泉(一泊)→赤岩ノ頭→硫黄岳(2742M)→赤岳鉱泉→北沢→美濃戸口途中、遠くに見え始めた八ヶ岳の山頂部は、厚い雲に覆われ、案の定、山頂部はこの状態。気温マイナス20度。強風のため、体感温度は間違いなくさらに5度は低いはず。防寒対策は十分にしたつもりでしたが、顔が(軽い)凍傷に。赤く腫れて、ただただ悲惨・・・何...

  3. 一瞬の青空 - GreenLife

    一瞬の青空

    硫黄岳登山2日目午前5:00起床6:00過ぎ、赤岳鉱泉を出発樹林帯をひたすら進むそして、そろそろ樹林帯を抜けようか、というあたりでなんと、雪が降ってきた!しかも、風が強いことで有名な硫黄岳・・・どうにか「赤岩の頭」までたどり着いたものの、展望は期待できず・・・私はこのまま引き返したかったのだが、「もうちょっと行ってみる」と言い残し、進み続けるむにお・・・そんなむにおの姿をしばし眺めていると、...

  4. 青空とアイスキャンディー - GreenLife

    青空とアイスキャンディー

    硫黄岳登頂に向け、赤岳鉱泉へと歩み進めた我々天気のいいこの日のうちに硫黄岳に登頂できれば最高なのだろうが、初っぱなから道を間違えたり、踵が靴擦れしたり、何しろ、歩みが遅い・・・それでも、山頂から見えるであろう壮大な光景に想いを馳せながら黙々と歩みを進めたそして、ついに、この日の目的地、赤岳鉱泉に到着!アイスキャンディーは溶けていなかった!健脚者ならば、このまま硫黄岳へと向かうのだろうが、我々...

  5. 霜の降りた朝に - GreenLife

    霜の降りた朝に

    3月1日の早朝美濃戸口に建つオシャレなCafeを横目に硫黄岳登頂に向けて歩き始めた徐々に太陽は上へ上へ木々や葉についた霜や雪は溶かされ、キラキラと輝いた歩くこと2時間(本来なら1時間ほどのはずだが、歩みが遅い&スタート地点で道を間違えたため)ようやく最初の目的地に到着した小屋の裏にあったアイスキャンディー(人工氷壁)は氷柱のオブジェと化していた・・・これから向かう赤岳鉱泉は立派なアイスキャン...

  6. 野草ちょいちょい - ぼんぼんトントン 写真

    野草ちょいちょい

    さて、前回の続き~(^O^)/硫黄岳 を通り過ぎ、横岳 へ向かいまっす!横岳。。。八ヶ岳の中では急峻な地形を持った山ですねもちろんバリエーションルートやクライミングルートが豊富な八ヶ岳一般登山道としてはキビシイ、、ってハナシ!厳冬期の縦走なんかでは気を使う場所だったりします硫黄岳山荘を過ぎ、ちょっと振り返るまだこの辺はなだらか~徐々に 横岳 が見えてきましたぜ岩々してますなぁ~注意して登って...

  7. 八ヶ岳歩く - ぼんぼんトントン 写真

    八ヶ岳歩く

    今回行ったお山は八ヶ岳に属する硫黄岳 と 横岳 でゴザイマス(^O^)/6月2日の 八ヶ岳開山祭 を翌日に控えた1日に登山開始開山祭がらみでどこの山小屋でも今日は前夜祭イベント目白押し!全山なかなか賑やかな雰囲気に包まれておりました今回は硫黄岳への最短楽ちんコースの桜平駐車場 → オーレン小屋 → 夏沢峠 → 硫黄岳 ⇔ 横岳ピストンとなります♪前夜発桜平 上 駐車場で車中泊まったり車内で明...

  8. なんであんな危ないことを… - モルゲンロート

    なんであんな危ないことを…

    安川茂雄『北岳の夕映え』を読みました。中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳等での遭難の記録です。長年山に登っていると、僕らもヒヤッとしたことは何度も、「あかん!」と思ったことも何度かありますが、今回、八ヶ岳の硫黄岳(ややこしいですが、八ヶ岳というのは富士山のような1つの山ではなく、硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳等という幾つものピークを持つ、南北に長い山塊です)での遭難記を読んでよみがえったのは――ふたり...

  9. 2008年夏の思い出*八ヶ岳*② - 清治の花便り

    2008年夏の思い出*八ヶ岳*②

    ①からの続き赤岳山頂から横岳に向かう赤岳を振り返る突如ニホンカモシカお互いにびっくり道を譲り合って猛ダッシュで走り去った横岳硫黄岳へ大同心再びニホンカモシカコマクサ群白い花も硫黄岳山荘に一泊ここの親父が青年小屋の兄貴さんだった御来光を拝んで硫黄岳山荘の朝雲海を見ながら硫黄岳へ南八ヶ岳全貌硫黄岳山頂赤岳鉱泉へ下山します硫黄岳を振り返るダケカンバの隙間から赤岳鉱泉を通過お花ちゃんは機会があれば・...

  10. 解放感 - Aruku

    解放感

    赤岩ノ頭森林限界視界が開けるモヤモヤしたココロの違和感が解放されるような感覚見渡す景色が気持ちいい硫黄岳を目指してAruku

総件数:10 件

似ているタグ