神社のタグまとめ

神社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神社」タグの記事(1184)

  1. 鎌倉 - セーフティ通信

    鎌倉

    こんにちは。6月2・3・4日に友人たちと鎌倉旅行に行ってきました。友人の一人が、旅行の時はいつも旅行コーディネーターをしてくれるので、行きたい場所、食べたいものをいつもお願いするだけなので助かっています。初めての鎌倉大仏本当に大きかった!!50代の友人は、「中学の修学旅行以来」と言ってたけど、昔は、鎌倉・東京・日光が行き先なんだぁ…!!40代は、箱根・東京・東京ディズニーランドだけどねぇ。最...

  2. 神明神社〔石神さん〕 - モクもく写真館

    神明神社〔石神さん〕

    お参りの方が多かったです。本殿です。説明看板です。イラストが悩ましいでした。多くの神様が奉られています。

  3. モノクロとカラーの狭間 - THANKS

    モノクロとカラーの狭間

  4. 紫陽花便り 1 - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    紫陽花便り 1

    六月に入り紫陽花が咲き始めているかと思いつく場所から歩いていますこちらは三番目ぐらいに(笑)浮かびました然程観光地というのではないがここ六孫王神社は春は桜が美しいところで時に賑わってることもあります今もう彩りが美しく見頃になってきてます通りのところの紫陽花ですねこうして見ると家の庭で紫陽花を咲かせたくなるな限られたスペースで何をどれくらい咲かせるかセレクトを迫られるので一番には選べないけれど...

  5. 棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    棚倉孫神社(たなくらひこじんじゃ)

    京田辺天井川横に所在御祭神は天香古山命(あめのかぐやまのみこと)。神剣・フツノミタマを献上し熊野で荒ぶる神の毒気(あしきいき)にあたって気絶していた神武天皇とその軍勢を救った神。本殿は桃山時代に建築改修されたものです。「棚倉」とは穀物を収納するのに湿気をさけるために床を設けた倉庫の事で、この地が養蚕が盛んだった事から蚕を育成するためにも棚が使われた事からこの神社の名前の由来になったようです。...

  6. 山鹿・藤崎八幡宮の桜-REVERSAL- - PHOTRESBIENNE

    山鹿・藤崎八幡宮の桜-REVERSAL-

    2018年4月1日。熊本県山鹿市。川沿いを散歩していたら、鳥居が見えたので立ち寄ってみました。

  7. 長田神社夏越祭2018 - 時の流れに身を任せ…

    長田神社夏越祭2018

    疫病が蔓延しやすいこの時期に、古来から続く「夏越祭」が長田神社で斎行されます。蘇民将来の物語にあやかり、茅のような青々と伸びる生命力を授かることを願って、社殿前に作られた茅の輪をくぐり、人形に罪穢を託します。両日に氏子地区内小学生の奉納あんどん展があるほか、無病息災を祈り、詩吟と琵琶や民謡踊りが奉納されます。境内には夜店がでて、夕涼みの参拝者で賑わいます。所在地:〒653-0812兵庫県神戸...

  8. たましいを救う神社 - 水の館・星の庭 Ⅱ

    たましいを救う神社

    二週間前、家族が緊急入院、手術となりひとり孤軍奮闘の日々となりました。精神的な氣遣い配慮緊張の連続は、あっという間に氣力を奪い入院から数日後には、身体が重く、動かなくなりかけ、それでも引きずるように動いていました。そんな日々のなか、明日来るように、と香取神宮からお呼びが来ました。半日あれば、往復にお釣りが来ます。病院行に支障なく行けます。道中、時間調整らしき出来事があり、神宮に着くと平日なの...

  9. 藤森神社ふじのもりじんじゃ - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    藤森神社ふじのもりじんじゃ

    馬と紫陽花の神社藤森神社は約1800年前に神功皇后が創建されたと伝わります。五月五日のこどもの日を「菖蒲の節句」とした発祥の地として知られ、転じて勝負や勝運の神への信仰が厚いです。毎年この日に行なわれる「藤森祭」では氏子らが馬上で逆立ちする曲乗りの神事「駆馬かけうま」を奉納し参拝者で賑わっています。今では勝負と勝馬で有名で全国の競馬ファンが大きなレースの前に願いを託す神社として有名になってい...

  10. 願う小径 - 片眼を閉じて見る世界には・・・。

    願う小径

  11. 菊池神社の夜桜-REVERSAL- - PHOTRESBIENNE

    菊池神社の夜桜-REVERSAL-

    熊本県菊池市、菊池神社。

  12. 太郎坊宮千日大祭2018 - 時の流れに身を任せ…

    太郎坊宮千日大祭2018

    太郎坊宮では、毎年7月23日と24日に「千日大祭」が営まれます。この日に参拝すれば千日間、お参りしたのと同じご利益があるとされ、終日ご祈祷が行われます。千日大祭日を含む7月18日から24日の期間中、境内一円では神灯提灯が点灯され、特別祈祷が執り行われます。所在地:〒527-0091滋賀県東近江市小脇町2247開催期間:2018年7月18日~24日交通アクセス:近江鉄道「太郎坊宮前駅」から徒歩...

  13. 貴船の水まつり2018 - 時の流れに身を任せ…

    貴船の水まつり2018

    古来、水の神様として崇拝を集める貴船神社で、水の恵みに感謝するお祭が執り行われます。裏千家宗匠による献茶式や生間流家元による式庖丁、樂辰會の楽人たちによる舞楽が奉納されます。祭典後には、お茶席(有料)が設けられます。所在地:〒601-1112京都府京都市左京区鞍馬貴船町180開催期間:2018年7月9日10:00~12:00※お茶席/~14:00頃交通アクセス:叡山電車「貴船口駅」から徒歩3...

  14. 鹿島神社奉納花火祭2018 - 時の流れに身を任せ…

    鹿島神社奉納花火祭2018

    津波から町を救った鹿島明神への奉納花火が執り行われます。スターマインや3.5号玉、斜め打ちなど、色とりどりの花火が夜空を彩ります。露店などが軒をつらね、南部海岸は多くの人で賑わいます。※既設トイレ3か所所在地:〒645-0004和歌山県日高郡みなべ町埴田開催期間:2018年8月1日※雨天の時は翌日に順延開催場所:和歌山県みなべ町南部海岸交通アクセス:JRきのくに線「南部駅」から徒歩10分主催...

  15. 城南宮例祭(お涼み)2018 - 時の流れに身を任せ…

    城南宮例祭(お涼み)2018

    「お涼み」と呼ばれる城南宮の例祭が毎年7月20日に行われます。午前9時より本殿で祭典が執行され、夕刻に「方除安全」と「無病息災」の木札を収めた2本の氷柱が供えられると、参拝者はこの氷柱に触れ暑気を払って祈願します。拝殿を囲む提灯には火が入れられ、夏の宵の風情が増します。18時から20時30分まで、神楽殿の表舞台において「お涼み神楽」が奉納され、自由に拝観できます。80軒を超す夜店も出て、夜遅...

  16. 綱越神社おんぱら祭2018 - 時の流れに身を任せ…

    綱越神社おんぱら祭2018

    綱越神社の例祭である「おんぱら祭」が2日間にわたり開催されます。30日には宵宮祭、31日には例祭が行われ、神馬引きや茅の輪くぐりの神事があり、子供会のおんばら音頭や日本舞踊、民謡などが奉納されます。31日の奉納花火大会では、約2000発の花火が打ち上げられます。所在地:〒633-0001奈良県桜井市三輪開催期間:2018年7月30日~31日交通アクセス:JR桜井線「三輪駅」から西へ徒歩10分...

  17. 綱越神社おんぱら祭奉納花火大会2018 - 時の流れに身を任せ…

    綱越神社おんぱら祭奉納花火大会2018

    おんぱら祭の最後に、約2000発が花開く「奉納花火大会」が綱越神社で開催されます。色とりどりの大玉、仕掛花火、スターマインなどが打ち上げられ、会場は歓声に包まれます。神社周辺には高い建物がなく、どこからでもよく見ることができます。祭りでは子供会のおんばら音頭や日本舞踊、民謡の奉納などが行われます。※既設トイレ2か所所在地:〒633-0001奈良県桜井市三輪開催期間:2018年7月31日※小雨...

  18. 風鈴まつり・ちの輪くぐり2018 - 時の流れに身を任せ…

    風鈴まつり・ちの輪くぐり2018

    春日神社で、全国から寄せられた色とりどりの風鈴が飾られる「風鈴まつり」が開催されます。地場産業の“漆”を使った風鈴も吊るされ、美しい音色を奏でます。風鈴には縁結びや諸芸上達を祈願する短冊が吊るされ、その場で短冊に願い事を書くこともできます。「ちの輪くぐり」が行われるほか、紀州てまりの展示もあります。所在地:〒642-0022和歌山県海南市大野中1056開催期間:2018年8月1日~15日交通...

  19. 御香宮茅の輪神事2018 - 時の流れに身を任せ…

    御香宮茅の輪神事2018

    伏見の産土神として親しまれる御香宮神社で、夏越の祓いの「茅ノ輪神事」が行われます。本殿と拝殿の間に直径2mほどの茅ノ輪が設けられます。神事の後、参拝者もくぐることができます。境内の「伏見の御香水」は、環境省認定の名水百選の一つに指定されています。所在地:〒612-8039京都府京都市伏見区御香宮門前町174開催期間:2018年7月31日15:00~、23:00~交通アクセス:JR奈良線「桃山...

  20. ゆ祭2018 - 時の流れに身を任せ…

    ゆ祭2018

    樫井川の恵みに感謝し、無病息災を祈願する「ゆ祭」が日根神社で開催されます。別名を「大井関明神」と言われ、慶長5年に豊臣秀頼が再建したと伝わります。神事と五社音頭奉納が行われ、境内にはたくさんの夜店が並びます。所在地:〒598-0021大阪府泉佐野市日根町631開催期間:2018年7月21日式典/19:30~交通アクセス:JR阪和線「日根野駅」もしくは南海電鉄「泉佐野駅」から南海バス「東上」~...

総件数:1184 件

似ているタグ