碗のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには碗に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「碗」タグの記事(11)

  1. 気を取り直し、制作・畑の野菜(No.83) - 薪窯冬青犬器

    気を取り直し、制作・畑の野菜(No.83)

    左の小皿が「いいんじゃないか」と言ってくれる人がいたので、似た感じで作ろうと思いました。厚手の割に軽く感じるというのです。作者としては、小皿にしては深め、小さいのに縁が厚手、薄黄色味あたりもいいのかな、ということで、美濃の五斗蒔系の土を取り寄せて作りました。ちょっと通っぽい「弥七田」(という場所の?)土です。奥に砂目は感じますが、扱いやすい土です。久しぶりの制作なので、たった3つつくるまでに...

  2. 黒焼締小碗 - なづな雑記

    黒焼締小碗

    黒焼締小碗Φ98xh60¥8,640黒焼締小碗Φ98xh60¥8,640黒砂化粧片口 Φ87(97)xh82¥19,440白金彩焼締丸盤皿Φ262xh23¥37,800黒焼締小碗Φ98xh60¥8,640黒焼締ポット400ml ¥37,800黒焼締小碗Φ98xh60¥8,640黒砂化粧片口 Φ87(97)xh82¥19,440黒焼締小碗Φ98xh60¥8,640黒焼締ポット...

  3. 銀彩碗に - なづな雑記

    銀彩碗に

    村上躍銀彩碗ハタノワタル敷板

  4. 能登椀一の碗 - なづな雑記

    能登椀一の碗

    赤木明登能登椀一の碗Φ162xh80¥16,200赤木明登能登椀一の碗Φ162xh80¥16,200赤木明登能登椀一の碗Φ162xh80¥16,200縁高丸盆Φ300 x h30 \17,280赤木明登能登椀一の碗Φ162xh80¥16,200赤木明登能登椀一の碗Φ162xh80¥16,200縁高丸盆Φ300 x h30 \17,280赤木明登能登椀一の碗Φ162xh...

  5. 山田隆太郎さんの碗 - うつわ楓店主たより

    山田隆太郎さんの碗

    今回で3度目の山田隆太郎個展を9日(水)~14日(月)まで致します。明日のうつわ到着は夕方になりますので、先にDMの碗をご紹介致します。真上からDMの一番左粉引き碗口径138xh75ミリDMの奥口径145xh90ミリDMの奥右から2番目灰釉碗口径160xh75ミリ手前の飴釉碗口径135xh78ミリDMの右側刷毛目碗口径135xh70ミリ価格などは明日の店主たよりでご案内致します。今月の臨時休...

  6. 本焼き、完成!、本当に久しぶりの完成です! - 皿 皿 碗 碗 ;週末陶芸 作陶(第6期)

    本焼き、完成!、本当に久しぶりの完成です!

    陶芸サークルで、先週本焼き、水曜日に窯出し、私は窯出し参加出来ませんでしたので、本日、作陶にて、作品完成を確認しました。まあまあですかねー、至らないところもあり、配慮不足もあります。もう少し研究が必要と思われるものもあります。それはそれで、対応するとして…。泡模様です、小鉢かなにか、ぐい呑み?ショットグラス?同じく、ご飯茶碗同じく、銅鑼鉢黒泥に乳白、ご飯茶碗黒泥に乳白、茶碗と銅鑼鉢のセット、...

  7. 大中和典展明日までです - うつわ楓店主たより

    大中和典展明日までです

    大中和典さんの個展残り2日になりました。幅広く大中さんの仕事をご覧頂く事ができた展覧会でした。常設ではなかなか手に取る事が出来ない一点物の作品ばかりなので、今回も沢山のお客様にご覧頂きました事有り難うございます。明日は最終日のため、17時で終了になります。臨時休業についてうつわ楓26日(火) 定休日27日(水)・28日(木)は臨時休業となります。shizen 26日(火)定休...

  8. 磁土で、薄いカップを作ってみた。 - 皿 皿 碗 碗 ;週末陶芸 作陶(第6期)

    磁土で、薄いカップを作ってみた。

    陶芸教室で、作陶です。碗ばかりで、飽き敵なので、湯のみだかなんだか、円筒形カップを作ってみた、このまえ、本屋で、陶芸家の何とかさんの作品をそのまま真似であるが、シンプルなカタチなのだが、真似になっていないのが残念、まあそれはそれで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、碗などは、土を上に引上げて、広げることによって、薄くなるのだが(必ずしもそういうわけでもないのだが、原理原則だとそういう...

  9. 深川製磁 碗2種 - 大正から昭和の器

    深川製磁 碗2種

    これはよく見かける深川製磁の碗2種ですね。やっぱり文様が綺麗です。薄いから割れやすそう(^^;;右側が3客、左側が2客あります。

  10. 碗 2種 - 大正から昭和の器

    碗 2種

    碗。両方有田なのかな?左はずっしりと重い。やや大きめ。右は少し欠けあり。これは欲しい人はいないかな。右は、鍋島泰山と書いてあるようです。

  11. 電動ロクロによる練込象嵌の碗、呉須などの青色を作成する - 皿 皿 碗 碗 ;週末陶芸 作陶(第6期)

    電動ロクロによる練込象嵌の碗、呉須などの青色を作成する

    陶芸教室にて、作陶です。電動ロクロによる練込象嵌の碗、呉須などの青色で作成、碗の完成度が、良くなったことと、やはり何がしか楽しいことを仕掛けていかないと、面白くないし、先週行った碗の高台削りの時に、練り込み象嵌は模様が現れ楽しい。そんなことから完成度が高く楽しい碗の作成です。この碗の、欠点は、上から見ると、模様が全く見えなく、面白味がないこと。裏はこんな感じです。削りは来週、ある程度乾いたの...

総件数:11 件

似ているタグ