神功皇后伝承地のタグまとめ

神功皇后伝承地」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神功皇后伝承地に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神功皇后伝承地」タグの記事(8)

  1. 第9回バスハイク 朝倉の紅葉狩りになりました - ひもろぎ逍遥

    第9回バスハイク 朝倉の紅葉狩りになりました

    第9回バスハイク 朝倉の紅葉狩りになりました今日は「羽白熊鷲の里・秋月野鳥(のとり)」に行ってきました。ちょうど紅葉の始まり。何処で撮ったかは、後日追記します。朝倉の三連水車の里の周辺には、まだまだ流木が残っているところもありました。野菜や果物がとても元気。また1月に行きますね。いつもポチっと応援ありがとう。にほんブログ村

  2. 鎮懐石八幡宮3 夏至の日没が見える宮 - ひもろぎ逍遥

    鎮懐石八幡宮3 夏至の日没が見える宮

    鎮懐石八幡宮3夏至の日没が見える宮前回のバスハイクで鎮懐石八幡宮に参拝しました。宮司さんに伺うと、現在の社殿は新たに遷したもので、元の場所は陰陽石などが安置されている祠の所だそうです。社殿の手前の見晴らし台が元宮の位置ということになります。ここからの夕陽の画像をいただきました。とても綺麗な夕陽が撮れるポイントなのです。Facebookにも載せられています。それを見て、(例のごとく)ここは天文...

  3. RKBラジオ「古代の福岡を歩く」の収録でした - ひもろぎ逍遥

    RKBラジオ「古代の福岡を歩く」の収録でした

    RKBラジオ「古代の福岡を歩く」収録でした今日はRKBラジオの番組「古代の福岡を歩く」の収録に行ってきました。これは毎週土曜日午後8時から30分の番組で、古代の福岡について案内する番組です。毎週あるのですが、月に二回、私の話が出ることになりました。『神功皇后伝承を歩く上下』を最初から順に話をするという、半年の企画です。今日の収録は忌宮神社からでした。RKBは福岡の局ですが、アーカイブをネット...

  4. 秋月のバスハイクのプランニングをした - ひもろぎ逍遥

    秋月のバスハイクのプランニングをした

    今日はバスハイクのプランニングをしました。もう9回目になるんですね。次回は朝倉です。仲哀天皇崩御後、神功皇后は羽白熊鷲討伐に向かいますが、筑前町から朝倉の秋月まで、行軍ルートがずらりと連なっています。車で5~10分の距離ごとに神社があります。かつては神社誌を見ては探しに行ったので、何度もバラバラに行きましたが、今回はルート沿いに一気に行くので、楽しみです。このルートはバイクで走ると体感が違う...

  5. 糸島バスハイク2  染井の古道を探検した - ひもろぎ逍遥

    糸島バスハイク2  染井の古道を探検した

    糸島バスハイク2染井の古道を探検した 染井神社の下宮にいた時、地元の方が話をしてくれました。下宮から中宮への道があるというのです。「道は今は無い」と古書に書いてあったので、まさかのまさか。しかも、歩いて5分というのです。5分( ゚Д゚)5分♪中宮ヘは染井信号から車で上れます。一般車両はUターンできますが、マイクロバスは厳しいので、今回の予定から外していました。でも、下宮から5分?なんでそんな...

  6. 糸島の秋 彼岸花と赤米アート! - ひもろぎ逍遥

    糸島の秋 彼岸花と赤米アート!

    糸島の秋 彼岸花と赤米アート!秋のバスハイク、糸島を堪能してきました。今日は旬の光景です。天神からの都市高速でのシーホークとドームの光景。大好きな構図だけど、シャッターチャンスは一瞬!助手席でないと撮れないんですよね。ついにゲット。でも、ランプが正面(´・ω・`) また、いつか。カメラを持ってたら、一度は撮りたい彼岸花。稲と彼岸花を撮るなら糸島、お勧め♪染井神社の所。あちこちの田圃で見れます...

  7. 次回のバスハイク - ひもろぎ逍遥

    次回のバスハイク

    今日は次回のバスハイクのデザインでした。次回は9月の糸島です。糸島は昨年の3月3日に女神巡礼のバスツアーを組んで、皆さまをご案内しました。格別な思い出です。皆さまお元気でしょうか。リンクしたりして、もう少しシェア出来たんじゃないかと後で思いつきました。細石神社と櫻井神社では特に思い深く感じていらっしゃったようすで、名残惜しかったなと思っています。こうやって画像を見ると、空気がきれいな日でした...

  8. 愛する人の御魂を石に留めて 御勢大霊石神社 - ひもろぎ逍遥

    愛する人の御魂を石に留めて 御勢大霊石神社

    愛する人の御魂を石に留めて御勢大霊石神社 みせたいれいせき不吉な鷹が止まったという隼鷹神社。(上巻34)その鷹は南にある御勢大霊石神社の場所から飛んできました。 この地に仲哀天皇が羽白熊鷲攻撃のための陣を敷いて、祭祀を始めた時でした。高木の神が鷹に化身して飛んできたのです。そして、北に向かって飛んで行きました。ある日、天皇が夕暮れに前衛の兵士たちを励まして戻ってくる時、敵の流れ矢が天皇に当た...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ