神の言葉のタグまとめ

神の言葉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神の言葉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神の言葉」タグの記事(158)

  1.  すべては神の言葉が達成する - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    すべては神の言葉が達成する

    神はそれぞれの時代において言葉を語り、働きをする。そして神は異なる時代において異なる言葉を話す。神は規則に従わず、同じ働きを繰り返さず、過去の事柄への懐旧の念を抱かない。神は常に新しく、古さとは無縁であり、毎日、新しい言葉を話す。あなたは今日従うべきことに従うべきである。それが人の責任であり本分である。現在における神の光と言葉を軸として実践することが不可欠である。神は規則に従わず、神の知恵や...

  2. 神の加護 - 全能神-私の救い主

    神の加護

    神は言われます。全能神は言われます。「人間は、自分で自分の性質を変化させることができない。人々は神の言葉による裁き、刑罰、そして辛い精錬を受けるか、あるいは神の言葉による取り扱いと懲らしめ、刈り込みを受けなければならない。その後初めて、彼らは神への従順と献身を実現することができ、神を欺こうとしたり、いい加減に神に対応したりしなくなる。神の言葉による精錬のもとで、人間の性質は変化するのである。...

  3. 死の試練の中で - 全能神-私の救い主

    死の試練の中で

    全能神は言われます。「神は堕落した人類を救うために地上で働きに来た。このことに嘘はない。もしあれば、神が働きを行うために自ら来ることは絶対になかっただろう。過去において、神の救いは最大限の慈愛と憐れみを見せることで、神は全人類と交換するために自らのすべてをサタンに与えたほどであった。現在は過去とはまったく違っている。今日、あなたがたに与えられる救いは終わりの日に、各人を種類ごとに分類するとき...

  4. 祈りの実践について - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    祈りの実践について

    あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあいだ、あなたは本当の意味で神に祈ったことがあるのか。神の前で痛恨の涙を流した時があるのか。神の前で自分自身を知るに...

  5. 誠実さのみが人間らしさをもたらす - 全能神-私の救い主

    誠実さのみが人間らしさをもたらす

    夫と私はオフィス家具の販売業をしています。初めは誠実に商売していたわ。お客様の要望に忠実に応え、安物を紛れさせることもなかった。でも一年後、諸経費がかさんで、食べていくのがやっとの状態だった。なのに同じ商売をしている隣の店のオーナーは、かなり儲かっていたの。不思議だった。なんであの人たちみたいに稼げないのって。どんな商売をしてるのか、お店に行ってみてみようと思った。ある日その店に来た客が、ソ...

  6. 真理とは何か - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    真理とは何か

    参考聖書箇所:「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった」(ヨハネによる福音書 1:1)「そして言は肉体となり、わたしたちのうちに宿った。……めぐみとまこととに満ちてい。」(ヨハネによる福音書 1:14)「わたしは道であり、真理であり、命である」(ヨハネによる福音書 14:6)「真理によって彼らを聖別して下さい。あなたの御言は真理であります」(ヨハネによる福音書 17:17)関連...

  7. 神様の御心を理解すれば誤解は解消できる - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神様の御心を理解すれば誤解は解消できる

    神様の御言葉にこうあります。「神の至高、偉大さ、聖さ、寛大さ、愛……これら全ての様々な神の性質と本質の側面は、神が業を行うたびに現れるものであり、神の人間に対する意志が具現化されたものであり、そして全ての人間に対し履行され、反映されるものである。あなたがこれまでにそう感じたことがあるかどうかに関わらず、神は全ての人をあらゆる方法の限りを尽くして思いをはせ、一人一人の心を温めるため、そして一人...

  8. 主の再臨はなぜ雲に乗って公然と降臨することだけでなく、秘かに降臨する受肉を伴うのか。 - 全能神-私の救い主

    主の再臨はなぜ雲に乗って公然と降臨することだけでなく、...

    参考聖書箇所「見よ、わたしは盗人のように来る」(ヨハネの黙示録 16:15)「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした」(マタイによる福音書 25:6)「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう」(ヨハネの黙示録 3:20)「その日、その時は、だれも知らない...

  9. 神の三段階の働きがもつ相互関係 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神の三段階の働きがもつ相互関係

    神の三段階の働きがもつ相互関係2017年11月21日関連する神の言葉:ヤーウェの働きからイエスの働きに至るまで、イエスの働きからこの現段階の働きに至るまで、これら三段階は神の経営全体を隙間なく覆うものであり、またそのすべてが一つの霊による働きである。創世以来、神は常に人類の経営にいそしんできた。神は初めにして終わりであり、最初にして最後であり、時代を始める存在にして時代を終わらせる存在である...

  10. 神に仕えることは私の幸運 - 全能神-私の救い主

    神に仕えることは私の幸運

    全能神は言われます。「神は何を通じて人を完全にするのであろうか。それは、義という神の性質によるのである。神の性質は主として義、怒り、威厳、裁き、呪いであり、神は主に裁きを通じて人を完全にする」(「辛い試練を経験して初めて、神の素晴らしさを知ることができる」『言葉は肉において現れる』)。「効力者の時代の前、人はいのちを追求、神を信じる意味、あるいは神の働きの知恵を何ら理解しておらず、神の働きが...

  11. 本分を尽くすことで得られる報い - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    本分を尽くすことで得られる報い

    本分を尽くすことで得られる報い神は言われます。「神の働きに対する服従ははっきりと見て取れるものでなければならず、それを生きたものとして現わさなくてはならない。表面的な服従は神の承認を得ることができず、自らの性質の変化を求めずに神の言葉の表面的な部分だけに従うのであれば、神の心を喜ばせることはできない。神に対する従順と神の働きに対する服従はひとつであり、同じものである。神に服従するだけで神の働...

  12. 神に心をささげる - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神に心をささげる

    神に心をささげる「神が委ねるものを人が受け入れたとき、神はその人の行動の良し悪しと、その人が従ったかどうか、神の旨を満足させたかどうかを判断する基準を持っており、そして彼らの行いがその基準を満たすかどうかを判断するのです。神が問題とするのはその人の心であり、表面的な行動ではありません。人が何かをしさえすれば、どのようなやり方をしようと祝福されるべきだということはありません。それが人々の神に対...

  13. 神の加護 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神の加護

    神の加護神は言われます。全能神は言われます。「人間は、自分で自分の性質を変化させることができない。人々は神の言葉による裁き、刑罰、そして辛い精錬を受けるか、あるいは神の言葉による取り扱いと懲らしめ、刈り込みを受けなければならない。その後初めて、彼らは神への従順と献身を実現することができ、神を欺こうとしたり、いい加減に神に対応したりしなくなる。神の言葉による精錬のもとで、人間の性質は変化するの...

  14. 死の試練の中で - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    死の試練の中で

    死の試練の中で全能神は言われます。「神は堕落した人類を救うために地上で働きに来た。このことに嘘はない。もしあれば、神が働きを行うために自ら来ることは絶対になかっただろう。過去において、神の救いは最大限の慈愛と憐れみを見せることで、神は全人類と交換するために自らのすべてをサタンに与えたほどであった。現在は過去とはまったく違っている。今日、あなたがたに与えられる救いは終わりの日に、各人を種類ごと...

  15. 神に仕えることは私の幸運 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神に仕えることは私の幸運

    神に仕えることは私の幸運全能神は言われます。「神は何を通じて人を完全にするのであろうか。それは、義という神の性質によるのである。神の性質は主として義、怒り、威厳、裁き、呪いであり、神は主に裁きを通じて人を完全にする」(「辛い試練を経験して初めて、神の素晴らしさを知ることができる」『言葉は肉において現れる』)。「効力者の時代の前、人はいのちを追求、神を信じる意味、あるいは神の働きの知恵を何ら理...

  16. 人を正しく扱う方法の学び - 全能神-私の救い主

    人を正しく扱う方法の学び

    2年前、私は教会リーダーとしての本分を尽くしていました。教会には優れた素質を持つチェンという兄弟がいました。でも彼の性質は非常に傲慢で、人を抑圧する傾向があった。自分を誇示するのが大好きだった彼に、私は偏見や思いを持ち始めました。ある日、チェン兄弟が来て、新しい信者に水を与えたいと言いました。彼の信仰は日が浅く、真理をうわべで理解していたので、「ダメだ」と答えたの。私が同意しないのを見て、彼...

  17. 終わりの日における神の働きはなぜ霊を通して行われないのか。神はなぜ肉において働きを行うようになったのか。 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    終わりの日における神の働きはなぜ霊を通して行われないの...

    参考聖書箇所「モーセは言った、『どうぞ、あなたの栄光をわたしにお示しください』。ヤーウェは言われた、『……あなたはわたしの顔を見ることはできない。わたしを見て、なお生きている人はないからである』」(出エジプト記 33:18-20)「ヤーウェはシナイ山の頂に下られた。そしてヤーウェがモーセを山の頂に召されたので、モーセは登った。ヤーウェはモーセに言われた、『下って行って民を戒めなさい。民が押し...

  18.  終わりの日に再臨した主イエスは、いったいどのような働きを行うのか。 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    終わりの日に再臨した主イエスは、いったいどのような働...

    参考聖書箇所「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう」(ヨハネによる福音書 16:12-13)「たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその...

  19. 全能神教会日々の神の御言葉「聖霊の働き とサタンの働き」抜粋445 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会日々の神の御言葉「聖霊の働き とサタンの働き...

    日々の神の御言葉「聖霊の働きとサタンの働き」抜粋445日常生活で自分に何かが起きる際、それが聖霊の働きに由来するものなのか、サタンの働きに由来するものなのか、どのように識別すべきだろうか。状態が正常であれば、その人の霊的生活と肉における生活は正常であり、理知も正常で秩序がある。このような状態にあるとき、彼らが経験し、自分の中で知るようになる物事は、一般的には、聖霊に触れられたことに由来するも...

  20. 「因果応報」と人はよく口にするが、神がいま悪人を残らず滅ぼさないのはなぜか - 全能神-私の救い主

    「因果応報」と人はよく口にするが、神がいま悪人を残らず...

    参考聖書箇所「天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある」(伝道の書 3:1)「そして、ノアの時にあったように、人の子の時にも同様なことが起るであろう。ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていたが、そこへ洪水が襲ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。ロトの時にも同じようなことが起った。人々は食い、飲み、買い、売り、植え、建てなどしていたが、ロトがソド...

総件数:158 件

似ているタグ