社会問題のタグまとめ

社会問題」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには社会問題に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「社会問題」タグの記事(24)

  1. 緊急事態宣言の第一回目のこと、連休中の数字などを調べてみた - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 芸術営 アーツ 文化政策 コモン自治     

    緊急事態宣言の第一回目のこと、連休中の数字などを調べてみた

    2021/5/5(水)連休の最後。去年のGWは何をしていただろうと思って自分の日録などを見ると、オンライン授業の準備に追われていた。まあ、結局、忙しくしていて、でも、ほとんど自宅にいたわけだ。緊急事態宣言の第一回目はどうだったのだろう?京都府は、4/16から緊急事態に入り、5/21に解除されたのだったのか。この頃はずいぶん緊張していたことは覚えている。(参考)緊急事態宣言 1回目の状況NHK...

  2. 貧困を美化する風潮にクギを刺す衝撃のノンフィクション Nomadland (Jessica Bruder) - ジャケ買い洋書日記

    貧困を美化する風潮にクギを刺す衝撃のノンフィクション ...

    米国アマゾン・ドット・コムが、自社の倉庫で働くスタッフのためにキャンピングカー用の駐車場を借り上げている。…この本でその事実を知ったとき、あまりの驚きで空いた口が塞がりませんでした。スタッフの福利厚生のためにオートキャンプ場を整備して余暇を楽しんでもらうとか、そういう呑気な話ではないんですよ。米国アマゾンが借り上げた駐車場を利用しているのは、生活に困窮していわゆる「普通の家」に住むのを諦め、...

  3. 近未来に思いを馳せながら現代社会を見つめ直す クララとお日さま/Klara and the Sun (Kazuo Ishiguro) - ジャケ買い洋書日記

    近未来に思いを馳せながら現代社会を見つめ直す クララと...

    2011年の春、東日本で起こった震災が日本中に暗い影を落としていたころ、私はカズオ・イシグロの『わたしを離さないで』を読んでいました(稚拙な感想を雑記ブログに残しております)。あれからちょうど10年と言うタイミングで、カズオ・イシグロの新作『クララとお日さま(原題 : "Klara and the Sun")』を手に取ることになりました。イシグロは10年前と同じように、先...

  4. 遊劇舞台二月病再会公演『night way』ウイングフィールド - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 芸術営 アーツ 文化政策 コモン自治     

    遊劇舞台二月病再会公演『night way』ウイングフ...

    2021/2/27(土)谷町駅から長堀橋駅へ。とても久しぶり。昔は、中国人など外国人が大勢歩いていて、いまは人手自体少ない。ウイングフィールド。遊劇舞台二月病再会公演『night way』、11時半から13時20分。10分ぐらいの休憩。帰りは、確かに人数を調整して降りていく必要がある。感染対策は念入りになるのは、ここの芸術場だから、特にそうなるのだろう。8年前に初演したもの。殺される牛。牛を...

  5. セービングしたという森喜朗さんボールを拾うとしている川端三郎さん - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 芸術営 アーツ 文化政策 コモン自治     

    セービングしたという森喜朗さんボールを拾うとしている川...

    2021/2/11(木)あまり紀元節関係のニュースは出ていなかったなあ。ただ、次期の五輪組織委員会会長だと報道されている川端三郎さんのツイートが、右派の論客に賛同したりしていて、嫌韓意識は明らかだし、反中でもあるようだし、うまく、そういうイデオロギーを封印して会長として、五輪の中止か開催かだけに指揮を取るのかどうか?きになっている。しかし、森喜朗さんは、ラクビーのセービングをして、スクラムハ...

  6. 親友へのメールの一部より - 追憶の小箱

    親友へのメールの一部より

    photo / ku:nel から昭和が話題になりましたが、やはりあの時代の文化は人々が繋がっていてよかったです。バブル経済が崩壊する頃はまだそれが続いていたように思うのですが、21世紀が始まり、情報化社会がスピードアップしてから、生活が変わり、社会が変わり、商業化した情報によって残ってほしい文化が壊されてしまったのは残念です。そして20年経過、ますます、文化といえない高度化した情報が世の中...

  7. 人に優しくしたくなる、そして今すぐ行動したくなる本 The Soup Movement (Ben Davis) - ジャケ買い洋書日記

    人に優しくしたくなる、そして今すぐ行動したくなる本 T...

    仕事帰りに銀座の某書店で出会った1冊。カバーデザインをひと目見て、裏表紙のあらすじを確認することもせずにすぐさまレジに直行したのでした。「スープ」という単語を目にしただけで心がじんわり温かくなって…。そうです、夕方だったのでお腹が空いていたのです。湯気のたちのぼるスープを手渡す男の子と、地べたに座ってそれを受け取る青年。本のタイトルとイラストから想像した通りの、いいお話でした。辛い出来事も描...

  8. 『文化庁芸術祭参加作品戦争が生んだ子どもたち』制作:朝日放送テレビ株式会社 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 芸術営 アーツ 文化政策 コモン自治     

    『文化庁芸術祭参加作品戦争が生んだ子どもたち』制作:朝...

    2020/12/20(日)キャリア開発演習Ⅰの課題のチェック。あとは、のんびり。録画していたドキュメンタリー。具体的な3名のダブルの人たち。日本にいてもアメリカにいても居場所がない、いじめや虐待。在日問題と同じ根っこ。黒人兵のお父さんがいなくなったとたん、大工の人が一転してつばを吐き暴力を与える。自分がアメリカ兵ではなかったのに・・・『文化庁芸術祭参加作品戦争が生んだ子どもたち』https:...

  9. 村上陽一郎編『コロナ後の世界を生きるー私たちの提言』岩波新書 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 芸術営 アーツ 文化政策 コモン自治     

    村上陽一郎編『コロナ後の世界を生きるー私たちの提言』岩波新書

    2020/12/11(金)今日は夕方早く帰る。村上陽一郎編『コロナ後の世界を生きるー私たちの提言』少しずつ、通勤の合間に読んでいる新書。14世紀半ば近く、全世界したペストの話とか、歴史に学ぶことが多い。病原体というような観念はまったくなかった時代。しかし、経験則から、ペストは猖獗を極めている地域から入稿する船は40日間港外に留め置かれるという処置がおられたりしたという。人―人感染の機会を減ら...

  10. ETV特集「調査ドキュメント~外国人技能実習制度を追う~」など - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 芸術営 アーツ 文化政策 コモン自治     

    ETV特集「調査ドキュメント~外国人技能実習制度を追う...

    2020/10/18(日)コロナ災害以前、外国人労働者問題が気になっていたが、やはり、コロナで、弱いところが一番傷んでいる。NHKのEテレをNHKプラスに登録してみたのだが、北海道放送局でもこういう取材があって、私の払っているNHK受信料、少しは戻ってきているのかも知れない。内閣批評はなかなかできないのは歯がゆいが、ドキュメンタリーで暗にオカシイところに国民の目を向かわせるのはできるかも知れ...

  11. 流通と転売 - 戯画漫録

    流通と転売

  12. NHK「ベトサダ漂流記〜ホームレス支援施設で〜」 - 【こぐれ日乗】by 小暮宣雄 芸術営 アーツ 文化政策 コモン自治     

    NHK「ベトサダ漂流記〜ホームレス支援施設で〜」

    2020/8/30(日)梅雨明けが遅かった分、酷暑が続く。どこにでかける気持ちにもならない。朝、見たドキュメント。NHK「ベトサダ漂流記〜ホームレス支援施設で〜」予定調和的でないNPOの姿。今からだよという現代表の山崎貴志さん。これが本当の再チャレンジだ。自らの失敗はかなり深かった。なにもないところからの救い。無条件に許す行為。これは宗教的力がないとなかなかできないのかも。安倍晋三さんの二期...

  13. 全3作読了!ハラリ先生、ありがとう。 - ジャケ買い洋書日記

    全3作読了!ハラリ先生、ありがとう。

    あれは2月の終わりごろ…お店の棚からマスクやトイレットペーパーが消えはじめていた時期、私は人間として生きているのがつくづくイヤになっていました。ある日の近所のスーパーで、トイレットペーパーの最後の1パックを客が奪い合っているのを目の当たりにした時、仕事帰りで疲れていたこともあって、「この世はもう終わりだ」と思いました。別の日の同じスーパーで、奥さんに命令されて来たっぽいオジサンがミネラルウォ...

  14. 自粛生活で思い浮かぶ一つの言葉 - 追憶の小箱

    自粛生活で思い浮かぶ一つの言葉

    劇作家・平田オリザ氏の著作『下り坂をそろそろ下る』は、地域間の文化資本の格差に触れ社会を考える策を述べており、文化を中心にした価値観でマチをつくり直す提案をした個人的にも役立つ書物であった。経済成長で上り詰めた日本経済はいつの間にか下り坂になっており、日本は大丈夫なのか?などと思うようになったり、経済的にも一体、自分がどの位置にいるのだろうかわからなくなっている。キャッシュレスだ、ポイント還...

  15. 人口減がどうした、自然のままでよいと思う。 - 追憶の小箱

    人口減がどうした、自然のままでよいと思う。

    地方消滅という言葉のもとに、不可解な政府の地方活性化策が始まって何年が過ぎたのだろう。若者を補助金で地方定着へと誘う。4年前、この本を読む以前から、無理な人口移動には疑問を持っていたが、なるほどという解説に納得した。人口の移動は、経済活力や都市の魅力など、都市の持っている総合的な力の差異により生じているものです。それを補助金などにより逆流させようとすることこそ、日本という国の持続性を危ういも...

  16. 折り合いをつけるって難しいですね?! - 柴まみママの大多喜便り

    折り合いをつけるって難しいですね?!

    全校休校って大変な決断ですね?!しかも時期がこの年度末!卒業する子たちにとっても先生にとっても、最後のまとめ、総仕上げをするときです!尻切れトンボで終わってしまうのでしょうか・・・学校で過ごしていたはずの時間をどう過ごせばよいのでしょう。親は?仕事は?安全は?この度の動きはたとえて言うなら手術かな?!手術って荒療治ですよね。悪いところは取ってもらわないといけません。念のため広く大きく切除すれ...

  17. 言うだけ、思ってるだけでも・・・ - 2013年から釧路に住んでいます。

    言うだけ、思ってるだけでも・・・

    だいぶ前から思っている事です。よく「言うだけなら誰でもできる。やって初めて意味がある・・・」みたいな事を耳にすると思うのですが、これに関して僕はちょっと違った意見を持っています。それは・・・「言うだけでも、言わないより全然はまし!」そして・・・「言わなくても(たとえ声として出せなくても)、心に思っていれば全然OKだしっ!!何も思っていないより1000倍はいいっ!!」です。たとえ、今は見ている...

  18. 9月からの英文読解集中クラス、2名の追加募集です - 環境とフェミニズムの英会話寺子屋からあなたへ

    9月からの英文読解集中クラス、2名の追加募集です

    暑い夏もそろそろ秋の気配。9月は何か始める月 (^ ^)ノ2名の追加募集!─New Internationalist (NI) を読み語る英文読解集中クラス─────────────────────────────────【NIクラス】─全10回(9月からの前期5回、来春3月からの後期5回)英語を使うアクティビスト必読!民衆の視点で世界の問題を読み解く雑誌『New International...

  19. 見えない部分も考慮に入れて考える - 2013年から釧路に住んでいます。

    見えない部分も考慮に入れて考える

    前回の記事に書いたLCAと言う考え方がいかに実社会に役立つかをもう少し詳しく書いてみたいと思います。・・・と言っても、どう書いたらうまく伝わるか分からないので、例を上げてみることにします。例えば・・・もうしばらく前からしばしばニュース等で見かける痛ましい児童虐待について考えてみます。まず、一番悪いのは虐待した本人であるのは間違いないのですが・・・LCAの考え方を取り入れてみると・・・「虐待」...

  20. 今こそ読むべき70年代の青春小説 That Was Then, This Is Now (S. E. Hinton) - ジャケ買い洋書日記

    今こそ読むべき70年代の青春小説 That Was T...

    このカラフルな丸い物体が、悲しみを倍増させるのです…。以前ご紹介したRob Sheffield著「Love Is A Mix Tape」(レビュー記事はこちら)は、良質な音楽案内であるとともに、読書案内としても興味深い本でした。今回レビューする「That Was Then, This Is Now」は、Sheffield氏が少年時代に読んだという一冊。1971年に出版された、米オクラホマ州タ...

総件数:24 件

似ているタグ