祇園祭のタグまとめ

祇園祭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには祇園祭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「祇園祭」タグの記事(338)

  1. 祇園祭後祭~山鉾立て - 鏡花水月

    祇園祭後祭~山鉾立て

    お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!2年ぶりに立った山鉾

  2. ”金龍”デビュー祇園祭2021-後祭り宵山「大船鉾」その1 - KYOTO写真紀行~季節の彩

    ”金龍”デビュー祇園祭2021-後祭り宵山「大船鉾」その1

    「大船鉾」”頭龍”眼光鋭く~金色漆箔披露眼光鋭く!!…確かに後祭りの「宵山」に出かけました。今日の目的は四条通新町に鉾建てされた「大船鉾」…新聞の紹介文に「大船鉾を飾る木彫りの龍頭に金色の漆箔が施され、19日に披露された」と出てましてん。ん?こら行ってみんなん…、で、さすがでしたわ~、ピッカピカやね~(^^)/宵山やったのに、人少のうおすな。

  3. 2021 長刀鉾 - 京都 LA POMME ◆ シンプルビューティー

    2021 長刀鉾

    京都の祇園祭は7月いっぱい。長刀鉾はすでに撤収されていますが晴天の日に撮った写真を遅れ馳せながらアップ♡本当は天気の良い時の菊水鉾や月鉾、函谷鉾も写真撮りたかったのですが時間の都合でこの日は行けず😥祇園祭の鉾はやはり、美しい✨✨✨今年も鉾巡行はなかったけれど美しい姿を見ることができよかった💕四連休、お天気がいいと嬉しいですね。皆さま、良い休日を...

  4. 祇園祭後祭山鉾巡行の日 - 京都ときどき沖縄ところにより気まぐれ

    祇園祭後祭山鉾巡行の日

    本来なら今日は祇園祭後祭の山鉾巡行が行われる日今年も残念ながら巡行は出来ませんでしたが一部の山鉾建てやお囃子粽の販売が行われました本当はその山鉾を見に行きたかったのですが宵山に祝日が重なり暑さもかなりだったので今年も大人しくしていました(;;)代わりになんですが三條若狭屋さんの祇園ちご餅を頂くことにちご餅には厄を除き福を招くと言い伝えられているとか白味噌のほのかな甘さに求肥に氷餅の柔らかさが...

  5. 祇園祭後祭 - とりあえず、ぼちぼちと ~第2幕~

    祇園祭後祭

    後祭巡行は今年もないものの、技術の継承目的に鉾立てするところもありそのいくつかを観に歩き進む。まず大船鉾北上して、南観音山。タペストリーの鮮やかさに眼を奪われ次なる北観音山へ。幾重にもならぶ思った以上に近づくことができた役行者山。2021/07/22祇園祭後祭

  6. 祇園祭のお菓子 - ミセス サファイア 静けさの中で

    祇園祭のお菓子

    京都の夏の風物詩祇園祭、今年も昨年に引き続き規模を縮小、神事のみ執り行われる形で山鉾巡行などは中止となったそうです。鉾は技術継承と虫干しのため建てられる鉾もあり、宵山の日、友人Mちゃんご夫妻は有り難くも我が家の分まで粽を受け取って下さいました。無病息災を祈るとともに、来年こそは祇園祭、各地のお祭りや行事が執り行うことができる状況になりますよう、ささやかながら自分に出来ることを粛々と進めていき...

  7. 祇園祭大船鉾 - 風と雲

    祇園祭大船鉾

    「祇園祭大船鉾の巡行」210x297cm(21-051)

  8. トップスのご紹介 - ★ Eau Claire ★ Dolce Vita ★

    トップスのご紹介

    こんにちは今日もご訪問頂きありがとうございます。励みになります。赤いハートをプッシュお願いいたします。人気ブログランキング今年も祇園祭の山鉾巡行は中止されましたが、山鉾は2年ぶりに建てられたそうです。今日から後祭の宵山ですが、どのような様子なのでしょう。四条通りには提灯が飾られていますが、コンコンチキチンの音はありません。高島屋の並びの八阪神社御旅所の前も、ひっそりしていました。この時期の京...

  9. 『ジジ(時事)ネタ・・梅雨明けの京都・・』 - NabeQuest(nabe探求)

    『ジジ(時事)ネタ・・梅雨明けの京都・・』

    毎年、この時期は祇園祭で賑わっているはずの京都であるが・・去年に続いて自粛ムード・・前祭「拝礼巡行」の準備中お昼前に撮影したが、この後 四条通りを鉾&鉾町の代表者が練り歩いた らしい=

  10. 祇園ちご餅~三条若狭屋 - 十人十色

    祇園ちご餅~三条若狭屋

    お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!鉾に見立てた鉾ケースが素敵だったので・・・

  11. 四条通り - Taro's Photo

    四条通り

    山鉾(やまほこ)の飾り付けが完成したというので見に行ってきました。鉾が並ぶ四条通りは大渋滞で、バスは時間通りに走れません。ふだんはけっこう時間通りなんですけど、この時期は仕方がないですね。いろいろなお店が祇園祭用の装飾になっています。こちらは大丸百貨店。

  12. 長い梅雨明けと祇園祭 - 令和氣淑

    長い梅雨明けと祇園祭

    5月から続いた梅雨が明けました。2ヶ月にわたって続いた梅雨は異例で世の中の悪さを反映しています。今年の祇園祭の先祭は2年続いてコロナ禍で巡行中止、縮小して御旅所への行列となりました。後祭も同じで一部は鉾立てをします。画像出典:京都新聞

  13. 祇園祭り前祭~山鉾立て - 鏡花水月

    祇園祭り前祭~山鉾立て

    お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!蟷螂山今年も宵山もなし提灯の灯りはなくても、2年ぶりに姿を見ました

  14. 祇園祭発祥の地と京ラーメン - SAMとバイクとpastime

    祇園祭発祥の地と京ラーメン

    京都御所より少し北に御霊神社がある。ここは桓武天皇が弟の非業の死を弔うために建てた神社。その後、慰霊祭が国家行事となり、やがて各地に広まり、869年の慰霊祭はその後祇園祭となった。そんな御霊神社へとトライデントしたのだが、ちょっとその前に腹ごしらえと初訪問したのが下京区の「拳ラーメン」さすがに京都、駐車場どころか駐輪場すらないのだが、道を隔てて対面になんと市営駐輪場がある。しかも1時間無料。...

  15. 「令和三年祇園祭」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「令和三年祇園祭」

    2265昨年の祇園祭は本当に神事だけのようでしたが、今年は山鉾巡行はないものの、一部山鉾が建てられました。2266山鉾の維持や継承のために建てる必要があるそうで、山鉾を立てない町では、町屋で飾りが展示されたりしています。2267こうした飾りも毎年メンテナンスのために出す必要があるそうです。2268鶏鉾。2269霰天神山の飾り。めちゃカッコいい鳳凰です。2270二階から見下ろす山伏山の山伏さん...

  16. 雷、にわか雨!・・・「宵々々山」やはり、盛り上がりは今イチどすな - KYOTO写真紀行~季節の彩

    雷、にわか雨!・・・「宵々々山」やはり、盛り上がりは今...

    鉾の先は”ナギナタ”大丸百貨店のショーウインドウにわか雨に雷・・・の、お囃子が賑やかな祇園祭「宵々々山」・・・若い人あまりいませんな・・・(当たり前どす!!この時間若い人は仕事してはりますやろ)⇇嫁の声!とりあえず、巡航先頭の鉾「長刀鉾」行ってみましてん・・・まだ日暮れにはほど遠く、駒形提灯、迫力無しですわ(-_-;)結局”イノダコーヒー”で久しぶりに”茶ァ”シバキましたがな。(意味わかりま...

  17. 宵宵宵ですわ - 足る

    宵宵宵ですわ

    例年だと宵宵宵山の今日。コロナ禍2年目を迎え、今年は技術伝承のためということを大前提に17基の山鉾が建てられた。そうなるとファンはジッとしていられない。朝6時ごろ出発。いつものところに車を停めてそこから自転車で烏丸四条へ。途中でトイレに行くたくなり、五条橋のたもとで用を足す。トイレの入り口に自転車を停めてふと目線を下にやると、コンクリート製の丸太にセミの抜け殻。お疲れ様。もう少し走って目的の...

  18. 祇園祭巡行の日 - refresh-3

    祇園祭巡行の日

    例年7月17日は京都の恒例行事の祇園祭が催されてきました今年はコロナ禍のため昨年に引き続き山鉾巡行は中止となりましたが34基のうち17の保存会が山鉾建てを実施されるそうです(ネット情報状況により変更の可能性あり)今回山鉾鉾建てを実施されることになったのは伝統を絶やさないため特殊な「縄がらみ」技法等継承のため山鉾の懸装品の年に1度の「虫干し」による文化財維持のため骨組みおよびしっかりした飾り付...

  19. 雨上がりの”宵々々山”、「祇園祭」の気分、出てきはりましたな~ - KYOTO写真紀行~季節の彩

    雨上がりの”宵々々山”、「祇園祭」の気分、出てきはりま...

    夕方、清水坂の大谷本廟の墓参りを済ませ、その後、八坂神社のお詣りさせてもろうたんやけど、思うたとおり、「神輿」が祀ってはりました(^^)~ほんでから、雷雨上がりの前祭りの山鉾10基が建った四条通り界隈へ「宵々々山」(笑)の見物しぃに・・・取り決めで、午後7時には駒形提灯の灯を一斉に消しはって、厄除けチマキの授与所も相次いで片付けはって人出もこれからいうときに閉めんなんで大変やったみたい~四条...

  20. 今年も祇園祭の「厄除ちまき」を頂戴してきました。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    今年も祇園祭の「厄除ちまき」を頂戴してきました。

    ・今年も京都は夏の風物詩「祇園祭」が始まりました。でも、コロナ禍で状況が一変。7月17日(前祭)と24日(後祭)の山鉾巡行は、昨年同様、中止となりました。平安時代前期の863年(貞観5年)、疫病流行により神泉苑にて御霊会が行われたのがその始まりと言われています。・巡行は中止でも、今年は山鉾建てが多くの鉾町で行われています。山鉾建ての技の継承のためです。巡行順を決めるくじ取り式も古式通り行われ...

総件数:338 件

似ているタグ