神経痛のタグまとめ

神経痛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神経痛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神経痛」タグの記事(46)

  1. 指圧鍼灸治療ひとすじ八倉治療院の挑戦 - 指圧鍼灸ひとすじ八倉治療院日記

    指圧鍼灸治療ひとすじ八倉治療院の挑戦

    指圧鍼灸治療ひとすじ八倉治療院の挑戦八倉治療院は、どこの病院や整骨院や治療院に行ってもよくならない、ひどい肩こり・腰痛・神経痛でお困りの方のための治療院です。「神経反射療法」で引き出されたベーター・エンドルフィンが、つらい症状を治します。ひどい腰痛・膝痛でお困りの方は、手術を決心する前にぜひ一度、おいでください。得意治療は、肩こり腰痛・大腿神経痛・座骨神経痛・頸肩腕症候群です。ひどい肩こり・...

  2. 遠絡療法とツボ - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    遠絡療法とツボ

    当院の治療法「遠絡療法(えんらくりょうほう)」はいわゆる「ツボ」を使います。北斗の拳でいう「秘孔」のようなイメージです。東洋医学では数千年にわたって、治療に「ツボ」(専門的には経穴といいます)が使われてきました。いまだにメカニズムは解明されてはいませんが、実際に押したりお灸をすると症状が改善します。手足や顔だけでなく、脳や神経、内臓を含めた身体には、それぞれ対応する「ツボ」があります。いわゆ...

  3. エッセンシャルオイルを取り入れます - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    エッセンシャルオイルを取り入れます

    2019年より、エッセンシャルオイルを治療に取り入れます。エッセンシャルオイルは、古代エジプト文明から治療に使われています。現在でもフランスやドイツ、イギリスでは医療に取り入れられています。日本でも「アロマ」のリラクゼーションを中心に広まっています。エッセンシャルオイルは自然の植物から得られます。製造法にこだわった最高品質のオイルには、酵素を含めて植物のエキスが含まれています。植物の免疫は強...

  4. 酷く痛む帯状疱疹後神経痛が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで痛みがやわらいで改善してきました。 - 自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

    酷く痛む帯状疱疹後神経痛が、髙木漢方(たかぎかんぽう)...

    酷く痛む帯状疱疹後神経痛が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで痛みがやわらいで改善してきました。帯状疱疹に罹患すると、身体の片側に、複数の水疱が出来て、赤く腫れて熱を持ち痛みます。適切な治療をうけると、帯状疱疹は、2~3週間後には消えてきますが、皮膚が綺麗になったあと、神経痛だけがしつこく残ることがあります。残った痛みを帯状疱疹後神経痛といいます。帯状疱疹後神経痛は、長引く傾向があ...

  5. 猫背と体調不良 - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    猫背と体調不良

    体調不良を感じている人の多くは、猫背になっています。痛みや不調から身を護るために、無意識にとってしまう防御姿勢ともいえますが、この姿勢を長期間続けるのは、不調の悪循環の一つの要素になってしまいます。頭と肩が前に下がると首や胸が詰まって圧迫され、頭への血液循環が悪くなり、自律神経も乱れます。背中が丸まると胸郭が圧迫され、呼吸が浅くなり、血中酸素も低下します。これらが悪循環して身体の機能がどんど...

  6. 不安定な気圧と体調不良 - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    不安定な気圧と体調不良

    このところ不安定な天気が続いています。健康な人でもなんとなく体調がすぐれない・・・というのは感じるのではないでしょうか。自然界に生きる生物にとっては、気温や気圧に影響を受けることは避けられません。天気に影響される不調は総じて「気象病」と呼ばれています。寒さや暑さはわかりやすいですが、低気圧や急な気圧の変化で不調になる方も少なくありません。いくつかの理由がいわれていますが、主に自律神経の調節不...

  7. 血行不良と痛みとシビレ - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    血行不良と痛みとシビレ

    手や足に痛みやシビレがあるのに検査しても原因がわからない、このような方は大勢いらっしゃいます。それが原因の全てではありませんが、多くの場合、血行不良(血液の巡りが悪い)がみられます。東洋医学で言うところの血の巡りが悪い状態「お血」です。これはエコーやカテーテル検査でわかるくらいに血管が詰まっているようなレベルにまではなっていない状態で、ちょっと血圧が高めとかコレステロールが高めとかのレベル、...

  8. 慢性痛と背中の固さ - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    慢性痛と背中の固さ

    慢性的な痛みを持っている方には、背中が固くなっていることが多く見られます。痛みに対する防御姿勢(体を丸めるようにする)と、呼吸が浅い状態が長く続くことで、胸や背中がこわばって固くなるためと考えられます。背中(胸椎)の脇には交感神経(自律神経)の中継点が連なっています。・背中が固くなって血流が悪くなる↓・交感神経が異常興奮する↓・全身の循環が悪くなる↓・痛みが強くなる↓・背中が固くなる痛みの無...

  9. 神経痛の時の私のオススメ本 - いぬ猫フェレット&人間

    神経痛の時の私のオススメ本

    昨日は神経痛がひどくて、一日寝込んでしまった。神経痛のみでこんなにひどいのは記憶にない。ヘルニアの痛みも神経痛に含まれるのではあるけれど、あの痛みは神経痛を飛び越えて半端ない。手術したけど、右脚にビリビリ痺れという後遺症を残してしまうほどなんだから。台風が来る前日はいつも痛むのだけれど、雨が降り出すと私の場合症状は治る。しかし、今日は朝から台風接近で雨なのだけれど治らない。明日は台風は西に移...

  10. 痛い - いぬ猫フェレット&人間

    痛い

    膝が痛いのは、この5月、突然の左ひざ半月板損傷以来、半月板除去の手術はしたけれど、軟骨も人工にするほどではないもののかなり傷んでいることから「しょうがない」。左股関節が7月になって痛み出し、あまり長くは歩けなくなったけれど、まだ「眠れないほどの痛み」ではないことから効きもしない痛み止め薬を処方されただけ。台風の影響か?気圧アプリによると関東地方はまだ気圧は通常で警戒レベルではない。ただの歩き...

  11. 昭和人間vs平成人種 - いぬ猫フェレット&人間

    昭和人間vs平成人種

    昨日今日と天候のせいか?神経痛がきつい。それも今までは大丈夫だった左脚の股関節から膝にかけて。確かに右を人工股関節にする数年前に左も痛くて、右同様「変形性関節症」と診断を受けてはいるけれど、もうここ数年無事だった。左ひざが痛むので、歩き方が変で、股関節に影響したか?とりあえず処方薬だけでは治らないので、市販薬を追加服薬することで、効果があるうちは助かっている。酷ければこの手もきかないから、次...

  12. 植物の力レモングラス+ローズマリー - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    植物の力レモングラス+ローズマリー

    普段からアロマオイルを使っている方も多いと思います。香りは心や脳に影響をもたらすことから、世界中で古代から治療に用いられてきています。当院でも本格的ではありませんが、補助的に利用して遠絡療法の効果を補強しています。遠絡療法と相乗効果がありそうなもののひとつとして重用しているのが、MCI(軽度認知障害)への、レモングラス+ローズマリーです。遠絡療法は、脳内の血流や循環の改善を期待できる治療法な...

  13. 猫背と逆流性食道炎 - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    猫背と逆流性食道炎

    逆流性食道炎の方が多い気がします。胃の入り口の筋肉が弱くなって、胃液が食道に逆流してしまう病気です。塩酸レベルの胃酸ですから、ちょっとこわいですね。胸のむかつきや痛み、気持ち悪さ、背中の痛み、などが主な症状ですが、重い方では、普通に横になって寝ることができないこともあります。慢性化すると、胃と食道の境目の細胞が変性を起こして、食道がんの原因になることもありますので、早めの治療や、予防しておき...

  14. 起立性調節障害(OD)② - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    起立性調節障害(OD)②

    治りくくなってしまった起立性調節障害、改善できる方法はあるでしょうか。即効で治るということは難しいかもしれませんが、自律神経や内分泌の中枢機能を整えることは症状改善に寄与しますので、遠絡療法や鍼灸は効果があるといえます。また、多くの場合、身体面だけではなく心理・環境も関係しています。一つの方法や薬で治そうとするのではなく、複数の方法で、多方面からサポートするのが大切だと思います。全く生活がで...

  15. 朝起きられない・・・起立性調節障害(OD)① - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    朝起きられない・・・起立性調節障害(OD)①

    今朝のNHK「あさイチ」で、起立性調節障害(OD)が取り上げられていました。http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180517/4.html自律神経の調節機能などが上手く働かなくなることによって、全身の循環や調整機能が低下してしまい、血圧の維持や正常な内分泌ができなくなってしまいます。症状の程度はさまざまであり、怠けているだけと思われることも少なくありま...

  16. 食中毒 - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    食中毒

    5月に入り真夏のような暑い日も出てきました。気温と湿度が高くなってくると、食中毒も増えてきます。ニュース番組などでも取り上げて、注意を促されはじめています。今朝の番組で特に注意されていたのは、生の鶏肉(カンピロバクター)とおにぎり(黄色ブドウ球菌)でした。スーパーなどで流通している鶏肉は、およそ6割くらいにカンピロバクターが存在しているようです。これは熱で死滅するそうですから、中までしっかり...

  17. 認知症予防に始めました① - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    認知症予防に始めました①

    認知症(特にアルツハイマー型)は、40歳を超えたら、予防を考え始めた方がいい、という提言もあります。超高齢化といわれている日本、認知症は誰もがなる可能性がある病気ながら、いまだに有効な治療法が確立されていません。現時点の一般的な治療は、進行を少し遅らせる可能性のある薬くらいです。これだけ医療技術の進んだ現代で、治療困難といわれる病気の多くは、おそらく、一つの原因で起こるものではなく、個人の生...

  18. 「鼻うがい」…知っていますか?② - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    「鼻うがい」…知っていますか?②

    「鼻うがい」の続きです。なぜ健康維持に役立つのか、です。鼻の奥にある上咽頭(口蓋垂の奥のほう)や扁桃腺は、全身の免疫に関与する重要な部分だという説があります。慢性的な炎症は、自己免疫の異常に関係しているといわれていて、体の中で特に慢性的に炎症を起こしやすい部分というのが、・歯周・扁桃・上咽頭です。なんとなくイメージしやすいですよね。この中でも上咽頭はなかなかケアしにくい部分です。一部の医療機...

  19. 「鼻うがい」…知っていますか? ① - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    「鼻うがい」…知っていますか? ①

    健康維持のために「鼻うがい」続けてます。簡単に言えば、鼻の穴から水を入れて、t反対の鼻の穴か口から出す。というものです。イメージはなかなか痛そうで恐いですね。僕もそうでした。が、実際にやってみると、ぜんぜん痛くありません。むしろお湯でうがいすると、スッキリして気持ちいいです。ポイントは「生理食塩水」か、同じくらいの塩水(約0.9%)を使うことです。これはあまり正確でなくても大丈夫です。体中の...

  20. 人体「最大の臓器」発見される② - 遠絡療法 ペレス・テラキ治療室 東京

    人体「最大の臓器」発見される②

    人間の体の中で、皮膚と臓器、筋骨、血管などの間を埋めて満たしている「間質」と「間質液」この間質と間質液がただ隙間を埋めているだけでなく、全体で特定の目的をもって働いている可能性があることが発見されました。この発見で注目するのは、間質が身体中の臓器や細胞同士の、情報や物質の伝達経路の一つ、になっているかもしれないということです。このことは、間質の障害や間質液の停滞が、病気や障害の原因になり得る...

総件数:46 件

似ているタグ