社会のタグまとめ

社会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには社会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「社会」タグの記事(415)

  1. コンビニ店の過疎と密集 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    コンビニ店の過疎と密集

    先日、池袋西口のビジホに泊まって印象的だったのはひとつに宿泊客の2/3が外国人旅行者(大浴場に行ったり無料朝食を食べに行くので判る)で、二つ目は、駅からの数百メートルの間にコンビニが7店もあったことだ。ぼくが暮らす周辺数キロ圏内には3店しかない。池袋西口ではファミマが道路に向かい合って3店もあった。4/10朝日の耕論で特に大都市で、事業効率を優先して過密になりすぎた。店同士が競合し、人手不足...

  2. コンビニエンス - 四月の魚

    コンビニエンス

    チェーン店より個人の店が好きだ。今はもう、どこの駅で降りても、それが隣の駅とどう違うか説明できないほど、同じチェーン店が並んでいる。コンビニ、ドラッグストア、レンタルCD屋、本屋、ファミレス、パチンコ屋・・・。つまらない。今住んでいるマンションの1階がコンビニで、もう冷蔵庫が要らないほど便利だったのだが、一昨年、オーナー夫妻が体調を崩して閉店した。それから、買い物の折には、買い忘れがないよう...

  3. ノートルダム大聖堂が・・・ - 気まぐれ感想文

    ノートルダム大聖堂が・・・

    なんということでしょう。フランス可哀想。これはショックだろうなあ。聖遺物など超貴重な文化財は無事だったそうで、それは本当に何よりだったのですが、最悪は免れたとはいえショッキングな光景でした。歴史的建造物の火災の映像は痛々しくて辛い。日頃から見慣れてるパリ市民にとっては見ていられなかったでしょうね。修復工事中だったとのことで、どうもそれ絡みの失火が原因か?といった見方もされてるようですが、もし...

  4. 朝から晩までお願いされまくり - Yasの“裏”日記・ノア

    朝から晩までお願いされまくり

    統一地方選後半、ウチの地区は、市長選、市議選に加え、衆議院の補欠選と、3つの選挙が重なる混戦状態で、道行く先々の掲示板は、候補者のポスターで埋め尽くされております(^^;それだけに、候補者の選挙カーも、朝から晩までほぼ絶え間なく走り続けており、その都度にありとあらゆる方々から、清き一票をお願いされまくってます(笑)自分はもう投票先はほぼ決めてますが、多少の迷いもあるのも確か。ま、その辺りはま...

  5. 最近のニュースいろいろ - 気まぐれ感想文

    最近のニュースいろいろ

    ・不適切発言で辞任。以前取り上げたから今回も書いてみるけど、桜田元大臣、とことん大臣に向いてなかったですねー。発言がすごすぎて驚くよりも心配になるというか、失礼ながら病院に連れて行った方がいいんじゃないかという気さえしています。「復興よりも議員が大事」とか、他の人では「自分は忖度する」もあったけど、上手いこと言って場を盛り上げようとして失敗するという、なんつーか、残念すぎる話ですね。大臣を務...

  6. バイス - 8th Round

    バイス

    9.11以降、アフガン戦争、イラク戦争と、対中東戦争を起こし、世界を変えた副大統領の物語である。政治に毀誉褒貶は付き物だが、このアレルギーのような、激しいチェイニー批判は、アメリカという世界の中心にある国家が、常に他国から、監視され、評価され、あるいは批判される事を示している。それは、未来に対する期待度の現れでもあって、現在のトランプ政権における社会の分断とは、実際には、ブッシュ政権期に基礎...

  7. 京阪乗る人“おけいはん” - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    京阪乗る人“おけいはん”

    夜半から強い風が吹いて、今朝も春の嵐。花散らしの風雨だ。昨日に花見に出かけて良かった。淀屋橋駅から〝おけいはん〟し、京橋駅からケバイ防寒着のオバチャン2人が目の前に立ったので嫌な予感……「あのな、××さんな、石原裕次郎とおうたこと自慢ばっかりやねん」と黄色の防寒着のオバチャンが紫の防寒着のオバチャンに話しかけた。電車に乗った瞬間に近所の友達の悪口を話出す大衆社会の現実に唖然とした。それにして...

  8. ブラック・クランズマン - 8th Round

    ブラック・クランズマン

    ロンは、黒人警官であり、物語の当時にすれば、珍しい人材であった。彼の任務は、クー・クラックス・クランへの潜入捜査であり、電話を使って、白人のレイシスト代表者らとの対話、コネクションを通して、支部長の信頼を得るに至り、出世して行く。白人レイシストを装ったロンは、その弁舌の鋭鋒があり、毒舌を売りにするラッパーのようであり、彼の原点というのは、黒人文化に深く根付いているに違いない。そんな彼が、白人...

  9. メディオクラシー(凡人支配)という悲劇 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    メディオクラシー(凡人支配)という悲劇

    「凡人は、概して、自分の能力を超えることをすべて断罪する」(ラ・ロシュフコー箴言集)https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/226896世界の1%の金持ちが99%の貧乏人を支配しているというが、才能の格差の比率もほぼ同じである。だが、所得格差と違って、99%の凡人が1%の非凡人を支配している。民主主義というのは99%の凡人の考えで決定...

  10. 国内外の情勢と記憶の青。 - 大自然の恵みを感じて。

    国内外の情勢と記憶の青。

    『国内外の厳しい情勢の後押し』徴兵義務としてユダヤ人国家として優遇してきた。失望から社会の分断から国が食い止める姿勢。イスラエルの総選挙で訴えているのは、最善を尽くす強硬政権の見重ね合いです。現在の国の政権制度は、まだ連携的な融和をイスラエル社会を訴える物としています。厳しい政権姿勢のレタニアフ首相の投票は、国の安全と国の穀物危機の問題点にも着目しなければなりません。この多くの次の連立協議に...

  11. フン! - 四月の魚

    フン!

    残った花を眺めながら帰ってきた。昨夜の豪雨にも散らなかった花だ。やはり、「時」なのだなと思う。その「時」は、誰がどうやって決めているのだろうか。誰の意も汲まずに、ただ偶然のなせるわざと思いたい。「運命」とか「宿命」とかいう考えは、ただ私を落ち込ませるだけ。神さまはいつだって、アサッテの方角を見て賽を振る。でも人はきっと、ふぅっと息を吹きかけて、揺れる賽の目をひっくり返すことができる、はず。だ...

  12. お花見会 - 或る定年退職者の日常超雑記

    お花見会

    4月初めのある日、私のグループに所属するアルバイトのアイちゃんと雑談していると、「明日はハナキンなんでお花見会があるんです」と言う。何でも今年の新入社員を含む若手社員たち十数人で(その内、数人は私自身が面接して採用したから顔を憶えている)花見に行くということらしい。「明日、天気ならいいがな。けっこう夜、寒そうだよ」と応じたが、そんなことにお構いなくアイちゃんは明日がいかにも待ち遠しいらしく...

  13. 思考停止と愚かさの自覚から始めること - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    思考停止と愚かさの自覚から始めること

    リクルート(recruit)という字句が〈新兵の募集、補充〉という意味で、〈俗に、学生の就職活動、求人の意にも用いられる〉とは不覚にも知らなかった。膨大なテレビCMに刷り込まれてしまっていた。大いに反省する。思考停止は為政者とポピュリストの思うツボに嵌るといことだ。さて今日の投票日は、反自公、反維新の意思を突き付けたい。お金持ちが「ジップロック」を財布に使う理由花輪 陽子:ファイナンシャルプ...

  14. 最後の戦い - Yasの“裏”日記・ノア

    最後の戦い

    明日は平成最後の選挙、統一地方選の前半戦の投票日です。大阪では、府知事選、大阪市長選、大阪府議選が行われ、21日投開票の各市議選も加え、4重選挙となり、自分の住む地域は、市長選と補欠戦も行われるため、5重選挙という、文字通り大戦争状態です(^^;中でも注目なのは、やはり明日行われる、大阪府知事戦と大阪市長選。自分は大阪市民ではないので、市長選には投票できませんが、府知事選と府議選には投票権が...

  15. 労働、つまり社会参加としての仕事 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    労働、つまり社会参加としての仕事

    労働というものは社会を形成するところの社会参加だと思われる。この国を形作っているのは、それら労働の質であったり形態であったりするだろう。そんな仕事に対して僕はあまり肯定的になれない。仕事が成す形になるべきもの、形になったものへのプロセスに対して僕は懐疑的なのだ。仕事が作り上げた現代は非常に便利だし快適でもあるし生命を育む上においてもごく出来がいい。だが僕は仕事そのものに意味や意義を喪失してい...

  16. ミス - Yasの“裏”日記・ノア

    ミス

    全国ニュースにまでなってしまった、医療ミス(手術時のミス?)で、患者を死亡させる原因を作ってしまってしまった某病院、実はウチのごく近所の救急病院です・・・_| ̄|◯出来たのは比較的最近なんですが、徒歩圏内にあり、日祭日も24時間対応もしてくれるので、おかんが転倒して失神した時とか、原因不明で体調崩した時とか、何度かお世話になりました(先日のンフルエンザの時も、ここの病院でした)おかんも自分も...

  17. バイアスのかかった先入観 - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    バイアスのかかった先入観

    〝ナニワの歌が下手な虚人〟Pが、故・松本英一氏とその子息・龍氏に対して会って対話もしたことがないくせに身勝手な思い込みで冒涜しているけれども、「○放新聞大阪編集長の木野さん」と記しているが、名前も間違っている上、編集長でなかったし「紀野」だ。そんなに寛容な人ではなかった。どちらかと云うとセクト主義に凝り固まった○産党に近い思考の人だった。ぼくが尊敬する故・山本義彦氏という〝寛容と包摂の塊〟み...

  18. トイレがない - 四月の魚

    トイレがない

    母を花見に連れ出すと決めたときから、私は毎晩、電話をかけた。花見の帰りに母と食事をする。その店選びだ。ここ1か月ほどのあいだに、母は頻尿になった。実際には出ないことのほうが多いようだ。痛みや残尿感はないので、膀胱炎などではないらしいが、とにかく、済ませて合間なくまた行きたいという意識になるのだ。何かをしている最中はさほどでもないらしいので、淋しいせいかなと思う。ひまだから、することがないから...

  19. リテラシーとプロテスト - NEWS-SELECT ★彡Amenbou Premium★彡

    リテラシーとプロテスト

    社会経済がどんづまり(破綻)していくと、タカ派右翼気分が蔓延し相互監視(拘束)を始める。かつてこの国の民衆が狂喜乱舞して戦争賛美していったようにだ。何度も繰り返すが、そんな時代に求められることは「リテラシー(読解力)」と「プロテスト(批判力・異議申し立て・社会風刺)」だ。そして、自身には「妬まず、嫉らず、驕らず、誹らず、貶さず、愚痴らずを矜持とする」を目標としている。テレ東、元号発表でも我が...

  20. 令和 - Yasの“裏”日記・ノア

    令和

    遂に新しい元号が発表されました。令和だ、そうです。なんとなくしっくりこない、馴染めないってのは、発表になったばかりだし、実際の施行まで、まだ1ヶ月あるからってのもあるでしょう。実際、昭和生まれとしては、平成の時もそうでしたからね。でも、いつの間にかそれが当たり前になっていく・・・・そんなもんです。なんて言っててたら・・・

総件数:415 件

似ているタグ