神奈川のタグまとめ

神奈川」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神奈川に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神奈川」タグの記事(743)

  1. カヤクグリ - ごっちの鳥日記

    カヤクグリ

    2019.02.17神奈川県清川村NIKON D500AF-S NIKKOR 200-500mm f5.6 ED VR

  2. 三崎ドライブ - ☆モズナオ☆のほほん日記 Part.2

    三崎ドライブ

    春が待ち遠しい日曜日三崎へまったりドライブスッキリした青空ではなかったけれど、SUN SUN SUNDAY城ヶ島pote-salaさんのSun 3 Sunday に参加しています!(*'▽'*)

  3. ルリビタキ - ごっちの鳥日記

    ルリビタキ

    2019.02.17神奈川県清川村NIKON D500AF-S NIKKOR 200-500mm f5.6 ED VR冬の小鳥たちに会いたくて宮ケ瀬湖畔へ。ルリビタキは今回4個体ほど見かけることができました。

  4. ご褒美 - GOOD LUCK!

    ご褒美

    Canon 6D + CANON ZOOM LENS 24-105mm 1:4L IS USM昨日は朝早くからかなりの距離を移動し精力的に動き回りました。そして最後に訪れたのが七里ヶ浜です訪れた目的とは違いましたが素敵な光景に出会うことができたこの時間帯は空全体に厚い雲が覆っていたが水平線と江の島の間にわずかに薄い雲の層がありそこからちょうど夕陽が現れ海へと一筋の赤い光が走りました。夕陽の撮...

  5. 夜道と冬 - Local Photo

    夜道と冬

    2019年 Nikon D810 50mm町田駅横浜駅夜道も、暗い夜道にご注意と書かれるより、普通の何気ない夜景が綺麗に写る様な家路などが心が温まる気がします。馬鹿にならない駐車料金ですが、フラフラと散歩して好きな写真が撮影できれば、少しは心が晴れるのかもしれません。繁華街は久しぶりですが、仕事待ちに飲み会、待ち合わせなど様々な人間模様を垣間見る事ができます。

  6. 二宮金次郎を知る報徳二宮神社@神奈川県 - 963-7837

    二宮金次郎を知る報徳二宮神社@神奈川県

    小田原の二宮金次郎シリーズのラストです。報徳博物館と小田原城の間に在るのが報徳二宮神社です。ここの御祭神は二宮尊徳です。人が神様に成るって凄いことですよね。どれだけの人の命を救い、どれだけの人の気持ちに応えたかって考えれば・・・。二宮尊徳翁(1787~1856)経済なき道徳は戯言であり道徳なき経済は犯罪である江戸時代後期の農政家・思想家。通称金次郎。尊徳は武士の名乗り。幼少時の逸話が一般に知...

  7. 江ノ電そこのけそこのけ列車が通る!Ⅱ - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    江ノ電そこのけそこのけ列車が通る!Ⅱ

    2019年1月6日OLYMPUSOM-DEM5Ⅱ神奈川県鎌倉市(無断転載は禁止です)

  8. 江ノ電そこのけそこのけ列車が通る! - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    江ノ電そこのけそこのけ列車が通る!

    2019年1月6日OLYMPUSOM-DEM5Ⅱ神奈川県鎌倉市腰越駅にて腰越と江ノ島駅間では約900mほど路面上を列車が走行する。道路幅は10m程度しかないので、車と列車の間隔はギリギリである。それにしてもよく接触事故が起こらないものだ。(無断転載は禁止です)

  9. 二宮金次郎を知る報徳博物館@神奈川県 - 963-7837

    二宮金次郎を知る報徳博物館@神奈川県

    ここ報徳博物館にも二宮金次郎の縁の品があると言うことで行ってみました。玄関へと続く階段を登るとそこに二宮金次郎の像があり、実際に中に入っても像があったのですが、リアル系の像でちょっとビックリです。そして、資料室の中には様々な資料が展示されていて、特に自筆の書が残っていることにも驚きました。

  10. 江ノ電街と海辺を駆け抜ける - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    江ノ電街と海辺を駆け抜ける

    2019年1月6日OLYMPUSOM-DEM5Ⅱ神奈川県鎌倉市狭い住宅街を縫うように走る江ノ電。この鉄道の特殊性と言うのか、民家の入り口が、江ノ電の線路に面している箇所が多いのだ。つまり、江ノ電の線路を横切らないと、自宅には入れない民家が多い。「勝手踏切」という箇所が多いのだ。かつて、江ノ電を通すときに、鎌倉の狭い住宅街を横切る必要があった。土地を確保できないので、どうしても暗黙の了解で「勝...

  11. 江ノ電海辺の踏切 - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    江ノ電海辺の踏切

    2019年1月6日OLYMPUSOM-DEM5Ⅱ神奈川県鎌倉市江ノ電の撮影スポット。鎌倉高校前駅にもこれとよく似た光景が見られるが、某人気スポーツ漫画の舞台として描かれたことがきっかけで有名となり、インスタ映えすることで、国内からばかりか、海外から多くの人が押し寄せてきた。(無断転載は禁止です)

  12. 二宮金次郎を知る小田原城@神奈川県 - 963-7837

    二宮金次郎を知る小田原城@神奈川県

    当初の予定にはありませんでしたが、小田原城へ行きました。その理由は明日以降でご紹介します。さて、小田原城ですが、オイラが行った日には、既に紅梅、蝋梅、そして白梅が咲いていました。福島では寒い風が吹いて雪が降っているっていうのにね。地球儀で見ると日本列島って小さいのに、こんなにも季節感が違う。不思議不思議。

  13. 江ノ電腰越にて - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    江ノ電腰越にて

    2019年1月6日OLYMPUSOM-DEM5Ⅱ神奈川県鎌倉市江ノ電の撮影スポット。腰越の満福寺にて撮影。平家を滅ぼした源義経。その頃から兄、源頼朝と確執があった。そもそも、兄弟げんかの原因は、義経が勝手に検非違使になったこと。つまり、今で言う京都の警察長官になったことだとか。都の警備を司る機関のトップになったのであるから、将軍頼朝にとっては脅威と感じたのであろう。義経は兄との対立を避けるべ...

  14. アイスチューリップ@花菜ガーデン - カメラをもってふらふらと

    アイスチューリップ@花菜ガーデン

    X-T2 Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 花菜ガーデン1/13熱海の梅園からビュ〜っと平塚へ。閉園時間が早くてびっくり。今年は江ノ島のアイスチューリップを撮りに行かれなかったから嬉しかったけど時計を見ながらで気もそぞろ。ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします。^^にほんブログ村

  15. 今も昔も鎌倉の江ノ電 - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    今も昔も鎌倉の江ノ電

    2019年1月6日OLYMPUSOM-DEM5Ⅱ神奈川県鎌倉市江ノ電の撮影スポット。御霊神社で撮影。(無断転載は禁止です)

  16. 二宮金次郎を知る栢山神社@神奈川県 - 963-7837

    二宮金次郎を知る栢山神社@神奈川県

    善栄寺から栢山駅に移動中に見つけた栢山神社です。栢山神社は村社なので、おそらくは二宮金次郎もお詣りしたんじゃないかな?

  17. 御霊神社江ノ電踏切 - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    御霊神社江ノ電踏切

    2019年1月6日OLYMPUSOM-DEM5Ⅱ神奈川県鎌倉市江ノ電の撮影スポット。御霊神社の踏切。電車が神社の鳥居の前を通り過ぎる。3年前のことかな。たまたま神社の絵馬を眺めたら、こんなものが。切なる願い、お察しいたします。今は「銀魂」などの映画やドラマで活躍中。今はファンの一人として応援しております。(無断転載は禁止です)

  18. ご存知鎌倉大仏 - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    ご存知鎌倉大仏

    2019年1月6日OLYMPUSOM-DEM5Ⅱ神奈川県鎌倉市世界的に有名な鎌倉大仏。正式名は阿弥陀如来坐像。歌人、与謝野晶子は、この大仏様について和歌を詠んでいるが、お釈迦様と間違って詠んでしまった。今は野ざらしのままであるが、創建当初は大仏殿があったらしい。大仏殿がなくなったのは室町時代の津波によって流されたとだされている。今も大仏殿が建ったという痕跡が残っている。(無断転載は禁止です)

  19. 二宮金次郎を知る善栄寺@神奈川県 - 963-7837

    二宮金次郎を知る善栄寺@神奈川県

    この地にも二宮金次郎の墓が在りました。場所は善栄寺さんです。このお寺さんには二宮金次郎「少年勤勉の像」が建っており、歩き読書ではない姿ですが、やはりお勉強中でした。二宮尊徳先生の墓二宮尊徳先生は、天明7年(1787)7月23日栢山の中流農家に生まれたが、幼少の頃、酒匂川の洪水で家は貧困に陥り、14才で父を、16才で母を失った。以後、刻苦勉励して家を再興、また抜群の才幹と卓越した人格によって、...

  20. メジロガモ - ごっちの鳥日記

    メジロガモ

    2018.02.05神奈川県横浜市NIKON D500AF-S NIKKOR 200-500mm f5.6 ED VR

総件数:743 件

似ているタグ