確率論のタグまとめ

確率論」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには確率論に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「確率論」タグの記事(7)

  1. 実は、確率統計の話をまるごと補うための本・・・長沼伸一郎『経済数学の直感的方法―確率・統計編』 - 九峰の備忘録

    実は、確率統計の話をまるごと補うための本・・・長沼伸一...

    長沼伸一郎『物理数学の直感的方法』を読んで、早速『経済数学の直感的方法―確率・統計編』講談社ブルーバックス(2016/11)を注文した。すると何と、“『物理数学の直感的方法』の続編として、同書で抜けていた確率統計の話をまるごと補うための本”だというではないか。願ったりかなったりぃ。今、半分を少し過ぎたあたりまで読んだところ。。。ふむふむ、です。今まで読んだ確率統計の教科書とは、ぜんぜん違うア...

  2. 確率論と測度論・・・『測度・確率・ルベーグ積分』 - 九峰の備忘録

    確率論と測度論・・・『測度・確率・ルベーグ積分』

    原啓介『測度・確率・ルベーグ積分』講談社2017オーテピア図書館に、長沼 伸一郎『経済数学の直観的方法』を借りようと思って行ったら貸出中で、たまたまこれを見つけた。コルモゴロフの公理的確率論による確率空間と確率の定義を、測度論で定義すると、p18のようになるらしい。定義1.12確率空間、確率以下の自要件を満たす三つの組(Ω、F、P)を確率空間と呼び、そのPを確率測度もしくは確率という。1(Ω...

  3. フィッシャー『統計的方法と科学的推論』 - 九峰の備忘録

    フィッシャー『統計的方法と科学的推論』

    R.A.フィッシャー『統計的方法と科学的推論』岩波1962(オンデマンド2014.9)入門書とは少し違った数式があって、わかりづらい。順列組み合わせを復習しないと・・・。ベイズについては、二章、三章、五章などに出てくる。六章には対称行列が出てくる。

  4. 確率の意味の解釈(主観確率と客観確率)・・・森田邦久『理系に役立つ科学哲学』 - 九峰の備忘録

    確率の意味の解釈(主観確率と客観確率)・・・森田邦久『...

    科学論の面白い本を見つけたのでメモ。戸田山和久『科学哲学の冒険』 と併せて読むと、わかりやすくなる。-------------------------------------------------------------------------森田邦久『理系に役立つ科学哲学』(化学同人2010) ◆Ⅰ部科学の基礎を哲学する1.科学と推論:科学で使う推論は問題だらけ?2.科学の条件:科学と非...

  5. 心理的確率と、物的確率・・・小島博之氏のブログより - 九峰の備忘録

    心理的確率と、物的確率・・・小島博之氏のブログより

    hiroyukikojima’s blogという、小島博之氏のブログを見つけた。小島氏は、この前オーテピア図書館から借りた『完全独習-ベイズ統計学入門』ダイヤモンド社(2015)の著者だった。もういいかげん、確率論の新しい時代に入ろう というタイトルのブログが、興味深かったのでメモ。以下、引用・・・・・・・・・・・・・・・・・(一部改行した)【現在の確率論の定番は、コルモゴロフの公理化したも...

  6. 公理論的な方法・・・確率の場合(盛山和夫『統計学入門』) - 九峰の備忘録

    公理論的な方法・・・確率の場合(盛山和夫『統計学入門』)

    以下の方法は、我々も使える。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・盛山和夫『統計学入門』ちくま学芸文庫2015p122現在の確率論は、一般に公理論的確率論として展開されています。公理論的というのは、ある基本的な構造を公理という前提として設定し、その前提を出発点としてさまざまな定理を数学的に導き出していくというやり方です。ここでは、確率とは何かについての実体的な考え方...

  7. 『社会科学と因果分析ーーウェーバーの方法論から知の現在へ』 - 九峰の備忘録

    『社会科学と因果分析ーーウェーバーの方法論から知の現在へ』

    前回借りた、同じ著者の『社会学の方法』ミネルヴァ書房 (2011/9/1) が、なかなかおもしろかったので、オーテピア図書館にリクエストして入るのを待っていた。ようやく入庫(入架?)したので、先週借りてきた。因果推論とか、確率論とか、反事実的条件とか、ベイズ統計とか適合的因果とか…色々と読み応えがありそうな内容だ。p267の図には、因果分析の方法論をめぐる影響関係というのがあって、リッカート...

総件数:7 件

似ているタグ