社会性のタグまとめ

社会性」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには社会性に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「社会性」タグの記事(8)

  1. 『星の子』は「宗教映画」か - 大木道惠の創価学会問題とその周辺

    『星の子』は「宗教映画」か

    芦田愛菜さん主演の映画『星の子』、脚本と監督は大森立嗣氏。原作は今村夏子さん(朝日文庫)。公式サイトによるストーリーは以下のように記されている。「大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親は、病弱だった幼少期のちひろを治した“あやしい宗教”を深く信じていた。中学3年になったちひろは、一目惚れした新任のイケメン先生に、夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしま...

  2. 昭和5年11月20日『環境』「本誌の社会的使命」 - 大木道惠の創価学会問題とその周辺

    昭和5年11月20日『環境』「本誌の社会的使命」

    『環境』第一巻第九号発行年月日、昭和5年11月20日発行所、城文堂(時習学館内)発行者、戸田雅皓《本誌の社会的使命◇實際教育者がその日日常生活に於て最も等閑視してならない問題は、謂ふ迄もなく教材と教法との研究である。而して之こそ實に實際教育者の活動根源動力であつて、之を缺く事は蒸氣機關に燃料の缺乏したのと同様である。彼の老朽と嗤はれ、若朽と罵しられる輩の如きも、畢竟之に基くものである。◇所が...

  3. 昭和11年4月「創價教育學會綱領」全文紹介 - 大木道惠の創価学会問題とその周辺

    昭和11年4月「創價教育學會綱領」全文紹介

    昭和11年4月日本小学館『新教』第六巻第四号《「創價教育學會綱領」本会の目的創價教育學體系を中心に教育學の研究をなし、國家百年の大計たる教育の徹底的革新を遂行し、且又それが根柢たる宗教革命の斷行をなすを以て目的とす。本會の組織○正會員本學會の趣旨に賛同し、教育・宗教革命及び其の研究實踐に積極的參加の意志ある者にして研究部員、正會員、賛助會員等の推薦又は銓衡に依つて入會することを得、正會員は會...

  4. 昭和11年四月「新教—使命」全文紹介 - 大木道惠の創価学会問題とその周辺

    昭和11年四月「新教—使命」全文紹介

    創価教育学会時代の「機関誌」だった『新教』に掲載されたアピールを紹介する。該誌には「創価教育学会綱領」も掲載されているが、こちらのアピールは短かい文であるが、かえって簡潔に当時の創価教育学会の方向性などを示しているといえる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・昭和11 年4 月日本小学館『新教』第六巻第四号《月刊新教—教育宗教革命運動使命生活改善の根柢たる教育・宗教革命を目標とし、之が達成...

  5. 後藤弘『創価学会の経営学的分析』 - 大木道惠の創価学会問題とその周辺

    後藤弘『創価学会の経営学的分析』

    後藤弘『創価学会の経営学的分析』(1970/8/20)開発社四六判、並製、266頁。本文写真、7葉。表7、図11。日本能率協会刊『マネジメント』誌の昭和44年3月号から45年2月号に連載されたもの。読む価値あり。NDC6:169.1NDLC:HM191 国会図書館請求記号 HM191-18。【収蔵図書館】京都工芸繊維大学 附属図書館 九州大学 附属図書館 大阪市立大学 学術情報総合センター ...

  6. 足から運がやってくる - Miwaの優しく楽しく☆

    足から運がやってくる

    この子の足は。。。水陸両用。。ね。(笑)良く足のツボには人の内臓の反射区が集まっている。。。なんて言いますねぇ。そして風水でも足裏から運がやってくる。。。なんて言ったりします。私たちは何かあるとついつい天を仰ぎ見てしまいますが。。。実はそんな時こそ地に足がついているかをしっかりと確認すべきなんですねぇ。そう、グラウンディングです。易の卦を見てもわかるように地から変わってゆくのは風水の成り立ち...

  7. 立正佼成会による批判小冊子 - 大木道惠の創価学会問題とその周辺

    立正佼成会による批判小冊子

    かつて創価学会は立正佼成会に対して激烈な批判を繰り返し行なっていた。「西の天理教、東の佼成会を撃て!」その理論的な根拠は「日蓮正宗教学」にあった。そうした創価学会からの攻撃に対して、立正佼成会が反論していたことはほとんど知られていない。立正佼成会の庭野日敬会長(当時)を説得し、佼成会青年部が中心となって内部向けの小冊子をいくつか作っていた。佼成会青年部の中心は、後に統一教会・勝共連合に行った...

  8. 「カルト」ということ - 大木道惠の創価学会問題とその周辺

    「カルト」ということ

    「カルト」という言葉を滅多に使わない。1972(昭47)年に、この本を読んで、いろいろと学んだおかげ。創価学会については、P11、274,276,277などで言及している。『セクト—その宗教社会学』ブライアン・ウィルソン・著池田昭・訳平凡社・世界大学選書03初版発行年月日・1972/6/25四六判・並製・316頁国会図書館請求記号HP12-5【内容目次】目次/31序論——社会学的視座からみた...

総件数:8 件

似ているタグ