礼儀のタグまとめ

礼儀」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには礼儀に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「礼儀」タグの記事(10)

  1. 親の責任はひじょ~~に重い - disnote

    親の責任はひじょ~~に重い

    前回のタイトルが波長アゲアゲで今回は撃沈でこの差なんなんとちょいウケたけど(笑)今日は悩みが重すぎて…ドーーンとなりすぎて病むわ…神様の足元にすがりつきたい心境なくらい😭Photo by Aachal on Unsplashあれこれ色々考えても仕方ないのだけどまた他の人の知恵もお借りしようかなとか思っております。息子まだ19歳で、彼女かなんだかつれてきて成人とっくに過...

  2. まるでどちらが上かを競い合っているように見えてしまうのは、私だけですか? - 糸のない凧

    まるでどちらが上かを競い合っているように見えてしまうの...

    他人にはそこまでしなくていいと言いながら、あなたはどうしてそこまでするのでしょうか。他人にはそんなに気を遣わないでと言いながら、あなたはどうしてそんなに気を遣うのでしょうか。他人にはお返しはいらないからと言いながら、あなたはどうして必ずお返しをするのでしょうか。それが、礼儀だからですか?それが、常識だからですか?それならば。はい、わかりましたと、私が何もしなければ。あなたは私を、礼儀知らずと...

  3. 正しくは・・・ - 赤坂・ニューオータニのヘアサロン大野ザメイン店ブログ

    正しくは・・・

    私は間違ってました皆さんは知ってましたか?MM

  4. 現代日本人に著しく欠如しているもの - イチバン

    現代日本人に著しく欠如しているもの

    全部とは言いませんが最近、会社や電車内、休日での人々の行動、言動などを見ていると現代日本人に著しく欠如しているものがいくつも感じれる・・・・一番、残念に感じるのは、「礼儀」。次が「規律」。親から子へ、と正しくしっかりと躾や教育などをされている人とそうでない人との違いがハッキリと出てしまってますね。★管理栄養士★管理人はこんなひと★ナツキの日記★過払い金返還請求★カルピス乳酸菌・酵母★映画の日

  5. 挨拶。 - 自由空間の間取り

    挨拶。

    しかし、毎日毎日暑い・・・。(^_^;)歩行訓練もかなりキツイです・・・。自分の場合は、散歩しているわけではなく、「歩行訓練」をしておりますから。散歩レベルなら、適当に歩いて、疲れたら休憩して、喉が渇いたら水分補給して。あくまでも気楽にやれるものだと思っておりますが。自分の場合は「歩行訓練」として毎日2度歩き回っております。可能な限り早歩きを続けて、赤信号でも停止せず、歩行を続けます。目標の...

  6. 礼儀のなか、サッカーの試合 - 方言ブログ(博多弁ブログ)

    礼儀のなか、サッカーの試合

    こんところ、連日ウインブルドンのテニスば見てそんあと、ワールドカップの試合ば見る事が多かっちゃがそん都度気になるとが、選手のマナーたいテニスは、試合後は勿論試合中でちゃお互いのプレイヤーに対して思いやりやら相手ば讃え、敬う姿勢が随所に見られるといサッカーは、相変わらず押し倒したり足ばかけたり、服ば引っ張ったり試合中に喧嘩が始まったり見るに耐えん行為が多かとたいあれが、サッカーの当たり前の行為...

  7. 映画も面白かった映画「否定と肯定」 - 梟通信~ホンの戯言

    映画も面白かった映画「否定と肯定」

    2時3時と目が覚めて、そのたびに落語を聴いてごまかして二度寝をしたが、4時に目が覚めたときは、村上春樹「騎士団長殺し」を読んだ。「礼儀上(なにかをする)」というセリフがときどき話されるのがイタイ。礼儀知らず、むしろそれを売りにするようにして生きて来たから。社交、礼儀、そういうのは中身のない上流社会の連中の虚飾識別票だ、ってな調子で。気がついたら、自分がいちばん中身がないじゃないか。70を過ぎ...

  8. 続礼儀と礼節 - 流れる雲のように

    続礼儀と礼節

    礼儀と礼節についてこの日記で書いていた記事に昨日多くのアクセスがありました。礼儀と礼節礼儀と礼節の違いについて書いていたものですが、今日それを読み返してみるとそんな違いについては、全く覚えておりませんでした。ただひたすらになるほどなぁ~と・・・・。長幼の序がきちんと行動に表れ、礼節が少しでもある人間になりたいものだ。そう思うなぁ~、私・・・・・。

  9. 未婚のアラフォー、アラフィフに共通な残念 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    未婚のアラフォー、アラフィフに共通な残念

    先週末に実家の近所の幼馴染の女性を食事に連れていった。アラフィフで未婚である。ちゃんとエスコートして会話を弾ませたし、とびきり美味しい料理とワインを振舞った。数日たったがやっぱりだ。お礼のメールが来ない。これは女子力のない典型的な例だ。キャバ嬢を見習えばいいのにとおもう。確実に2ヶ月はLINE祭だ。そりゃ、再来店するわ。で、この腐れアラフィフどう取り扱うか?もう食事に連れていくことはないだろ...

  10. 恥ずかしさを知る - たしかな歩みを。

    恥ずかしさを知る

    公の目に触れるブログだから詳細なことは書けないけど、一晩腹の中で溜めておいてもやっぱりどうにも消化できないから、少しだけ吐かせてもらおう。お金や権威・そして自由気ままが過ぎると、人はどんどんだめになるらしい。そんな人を見るとがっかりする。がっかりするだけならいいが、その態度でこちらにも接してくるものだから、正直腹も立つ。その人がだらしがないだけなのに「こうすれば何にでも使えて無駄にもならない...

総件数:10 件

似ているタグ