神戸市中央区のタグまとめ

神戸市中央区」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神戸市中央区に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神戸市中央区」タグの記事(86)

  1. 昭生病院附属診療所 - ブルーアワーの街の情景

    昭生病院附属診療所

    昭生病院附属診療所は、神戸の王子公園に近い大通りからひと筋山側に入った静かな住宅地に建っている診療所です。竣工は1927年(昭和2年)、設計は橋本勉で、日本で最初の循環器専門病院としてこの地に設立された昭生病院が1983年(昭和58年)に灘区へ移転した後、現在は附属診療所となっています。玄関周りの飾り石、壁面のスクラッチタイル、窓回りの大判タイルなど、重厚感がありながら阪神間モダニズムの流れ...

  2. 旧フットテクノビル - ブルーアワーの街の情景

    旧フットテクノビル

    旧フットテクノビルは、神戸の旧外国人居留地の西に接する地域に建つビルで、1921年(大正10年)帝国生命保険神戸出張所として建設されました。鉄筋コンクリート造4階建で、1階部は花崗岩の石貼りでがっしりした印象です。2004年(平成16年)に改修された際に、建築当時の原形に近い外観に復元されたそうです。西南角には円みが入っていて、その上部には建築年の1921年を示すレリーフが誇らしげに飾られて...

  3. 旧ビショップ邸(東天閣) - ブルーアワーの街の情景

    旧ビショップ邸(東天閣)

    旧ビショップ邸は、ドイツ人F.ビショップ氏の邸宅として1894年(明治27年)に建てられた木造・瓦葺、コロニアル様式の洋館です。1945年(昭和20年)にはこの建物を受け継ぎ、中国王宮料理店「東天閣」がオープンしました。北野異人館街は夜は閉まる館が多いのですが、この旧ビショップ邸は大きな窓から部屋の灯りが漏れ、一段と輝きを増しています。館内にも随所に凝った彫刻などがみられるそうで、食事ととも...

  4. 神戸市文書館 - ブルーアワーの街の情景

    神戸市文書館

    新神戸駅に近い山裾の道路沿いに建つ神戸市文書館は、もともとは、昭和初期に有名な富豪だった池長孟(いけながはじめ)氏が、神戸を世界的な文化都市にしようという意図で、莫大な私財を投じて1938年(昭和13年)に開設した私立池長美術館です。その後、市立美術館、市立南蛮美術館、南蛮美術館と改称され、1989年(平成元年)に神戸市文書館として開館し現在に至っています。設計は小川安一郎氏、アール・デコ調...

  5. 「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」 - ブルーアワーの街の情景

    「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」

    「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」はアメリカのロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航する、総トン数138,000トン、全長310m、乗客定員3,286人のクルーズ客船です。1999年(平成11年)の就航当時は世界最大の客船として話題を集めました。今回は、香港出発のアジアクルーズの途中で神戸に寄港していましたが、撮影時がちょうど出航時刻で、次港の高知に向けてまさに静々と向かって行きました...

  6. チャータードビル - ブルーアワーの街の情景

    チャータードビル

    神戸旧居留地の海岸通9番に建つチャータードビルは、もとはJ.H.モーガン氏の設計により1938年(昭和13年)に竣工したチャータード銀行神戸支店です。正面外壁にはイオニア式列柱が配されているなど、英国の銀行らしい造りになっています。以前は1階にカフェが入居していてその入り口の木製の回転扉がなんともいい雰囲気を醸し出していたのですが、現在はそのカフェも退去し、重々しい扉が静かに閉じたままとなっ...

  7. 神戸旧居留地38番館 - ブルーアワーの街の情景

    神戸旧居留地38番館

    神戸旧居留地38番館は、1929年(昭和4年)にナショナルシティ銀行神戸支店として建築されたアメリカン・ルネッサンス様式の鉄筋コンクリート造3階建ての建物です。設計はヴォーリズ建築事務所で、イオニア式円柱や石積み外壁が元銀行建築らしい格式の高さを表しています。1階には高級服飾品を取り扱うブティックが入居していて、重厚感があるこの建物の雰囲気とよく合っていると思いますが、さらに素晴らしいと思う...

  8. フロインドリーブ生田店 - ブルーアワーの街の情景

    フロインドリーブ生田店

    三ノ宮駅と新神戸駅の中間付近の小径に面して建つフロインドリーブ生田店は、もとはヴォーリズ建築事務所の設計により1929年(昭和4年)に建築された神戸ユニオン教会です。正面中央の玄関上部に鍾塔を建ち上げ、左手にゴシック式の礼拝堂棟、右手にハーフティンバー・スタイルの牧師館棟を配したファサードとなっています。1945年(昭和20年)の神戸大空襲で屋根を消失するという甚大な被害を受けましたが、19...

  9. 風見鶏の館(旧トーマス住宅) - ブルーアワーの街の情景

    風見鶏の館(旧トーマス住宅)

    この館はかつて神戸に住んでいたドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏が自邸として1909年(明治42年)頃に建てた建物です。北野地区に現存する異人館の中で、れんがの外壁の建物としては唯一のもので、2階部分のハーフ・ティンバー(木骨構造)など、他の異人館と異なった独特の雰囲気をもっています。建物の設計にあたったのは、ゲオルグ・デ・ラランデというドイツ人建築家で、明治30年代後半から大正初期に...

  10. 神戸旧居留地15番館、旧居留地下水渠 - ブルーアワーの街の情景

    神戸旧居留地15番館、旧居留地下水渠

    神戸旧居留地15番館は、1880年(明治13年)頃に建設され、その後、アメリカ領事館として使用された後いくつかの企業が入れ替わり、そして、1995年(平成7年)に発生した阪神・淡路大震災により全壊しましたが、1998年(平成10年)再び建設当初の姿に戻りました。その15番館の横の歩道には、イギリス人技術者により設計・施工され1872年(明治5年)頃に竣工した、煉瓦造りの近代下水道が公開展示さ...

  11. 神戸税関 玄関ホール・中庭 - ブルーアワーの街の情景

    神戸税関 玄関ホール・中庭

    神戸税関における春の特別企画として、昼間の中庭一般公開のほか夜間における中庭のライトアップが行われました。この中庭は、1999年(平成11年)に庁舎を増築した際に誕生した空間です。旧本館庁舎の東門から入ったところの玄関ホールは吹き抜けで、照明などの造作も丁寧な造りで歴史を感じさせてくれます。中庭のライトアップは、時空を超える音芸術と光とアートのスペクタルと題して、英国ロックバンドの音楽が響き...

  12. 神戸税関 旧本館庁舎 - ブルーアワーの街の情景

    神戸税関 旧本館庁舎

    阪神間を走る路線バスの行先に神戸税関前と掲げるバスはいつも見ているのですが、税関そのものに赴く機会はなかなかありませんでした。今回、本庁舎における「神戸税関春の特別企画」に訪れる機会を得て、現地に足を運びました。神戸税関旧本館庁舎は、大蔵省営繕課の設計により1927年(昭和2年)に完成した、神戸税関としては二代目の庁舎で、外装は花崗岩とタイル張りの重厚な造りで神戸港の要としてその威容を誇りま...

  13. 神戸旧居留地 高砂ビル - ブルーアワーの街の情景

    神戸旧居留地 高砂ビル

    高砂ビルは神戸旧居留地の江戸町筋と北町通が交差する江戸町100番地に建つ7階建てのビルです。帽子の製造・関連素材の輸出入と保税上屋(営業倉庫)を営む高砂商行がこの地に建設したのは戦後まもない昭和24年(1949年)のことです。1階部分は砂岩風の石張りで窓にはテントが張られていますが、2階から上は小さめの窓が整然と並び、壁面には所在地にちなんだ「100BAN」の看板が架かります。現在ではレンタ...

  14. 創作中華バル・はらぺこ飯店 - 岡山・Go Go グルメ隊!!

    創作中華バル・はらぺこ飯店

    ★メニュー内容、金額、営業時間、定休日等の情報は取材当時のものです。変更になっている場合もあります。詳しい事はお店にお問い合わせください。「岡山GOGOグルメ隊!!」FacebookページFacebook・岡山GOGOグルメ隊!

  15. 英国館(旧フデセック邸) - ブルーアワーの街の情景

    英国館(旧フデセック邸)

    神戸北野の異人館街は昼間は多くの観光客で賑わいますが、夜間は店仕舞いする異人館が多く、界隈は物静かな雰囲気に包まれます。しかし、この英国館(旧フデセック邸)では夕刻からイングリッシュパブが営業しており、この時間帯でも通りに灯りが漏れています。イギリス人技師の設計により、明治42年(1909年)の建築当時のままに保存されている洋館で、館内には名探偵シャーロック・ホームズの部屋を出来るだけ忠実に...

  16. 「コスタ ネオ ロマンチカ」 - ブルーアワーの街の情景

    「コスタ ネオ ロマンチカ」

    イタリアのクルーズ船運航会社のコスタクルーズに属する「コスタ ネオ ロマンチカ」は、カジュアルでありながら贅沢な施設とサービスがうりのクルーズ客船です。就航は平成5年(1993年)(平成24年(2012年)に大規模リニューアル)、総トン数は56,769t、全長220m、乗客定員1,800名というスペックです。「洋上のイタリア」をうたっており、船内ではパスタやピザなどのイタリア料理が楽しめるそ...

  17. 春のガーデン♪ - Lovely Poodle

    春のガーデン♪

    青空と春のお花って相性がいいですね~春を踊る~って感じです。。。洋の花も和の花もまぶしい太陽の光をいっぱい受けて、すくすく伸びます。所用で立ち寄った所のすぐそばに、こんな綺麗な春のガーデンが見れるなんて・・・ちょっとラッキー!この日は急な暑さにくじけそうになりましたが、春のお花に出会えて、元気がもらえました春の花~今日もぽちっと有難う♪にほんブログ村

  18. かろやかに神戸散歩♪ - Lovely Poodle

    かろやかに神戸散歩♪

    今年は季節の進み方が早いような気がします。春のお花の開花が少しずつ少しずつ早い~神戸の街並みにも春のお花がたっぷりと咲いています。かろやかに神戸散歩したいですね~お花~今日もぽちっと有難う♪にほんブログ村

  19. 春の光♪ - Lovely Poodle

    春の光♪

    気がつくと冬から春へ少しずつ少しずつ季節は移って行っています。歩き慣れた道をいつも通り歩いていても、何となく光が違う~きっとこれが春の光なんだろうな・・・何となく~今日もぽちっと有難う♪にほんブログ村

  20. 神戸市立博物館 - ブルーアワーの街の情景

    神戸市立博物館

    神戸市の旧外国人居留地エリアで京町筋に面して建つ神戸市立博物館は、昭和10年(1935年)竣工の旧横浜正金銀行神戸支店ビルを転用しています。設計は桜井小太郎、正面にドリス様式の半円柱が6本建ち並ぶ新古典様式の建物で、内部は博物館として改修されていて、これからも神戸の文化振興を担う拠点博物館として、近々リニューアルされる計画となっています。それにしても、博物館機能をこれからも強化しようとしてい...

総件数:86 件

似ているタグ