職業・仕事ジャンル×神戸のタグまとめ

神戸」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神戸に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神戸」タグの記事(73)

  1. カツオのたたき定食 - 髭正's PHOTO LIFE

    カツオのたたき定食

    藁焼きカツオのたたき。本場に行かなくとも神戸で本格的な藁焼きのカツオのたたきを味わうことができる。もっとも、近年は本場でカツオのたたきを食したことがないのでその味、その香りを忘れてしまった。だから、本場そのものかというと自信がない。しかし、うまいことは確か。ご飯も美味い。注文してから小さな釜で炊くので、膳が運ばれてくるのに少々時間がかかる。これが難点と言えば難点。神戸・ハーバーランド モザ...

  2. 大サービス - 髭正's PHOTO LIFE

    大サービス

     ※画像をクリックすると拡大します なかなかサービス精神旺盛な鳥だ。この鳥の名前は、「ハシビロコウ」横文字の名前かと勘違いするが、実はバリバリの日本語名だ。ハシビロコウの「ハシ」はくちばしの「ハシ」。ハシビロコウの「ビロ」は嘴が広いと言うことで「ヒロ」。ハシビロコウの「コウ」はコウノトリ科の「コウ」。この話は嘘か真実か。信じるか信じないかは貴方次第。学術的にはコウノトリ科ではなくハシビロコウ...

  3. 屋根模様 - 髭正's PHOTO LIFE

    屋根模様

    時期、時刻、立ち位置で同じ被写体でもずいぶん表現内容は変わる。下の写真は5月27日13:30頃撮影。今回分は8月1日14:30頃撮影。あそこは以前撮影したからももいいや、という考えはありえない。神戸・ハーバーランド 神戸メリケンパークオリエンタルホテルにて

  4. ゴロにゃん - 髭正's PHOTO LIFE

    ゴロにゃん

    なんとも可愛い寝姿だ。犬と猫、どっちが好きか?と問われたら。両方と答える。小さい頃は、犬も猫も我が家に常に居た。ついでに言うなら小鳥も常に居た。犬と猫、強いてどちらが好きか?と問われたら、猫と答える。小さい頃、寝床には常に猫が居た。神戸・ポートアイランド どうぶつ王国にて

  5. 本日のちちんぷいぷい! - TOOTH TOOTH 総料理長 松下 平のブログ

    本日のちちんぷいぷい!

    隔週金曜日8月10日は、ちちんぷいぷいの出演日でした!今週のテーマは『夏バテ解消!ゴーヤーでどーやー』ということで・・・『ゴーヤーとアボカドの肉巻き』を作りましたよ!本日のメニュー、是非ご自宅でもお試しくださいね!

  6. スタバ - 髭正's PHOTO LIFE

    スタバ

    ※画像をクリックすると拡大します スタバとはStarbucks Coffeeのこと。なんでもかんでも略して表現するのが現代日本人の悪い癖。もう若者言葉なんて年寄りには半分も理解できない。このスタバ、umieに行くと時々利用している。Umieはハーバーランドにある商業施設。神戸・ハーバーランド umieにて

  7. フラミンゴの目 - 髭正's PHOTO LIFE

    フラミンゴの目

    フラミンゴを撮る度に思うこと。フラミンゴの目って、なぜこんなに意地悪な目をしているのだろうと。撮る人間が意地悪だから?そんなことは無いだろう!と思う。神戸・ポートアイランド どうぶつ王国にて

  8. 鎖 - 髭正's PHOTO LIFE

    ※画像をクリックすると拡大します 鎖というイメージは拘束されるという負のイメージが付きまとう。それは、何かと何かを繋ぎ止めるという目的から派生しものかも知れない。なにも考えなければ、鎖は鎖。しかし、心象表現として使うとき繋ぎ止めるという目的・意味合いから、何かを加えることで幅広い表現が可能になってくる。神戸・ハーバーランド はねっこ広場にて

  9. umie - 髭正's PHOTO LIFE

    umie

    umieはハーバーランドにある商業施設の開店前。商業施設内は原則撮影禁止。この場所は天井が付いてはいるがNorthモールとSouthモールを繋ぐ通路。商業施設内かどうかは、極めてグレーゾーン。いや、間違いなく商業施設内だと思うけどね。神戸・ハーバーランド umieにて

  10. ペリカンフライト - 髭正's PHOTO LIFE

    ペリカンフライト

    ※画像をクリックすると拡大します 神戸どうぶつ王国のアトラクションのひとつ、ペリカンフライト。池の向こう側とこっち側を5羽ほどが飛び立って行ったり来たりを何往復かするだけだけれど3つの見所がある(撮影ポイント)。1つ目は、向こう側からペリカン達が編隊を組んで飛んでくるシーン。2つ目は、飛び立つときに脚で水面を蹴るときの水しぶきが上がるシーン。3つ目は、着水するときに水かきを広げて水面を水上ス...

  11. 昼間の明かり - 髭正's PHOTO LIFE

    昼間の明かり

    昼行灯(ひるあんどん)という言葉を思い出した。行灯の光は弱いので昼間につけても何の約にも立たない、目立たないということで何の役にも立たない人、ボ~っとしている人、目立たない人の事を指した言葉。でも、この街路灯の光は昼間でも目立つ。だから、カメラを向けた。シャキッとして目立つ、役に立つ街路灯ということになる。けれど、昼間に目立ったからと言って、何の意味があるのかというと・・・被写体としての対...

  12. バードパフォーマンスショー - 髭正's PHOTO LIFE

    バードパフォーマンスショー

    ※画像をクリックすると拡大します 腰を痛めてから1ヶ月が過ぎ去った。当初、ギックリ腰とという診断だったので2週間もあれば大丈夫と安易に考えていたが未だにに中腰はおろか、立ち座りや寝起きがなかなかままならぬ。別の要因を含めての腰痛だったので、安静にしているしかない。かといって、安静にしておれば腰が錆びついてしまうし、気力も体力も衰えてしまう。ここは少々辛くとも、リハビリを兼ねて短時間撮影を試み...

  13. 明石海峡 - 髭正's PHOTO LIFE

    明石海峡

    ※画像をクリックすると拡大します 明石市と淡路島の淡路市の間の海峡で、最短距離は3.6km。泳ぎの達者な者は容易に横断できる距離でははあるが、それは自殺行為。なぜなら、この海峡は極めて潮流が速く、かつ船舶の往来が激しい。昔はこの間を明石国道フェリー(別名 たこフェリー)が就航していたが20年前から世界最長の吊橋である明石海峡大橋が跨いでいる。神戸・垂水 アジュール舞子にて

  14. ヨレヨレの猫 - 髭正's PHOTO LIFE

    ヨレヨレの猫

    ※画像をクリックすると拡大します 疲れ切っているという感じ。ストレスが溜まっているという感じ。毛の艶が無い。自由に触れ合えるコーナー。人間はそれで癒やされるかも知れないが、猫や犬は・・・猫はまだこうして高い所に逃げ込めるが犬は逃げ場がない。飼育員さんたちは当然この子達の健康管理をしているだろうが、少し可愛そうな気がする。神戸・ポートアイランド 神戸どうぶつ王国にて

  15. 羽毛 - 髭正's PHOTO LIFE

    羽毛

    ※画像をクリックすると拡大します 羽毛と羽根の一般的な区別はあるらしいけど、学術的には羽根も羽毛の一部。まぁ、狭義の羽毛と広義の羽毛の違いのようだ。動物園の水鳥がいる池は大方その水は濁っており、汚い。しかし、水面に対する撮る角度によって、事実のままに写るか、そこそこ綺麗に写るかは異なってくる。神戸・ポートアイランド 神戸どうぶつ王国にて

  16. うたかた - すずちゃんのカメラ!かめら!camera!

    うたかた

    神戸どうぶつ王国で撮った睡蓮。4月に開催した作品展「うたかたの日々」大好きな小説からつけたタイトルでした。その小説のモチーフになっていた睡蓮は撮るときにどうしてもその小説のことが頭に浮かびます。

  17. 夕涼みタイム - すずちゃんのカメラ!かめら!camera!

    夕涼みタイム

    神戸での夕涼み撮影講座。夕涼みというには暑すぎる日でしたが。夏の日の夕暮れはなんとも言えない気持ちになります。今日見ていた濱文様の手ぬぐい本「猫の夏休み」にあった”夏の夕暮れはちょっと人恋しい”そのフレーズがそのなんとも言えない気持ちに近い気がして。人々のシルエットがそんな風に語っています。

  18. 不安 - 髭正's PHOTO LIFE

    不安

    作品のタイトルを考えるのが苦手だ、難しいとよく聞く。確かに簡単ではないことは確か。でも、多くの方々はいいのが撮れた、ではタイトルをどうしようと考えるからまたカッコいいタイトルはと考えようとするから、なかなか定まらない。挙句の果ては、その作品とそのタイトルはどう繋がるの?と乖離したものになってしまう。出来上がった段階でイチから考えるから難しいし、関連のないタイトルになってしまう。現場で、感動...

  19. 鏡の世界 - すずちゃんのカメラ!かめら!camera!

    鏡の世界

    ”今日のノルマ”を片付けないと!と頑張るもPCの動きがとてつもなく遅い。今のPCも5年が経過そろそろ買い替えの時期が近づいてきているかも・・・。やめて〜、忙しいタイミングは絶対に避けたい(泣)気を取り直して、本日の一枚は神戸・旧居留地でスナップしたウィンドウのリフレクション。鈴木知子ゼミ6期生修了展に出した自身の作品は「Back to Back」背中合わせという意味のタイトルでした。この一枚...

  20. 肉球 - 髭正's PHOTO LIFE

    肉球

    ※画像をクリックすると拡大します 猫の足の裏の肉球触るとプニュプニュと気持ちがいい。猫も気持ちがいいのか、指を目一杯広げて意思表示する。どうぶつ王国のワンニャン(正式名ではない)コーナーのワンコとニャンコ。疲弊しきっている感じがする。ふれあいができると言うキャッチフレーズなので、訪れる人は犬猫の気持ちなどお構いなしに好きなように触りまくる。反抗しないよう躾されているのか、あれではストレスが溜...

1 - 20 / 総件数:73 件

似ているタグ